舞姫 問題。 舞姫 森鷗外

森鴎外の舞姫のテスト対策ポイント!予想問題や抑える点を紹介

舞姫 問題

今日の授業は古典1コマ、現代文2コマ。 いずれも文系のクラスであった。 「」はまず第3段落のもう1つの質問を取り上げる。 4.二つの「我が学問は荒みぬ」で、豊太郎は何を残念がっているのか? これを理解するために、豊太郎が相沢謙吉から助けを受けてベルリンにすることになり、エリスの助けで「憂きが中にも楽しき月日を送りぬ」ということになった経過を確認する。 そして、その「憂き」と「楽しき」は具体的に何を指すのかを生徒に聞いた。 生徒は「憂き」は貧乏な生活、「楽しき」は「エリスと一緒に生活すること」と答えてくれた。 そこで私は、豊太郎がエリスが助けの手を伸べて、エリスの家で暮らすことになった時、「寄寓」という言葉を使っていることに注目させ、その意味を調べさせた。 「寄寓」とは「他人の家で生活すること」という意味である。 そう、豊太郎はエリスと「離れ難き仲」になっていながら、エリスのことを「他人」だと認識しているのである。 だがそれは、豊太郎が人でなしだからでもないだろう。 むしろ彼の「憂き」があまりに深いからだろう。 そこで、その「憂き」を「立身出世の望みを絶たれ、日本にも帰国することができなくなってしまったこと」も含まれるだろうと説明した。 その上で4番目の質問について説明した。 ここでは「」にいくら精通しても、「官学」であるアカデミックな学問、つまり・政治学を大成できなかったことを、つまりは立身出世に役立つ学問を大成できなかったことを嘆いているのだと説明した。 豊太郎はずっと、できることなら日本に帰国したいと思い続けているのである。 方法は何も思いつかないだろうけれど。 彼は自ら主体的にベルリンに残ったのではない。 状況が彼を流し、ベルリンにさせてしまっているのである。 それらのことを確認して、第4段落の読み取りに入る。 ここでの質問は以下の通り。 1.豊太郎が「今朝は日曜なれど、心は楽しからず。 」と思うのは何故か? 2.エリスが正装した豊太郎の姿を見て、「我をばゆめな捨てたまひそ。 」と不安がるのは何故か? 今日取り上げることのできたのはこの2つだけであった。 1について、第3段落の終わりで読み取った内容を踏まえて考えると、豊太郎は日本に帰国したいという思いをずっと温存させていたはずである。 それならば、エリスの妊娠の可能性が出てきた時、これでベルリンにしなければならない責任が生じたことは、彼にとっては残念なことであるに違いない。 それで「心は楽しからず」となったのだろうと説明した。 2について、エリスの鏡に映った、自分の正装した姿を見て、豊太郎はこれから会いに行く友は青雲の彼方で活躍しているが、自分は下層階級に沈んでいると思って会いに行きづらく、そのため「不興なる面持ち」をしているのだろう。 だが、同じく正装して鏡に映った豊太郎の姿は、エリスにとっては初めて自分と出会った時の姿に近いものであるはずだ。 つまり、まだ豊太郎が高級官僚としての立場にいた時の姿である。 それを見た時、その隣に映っている自分の姿は貧民の出の小娘に過ぎない。 その落差を実感した時、彼女は豊太郎がこのまま自分から遠い存在になってしまうのではないかという心配がよぎったのだろう。 そのために不安に思ったのだ。 これらのことを説明した。 今は、生徒に多少は発問したり考えさせたりしているが、基本的には教師による説明を中心に授業を展開している。 だがこれは、その前に生徒に話し合いをさせて、自分たちで読み取りをしているからである。 その時の自分たちの読み取りを、教師による説明によって再確認して欲しいと思っている。 そのため、少々説明ばかりであるが、授業を進めている。 beulah.

次の

森鴎外「舞姫」1/5( 〜つづりてみん。) 問題

舞姫 問題

期末テストの国語で出される定番の問題として、森鴎外の『舞姫』があります。 今回は、森鴎外の舞姫が問題として出題されるとしたら、どのようなポイントを抑えておくのがいいのか、予想問題や対策ポイント、抑える点などを紹介してみたいと思います。 それでは、まりいましょう。 森鴎外の舞姫の対策ポイント!予想問題や抑える点 舞姫のテスト対策として面白い質問を見つけたので紹介します。 豊太郎は、なぜサイゴンの地で過去のことを文章化しようとしたのか、その目的を説明せよ。 実際に書き上げた過去は、豊太郎にとってどのようなものだと評価できるか、自分の考えを説明せよ。 「我が学問は荒みぬ」と二度繰り返し述べるところから、豊太郎のどのような心情が読みとれるか、その後に述べられる内容をふまえて説明せよ。 豊太郎にとって「母」「エリス」「相澤謙吉」はどのような存在であったか、それぞれ説明せよ。 天方伯や相澤謙吉が象徴する世界とエリスが象徴する世界との違いを説明せよ。 引用元: これはYahoo!知恵袋でみつけた質問なのですが、けっこうポイントをついている問題なのではないかと思い紹介させてもらいました。 この問題を単に答えるだけでなく、 なぜその答えになるのかなどを自分の言葉に落とし込んでいくといい対策になると思います。 この質問に対して、解答があったので参考にしてみてください。 豊太郎は、なぜサイゴンの地で過去のことを文章化しようとしたのか、その目的を説明せよ。 概略を文章に綴ることで「恨み」の正体を分析しようとしたんだと思います。 実際に書き上げた過去は、豊太郎にとってどのようなものだと評価できるか、自分の考えを説明せよ。 まことの我(本当の自分=個人主義)に目覚めたにも関わらず、 結局は本当の自分としての人生は実現することはなく、挫折してしまった。 自分の理想の限界を知らさせるもの、でしょうか。 豊太郎にとって「母」「エリス」「相澤謙吉」はどのような存在であったか、それぞれ説明せよ。 母:? エリス:愛おしくは感じるものの、自分の子供を産む存在としてはふさわしくない、その程度の存在。 相沢=「きのふまでの我ならぬ我(昔の豊太郎)」 5. 天方伯や相澤謙吉が象徴する世界とエリスが象徴する世界との違いを説明せよ。 天方・相沢の象徴する世界=(ウンテル・デン・リンデンなど)光の世界、昼の世界、公的な世界、栄達の世界。 エリスの象徴する世界=(クロステル港=)闇の世界、夜の世界、私的な世界、愛の世界。 これは豊太郎の心理的狭間を夕暮れ(=昼と夜の間の世界)が象徴している、ということです。 引用元: こういったポイントを抑えてから、テスト対策として森鴎外の舞姫の出題範囲を読んでみるとかなり整理されるのではないかと思います。 補足として、上のYahoo!知恵袋で紹介されている問題3の解説を私なりの答えで紹介したいと思います。 「我が学問は荒みぬ」と二度繰り返し述べるところから、豊太郎のどのような心情が読みとれるか、その後に述べられる内容をふまえて説明せよ。 私の答え 「我が学問」とは、大学での学問を指していると思います。 今は生活のために優先順位が下がってしまっていることを指しているのではないでしょうか。 豊太郎がエリートコースから脱落してしまったことへの悔恨とそれ以上のものを手に入れたという自負を言葉で表現しているということだと思われます。 こちらも、ネットでテスト対策として紹介されていたので参考にするといいですね。 凡庸:ぼんよう 朋友:ほうゆう 重霧:じゅうむ 卒然:そつぜん 虚ろ:うつろ 拉し:ひしゃげし 囲繞:いじょう:いにょう 驕奢:きょうしゃ 粧飾:しょうしょく 彫鏤:ちょうる・ちょうろう 周旋:しゅうせん 弁ずる:べんずる かたくな:頑 な あっぱれ:天晴 れ ・遖 ふびん:不憫・不愍 たをやか:嫋やか等 うがつ:穿つ もろとも:諸共 参考: ここが大事 今ネットでテストの予想問題や答えなどを簡単にみることができる時代です。 めちゃくちゃ便利なのですが、答えを探すのではなく、あくまでテスト対策の補助として使った方がいいですね。 今回紹介した問題ならば 『こんな感じの問題がでるなら、こういう問題も出るかもな』 『この問題はこのように答えているから、違う問題が出た時は応用できるかもしれない』 など、そのまま問題と答えを覚えるのではなく、違う問題が出る前提で対策をした方がいいです。 ネットを見ているは学生だけでないので。 学校の先生も『この問題はなんかネットで紹介されていたな』とか調べたりもすると思うので、あくまでもテスト対策の補助としてネットを活用したほうがいいですね。 予想問題ばかりやってしまうと、違う問題が出た時や自分の言葉で説明しなければいけないときにかなり苦労してしまうので気をつけてくださいね。 おすすめは、問題文を自分の言葉に置き換えて先生に聞きにいくのがいいと思います。 例えば、 『「我が学問は荒みぬ」ってなんで繰り返してるんですか?』って聞いたり。 ネットをうまく使うと本当に勉強がはかどるのでどんどん活用するといいと思いますが、ネットだけを信じるのは少し怖いので、触接先生に答えを聞いてしまうといいと思いますよ。 今回は森鴎外の舞姫を例に取り上げました、さまざまな教科でも活用できるのでぜひやってみてください。

次の

舞姫/森鴎外【あらすじ・現代語訳・簡単な要約・読書感想文・解説】

舞姫 問題

年度が替わりました。 ついに、あたしは高校三年生になりました。 春菜先輩は卒業して、文学部の哲学科に進みました。 あたしはどうしようかな。 まだ迷っています。 班は再編制されて、あたしが班長で、高二の桐野美鈴、中三の小山内純子に、高一の江波一美が加わりました。 今回の作品は森鷗外の『舞姫』です。 『舞姫』は文語体で書かれています。 さすがに中三の純子には難しい。 そこで今回はあたしが解説しながら、みんなの質問を受ける形にしました。 誠先生からのアドバイスは、次の通りです。 「この作品は、文語体で書かれていて読むのに少し抵抗を感じるかもしれません。 しかし、扱っているテーマは、現代にも通じるものばかりです。 文語体の文章に慣れれば、とても興味深く読めるはずです。 この作品には様々なテーマが盛り込まれていますが、その中で特に注目してほしいのが〈母親〉の問題です。 子どもがもっとも影響を受けるのが母親です。 それも、無意識にその影響を受けています。 たとえば、善悪の判断や好みなど、その影響は大きいです。 知らず知らずに、母が望む生き方をしていることがあります。 『舞姫』の主人公の太田豊太郎もまさにそれです。 振り返ってみれば、『山月記』の李徴もそうだろうと思われます。 李徴自身は、それを生まれつきと考えていたようですが、李徴が名誉を重んじる生き方をしたがったのには、恐らく母の影響があったはずです。 ただし、『山月記』はそういう切り口では書かれていませんでした。 それに対して、『舞姫』では、そのテーマが全面に出されています。 どうぞ、『舞姫』を通して、母親の問題を考えてみてください。 また、『舞姫』で扱われているテーマをできるだけ沢山見つけてください。 どれもが現代性のあるテーマばかりです。 その上で、それをもって自分自身を見直してください。 」 小説は、自分の映し出す鏡です。 この作品には、あたしのどんな姿が映し出されるのか、楽しみです。 今、全世界はコロナテストを受けています。 国も学校も個人もその解答を書いています。 正解は未来にならないとわかりません。 しかし、だからこそ、せめて精一杯の力で答えようと思います。

次の