うつ病 顔の表情。 うつ病の治療を早期で始めるために、表情に注目|うつ病治療サポートコラム|うつ病サプリ

うつ病は表情や話し方でバレてしまいますか? 現在、うつ病で休職...

うつ病 顔の表情

はわかりやすい…と、一般的には思われがちです。 好きだったことに興味がなくなったり、態度がコロコロと変わったり、異常なほどの食欲増加や逆に何も食べたくなくなったり…などなど、「目に見えてわかるものだ」という認識の方が多いはず。 ですが、その症状が見えにくいこともあるようです。 と言うのも、「症状が出ていない」と言うのではなく、「自分でも気づかないくらいの非常に微妙な変化にすぎないからだ」と言うのです…。 そういった方はを抱えながらも、職場や家族・友人の前では笑顔で接することもできてしまうとのことなのです。 それを、「smiling depression(笑顔のうつ病、または微笑みのうつ病)」と呼んでいます。 これは正式な医学用語ではないのですが、近年多くの報告が上がっている症状です。 この2語からなる病、相反する言葉の組み合わせのようにも思えますが、米国ペンシルベニア州ピッツバーグの臨床心理士であるハイジ・マッケンジー博士によれば、「うつ病と笑顔は共存し得る」と言うのです。 「微笑みのうつ病」について、より理解し、自分に症状が当てはまる場合には、または、あなたのまわりにこんな人がいないか? さらに詳しく見ていきましょう。 微笑みのうつ病とは一体何なのか 「微笑みのうつ病を抱える人は、感じている症状に蓋(ふた)をしてしまう傾向にあります」と、マッケンジー博士は言います。 そして続けてこう話します。 「どんなに最悪の気分であろうと毎日起床しては着替え、そして仕事へ行き、何も問題がないかのように周りの人たちと接することもできてしまうのです」とのこと…。 さらに、マッケンジー博士によれば、笑顔のうつ病はアメリカでは「High Functional Depression(日本では、「高機能型境界性パーソナリティ障害」と訳されることも多いですが、意味合い的には「社会順応型境界性パーソナリティ障害」と言うべきでしょう)」や「」の別名で、慢性的に悲しみを感じ、睡眠や食欲に影響を及ぼしたり絶望や疲れを感じたり、パニック障害を起こしたり、好きだった活動に興味が持てななくなる…といった症状が現れると言います。 そしてそれは、まぎれもなく深刻な苦痛となるはずです。 なぜ「微笑みのうつ病」という病名はあまり知られていないのか アメリカ精神医学会が出した精神障害の診断・統計マニュアル第5版(DSM-5)におて、「smiling depression」という言葉で調べても見つかることはないでしょう。 なので、この症状の程度を判断することは難しいわけです。 が、専門家たちはこの言葉を、「軽度から中度のうつ病に対する呼称するのが妥当ではないか…」と考えています。 このように若干曖昧である呼称であるからこそ、「逆に、それの症状に対して密かに悩んでいる方々を助けられるのではないか?」という希望を抱いてもいるのです。 「うつ病というネガティブなイメージを打ち消すような、親近感を感じられる用語を使うことがここではポイントとなっています。 そうすれば、症状を抱える人たちが助けを求めやすくなるでしょう。 『いまの自分の変化は、うつ病のせいかもしれない』と、自ら心配する人も多くはないので…」と、ジョージア州アトランタにあるカイザーパーマネンテの精神科医であるカレン・スチュワート医師は言います。 この考えにはマッケンジー博士も同意見で、「微笑みのうつ病/笑顔のうつ病」という呼称によって、「うつ病の人は一日中カーテンを閉めてベッドから出られない」といった"間違ったイメージ"を、解消できる可能性があると考えています。 「もちろん、寝たきりになってしまう(大うつ病性障害のような)うつ病患者もいます。 ですが、多くの人は仕事をして家族を持ち、笑ったり笑わせたりすることもできているのです」と、マッケンジー博士は話します。 そこで、「自分は精神病のステレオタイプ(先入観や思い込みなどで類型化された観念)に当てはまらないので、自分は元気に違いない」と思い込んで…というよりも、むしろ「これらに当てはまらないのだから、大丈夫だろう。 自分がうつ病のわけないし、うつ病かもしれないということで診察をうけるのも嫌だし…」という思いで自ら蓋をしてしまう人も少なくないでしょう。 すると、その兆候がある方にとっては、その後の健康に長期的なダメージを与える可能性も多々あるのです。 【セルフチェック】 自分が「微笑みのうつ病」かどうか知る方法 正しい1つの答えはありませんが、注意すべき兆候や症状はたくさんあります。 毎晩疲弊しきってしまい、その理由が見当たらない場合には…「そのうつ状態を乗り越えるために、感情が活発になっている可能性がある」と、マッケンジー博士は言います。 博士によると、次のような例が挙げられます。 朝起きて、身支度をして仕事に向かうのがとても大変に感じる。 職場に着いてからは、元気な従業員として振る舞うことができる(同僚に週末の予定を聞いたり、ランチの誘いにのるなど)が、その間も心ここに在らずといった空虚感を感じる。 予算の調整や幼稚園で子どもたちの面倒を見るなど、仕事は何とかこなせるが、集中力が保てない。 家に帰るとクタクタで、夕食も食べず服も着替えずにベッドやソファで眠りに落ちてしまう。 セルフケアを最後にしたのが、いつかも思い出せない。 最低限のことをするのにエネルギーを使いはたし、ジムをさぼったり、不健康な食事で済ませたり、友人からの遊びの誘いをすっぽかしたりしてしまう。 落ち込むことに対して罪悪感や恥辱感を持ったり、何もする気力が起きない自分を責めてしまったりして、常にネガティブな感情が湧いてしまう。 受動的な自殺念慮(死にたい気持ち)がある。 つまり、積極的に命を絶とうとはしないが、事故などで突然命を失うことを想像しても動揺を感じない。 自覚症状があるか? 自分が「微笑みうつ病」かもしれない場合 まずは、うつ病を恥ずかしいことだと思ったり、自分を責めたり、罪悪感を持たないようにしましょう。 によると、うつ病の人は世界で推計3億2200万人に達し、地域別分布比で世界全体の48%を占めたアジアでは、1位が中国の約5668万人、次いで日本が約506万人という人々が、うつ病に苦しんでいるという数値が発表されています。 ここで明言しておきましょう。 うつ病を抱えていて、「助けが必要だ」と言うことは決して恥ずべき行為ではないのです。 スチュワート医師は、2週間以上ほぼ毎日症状が現れるようであれば、主治医や心理カウンセラーにすぐに相談し、診断を受けることを推奨しています。 それは、「うつ病である」と正式に診断を受けることで、自分がどのカテゴリーに属するのかを知ることが大きな前進となり、その後、適切な治療を進めることができるからです。 また、以下のような3つのステップからなる治療法もあります。 「治療には、『ライフスタイルを変える』、『セラピーを受ける』、『薬物療法』といった複数の選択肢があります。 これらの中から自分に合うものを選べますし、いくつかを組み合わせて行うこともできるのです」と、スチュワート医師は言います。 医師によると、ライフスタイルを変えるには食事や睡眠、運動を見直すことになります。 薬物療法を選んだ場合、「」、「」といった気分を高揚させるセロトニンを増やす「」を服用するそうです。 セラピーを受ける場合は、思考や行動を制御して、気分を良くする方法が身につく「認知行動療法」が効果的だということです。 どの治療法を選択するにせよ、医師や専門家はもちろん、家族や友人からもサポートを受けることが重要となります。 うつ病の治療には時間がかかると言われていますが、「治療を続けていれば、次第にいい結果へと結びつく…」と、治療すればするだけ結果が期待できる病気でもあるわけです。 「自分がベストな状態を出せなくても、日々自らを労って受け入れてあげるよう練習をすることが、快方への大きなステップになるでしょう。 十分治療が可能な病気なのです。 助けを求める一歩を、まずは早めに踏み出しててください」と、マッケンジー博士は締めくくってくれました。

次の

うつ病になると顔の表情はどうなる?元うつが説明する顔つきの特徴まとめ

うつ病 顔の表情

中島良彦理事長 表1 本物のうつ病(内因性うつ病)とは 本物のうつ病と私が言うのは内因性のうつ病のことです。 その患者さんは非常に特徴的です。 その顔つきは重苦しく、悲しそうで、心配そうであり、不安げに緊張しています。 笑顔が無く、無表情で言葉は低い口調で単調で、途切れ途切れに話します。 身体はやせて、かさかさした感じがします。 年齢よりも老けて見えます。 気分は落ち込んでいて、重苦しく絶望的で、思考も抑制されていて、同じことを繰り返して話すのです。 そして、何十年も前の些細(ささい)なことでも不正をしたと繰り返し自らを責め、意気消沈していて、生気が感じられません。 「生きていることがむなしい」という厭世(えんせい)感が必ず見られます。 時には、そのようなうつ症状の全く欠如した、見かけ上は爽快な顔つきをしている例も少数見られますが、しかし、うつ病は軽症でも重症感がありますので注意が必要です。 自責的でなく、他罰的な場合はまずうつ病ではありません。 つまり、「生きるエネルギーの喪失感」を治療者に感じさせるのです。 それなのに「何とかならないか、何もできない」と言いながら、焦燥感を持っています。 したがって患者さんは、洗顔もしない。 入浴もしない。 1週間入浴しなくても、何日も下着を着替えなくても平気です。 外出もしない。 食欲もない。 ジュースしかなくても、冷蔵庫にあるものだけで飢えをしのぐ。 カーテンを閉めて、終日ベッドに伏せているが、不眠なのである。 周囲の人のどんな慰めや勇気づけにも反応しないうつ状態が、最悪時を乗り切ると何のきっかけもなく自然に回復してきます。 そんな周期を繰り返すことが多いのです。 これが本物の内因性うつ病の実態です。 不眠に悩み、職場では激しく落ち込むといった「うつ」の症状を示す一方で、自分を責めるのではなく、上司のせいにする。 休職中にもかかわらず旅行に出かける。 職場を離れるとケラケラ笑って友達と談笑している若者はうつ病ではありません。 新型(現代型)うつ病は生活上や職場での不適応に関する症状であり、了解可能の範囲内であり、上記の本物のうつ病にある「感情移入できないような異質性」はないのです。 そして、自分の身の上に起こったうつ症状に対しての向き合い方が他人事のようであり、葛藤や焦燥が無く現実逃避して、自分事として考える主体性が見られません。 それは、社会適応能力というか、問題解決力も、対人交渉力も持たない、職場のストレスに耐えられない適応障害の範囲の問題と考えられます。 それを取り上げて、新型(現代型)うつ病と言っているだけとしか私には思えないのです (表1)。 (2015年04月06日 更新).

次の

2 周りの方の注意も大切:ご存知ですか?うつ病|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

うつ病 顔の表情

うつは見て分かる ほとんどの人が気づいていない"うつ"の見分け方があります。 目・口の周りから判断する方法 うつ病を発症している人は、普段から両目の周りと口の周りが青白いという特徴があります。 目の下のクマとは全く異なるもので、一度気が付くとすぐにわかるようになります。 普通お風呂で温まったり、運動や顔をマッサージすると、頬や顔全体が赤くピンク色になりますが、いくら温めてもマッサージしても、目の周りと口の周りは青白いままなのです。 これが目と口で判断する方法です。 これは自律神経の誤作動により、目の周りを取り巻く『眼輪筋』や口の周りを取り巻く『口輪筋』に血液がスムーズに流れず、血行不良になっていて青白く見えることが考えられます。 うつが進行している人で顔色全体が茶色っぽい土色になっていても、青さや白っぽさが残っています。 ひげから判断する方法 うつの成人女性はホルモン異常から、男性のようにひげがはえたり、濃くなっていることが多くあります。 このような女性は、ホルモンが関係する子宮の病気が隠れています。 特に生理不順や生理痛、中には生理が何年も止まっているという重症な人もいます。 顔の曲がりから判断する方法 鼻筋と下顎の先端とのラインが曲がっている場合です。 鼻筋と下顎の先端とが曲がっているということは、足裏の不安定を頚椎の1番が補い、頭蓋骨の接続部に歪みや変形が発生し、この歪みや変形を補うために曲がってくるのです。 顔面の左右差も同じ力医学的メカニズムが作用しています。 中には、鎖骨と胸筋をつなぐ胸鎖関節にも高低差が現れる人もいます。 姿勢から判断する方法 頚椎の生理的彎曲が少ないストレートネックの人や、背骨に対し首が前に落ちている場合も、自律神経失調症やうつ・パニック症を発症させる大きな要因になっています。 体形的特徴から判断する方法 『首が長い人』『首が細い人』『体に比べて頭が大きい人』また逆に『首が短く太い人』 などの体形的特徴のことです。 首が長く細い人や頭の大きすぎる人は、それだけで首に負担が多くかかるようになり、歪みや変形、微細な疲労骨折を起こしやすくなってしまうのです。 一方、首が短くて太い人は、足裏の不安定のほかに腕の力も首で補い、首の筋肉に余分な負担が加わり、それに伴う筋肉がつき太くなっているのです。 太くなると同時に、頚椎にもヘルニア様の損傷もあるのです。 身体の検査で判断する方法 一番わかりやすいのは、足関節のゆるみを判断する方法です。 うつ伏せで足の指先に枕を当てた場合、通常は45度位の角度になるのです。 足首がゆるんでいる人は、足先と踵が水平になると、むしろ踵のほうが低くなっている場合です。 これも著しい左右差が加わると、うつの症状もひどくなっています。 このほかのひざから判断する方法として、XO脚やひざの反り過ぎとなる膝反張があります。 うつになる人とならない人の差 足と首に異常があると、既に潜在的に自律神経失調症が80%ある。 この段階ではまだうつ症状は現れていません。 しかし、この潜在的な自律神経の不調(伝達不良)が80%ある女性に、残りの20%が心(精神)や仕事のストレス(肉体)となり、この負担が加わると100%の不調となってうつ病を発症してしまっている場合が多いのです。 これを診断基準に取り入れることです。 ですから、女性においては、うつを発症している者の80%に関節の慢性痛の他に、頭痛・肩コリ・めまい・胃腸障害・冷え・不整脈・血圧の異常・耳鳴り・甲状腺障害など様々な自律神経失調症状が伴っているのです。 男性の場合においても、潜在的に自律神経失調症状が60%蓄積されている段階では、まだうつ病は現われていなくても、残りの40%が心(精神)や仕事のストレス(肉体)の負担となり、100%の自律神経失調症状となってうつ病が発生しているのです。 男性でも、うつ病を発症している60%にひざや腰・首の慢性痛の他に、女性と同じような頭痛・肩コリ・めまい・胃腸障害・血圧の異常・不整脈・尿酸異常(痛風)など自律神経失調症状や首の異常が起因する生活習慣病症状を併発しているのです。 うつ病になる人とならない人の差は、女性では約80%、男性では約60%に『足と首』の異常が隠れているのです。 いくら心(精神)に問題があっても、また仕事のストレス(肉体)に問題があっても、うつ病にならない人はならない。 同じ条件下で、うつ病になる人とならない人の差、これを追求することが医療の根本なのです。 また、これを追求しないのは空論であり、医療の盲点なのです。 例え、いくら過酷な環境条件下であっても、うつ病にならない人はならない。 うつ病になる人は足と首に異常があり、既に潜在的に自律神経の不調(伝達不良)により、神経が誤作動を起こしているということを計算に入れるべきなのです。 うつ病を冷静に診断したり、公平に原因を追求する時、今まで言われているように『心や仕事のストレスが原因となるうつ病』があることも事実、また『足と首の異常が原因となるうつ病』があるという事実も尊重しなければならないのです。 なぜなら、この両方が原因となっている人には両方の治療法が必要だからなのです。 原因をすべて心の問題や仕事のストレスという先入観にとらわれすぎてしまうと、治療法にも片寄りが起こったり、時には『気休め』『癒し的行為』に頼ってしまうことが多いからなのです。 結果的に『あきらめ半分の治療』・『長期蔓延治療』・『惰性の治療』という悪循環に陥ってしまうからなのです。 性差でうつを解明する 女性も男性も『肉体と精神』は、環境条件に対応や順応するよう造られていますが、その中で女性と男性とで差があるのは、• 女性は重力による肉体的な負担に対応する力が弱いが、精神的な負担には強い。 男性は精神的な負担に対応する力が弱いが、重力による肉体的負担には強い。 という性差の存在が関係していると結論付けられると思います。 もちろん『足と首』と『心の問題や仕事のストレス』、この両方が原因になっている人も全体の30%位はあると思います。 更に子どもから大人まで全体的に幅広く見た場合、• 先天的な要因となる、遺伝的なことが原因になる場合も10%あり、• 後天的な要因となる頭のケガや脳の病気が原因になることも10%位あると思います。 しかし、このいくつもの原因が同時に起きることはないので、やはり女性の80%、男性が60%は『足と首』に隠れている原因があると言っても過言ではないと思います。 治療法は『足と首』が原因となる場合も『心の問題や仕事のストレス』が原因であっても、どちらも同じです。 あとで詳しく説明しますが、『治療の3原則』を用いて、その人のもっている自然治癒力を十分発揮させる治療法をおこなうのです。 うつ病は5つに分類される 現在、"うつ"の原因として色々な原因説や治療法があり混乱しているが、原因を大別また医学的・学問的に追求していくと、次の5つに分類されます。 遺伝学的要因・・・遺伝や体質など生まれつき、先天性が原因となるうつ• 構造学的要因・・・身体の歪み、特に首の歪みが原因となり自律神経を誤作動させて起こるうつ• 過労学的要因・・・足裏からの過剰な衝撃波やねじれ波が首と頭がい骨の接続部に繰り返され、変形や微細な疲労骨折が自律神経を誤作動させたことが要因となるうつ• 環境学的要因・・・肉体と精神のストレス、特に片寄った環境条件下における仕事のストレスや心の問題が原因となるうつ• 臨床学的要因・・・脳梗塞など病気やケガが原因となるうつ 自然界の法則を人間にあてはめ、うつ病の原因を大別 このように哲学(自然界の法則)を裏付けとして、うつ病の本当の原因を追求していくと、診断能力が高まり、それにつれて的確な治療へとつながるのです。 このことにより、うつ病に対する医療レベルが飛躍的に進歩するのです。 注意しなければならないことは、この哲学(自然界の法則)を幹(根幹)として考え、その先にある枝葉、つまりそれぞれの症状や一現象を幹と混同してはならないということで、常に幹と枝葉を見ていくという考え方や診断法が必要なのです。 新しい考え方なので再度説明しますが、人間の体は重力とのバランスを効率的に保とうとする『力学的構造体』なのです。 その重力とのバランスを、他の生物より一層効率的に保ってきた結果、健康と美とともに脳が発達し、進化や発展が促されたのです。 逆に重力とのバランスが崩れたところに、原因のはっきりしない痛みや自律神経失調・うつ病・パニック症などが発生し、退化や滅亡が促されてしまうのです。 うつ病を診断する場合、重力とのバランス医学(過労性構造体医学(Gバランス医療))が最初に来なければならないのです。 なぜなら、どんなに優秀な科学者や医師であっても、自然界の法則に勝る者はいないからなのです。 足裏からの反復性の介達外力が歪みのある首に繰り返されたことが、女性の80%、男性の60%の割合でうつ病の原因になっているのです。 これに残りの20%~40%となる片寄った環境条件が加わり、100%のうつが発症しているのです。 うつは5つに分類されますが、1の遺伝的要因や5の臨床的要因が同時に加わることはないので、全体から見ると重力が関係する足と首の異常によるうつが女性の約90%、男性の約60%を占めるのです。 注意:今は図で示す中で4の身体と精神の環境学的要因のみが原因と言われているのです。 これでは不十分なのです。 施術をご希望の方はこちら.

次の