医療保険 40代 女性。 医療保険どれがいい?40代独身女性に必要な保障とは

40代に人気のおすすめ医療保険ランキング

医療保険 40代 女性

50代の女性のみなさん、医療保険ってどのようなものに加入していますか? 50代の女性は、子供が独立している人も多く、生活に余裕が出てくる年代ですが、健康面での不安が増してくる年代でもあります。 若いころに加入した保険にそのまま入っているという人も多いでしょう。 ライフステージの変化に合わせて生命保険と医療保険について見直しが必要になる年代でもあります。 また、医療技術もどんどん進化し、それに合わせて保険もどんどん新しいものが発売されています。 今回は、50代女性の方の医療保険の見直しのポイントや、またこれから新しく加入したいと思っている50代女性の方に向けて、保険選びのコツを解説したいと思います。 ぜひ、最後までご覧ください! 50代女性が新規に医療保険に加入する時のポイントとしては、やはり できるだけ年齢が若いうちに加入することが大事だということがわかりました。 今ではインターネット等で、生年月日を入力することで様々な保険会社の中からプランを選択できるようになっています。 先ほどは月々4,000円台の人気の医療保険をご紹介しましたが、中には1,000円台からというものもありますので、毎月支払いができる保険料との兼ね合いで保険を選んでいくと良いのではないでしょうか。 長い間支払いをするものですので、生活に負担にならない保険料で、安心できる医療保険を選ぶことがとても大切になってきます。 それでは、50代女性が保険料の他に新規に加入するポイントとして、保険料の他にどういったものがあるのかをこれからご紹介していきたいと思います。 医療保険は期間が、「 終身タイプ」と「 有期タイプ(更新型)」の2つにわけることが出来ます。 終身タイプというのは、 補償が一生涯続くタイプです。 その反対に有期タイプ(更新型)は、10年更新型のように 加入して10年間は終身タイプよりも月々比較的割安な保険料で保障が持てるものになります。 どちらがベストかというのは人によってさまざまですので、一概にはお伝えできません。 しかしながら、50代女性が新規で加入すると考えると、この先病気のリスクが高くなっていく年代ですし、多少保険料が高くなっても、一生涯保障を持つことができますので、終身タイプの方がおすすめと一般的には言われています。 それぞれの保険会社の保険の内容をよく見てみると期間に関する記載がありますので、検討している時は自分がどのタイプを選択しているのかを間違えないようにすることも重要です。 50代の女性は、若いころから継続して加入している医療保険に加入している場合も多く、保険料が安いことがあります。 もちろん入院や手術、その他大きな病気にかかった時にしっかりと保障の出るものであれば、 そのまま続けていくこともよい方法かと思います。 しかし、医療の進歩によって、近年続々と新しい保険商品が販売されていることも常にチェックとしておくことが必要になってきます。 20代、30代で加入した場合、若い女性が比較的かかりやすい病気の対策をしている医療保険かもしれません。 50代を過ぎてくると、病気になるリスクも高まってきますし、新しい治療法に対応していない商品の可能性もありますので、十分に注意が必要となってきます。 そういったときは、安易に解約してしまわずに、保険料と補償のバランスが良い場合には、基本の保険として残しておくことも節約になる場合があります。 手ごろな医療保険をプラスすることで、足りない部分を補うことができるかもしれません。 それでは、すでに保険に加入している方でどういった方法があるのかを見ていきたいと思います。 医療保険の相談についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。 50代女性と言えば、お子さんが次々と独立していく年代でもあります。 まだまだ小学生や中学生など今後の教育にお金がかかると予想される場合は、死亡保障に関しては減らすことができませんが、お子さんが独立した場合はいかがでしょうか。 20代、30代でお子さんが産まれている場合、当時は自分に万が一のことがあったら、今度の子供の教育資金や生活費を保障してくれる保険というものに加入していたのではないでしょうか。 おそらくご自身の医療保険にプラスして、死亡保障というものも多く設定していたと考えられます。 独立した後は、教育資金や家族の生活費といったような 大きな保障は不要になってくると考えられますので、 その分の死亡保障を減額し、その分保険料が安くなるというわけです。 50代女性の医療保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか? 大切なポイントをまとめてみましょう。 医療費に合わせて加入し、無駄を省く• 新規加入するなら終身タイプを• 更新型に加入している人は終身タイプへの切り替えを• ライフスタイルの変化に合わせて見直す 50代の女性は、これから30年以上元気で過ごすことが目標になります。 病気への備えをしっかりとすることとともに、医療保険の内容を自分で把握しておくことがとても大切です。 年齢が上がるほど、保険料が高くなる傾向があったり、将来的には新しい保険に加入することができなくなるため、終身型の医療保険に加入していない人は、 終身タイプを選ぶことをおすすめします。 ほけんROOMでは、他にも医療保険に関する記事を多数掲載していますので、ぜひご参考にしてみてください!.

次の

【FP監修】医療保険は必要? 不要? 加入の必要性をわかりやすく解説|楽天生命保険

医療保険 40代 女性

一方、ご両親と同居し空いた時間にパートをするなどして、生計を立てている方もいらっしゃることでしょう。 いずれの場合であっても、40歳になると介護保険料の支払いが開始されます。 保険料自体は大きな負担になるとはいえませんが、そろそろ老後を考える必要が出てきます。 また、ご自分の親が70代以上になり、判断能力の低下・足腰も弱くなり介護を必要とする時期でもあります。 ご自分の仕事をしながら介護も行う場合には、精神的にも体力的にもきびしくなります。 この状況で独身のご自分が病になった場合、ご自分を看護してくれる方が期待できない以上、加入する医療保険はこれから 発症リスクが高まる女性特有の病気に手厚い保障 が受けられ、一生涯保障が約束される保険が頼りになります。 そこで、 女性疾病特約が付帯された「終身タイプ」の医療保険へ加入することをおすすめします。 保障内容としては、万が一の場合に備える死亡保障は、自身の収入でご両親の家計を支えているような場合には、もしものときにも安心できる保障額に加入し、そうでなければお葬式代に備える程度の保障額で十分です。 医療保険に加入する際のご自身とご両親の貯蓄などの家計状況によって、死亡保障の保障額は検討するようにしましょう。 となります。 一方、大企業等が独自に設立した健康保険組合も存在します。 こちらでは、各健康保険組合によって、従業員のために更に手厚い保障が約束されているケースもあります。 例えば、協会けんぽの定めた傷病手当金以上の金額を支給する場合や、女性の疾病を特に手厚く保障している場合、本来ならば公的医療保険の適用外となる差額ベッド代等も保障 してくれる場合もあります。 ご自分が加入している健康保険に保障が不十分な点(例えば先進医療が保障されない、 差額ベッド代が保障外等)があれば、 医療保険に加入し 先進医療特約等を付加して、当面の備えとすることをおすすめします。 死亡保障については、残された配偶者が十分生活していけるようであれば保障額を高額に設定する必要はないでしょう。 40代のご夫婦でお子さんがおらず、共働きの家庭であればしばらくの間は生活に困らないほどの貯蓄があると想定されます。 もしものときの葬式代として保障額を設定するといいでしょう。 一見、専業主婦で子どもがいない40代女性の場合は、旦那様が医療保険等に入っているからご自分には加入の必要はないと思いがちです。 しかし、実際には専業主婦がけがや病気をして家事ができなくなった場合、家計へ与えるダメージは大きいと言われています。 旦那様が安心して仕事へ集中できるように、 女性の疾病に手厚い医療保険に加入しておきましょう。 そこで、 女性疾病特約が付帯された「終身タイプ」の医療保険へ加入することをおすすめします。 死亡保障については、配偶者の方がその後も十分生活していけるほどの収入がある場合、そして貯蓄がある場合には高額な保障額を設定する必要はありません。 もしものときの葬式代をカバーできる保障額で十分です。 子どもが自立している家庭は、既に子どもが就職してバリバリ働いており、ご夫婦の生活費のみを心配するだけで足りる状況といえます。 しかし、ご自分が病気やけがで入院した場合に、家族の金銭的な負担になりたくないのであれば、やはり、 女性疾病特約が付帯された「終身タイプ」の医療保険へ加入することをおすすめします。 そして、死亡保障については、配偶者がまだ仕事をしていて十分な収入を得ている状況であれば、子どもも自立しており生活費への心配はありませんので、高額な保障額は必要ないでしょう。 しかし、これまでの子育てで十分な貯蓄がない、家族の将来のために少しは財産を残しておきたいと考えるのであれば、将来必要であろう貯蓄額を考慮して保障額を決めるといいでしょう。 子どもが小学生・中学生であるなど親の監護が必要である場合、ご自分が病気やけがで入院すると家計に大きな影響が出ます。 そのため、事前に入院した際に給付される 入院給付金や、一時金を多めに受け取れる医療保険に加入することをおすすめします。 特に女性疾病特約が付加された医療保険の場合、女性特有の病気で入院・治療する場合、通常の給付金よりも5,000円または10,000円上乗せされて支給される保障内容が多いです。 受け取った給付金は、ご自分の入院・治療費に使っても、子どもの生活費に使っても構いません。 また、万が一に備える死亡保障の保障額については、 残されたお子さんが将来必要となるであろう 教育費を見越して検討するようにしましょう。 子どもがまだ小さいうちは貯蓄額も少ない傾向にありますし、これからどんどん費用がかさんでくるようになります。 せめて教育費だけでも安心して賄えるような死亡保障に加入しておきましょう。 ご夫婦で子どもを授かりたいと思う場合には、 妊娠前に女性疾病特約を付加した医療保険へ加入することをおすすめします。 妊娠、出産は病気やけがではないものの、帝王切開をはじめとした異常分娩の場合ならば、どの保険会社でも保障対象としています。 しかし、妊娠がわかって大急ぎで医療保険に加入しようとしても、保険会社に加入を拒否されたり、加入が認められるとしても 部位不担保(この場合は子宮に関するトラブルや、異常分娩を保障の対象外にすること)が条件となることもあります。 つまり、妊娠がわかった後に医療保険へ加入しても、肝心の異常分娩の時の保障が認められないケースがほとんどです。 ご自分が子どもの妊娠・出産を希望する場合には、旦那様と十分に相談した上で、事前に医療保険へ加入し、まさかの時の備えとしておきましょう。 死亡保障としては、生まれた子どもの将来の教育費が十分賄えるほどの保障額を設定しておくと、安心です。 また出産前後には医療費や子どもの生活費などで出費がかさみ、貯蓄が減る傾向にあります。 医療保険に加入する際には、 もしものときに生活費に負担がかからないほどの保険金が給付される保険に加入しましょう。 50代女性の医療保険についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。 医療保険には主に、支払った保険料が戻ってこない「 掛け捨て型」と、解約や加入契約者(被保険者)が亡くなった場合ある程度のお金が戻ってくる「 貯蓄型」があります。 医療保険の中で「掛け捨て型」は、保険期間が定められている定期タイプもあれば、一生涯保障の終身タイプもあります。 一方、 「貯蓄型」は法人向けを除いて、ほとんどが 終身タイプです。 実は入院・治療の際の保障内容は、掛け捨て型も貯蓄型も変わりません。 違う点といえば、貯蓄型の方が高い保険料を支払う必要があるのと、解約すれば解約返戻金が受け取れ、一定の期間経過後に生存していれば「 還付給付金」が受け取れたり、死亡した場合は「 死亡保障(保険)金」を受け取ることができます。 40代女性が医療保険に加入するならば、各家庭環境や経済状態にもよりますが、万が一亡くなった場合、貯蓄型の死亡保障金は概ね100万円~200万円が遺族に下りるので、葬儀代に充ててもらうことも可能です。 また、独身であるならば、一定の期間経過後に生存していたら下りる還付給付金は、老後の生活費に役に立つ保障と言えます。 乳がん 乳房の乳腺にできる腫瘍です。 乳がんは乳房のあらゆる部分に発生するおそれがあります。 40代後半~60代以降の方が主に発症しやすいがんです。 次のような症状が続く場合は医療機関での受診をおすすめします。 胸にしこりのあるような違和感がある• 月経周期に関係なく乳房が痛い• 乳首から血が混じったような分泌物が出る• 乳頭や乳輪部のただれや、乳房の皮膚の赤い腫れがある• 乳頭が極端に陥没した• 脇の下の腫れた 子宮がん このがんは、子宮の入り口である子宮頸部から発症する子宮頸がんと、子宮体部の内側にある子宮内膜から発症する子宮体がんがあります。 次のような症状が続く場合は医療機関での受診をおすすめします。 月経が開始していない、または性行為の時に膣から出血した• 普段とは異なるおりものが増加した• 月経とは無関係な出血や、おりものに血が混ざった• 月経不順・下腹部の痛い• 排尿時の痛みを感じる 卵巣がん 良性腫瘍と悪性腫瘍に分かれる卵巣で発症するがんです。 エコー検査をすれば初期段階でがんが発見されるケースが多いです。 自覚症状はほとんどありませんが、次のような症状が続く場合、医療機関での受診をおすすめします。 下腹部にしこりがある• おなかが張る• トイレが近い• 食欲の低下 女性特有のがんであっても、通常のがん保険に加入していれば保険金の給付によりサポートが受けられます。 ただし、女性がん特約を付けておくことで、医療保険と同様に保障が厚くなります。 また、保険会社によっては女性の立場に立って金銭的サポートを設けている保険商品もあります。 例えば、乳がんでは、しこりの大きさが4cm以上になると、乳房の温存する手術が適応されないことがあります。 その場合には、乳房を切除することになります。 この手術に関しては公的医療保険や、通常のがん保険でも保障が適用されます。 ただし、乳がんにより乳房を切除した後に、人工乳房による再建手術を行いたくても、公的医療保険が適用されず 当該費用100万円程度を自己負担することになります。 一般的ながん保険でも、こちらの再建手術は保障外になってしまうことが多いです。 しかし、乳房の再建に関しては治療行為といえませんが、女性の心情からみて大切な手術と言えるため、 女性疾病特約で保障の対象にしている保険があります。 乳房の外見を良くするための手術を保障する、 「 乳房再建給付金」が設けられている保険商品では、手術1回につき50万円~100万円程度を一時金として支払われます。 このような女性の心情に配慮した保険商品へ加入しておくことも、後悔しない保険の選び方といえます。 この記事では、40代女性の医療保険の選び方について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。 今回のこの記事のポイントは、• 40代は病気のリスクも高まるため、保険の見直しが必要である。 40代の女性が医療保険に加入する場合、自身のライフスタイルや貯蓄額、子どもの有無などで保障内容や死亡保障の保障額を決定する。 40代の女性が加入する医療保険のタイプは、死亡保障金だけでなく老後の蓄えにもなる解約返戻金や還付給付金が受け取れる「貯蓄型」がおすすめである。 40代女性はがんの発症リスクも高いので、医療保険ではがんに特化した保障内容を付加することもおすすめである。 老後の生活を見越し、年金保険への加入もおすすめである。

次の

女性保険(40歳女性)生命保険、医療保険などの保険料一覧|生命保険の比較ならi保険

医療保険 40代 女性

平均的な40代家庭とは?収入・貯蓄・借金の平均を調べる。 生命保険の平均を調べる前に、平均的な40代家庭を調べてみました。 データのソースは厚生労働省です。 平成28年の厚生労働省調査では、日本の平均世帯人員って2. 57人だそうです。 40代に限ると、18歳未満の平均人員が1. 48人。 夫婦にお子さんが1人か2人が平均的な家庭ですね。 もちろん、独身もいれば、シングルでお子さんがいる家庭もあり、夫婦だけの家庭もあります。 40代世帯の人員構成はほんとに様々ですよね。 そしてお金に関する40代世帯の平均は以下のとおり。 収入:671. 1万円 貯蓄:652. 7万円 借金:853. 5万円 40代は借金が貯蓄を上回っていて、何か事件が発生すると経済的に危険な状態になるモロさがありますよね。 ちなみに、50代になると貯蓄が借金を上回ります。 40代が経済的な正念場ですね。 40代が毎月支払う生命保険の保険料平均は? そして40代が年間支払う生命保険の保険料平均は以下のとおり。 40歳~44歳:41. 0万円 45歳~49歳:44. 我が家も同じくらい支払ってます。 40代家庭の平均収入が671. 1万円ですので、 収入の約6. これがひとつの目安ですね。 ちなみに加入件数(1世帯で何件の生命保険に加入しているか)の平均が3. 9件だそうです。 ここからは推測ですが、• 夫の生命保険(死亡保障)• 妻の生命保険(死亡保障)• 子供の学資保険• 夫の医療保険?妻のがん保険? っていうのが一般的な家庭の生命保険構成でしょうか。 みなさんけっこう手厚くかけてますよね。 しかし、世帯構成や貯蓄額・借金額によって必要な生命保険は変わります。 平均はあくまでも一つの目安で。 自分の家庭に何が最適なのかはプロのフィナンシャルプランナーに相談してみましょう。 40代の死亡保障。 亡くなったら遺族に支払われる保険金額の平均は? 40代だとまだまだ小さいお子さんがいる家庭が多いのではないでしょうか。 生命保険の最も大切な役割は一家の大黒柱が亡くなったときに、遺族を経済的に支えること。 40代のみなさんがどれくらいの死亡保障をかけているのか気になりますよね。 まずは40代の生命保険・個人年金保険の加入率は以下のとおりです。 40歳~44歳:92. みなさんしっかりしてますね。 そして死亡保障の保険金額は以下のとおりです。 40歳~44歳:3,032万円 45歳~49歳:3,050万円 これが死亡保険金の世帯平均です。 ちなみに、この金額は世帯主だけではありません。 夫+妻の合計の金額です。 全世代の世帯主の保険金額平均は1,406万円、妻の保険金額平均は758万円。 およそ世帯主が妻の倍くらいの保険金額になってます。 ですので、これを40代世帯に当てはめると、 世帯主の保険金額:2,000万円 妻の保険金額:1,000万円 が平均かもしれないですね。 40代の老後はどうなるんだろう。 個人年金保険の平均は? 僕たちより上の世代は公的な年金で暮らしていけましたが、僕ら40代はちょっと老後の生活が不安ですよね。 老後に備えとなる個人年金保険。 これまでマイナーな存在でしたが、最近は加入率が上昇しています。 今後はさらにメジャーになっていくと思います。 40代の個人年金保険加入率は以下のとおりです。 40歳~44歳:23. 1% 45歳~49歳:27. 9% おおよそ4世帯に1世帯が個人年金保険に加入してます。 まだまだ少ないですね。 全世代の年金額(老後になったら1年間に支給される金額)平均は以下のとおりです(40代に限定した平均のデータがありませんでした)。 年金額平均:102. 5万円受け取れる計算ですね。 続いて、現役時代に毎月支払う保険料の平均です。 保険料平均:20. 1万円 これも全世代の平均です。 年間20. 1万円を保険料として支払ってます。 けっこうな金額をみなさん払ってますよね。 ちなみに、個人年金保険の保険料を一時払いで支払う場合は726万円が平均です。 ただし、この金額も全世代の平均です。 子供が小さい40代は死亡保障がメインですよね。 子供が大きくなって、自分の老後を考え始めて加入するのが個人年金保険です。 個人年金保険は50代の加入者が多いので、40代の平均はもう少し下がると思います。 最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。 生命保険の相談は生命保険会社の営業職員、または銀行の窓口でできますが、 おすすめは保険ショップかファイナンシャルプランナー(FP)です。 理由は以下に書いています。 複数の生命保険を比較でき、保障内容をしっかり説明してくれるのは保険ショップかFPだけです。 嫌になるほど複雑な保障範囲も、わかりやすく教えてくれますよ。 相談は無料ですし、相談したからってFPが提案した保険に加入しなければならないってことはありません。 FPの提案に納得できなければ、何もしないで帰宅してしまってOKです。 おすすめ生命保険の相談窓口。 保険ショップ・ファイナンシャルプランナーを探すならこちら。 僕が周りの友人におすすめしている生命保険の相談窓口です。 保険ショップやファイナンシャルプランナーをお探しならここが便利ですよ。 各社共通なのは十分時間を取って相談に乗ってくれること。 そして相談は無料であること。 相談したら保険に絶対入らなければいけないってこともないし、タダなんだから軽い気持ちで行ってみたら?くらいの感じで友人にはすすめてます。 【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるLIFULL保険相談。 全国1,200店舗から検索可能。 検索できる保険ショップの店舗数は業界No. 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。 ユーザの通報制度あり。 通報された保険ショップは掲載停止を検討。 保険ショップの予約ならLIFULL保険相談です。 全国1,200店舗を予約可能。 自宅近くの保険ショップを選び、• 相談希望日時• 生年月日• 電話番号• 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択) を入力すれば予約完了です。 ほんとに30秒で予約できますよ。 便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。 お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。 また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。 なんとなーく入りにくい保険ショップ。 強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。 ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。 【FPが指定場所へ来てくれます】 保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード! 30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。 訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。 「自宅の近くに保険ショップがない…」 「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」 「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」 そんな方にはぴったりのサービスですよね。 僕の友人何人かが相談したのですが、営業されるわけではなく、親身に話を聞いてくれたとのこと。 30社の生命保険をいっしょに比較し、結果的に毎月の保険料が15,000円程度安くなった友人もいました。 相談の申し込みはとっても簡単。 ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。 オペレーターから電話がくる。 相談する日程と場所の調整をする。 担当FPがやってくる。 これだけです。 もちろん 相談は無料です。 気軽な気持ちで相談して大丈夫です。 ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。 この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。 はじめまして。 こんにちは。 僕は今年で40歳、嫁と1男1女の子を持つパパです。 大学を出て保険関係の仕事に就いていたのですが、生命保険ってわかりにくいなぁと思いながら仕事をしていました。 (保険代理店ではありません。 もうちょっと特殊な会社です) このサイトでは、僕と同年代の方に向けて、なるべくわかりやすく保険について説明したいと考えています。 よろしくお願いします! カテゴリー• 177• 3 Twitter始めました。

次の