生命保険契約。 生命保険の責任開始日とは? 契約日との違い

ご契約内容確認活動

生命保険契約

なお、保険法の規定は、原則として施行の日である平成22年4月1日以降に締結された契約に適用されます。 総論 1.保険法とは 保険法は、保険契約に関する一般的なルールを定めた法律です。 この法律には、保険契約の締結から終了までの間における、保険契約における関係者の権利義務等が定められています。 このような保険契約に関するルールは、従来は商法の中に定められていましたが、商法の保険契約に関する規定は、明治32年の商法制定後、100年近くにわたり、実質的な改正がなされていませんでした。 そのため、表記は片仮名・文語体のままであり、また、現在広く普及している傷害疾病保険に関する規定が存在せず、現在の保険制度に適合しない内容となっている等の問題があったことから、現代社会に合った適切なものとする必要がありました。 そこで、今回、この商法の保険契約に関する規定を全面的に見直し、独立した法律にしたものが新しい保険法です。 保険法は、平成22年4月1日から施行されています。 2.保険法の特徴 保険法の特徴としては、次のようなものがあります。 まず、現在広く普及している傷害疾病保険に関する規定が設けられ、傷害や疾病に基づいて保険金が支払われる保険契約についても保険法のルールが及ぶことになりました。 また、保険契約者、被保険者および保険金受取人の保護のための規定が整備されました。 具体的には、告知制度に関する規定が見直されたり、保険金の支払時期に関する規定が新設されたりするとともに、それらを含む多くの規定が「片面的強行規定」とされました。 「片面的強行規定」に反し、保険法の規定よりも保険契約者等に不利な内容の約款の定めは無効となります。 保険法の具体的な規定の内容については、以下の解説をご覧ください。

次の

&LIFE 新医療保険Aプレミアの特徴

生命保険契約

会社を経営されているかたにとって、万が一に備えての生命保険の検討は大切なことといえます。 生命保険の契約には企業が加入する「 法人契約」と、個人が加入する「 個人契約」の2種類の契約が存在します。 個人契約と法人契約の大きな違いといえば節税が期待できるかどうかで、実際に 節税対策として法人契約での生命保険を検討されている方も多いでしょう。 しかし、生命保険の法人契約と個人契約では手続き・支払いなどの事務処理が大きく異なり、この違いを知らずに変更してしまうと手続きに手間を取られたり折角の節税対策の効果が薄くなったりしてしまいます。 そこで本記事では、 生命保険の個人契約、法人契約の違いを中心に• 生命保険の法人契約と個人契約の4つの違い• 個人契約から法人契約に保険を切り替えた際の注意点• 法人契約での生命保険の解約時での対策法• 自動車保険での法人契約と個人契約の違い 法人契約での生命保険は法人を対象としているため個人契約よりも保険料の支払額は割高になります。 ですが法人契約での生命保険の場合、保険料は「 損金」として算入でき節税効果が期待できるメリットがあります。 法人税は所得から計算されますがその計算式は 所得=益金-損金 となりますので、益金をいかに抑え、損金をいかに増やすかで法人税を抑えられるかどうかが決まります。 法人契約の生命保険の場合、 保険料は前述通り損金として算入できるので、高い節税効果が期待できるのです。 ですが 保険料が高くなればなるほど会社のキャッシュフローが悪化しますので、会社の経営状況を鑑みて契約する必要があります。 折角節税できたのにキャッシュフローの悪化で 解約返礼率が低い時期に解約してしまったのでは法人契約でのメリットが少なくなってしまいます。 一方、個人契約の生命保険の場合、生命保険の控除はありますが法人契約のような節税効果は期待できません。 節税効果についてまとめますと 自動車保険の場合でも法人契約と個人契約ではそれぞれメリットとデメリットがあります。 法人契約にした場合以下のようなメリットがあります。 10台以上の契約にあたる フリート契約の場合は保険料が割安に。 損金扱いや 減価償却から節税につなげることが可能。 自動車保険の等級を引き継ぐことが出来る。 社員が変更しても契約を更新する必要がない。 一方、法人契約のデメリットは以下のようなものがあります。 法人契約の自動車保険は個人契約とくらべ保険料が割高になる。 1台の事故でも全ての保険契約車両の等級が下がってしまう。 以下の記事でより詳細に解説していますので、そちらも合わせてお読みください。

次の

&LIFE 新医療保険Aプレミアの特徴

生命保険契約

今日もFP税理士ニュースをご覧いただき、ありがとうございます。 当社提携の 株 エッサムから、ファイナンシャルプランナー FP や税金に関するニュースや記事を紹介いたします。 生命保険の契約者変更に注意! 2015年度税制改正において保険に関する調書制度の見直しが行われ、「保険会社は、保険契約者の死亡により契約者の変更が行われた場合や生命保険契約等の一時金の支払いが行われた場合には、契約変更等の情報を記載した調書を作成し税務署に提出すること」とされたため、2018年1月1日以後の生命保険の契約者変更は税務署に把握されます。 保険金が支払われれば保険会社から税務署に支払調書が提出されますが、これまでは契約者変更だけでは支払調書は発生せず、納税者自ら申告しない限り税務署が契約者変更の事実の把握はできませんでした。 しかし、同制度の見直しにより、契約者変更を前提に保険加入したケースなどは課税関係にご注意ください。 例えば、親が契約者で子が被保険者というケース、子が契約者及び被保険者で親が保険料負担者というケースでは、親が死亡しても保険金は支払われませんが、解約返戻金等相当額が「生命保険契約に関する権利」として相続財産やみなし相続財産となり相続税の課税対象となります。 しかし、保険金が支払われないことから申告漏れが多く、保険会社から支払調書も提出されないこともあって、国税当局による把握も難しいとされておりました。 その影響もあってか、2015年度税制改正において生命保険に関する調書制度の見直しが行われましたので、2018年1月1日以降の生命保険の契約者変更は税務署に把握されております。 また、生命保険の契約者と被保険者が異なるケースで契約者が死亡した場合には、保険契約は相続人等に引き継がれて継続することになります。 その後、保険事故が発生して保険金が支払われた場合、保険金受取人は保険金から自分が支払った保険料を差し引いて所得計算することになりますが、その際、契約変更前の契約者が支払った保険料も経費に含めてしまう誤りがよくあるといいます。 その契約者たる地位に基づいて保険契約を解約し、解約返戻金を取得した場合には、保険契約者はその解約返戻金相当額を保険料負担者から贈与により取得したものとみなされて贈与税が課税されますので、あわせてご確認ください。 (注意) 上記の記載内容は、平成30年5月2日現在の情報に基づいて記載しております。 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。 サブメニュー•

次の