ウグイ。 ウグイは食べられないって本当?食べ方を探して炊飯器を活用=簡単に美味しく食べられた|えぞめぐり

ハヤの種類ついて解説!ウグイやオイカワだけじゃない?|TSURI HACK[釣りハック]

ウグイ

ウグイとはこんな魚 ウグイは河川の上流から下流域までの広範囲に生息している淡水魚です。 北海道から九州まで日本全体の河川に分布しています。 同じウグイでも河川で生まれてそのままそこで一生を終える陸封型と川を下り成長する海陸型がいます。 大きさは20~45cmくらい。 成魚の見た目は全体が茶系の銀色をしています。 体の側面にはえらから尾にかけて黒色の縦の帯がみられます。 3月上旬~5月中旬の繁殖期になると雌雄ともに体の側面にきれいな3本の朱色の平行な直線が現れます。 繁殖期に現れるので「婚姻色が現れる」ともいわれます。 日本の広範囲に分布しているので地方によってそれぞれの呼び名のある魚です。 ちなみに「ウグイ」と呼ぶのは愛知県で同じ愛知でも「ネコマタギ」と呼ぶこともあります。 関東や長野県では「ハヤ」、徳島では「イダゴイ」などと呼ばれています。 各地で呼び名の違う面白い魚です。 ウグイの食べ方 昔は日本各地の山間地域でウグイをほかの川魚と同様に貴重なたんぱく源として食していました。 現在はかまぼこの原料に使われることが多いですが、ウグイそのものも大変美味しく塩焼き、天ぷら、唐揚げ、南蛮漬け、みそ煮、甘露煮などいろいろな料理に使われます。 ウグイってどんな味? ウグイは淡白であっさりした味わいですが脂がよくのっていて旨みもあります。 しかし川魚が持つ独特の泥臭さもあり小骨が多いのが難点です。 体はぬめりが強いので、食べるときはうろことヌメリをよく取り除くと泥臭さが軽減します。 内臓は苦いので調理前はきれいに取りのぞきよく水で洗って下処理しましょう。 少しでも鮮度が落ちると臭みが強くなります。 鮮度のあるうちにてきぱきと調理してください。 生食の刺身や寿司で食べときは寄生虫に注意が必要 天然のウグイを生食すると寄生虫などの危険があります。 川魚の大半に心配されることですがウグイも腸や胃などの内臓に寄生虫がいる場合があり食中毒の原因になります。 たとえば青森県でウグイのいずしを食べた人がウグイの腸管に生育していたボツリヌス菌が原因で食中毒を起こし死亡した事例が2件もありました。 ウグイに多い寄生虫・横川吸虫 ウグイによく寄生する寄生虫に横川吸虫がいます。 成虫でも1~2mm程度の大きさで肉眼ではとても見にくく寄生虫だとは気が付かないこともあります。 顕微鏡で見ると形は洋ナシのような形をしている寄生虫です。 人間に寄生すると小腸の粘膜に入り込みます。 寄生虫の数が少なければと特別な症状も出ませんが、多く寄生してしまうと腹痛や下痢などの症状を発症します。 寄生虫を予防するにはどうしたらよいの? 川魚の寄生虫は天然の魚に寄生しています。 養殖のものには寄生していません。 生食で刺身や寿司にして食べたいときは養殖のウグイを使うと安心です。 また天然の川魚全体に共通することですが、寄生虫は魚の内臓に寄生していて魚が死んでしまうと内臓から出てきて身肉に寄生する虫もいます。 天然の川魚の寄生虫を予防するには生きているうちに内臓をきれいに取り出してしまうのも予防の一つです。 養殖ものは別として、天然の川魚には寄生虫が寄生している場合があるので心配な方は生食ではなく火を通す料理法で川魚を堪能することが最も安心な方法かもしれませんね。 ウグイのおすすめ料理 ウグイは小骨が気になる魚です。 小骨が気にならない料理法で小骨まで美味しく食べられる料理がおすすめです。 また生食で味わいたいときは寄生虫の心配があるので天然ものではなく養殖のウグイを利用するようにしましょう。 ウグイの塩焼き ウグイを一番簡単に味わえるおすすめ料理はウグイの塩焼き。 ウグイの産地では内臓を取り除いたウグイに塩をふり串に刺して炭火でじっくり焼いて食べます。 川辺で釣り上げたウグイもこうして串に刺して炭火焼きにしている方も多いです。 グリルを使用する場合は内臓を取って塩をふり水分を飛ばさないように弱火で両面をじっくり焼きます。 塩焼きは火を通すので、内臓がついていても寄生虫に侵される心配はありませんが、ウグイの内臓はとても苦いので美味しくありません。 また淡白な味なので山椒を加えた味噌などを付けて食べるとなお美味しいです。 ウグイの唐揚げ 小ぶりのものは内臓を取って片栗粉をまぶして唐揚げにするのもおすすめです。 小骨も美味しくいただくために二度上げにします。 香ばしい中にウグイの香りを感じるおすすめの料理です。 味付けは塩コショウや、塩にカレー粉をまぶして味付けするのも淡白なウグイによく合います。 ウグイの甘露煮 小ぶりのウグイは素焼きにしてから干して甘辛く煮た甘露煮も日持ちするウグイのおすすめ料理です。 川魚ウグイのおすすめ料理をおいしく堪能しよう 日本全体の河川の生息しているウグイは川釣りファンには馴染みの魚です。 川魚というと串に刺して塩焼きが美味しいですが、唐揚げも絶品のようです。 ただしウグイも川魚なので天然ものは寄生虫の心配があります。 生食で刺身や寿司でいただく場合は養殖のウグイを使うと安心ですね。 川魚、ウグイ!美味しく料理して堪能してください。

次の

ウグイ

ウグイ

ハヤとも呼ばれるウグイの生態に迫る 「ハヤ」と称されることもあるウグイはウグイ亜科として細かく区別するとウグイ、エゾウグイ、マルタウグイに分類されます。 主な判別方法はお腹にかけて婚姻色になります。 ウグイの場合は3本の朱色がラインとして出ており、エゾウグイは目の下と各ヒレに朱色が見えます。 そして、マルタウグイの場合は体の側線に沿って1本の太めな朱色が現れており、背中にかけては真っ黒になっています。 ウグイは中流域から上流域に生息しており、サイズは15~30cm程度でまで育ちます。 他方、マルタウグイは特別に大きく成長する種類で50~60cmサイズにまで育ちます。 さらに、マルタウグイは海に向かう降海型の魚なので、河口近辺から下流域・中流域を季節に応じて移動している魚です。 一方、エゾウグイは北海道と東北地方の一部にしか生息せず、最大で40cm程度まで育ちます。 このように同じウグイ科の魚でも、サイズや婚姻色の違いがあることを把握しておきたいです。 以上、サイズや婚姻色の違い、生息域に明確な違いがある魚達ですが、いずれもルアーで狙えます。 川のウグイ釣りは餌釣りをしていると頻繁に釣れる魚の一種で、ミミズやサシなどの虫餌であれば、何度でも捕食してくる魚です。 ウグイは基本的に、 群れで泳ぐ習性があります。 そのため、回遊している群れを見つけることができれば連続で大量に釣ることも簡単な魚で、ルアーフィッシングに長けている人であればハマりやすいです。 このように、確かに大量に釣れるウグイ釣りは面白いのですが、釣れすぎてしまうとよりワクワクするゲーム性を求めてしまうのは僕だけでしょうか。 ルアー釣りがメインで釣りをしている僕にとって、餌釣りよりも高度な技術を必要とするルアーでのウグイ釣りはワクワクします。 餌釣りでは味わえない急なガツッという感覚。 ウグイを敢えてルアーで釣るスリル ウグイ釣りは川の流れに乗せてルアーを操作しながら狙えるので、突然のバイトが手元に伝わる瞬間が最もドキッとします。 ウグイは強めな水流のある川、特に透明度が高めの川であればどこにでも生息しています。 しかし、罠を仕掛けるのでなくルアー釣りをするのであれば、ある程度の川幅やルアーをキャストできるスペースが欲しいです。 そこで川幅が約20mある川にて ライトタックルを用いて、トラウト用の スプーン(ルアー)をキャストしてみることにしました。 流れに乗せながらゆっくりと引いてくると、後ろからワラワラと小魚のチェイスが目に入ります。 スプーンなどの小さなルアーにはウグイをはじめ、オイカワやカワムツも反応してきます。 ですので、このタイミングではウグイなのかは分かりません。 そこでもう一度、川上にスプーンを落として巻き始めると小さなアタリが入り竿先が食い込みました。 魚の口が裂けないようにゆっくりとラインを巻いて釣り上げると、10cm前後のウグイが釣れました。 ルアーフィッシングは餌釣りと比較すると、 自分の知識と頭を使ってルアーをキャストしたり、操作したりするテクニックが必要です。 フックも一瞬のバイト時に、しっかりと魚の口に掛けないといけないのが難しいです。 ゆえに、一匹でもウグイをルアーで釣れると満足感が得られやすい面白い釣りです。 普段の雑魚釣りやウグイ釣りで実践している餌釣りだけでは飽きてしまう人に、ルアーで狙うウグイ釣りはもってこいな釣法であることが体感できます。 以下の章では、ルアーで狙うための時期や釣り方、タックルについて詳しく解説します。 冬場はウグイが釣り上げにくい ウグイは通年を通じて狙える魚ですが、ルアーでウグイを狙う際は活性の高い時期がいいです。 具体的には 5~9月頃にかけてで、春の産卵を終えたウグイは体力回復のために活発に餌をも捕食しています。 産卵後の体を回復させて、維持すためにも大型個体も餌を捕食しやすい時期なのでルアーにも果敢にバイトしてきます。 実際には3〜4月頃になると川の早瀬などに産卵を目的とした大量のウグイが登ってきます。 これらの付近では外敵だと勘違いしたウグイがルアーに攻撃してくる場合がありますが、産卵の保護をしてあげるためにもキャストは控えたいところです。 反対に、 冬場においては低水温のために活性が低くなっており餌をほとんど食べないです。 この時期はルアー釣りだけでなく、餌釣りでも厳しい時期になります。 トラウトスプーンでウグイを釣るコツは上手く流れに乗せること ウグイが好むルアーはどのようなものでしょうか。 これは回遊性の強い川魚に共通していることですが、キラキラとフラッシングするものに強い関心を示す傾向があります。 そのようなキラキラとフラッシングする代表的なルアーこそがスプーンです。 スプーンは元々、アメリカの釣り師が昼食時にスプーンを水中に落としてしまった際にトラウトが思い切りバイトしてきたことに由来しています。 現在でも、どうして魚がスプーンのようなフラッシングの強い物体に興味を示すのか、謎は解けていません。 とはいえ、釣れるルアーとしてあらゆるフィッシングシーンで使用されるルアーの一つです。 そのため、 スプーンやスピナーのような小型のルアーはウグイ釣りにも応用できるのです。 僕が小型のミノーでもウグイの反応があったことも確認したので、フラッシング効果のあるルアーであればウグイから好反応が得られるのでしょう。 とりわけ、ウグイのルアー釣りではトラウト専用の小型スプーンを使用したいです。 具体的な重さとしては 3g以下を目安にして選びたいところです。 川の流れに流されないほどの形状と重さがおすすめですよ。 狙い方には少しコツが必要で、基本の動作としては上流に目がけてキャストをします。 川の流れに合わせるように上流からスプーンを違和感のない速さでドリフトさせます。 ゆっくり巻いてくることがコツなので、魚影がルアーの後ろについても速すぎるリーリングやストップしてしまうことは止めましょう。 ウグイを効率よく釣る方法としては、チェイスしてきたウグイが帰るポイントを確認しておくことです。 帰っていったポイントはウグイが溜まっているので、的確なキャストや時間を空けてからルアーを通してみましょう。 ちょっとしたアイデア次第で、ウグイが良く釣れるようになります。 ウグイ釣りにおすすめのタックルを紹介 ウグイ釣りをするにあたって最も大切な要素はタックル選びです。 というのも、ウグイのバイトは繊細なので全体的に感度の良いタックルを選ぶことで、少しでもキャッチ率を上げていきたいです。 ロッドは柔らかめなものが最適 ウグイ釣りで使用するロッドはトラウト用の柔らかめなものを使用します。 硬さの目安はSUL、ULサイズがちょうど良く、調子はファーストアクションのロッドが良いです。 ファーストアクションはティップにおける感度が高いので、狙ったポイントへの正確なキャストと小さなバイトも感じ取れます。 ルアーがしっかりと泳いでいることを手元で確認しながら、小さな反応を確実にキャッチできるようにしましょう。 スプーンは小型で3g以下を目安に 次に、ご紹介するのはスプーンです。 ウグイ釣りを始める場合、他のルアーよりも強すぎないちょうど良いアピール力でウグイが狙えます。 スプーンのサイズはトラウトスプーンにおいても小型なサイズで、重量は3g以下を目安に選びましょう。 ウグイは目が良いので、シルエットは小さめでも遠くからキラキラとした物体が泳いでいると認識できます。 また、カラー選びも重要でトラウトスプーンには抑え目なカラーも発売されています。 例えば、ブラウンカラーやダーク系の地味なカラーがあり、確かにトラウトなどでは効果的なカラーバリエーションです。 しかし、ウグイであれば金銀の発光をするフラッシングが強烈に食性を刺激します。 遠くからでもしつこく近づいて、バイトしてくるので激しめなカラーを選んでみましょう。 フックはゲイブ幅の狭い小さいサイズを カラーと同様に、 フック選びが実は大きな釣果の差になるのは意外な事実です。 トラウト用のスプーンに付いているフックの特徴は、魚体を傷付けないためにも細軸なシングルフックを採用しています。 それから、スプーンにトリプルフックなどを採用してしまうと、満足したアクションを生み出せないデメリットもあるため細軸のシングルフックは標準的な装備になっています。 トラウト専用のスプーンにもフックサイズやフック形状には様々な種類があります。 ウグイの口はトラウトよりも小さめなのでフック形状はゲイブ幅が狭く、小さいサイズを使用したいです。 具体的な番手は 8~ 10を用意しておくと良いでしょう。 フックが小さいと針掛かりが全然違うので、「スッ」とフッキングが決まりやすくなります。 フック一つでこれだけ釣果が変わるのかと実感できるので、ウグイの反応はあるけどフッキング率が悪い時に試してみてください。 小型ミノーは渓流魚専用ミノーやエリアトラウト専用のミノーを使用して狙います。 全長3~5cm程度のミノーで、フローティングモデル及び、シンキングモデルを水深に合わせて誘います。 小魚をモチーフとしたルアーですが、20cmを超える大型サイズですと果敢に襲ってくるので釣り応えがあります。 カラーはリアルなベイトを意識したシルエットがおすすめで、 水中でギラギラと光ると後方や横側から引ったくるようなバイトをしてきます。 スピナーやスプーンを使ってウグイのルアー釣りに挑戦 今回はスピナーやスプーンなどのルアーで狙うウグイ釣りについて紹介しました。 ウグイは雑食性の魚で、日本全国の小川を含めた河川の中流域などで見かけることの多い魚です。 元来、餌釣りで釣れる魚ですが、自分の思いのままにルアーをアクションして釣れるターゲットでもあることが分かります。 僕がウグイのルアー釣りにハマると感じた最大の理由は、 バス釣りやトラウト釣りよりも難易度が低く、数釣りを楽しめるからです。 ルアー釣り経験者の方はバスやトラウトなどが主なターゲットになりますが、なかなか簡単には釣れないですよね(諸処の条件にもよりますが)。 そこで、ウグイ釣りに一度で良いからチャレンジしてみて欲しいです。 普段はなかなか容易には釣れないルアー釣りでも、母数が多いウグイであれば多くのバイトを得られるので数釣りが手軽に楽しめてしまいます。 自宅近くの川などを散策しながら、ウグイの魚影を見つけて試してみてくださいね。

次の

ウグイ

ウグイ

地方名 [ ] 多くの地方でやなどと一括りに「」と呼ばれる。 また、関東地方をはじめ本種を指す呼び名としての「ハヤ」の普及は標準和名を凌ぐ地域もある。また、姿の似た魚においてもハヤの通称をもつ Rhynchocypris lagowskii steindachneri、 Rhynchocypris oxycephalus jouyiがいる。 この他、分布の広さから数多くのがあり、アイソ、アカハラ、クキ、タロ、ニガッパヤ、イダ 、ヒヤレ 、デイス、イス 、イダ など各地の独特な名前が付けられている。 日本語で「石斑魚」はウグイを意味するが、では「石斑魚」(広東語 セッパーンユー sek6baan1yu2)はの意となる。 中国語でウグイは、三塊魚または珠星三塊魚と書かれる。 形態 [ ] ルアーにより釣り上げられた鮮やかな婚姻色を持つ個体 成魚の体長は最大50cmに達するが、多数を占めるのは30cm前後の個体。 側面型は流水性コイ科淡水魚に共通する流線型を示す。 体色は全体にこげ茶色を帯びた銀色で、体側に1本の黒い横帯が走る。 腹部は繁殖期以外には銀白色である。 各鰭、特に腹鰭、尻鰭、及び尾鰭後端部は黄色味を帯びる。 春(3月上旬から5月中旬)になると雌雄ともに鮮やかな3本の朱色の条線を持つ独特のへ変化する。 婚姻色の朱色の条線より「アカウオ」 や「サクラウグイ」と呼ばれることもある。 生態 [ ] 沖縄地方を除く日本全国に分布。 淡水棲で、河川の上流域から下流域に幅広く生息する。 群れを組んで泳ぎ回るので、橋の上などから魚影を確認することができる。 食性は雑食。 、、水に落ちた、水底のコケ、小さな魚、魚の卵、甲殻類、残飯など何でも捕食する。 繁殖期の春には、川の浅瀬で比較的流れの緩やかな直径2-5cmの礫質の場所を選び、春から初夏にかけて集団で産卵をおこなう。 全国の河川でもっとも普通に見られた魚だが、 関東地方などの河川ではオイカワやカワムツが増えウグイの生息域がだんだん上流に追いやられ個体数が減少傾向にある [ ]。 幅広い水域で見られる魚ではあるが、特筆すべきはpH 4以下の強酸性でも生きられる点であり 、強酸性のためが絶滅したやの や、等でも生息している。 また、水質汚染が激しい水域でも割合生息が可能である。 一生をで過ごす淡水型と一旦に出る降海型がいる。 降海型は北へ行くほどその比率が増す。 孵化から1年目に約5cm、2年目に10-15cm程度に成長し、2-4年目で繁殖活動を行う。 雑食性である為、生息域内の別な魚種の卵や稚魚を捕食する。 この性質を利用しの増殖抑制に有効である可能性が示されている 酸性適応機構 [ ] 酸性下では、エラのの形が変わり、且つ数が増えている。 通常、塩類細胞は一個ずつバラバラに上皮に存在しているが、宇曽利湖(恐山湖)のウグイでは多数の塩類細胞が濾胞を形成している。 これにより体液のpH調整を行っている。 更に、により生じたも中和に利用している。 通常の代謝系では、アンモニアはでに変換され排出される。 近縁種 [ ] 学名 Tribolodon ezoe 淡水型のなどの河川、湖沼に生息する。 学名 Tribolodon nakamurai 淡水型ので、の水系の河川などに生息する。 学名 Tribolodon brandti maruta" 汽水域や内湾、沿岸域に生息し、産卵のために河川を遡上する魚、ウグイとマルタとはしやすい。 学名 Tribolodon brandtii brandtii 人間とのかかわり [ ] 料理 [ ] 春から夏にかけては独特の泥臭さがあるが、冬季の脂が乗った身は美味であり、「寒(かん)バヤ(バエ)」と呼ばれる。 小骨が多いが、古くから日本各地で、などと共に貴重な動物性の蛋白源として利用されて 、、、、、などで食用にされる。 しかし、などの寄生虫 の問題が有るため生食は推奨されない。 東北地方の各地には、いずし(はやのいずし)にして食べる風習がある。 しかし、いずしはウグイの腸管に生育するにより、致死率が高い食中毒を引き起こす事例が多く報告された。 また、滋賀県の(の一種)では、希少種である本来のの代わりに安価なウグイを用いることもある。 長野県佐久地方では正月の雑煮に焼ウグイを使う伝統がある。 のサクラウグイはとして親しまれている。 漁獲 [ ] つけばでのウグイ漁獲風景 専門の漁• :専門の漁は4月から6月の産卵期に行われ事が多く、 やの流域の一部地域では、流れの中に人工の産卵場所を作って網で捕獲し 川に隣接した小屋で料理を提供する。 せつき漁(瀬付漁):山形県流域など。 産卵のために浅瀬に集まった魚を投網で捕獲する。 アイソ漁:、などでは、アイソ漁と呼ばれるが行われている。 釣り では、ほとんどの餌に食いついてくるため、水遊びの相手として古来よりなじみ深い魚である。 用のとして釣られることもある。 はやカワゲラ類などの水棲生物以外に魚肉ソーセージ、などの、の、の、、、、、、、などでも釣れる。 河川では冬場の低水温期は水深のある流れの弱い場所に集まるため、集まったウグイを 寒バヤと呼び釣りが行われる。 しかし、河口部では生息域がハゼ等の食用魚と重なるため、ハゼを専門としている釣り人からは餌取の外道として嫌われている。 スピナー等の小型を使うやでも釣れる。 引きは小さなサイズでも、と区別できないくらい強力である。 渓流釣りの外道として有名だが、類の禁漁期のターゲットともされている。 名前の由来 [ ] が食う魚、海鯉(ウミゴヒ)、浮魚(水面近くを遊泳していることから)などの解釈がある。 一部では海に下りたウグイをオオガイと呼び区別する。 文化 [ ] 宮城県上流の登米市津山町横山のではの使いと扱われる。 福島県には木屑を川に投じるとウグイに変貌したという伝説がある。 脚注 [ ]• 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p52 昭和33年12月25日発行• [ ]• 福田靖、 九州ルーテル学院大学 紀要 2006年 35巻 p. 89-95,• 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p52 昭和33年12月25日発行• 富山県小矢部市観光協会• 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p52 昭和33年12月25日発行• 日本水産学会誌 Vol. 72 2006 No. 3 P 424-429, :• 極限環境微生物学会誌 Vol. 5 2006 No. 2 P69-73, :• 農村開発企画委員会• 内田明彦、川上泰、加藤茂、村田義彦、 日本獣医師会雑誌 Vol. 52 1999 No. 2 P115-119, :• 大友良光、豊川安延、 食品と微生物 Vol. 9 1992 No. 3 P177-181, :• 『立地と人々の生活』郷土版舎125頁• 九州大學農學部學藝雜誌. 215-225, 1964-12. 九州大學農學部• 日本水産学会誌 Vol. 17 1951-1952 No. 上田市役所• :ウグイが生息する強酸性の湖。 外部リンク [ ]• 農林部農林総合研究センター水産研究所• 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波事務所• 長野県水産試験場•

次の