麒麟がくる 全話。 『麒麟がくる』(動画あり)今からでも楽しめる!全話あらすじとまとめ|ソクラテスのつぶやき

麒麟がくる、なぜタイトルに?込められた3つの意味!

麒麟がくる 全話

高視聴率でスタートしたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」。 本能寺の変を起こした明智光秀を通して戦国絵巻が描かれる、全44回の壮大なドラマです。 毎回、人気ライター木俣冬さんが徹底解説し、ドラマの裏側を考察、紹介してくれます。 第11話は、俳優陣の眼の演技が光る名場面満載の回。 記事末尾でコメント欄オープン中です!• 大河ドラマ「麒麟がくる」第11回「将軍の涙」(演出:大原拓)は、第1回からはじめて駒(門脇麦)が出て来ず、全編、武将たちによる戦のお話。 それぞれの言い分があってとてもおもしろく見た。 このままでは織田家、ピンチ 天正18年(1549年)、11月。 織田信長(染谷将太)の城に預けられていた竹千代(岩田琉聖)は、駿河の今川方に捕らえられていた信長の腹違いの兄・信広(佐野泰臣)と人質交換された。 織田信秀(高橋克典)は、帰って来た息子が無傷だったことを喜ぶどころか不甲斐ないと嘆く。 このときもはや信秀の身体は戦の傷によって、深刻な状態になっていた。 信広は不甲斐ない。 信長は謎。 信勝は土田御前のお気に入りながら若過ぎる。 このままでは織田家、ピンチ。 信秀は苛立つ。 翌、天正19年。 今川義元(片岡愛之助)は戦をはじめ、織田家は道三(本木雅弘)に兵を出して欲しいと頼んでくるが、目下、美濃は刈り入れ時なので兵が出せない。 戦と農業が同列ということは、戦も農業もこの時代では生活の一部ということなのだろうか。 美濃を守るために帰蝶(川口春奈)を織田家に嫁がせたにもかかわらず、いまの織田には力がなく、道三は弱った織田のために闘う意味があるのか悩む。 どのみち、織田を負かしたあとに美濃が狙われるのはわかっている。 だから、弱い者同士、手を取り合おうとしたわけだが……「織田がこれほどまでに無力とはのう」と道三。 やがて織田がめざましく勢力を拡大していくことを、視聴者は知っているが、道三は知らない。 あけすけにベタベタする信長と帰蝶 信長の守り役・平手政秀(上杉祥三)に援軍を出せと言われ、出せないと断るお使いは、やっぱり光秀くん(長谷川博己)。 信長の城を訪れ「刈り入れ時ゆえ」と光秀が断っているとき、平手はちらと帰蝶を見る。 「情けなきことこのうえない」と眉をひそめている帰蝶。 人質だから「父上が裏切れば磔(はりつけ)じゃ」とわかっているのだ。 磔ですよ、おそろしいですね。 何か打つ手はないか……と光秀が考えていると、呑気に相撲に興じていた信長がやって来る。 名場面その1 信長と帰蝶の膝枕 刈谷城の水野(横田栄司)があと三か月はもたせると言ってると語りながら、帰蝶の膝まくら。 光秀に見せつけるようにあけすけにベタベタする。 帰蝶の頬をなでる信長の顔がいい。 帰蝶もにっこり。 大人の関係に、光秀くん、眼のやり場に困る。 「和議じゃな」と信長。 こういうときは「強いほうの顔を立てればいい」とあっさり。 信長は帰蝶が磔にならないように考えているのだと思う。 わざとベタベタしているのは、光秀に帰蝶との仲を見せつけているようにも思う。 いろいろ極端な性質ゆえ、光秀のことは気に入っているが、帰蝶と親しそうなところには微妙な気持ちがありそう。 名場面その2 土岐頼芸(尾美としのり)と斎藤高政(伊藤英明)と光秀の眼の演技 和議の仲立ちは、かつて、土岐家の揉め事を収めてくれた将軍・義輝(向井理)に頼むことにしようという案が出て、将軍に仕える者と親しくなった光秀が任務を仰せつかる。 帰蝶「ここは思案のしどころぞ」 信長「帰蝶のためにもよくよく思案をいたせ」 光秀くん、信長夫婦に頼られ、高政に尾張の干物を付け届けしたうえ、「今後そなたの申すことはなんでも聞く」と約束し、土岐頼芸に頼みに行かせてもらう。 そんな約束していいんだろうか。 「なんでも聞く」は絶対言っちゃだめなやつだと思う。 土岐頼芸はふたりをニコニコ迎えたが、道三に守護の座を奪われそうになっている自分がなぜ助けないといけないのか、とお酒をこぼしながら問う。 頼芸の憤怒が伝わってきた。 高政は道三を憎んでいるし、頼芸が本当の父じゃないかと思っているので、気持ちが高まっていく。 高政「父、利政(道三)を……父、利政を……」 頼芸「殺せるか」 鷹の鳴き声 ふたりのやばい話を聞いちゃった……という顔の光秀。 尾美としのりの眼、伊藤英明の眼、長谷川博己の眼。 3人とも表情は大きく変えず、眼だけでのっぴきならない状況における心の動きを表現する静かな演技合戦。 これは見応えあった。 長谷川博己、以前より顔筋がよく動くようになった気がする。 あと、なんか急に「おう」と言うリアクションが増えた気がする。 光秀の運の良さ 名場面その3 将軍・義輝の哀しみ 頼芸に書いてもらった手紙をもって光秀が旅立つと、細川晴元と三好長政の内紛に巻きこまれた足利義輝は近江に落ち延びていた。 雨のなか、堅田に向かう光秀だったが、将軍が堅田に落ち延び、それを三好勢が追いかけてるからと身動きがとれなくなる。 やれやれと思ったら宿に細川藤孝(眞島秀和)が。 また光秀の運の良さ、出た! 藤孝は将軍が京都に戻れるように暗躍中。 将軍を自分の政治の道具にしている武士が多いと嘆く。 「我々武士は……いま病んでいます」 光秀は藤孝と共に朽木へ。 そこは静かに雪が降っていた。 雪の庭を見ながら、背中を向けて、己の非力に嘆く将軍にこのうえもない寂寥感と終末感。 義輝も父から麒麟が来る話を聞いていた。 いまの自分には麒麟が来ないと、 「無念じゃ」と眼を伏せる。 「麒麟がくる道は遠いのう」 向井理の伏せた瞳の影に 向井理は正直な俳優だと感じる。 いいセリフをもらうとしっかり語る。 そして、たいていの俳優が眼ヂカラ、全開でここぞという感情を伝えてくるところを、向井の場合は眼を伏せたほうが伝わってくるものがある。 私の勝手な想像でしかないが、この俳優は宇宙の果てしなさ、人間のちっぽけさを知っているように見える。 ひとりの人物に内包された巨大な欲望と慎み深さ。 それが伏せた瞳の影に出る。 栄華を誇った室町幕府がやがて向かう滅びをこの身に引き受ける将軍(最後の将軍は15代目。 義輝は13代目)の役にぴったりである。 剣豪だったらしいので、向井はかなりナイーブに演じ過ぎているような気もするけれど、武芸に秀でた人が哲学的であってもおかしくはない。 義輝と光秀が各々涙を潤ますその 表情に。 向井理と長谷川博己、知性派ふたりの、この社会を憂う心の震えが強く伝わって来た。

次の

コロナ禍の大河ドラマ『麒麟がくる』が“年越し”放送へ、全話変更なしの切実事情(週刊女性PRIME)

麒麟がくる 全話

一部では《放送回数減らし年内終了へ》とも報じられましたが、あくまで予定通りの全44回を撮影して放送することがNHKの既定路線。 大河ドラマとして異例の策に打って出るみたいですよ」(芸能プロ関係者) 長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が波乱続きだ。 出演予定だった沢尻エリカの逮捕で出鼻をくじかれ、スタートが2週間遅れた矢先に新型コロナウイルスの感染が拡大。 全ての撮影が中断されてしまったのだ。 「追い討ちをかけたのが緊急事態宣言の発令と延長で、5月31日まで撮影はできなくなりました。 感染防止のためやむを得ない決断ですが、ただでさえ出演俳優が多く、また売れっ子を揃えている大河ドラマは撮影スケジュールを組むだけでも一苦労なのです」(テレビ誌記者) それでも、ただ状況を見守っているわけにもいかない。 ここにきてNHKも再始動を図っている。 「緊急事態宣言の解除を見込み、約1か月の準備期間を経た6月29日の撮影再開を決めたのです。 そのため、例年は10月に撮了を迎えるのですが、今回は年末にずれ込み、最短のスケジュールで12月27日と想定しています。 つまりは越年して2021年に最終回を迎えるのです。 しかし、この時は前後の大河『琉球の風』『花の乱』に合わせて、2年間で3本を放送する変則スケジュール。 いわば計画的な越年放送だった。 それでも、全44話をまっとうしたい理由があるのだという。 「たしかに放送回を減らして年内で終了させる、ということも話し合われたそうです。 しかし、コロナの影響が出ているのは『麒麟〜』だけではないのです。 GW明けにクランクイン予定だった、2021年の大河『晴天を衝け』が始動できていないのです。 仮に年内で『麒麟〜』を終わらせたとしても、年明けに放送できる新作が用意できないかもしれないのです。 また歴史物の大河ドラマは、数話分でも圧縮すればストーリーの重厚さが薄れてしまいますし、それは職人気質が揃う大河の制作陣が最も嫌うこと。 また『麒麟〜』はここ数年と比べても視聴者からの評判がよく、NHKとしては44話全てを届けたい思いもあるんですよ」(前出・芸能プロ関係者) コロナ禍で何かとストレスを抱える日々。 制作も視聴者も、納得できる面白い大河ドラマを作って欲しい。

次の

「麒麟がくる」放送中断と放送回数減に関する情報のまとめと考察

麒麟がくる 全話

スポンサーリンク 染谷信長の覚醒に道三がベタ惚れした聖徳寺の会見 大河ドラマ麒麟がくるの第14話「聖徳寺の会見」どうでしたか? キャスト発表時はこの人で大丈夫?って思いましたが、染谷将太が演じる織田信長、いよいよ板についてきましたね。 普通にカッコイイです。 しかも、少し狂気をはらんでいるような雰囲気がなお良し! 今後、明智光秀がこの信長にどう絡んでいくのが楽しみでなりません。 それでは道三がベタ惚れした聖徳寺の会見を描く第14話の感想とおさらいです。 織田信長(染谷将太)と斎藤利政(本木雅弘)の会見が聖徳寺で実現。 先回りしていた利政は信長の鉄砲の数に度肝を抜かれ、言葉を失っていた。 さて実際の対面ですが、信長がなかなかこないために利政はイライラ。 ブチギレ寸前までいったとき、そこにフォーマルな姿に着替えた信長がご登場。 落ち着いていてカッコイイ! 遅刻のことを責められた信長は帰蝶(川口春奈)が用意した利政好みの服に着替えていたためと言い訳し、利政に何も文句を言えなくさせてしまう。 その後も利政の圧迫面接に対して、全くおじけづくことなく答えていく信長。 狂気を帯びたようなモノの言い方に、これぞみんなが知る「ザ・信長」というような印象を受けました。 「この世を変えるのは家柄や血筋ではなく、実力である。 我らも変わらなければならない」 信長の強い言葉に惚れた利政。 出典: スポンサーリンク その夜、明智荘に戻った光秀は会見での出来事を母や嫁に興奮気味に話す。 子供っぽいところがまだ残ってるのね。 一方、駿府に着いていた望月東庵(堺正章)と駒(門脇麦)。 駒が薬屋を訪れると、そこに菊丸(岡村隆史)の姿があった。 菊丸は味噌が売れないので薬屋に転身したのだと言っていましたが、まぁ菊丸は松平家(徳川家)の隠密なので、駿府で人質になっている松平竹千代(徳川家康)の身を守りに来ているのでしょう。 二人が話していると、今度は藤吉郎(佐々木蔵之介)が登場。 荒くれ者たちにボコボコにされ、いつか見返してやると話す藤吉郎。 今後の立身出世への野心が溢れていました。 なぜか、駒と良い雰囲気になっているのは今後の展開にどう影響してくるのか・・・。 菊丸はヤキモチを妬いているようでしたが、コミカルな役回りはこの二人が回していくのかな? 岡村隆史の方が秀吉っぽいって思うけど、染谷信長も板についてきたし、佐々木秀吉もそのうち板についてくることを期待しましょう。 出典: スポンサーリンク さて駿府では東庵先生が太原雪斎(伊吹吾郎)を治療することに。 雪斎はあと2年自分を生かしてくれたら、織田を討ち滅ぼしてやると宣言する。 軍師としての雪斎がすごくカッコよく表現されていた。 年とっていても出来る人はカッコイイわ。 出典: その後、今川軍は知多半島の織田領を侵略。 孤立した緒川城を救うため、信長は斎藤家に救援を求め、利政はこれを了承する。 利政は明智光安(西村まさ彦)に信長の寝首をかこうとする織田彦五郎の背後を牽制するよう命じ、光秀には信長の戦を見てこいと命令するが、そこに斎藤高政(伊藤英明)と稲葉良通(村田雄浩)が入ってきて猛反対する。 今川を敵に回せば美濃は大変なことになるという高政。 意見を求められた光秀も今回の利政の策にはあまり乗り気じゃない。 実際のところ、光秀は高政に「なんでも言うことを聞く」と約束していたから、高政の意見に賛同したのかな? そこらへんはイマイチ読み取れない。 しかし、利政は「信長を甘く見ると、いずれお前らはひれ伏すときがくる」と言い、何が何でも援軍を出すことを決めてしまった。 そして斎藤家の援軍を得た信長は、激闘の末に今川軍を相手に勝利を収めることになった。 出典:.

次の