特急はしだて グリーン車 料金。 JRの運賃・料金 ~料金編~

名鉄の特急、自由席なら乗車券のみでOK!? 無料で乗れるのか?

特急はしだて グリーン車 料金

特急こうのとりの車両と編成 使用車両 特急こうのとりは287系、289系で運行されています。 3両編成、4両編成、7両編成の列車があります。 3両編成にはグリーン車は連結していません 287系は2011年から運行を開始したJR西日本の特急電車です。 289系は2015年からこうのとりで運行されています。 289系は改造車で、もとは北陸と名古屋を結んでいた特急しらさぎ用の683系でした。 683系も2003年の製造なので、まだまだ新しい方の車両です。 城崎温泉方の先頭車の形状が違うので見分けはすぐにできます。 編成 こうのとりは3両編成、4両編成、7両編成があります。 3両編成にグリーン車は連結されていません。 車いす対応座席は287系の列車には2号車、289系の列車には3号車にあります。 3両編成: 287系:こうのとり7、25号、6、16号 4両編成: 287系:こうのとり9,11,27号、8,22,24号 289系:こうのとり1,3,5,13,15,17,21号、10,12,14,18,20,26,28号 7両編成 289系 こうのとり19号、2号 1号車の座席表です。 1号車はグリーン車と普通車が半室ずつあります。 特急こうのとりの車内 グリーン車 グリーン車は1号車の福知山方にあります。 コンセントがすべての座席についています。 287系のグリーン車です。 JR西日本の特急電車のグリーン車の標準的な座席です。 グリーン車の座席にはひじ掛けの下にコンセントがついています。 普通車 287系は全車両紺系のシートです。 前面や前の座席の背にテーブルがあります。 小さなテーブルもあり状況に合わせて使い分けができます。 車両の両端の座席にはコンセントがついています。 スマホの充電やパソコン仕事をしなければならないときは車両の前端か後ろ端の席を狙いましょう。 287系は2号車、289系は3号車に車いす対応座席と多目的お手洗いがあります。 289系の3号車は自由席の列車が多いですが、その場合も車いす対応座席は指定席となっています。 デッキから入ってすぐの座席が車いす対応座席となっています。 お手洗い等 お手洗いは洋式暖房便座です。 3号車のお手洗いは女性専用お手洗いとなっています。 男性用のお手洗いも同じところにあります。 287系の2号車には多目的お手洗いが設置されています。 287系の多目的お手洗いです。 287系の多目的お手洗いは通路にはみ出す形で設置されており、かなり広くなっています。 お手洗いの室内は広くゆったりしています。 洗面所です。 特急こうのとりのおすすめ座席 特急こうのとりの運行区間は平野か産地を通るので、特に景色の良い区間はありません。 特急こうのとりに車内販売はあるか こうのとりはじめJR西日本の特急列車には車内販売がありません。 自動販売機も設置されていません。 食べ物、飲み物は乗る前に買いましょう 特急こうのとりの運行路線、停車駅、所要時間等 「こうのとり」は新大阪~福知山、豊岡、城崎温泉間で運転されます。 新大阪・大阪~城崎温泉:約2時間50分 新大阪・大阪~豊岡:約2時間40分 新大阪・大阪~福知山:約1時間40分 新大阪・大阪~篠山口:約1時間 こうのとりの運賃、料金等 通常の運賃、料金 新大阪~城崎温泉:5,700円(指定席) 新大阪~豊岡:5,370円(指定席) 新大阪~福知山:3,930円(指定席) (自由席は530円安くなります。 繁忙期や閑散期は少し変動します) 福知山駅で「きのさき」号と乗り換える場合は、特急料金は通算で計算されます。 福知山行きの「こうのとり」は同じホームで「きのさき」号と乗り換えできる列車も設定されています。 こうのとりに安く乗るための割引きっぷ 特急こうのとりに利用できる割引きっぷは次のものがあります。 ・新幹線との乗り継ぎ割引 ・こうのとり指定席きっぷ ・eきっぷ、e早得 ・おとなびWEB早得 新幹線との乗り継ぎ割引 新幹線から新大阪駅で乗り換えてこうのとりに乗る場合に割引があります。 乗車する駅の窓口でこうのとりの特急券も一緒に買うことでこうのとりの特急券が半額になります。 こうのとりスーパー早得きっぷ はJR西日本が発売するインターネット予約のe5489で申し込む専用の切符です。 14日前まで購入できます。 席数限定のため、こうのとりスーパー早得きっぷの座席枠がある限り発売します。 値段はつぎの通りです。 新大阪~城崎温泉:おとな3,980円、こども1,990円 新大阪~豊岡:おとな3,750円、こども1,870円 新大阪~福知山:おとな3,020円、こども1,510円 eきっぷ、e早得 eきっぷ、e早得はJ-WESTカード(JR西日本のクレジットカード)、JQCARD(JR九州のクレジットカード)会員向けに設定されている割引きっぷです。 eきっぷ、e早得ともインターネット予約のe5489、JR九州ネット予約で予約できます。 eきっぷは乗車当日まで予約できます。 eきっぷには普通車指定席用、グリーン車用があります。 e早得は3日前までの予約が必要です。 e早得はグリーン車用があります。 eきっぷの主な区間の値段は次の通りです。 (普通車指定席) 新大阪・大阪~城崎温泉:おとな5,170円 新大阪・大阪~豊岡:おとな:4,840円 新大阪・大阪~福知山:おとな3,400円 e早得の主な区間の値段は次の通りです。 (グリーン車) 新大阪・大阪~城崎温泉:おとな6,220円 新大阪・大阪~豊岡:おとな:5,890円 新大阪・大阪~福知山:おとな4,460円 おとなびWEB早得 おとなびWEB早得は、JRの会員制サービス「」の会員向けに設定されている普通車指定席限定の割引きっぷです。 「おとなび」には満50歳以上であれば入会できます。 おとなぶWEB早得の価格は次の通りです。 新大阪・大阪~豊岡:3,750円 新大阪・大阪~城崎温泉:3,980円 特急こうのとりと競合する交通機関の比較 特急南風と同じ区間を運行する高速バスは「龍馬エクスプレス」(岡山~高知)、「よさこい号」(大阪~高知・安芸)、「高知エクスプレス」(京都・大阪~高知・須崎)、大阪・神戸~阿波池田線があります。 また伊丹空港や関西空港、神戸空港からは航空便も就航しています。 大阪~高知・阿波池田、神戸~高知、岡山~高知の交通機関の比較を表にまとめました。 大阪~豊岡の各交通機関の比較 運賃・料金 所要時間 運行本数 JR(こうのとり) 3,750円~5,370円 約2時間40分 14往復 (乗り換え含む) 高速バス 3,150円~3,500円 2時間40分~3時間05分 6往復 各交通機関の解説 城崎ー大阪線 を運行しています。 新大阪駅、和田山駅や八鹿駅、江原駅、豊岡(豊田町)も経由します。 (一部の便を除く) 1日6往復運行しています。 所要時間は次の通りです。 大阪梅田(阪急三番街)~城崎温泉駅:約2時間55分~3時間25分 (こうのとり:約2時間50分) 大阪梅田(阪急三番街)~豊岡(豊田町):約2時間40分~3時間5分 (こうのとり:約2時間40分) 運賃は次の通りです。 大阪梅田(阪急三番街)~城崎温泉駅:3,800円、往復割引:3,420円(片道) (こうのとり指定席割引切符:4,500円) 大阪梅田(阪急三番街)~豊岡(豊田町):3500円、往復割引:3,150円(片道) (こうのとり指定席割引切符:4,200円) 学生割引(30%OFF)も設けています。 所要時間はあまり変わらず、値段が安いので時間が合う場合はバスのほうが利用しやすいと思います。 バスの時刻、運賃など詳しくは全但バスのページをご覧ください。 こうのとりにも乗れる宿泊も一緒ならさらにお得なJRセットプラン 特急こうのとりから乗り換えられる列車 新大阪駅 新幹線「」、「ひかり」、「こだま」、 九州新幹線「」、「」 関空特急「」、特急「」、特急「」、 大阪駅 特急「」、特急「」、、、、 尼崎駅 宝塚宝塚、三田駅、篠山口駅 福知山駅 特急「」、特急「」、 和田山駅 特急「」 豊岡駅、城崎温泉駅 特急「」 特急こうのとりとは 特急こうのとりは2011年に「北近畿」から名称が変わって誕生しました。 1960年代に誕生した「まつかぜ」や「丹波」、「だいせん」などの福知山線を経由する特急・急行列車を起源としています。 1986年(昭和61年)の福知山線・山陰線(宝塚~城崎(当時))電化で城崎駅までの特急急行列車は「北近畿」にまとめられました。 その後、「エーデル鳥取」、「エーデル北近畿」、「タンゴエクスプローラー」、「文殊」などを吸収し現在は14往復の運行となっています。 現在は新大阪~福知山までが1時間に1本、城崎温泉までは1~2時間に1本の運転です。 福知山駅で「きのさき」号や「はしだて」号と乗り換える場合は、特急料金は通算で計算されます。 福知山行きの「こうのとり」は同じホームで「きのさき」号や「はしだて」号と乗り換えできる列車も設定されています。 特急こうのとりの関連商品 まとめ ・こうのとりは1日14往復で運転 ・普通車のコンセント付き座席は車両の端にある ・車内販売はないので乗車前にコンビニで購入 ・インターネット予約がお得 城崎は温泉街が駅前にあり列車で行きやすい温泉地です。 冬はカニを食べに多くの方がこうのとりで城崎にこられます。 また福知山や豊岡は丹後半島の玄関口です。 大阪から列車でゆったりとカニや温泉を楽しみに城崎や丹後半島へいくのも楽しいです。 よければブックマークお願いします。

次の

287系 特急はしだて号 グリーン車 乗車記

特急はしだて グリーン車 料金

また、なるべく、乗車時には直ぐに車掌室に出向き、特急券(座席指定の場合は指定席特急券)を発券してもらう。 もしも、満席の場合は自由席特急券になり、車掌の配慮で指定席に空きが出来れば指定席特急券を発券してもらう。 >でも、それならどこの駅から乗ったか分からないですね? いいえ、手元の乗車券の発行駅や車内検札等で、ある程度は分かります。 自己申告と言うか、特急券の購入が出来なかったor車内で購入の理由事情を述べて必要な種類の切符を購入します。 尚、無断でで乗車していて、特急電車が数駅を通過してから車内検札時に特急券を持たず無断で乗っている場合は、ご指摘のように特急の乗車区間が分からない場合も出てきますので、その場合は車掌の判断で、利用客の申告通りor始発駅や乗換え可能な駅からの乗車と見做される可能性もあります。 Q 都内在中のものです。 不思議に思ったので教えてください。 先日とある温泉へ行ったときの事です。 いつも特急電車に乗る時は混み具合など見て電車に乗ってから席を決めていたので、初乗り運賃の切符だけを購入し、座ってから車掌さんに特急券と差額の乗車券を購入して清算する方法をとっていました。 特に車掌さんにも嫌な顔されたことがないので、こういう乗り方をしている人は多いと思ってました。 領収書などもその時点でまとめて出していただけるので便利だと思っていました。 今回も帰りはそのように初乗り運賃だけを購入し改札を通ろうとしたところ(さびれたところなので、自動改札ではなく駅員のいる駅です)、 認めてもらえず、目的地までの乗車券を買うように強要されました。 私も一緒にいたものも、中で清算する旨を伝えたのに、強く拒否されとても驚きました。 「そういう規則になっている。 電車が来るまで時間があるから、ここで買ってください」とまで言われました。 私たちはが思ったのはそこの駅で買えば、そこの売り上げになるから強く強制するのかと思って、「そんな規則があるなら書面で見せてください。 この駅で買うと、そちらに利益があるのか?」と聞くと、「ここで買ってもらえないとこの駅がつぶれる」みたいなことを言われました。 とにかく温泉を楽しんできて、帰ろうとした矢先にこんなやり取りがあり、ほんとうに嫌な気分になりました。 このままでは本当にくやしい気分です。 駅員の言っていることが正しいのですか? 都内在中のものです。 不思議に思ったので教えてください。 先日とある温泉へ行ったときの事です。 いつも特急電車に乗る時は混み具合など見て電車に乗ってから席を決めていたので、初乗り運賃の切符だけを購入し、座ってから車掌さんに特急券と差額の乗車券を購入して清算する方法をとっていました。 特に車掌さんにも嫌な顔されたことがないので、こういう乗り方をしている人は多いと思ってました。 領収書などもその時点でまとめて出していただけるので便利だと思っていました。 今回も帰りはそのよう... A ベストアンサー 車内精算は、昔は本当に多かったと思います。 でも、だんだん車内精算はしなくなりました。 新幹線などは、してくれると思いますが。 それは、やはり車掌さんもお客さんに合わせて精算をやり取りする時間がかなり業務にも支障が起きてきているんだと思います。 それに、車内精算を必要としている人は区間変更を希望する人だったりすると、精算区分に収まりきれない距離だとまた下車する時に精算しなければいけない事もあります。 また、今ではスイカーやパスネットなどによる支払方法が簡単なサービスが広がっています。 私がよく利用する電車では、パスネットを販売するので車内精算はしなくなりました。 ここ何年も、キセル乗車へ対する車内へ切符を拝見しに来る車掌さんも見かけなくなりました。 行楽地へ向かう電車の中では、別に問題なく出来たとしても・・・行楽地から帰る電車の中までは、サービスが行われないのはおかしいなんては思いません。 帰る時くらいは、余裕を持って駅に行くから。 そして、普通に券売機で運賃を確認し購入します。 駅の売り上げ云々よりは、嫌な思いをお互いにしない為に次回からは帰りは早めに駅に行き切符を最初から購入しましょう。 買い方が分からない場合は、窓口で質問すれば良いのです。 賢い買い方がある時も有ります。 車内精算は、昔は本当に多かったと思います。 でも、だんだん車内精算はしなくなりました。 新幹線などは、してくれると思いますが。 それは、やはり車掌さんもお客さんに合わせて精算をやり取りする時間がかなり業務にも支障が起きてきているんだと思います。 それに、車内精算を必要としている人は区間変更を希望する人だったりすると、精算区分に収まりきれない距離だとまた下車する時に精算しなければいけない事もあります。 また、今ではスイカーやパスネットなどによる支払方法が簡単なサービスが広がっ... Q JRの電車に乗るときの切符(?)はどのような構成になるのでしょうか? 今、次のように認識してます。 (たぶん、この認識が間違ってますが、) ・運賃 その区間における基本料金みたいなもの ・特急券 その区間を走る特急とか新幹線とかに乗る時に追加で払うもの ・指定席券 絶対座りたい時に、あらかじめ一定数確保された指定の席に座るためのもの そう考えた時に、いくつかの疑問があります。 1.前に金券ショップで新幹線の券を買った時には、それ1枚だけで、乗れた。 指定席は、みどりの窓口に券を持って行ったら決めてもらえた。 新幹線以外の特急とか指定席との併用は可能? 質問がいろいろ曖昧なんですが、この辺の疑問を解消したいと思ってます。 アドバイスお願い致します。 JRの電車に乗るときの切符(?)はどのような構成になるのでしょうか? 今、次のように認識してます。 (たぶん、この認識が間違ってますが、) ・運賃 その区間における基本料金みたいなもの ・特急券 その区間を走る特急とか新幹線とかに乗る時に追加で払うもの ・指定席券 絶対座りたい時に、あらかじめ一定数確保された指定の席に座るためのもの そう考えた時に、いくつかの疑問があります。 1.前に金券ショップで新幹線の券を買った時には、それ1枚だけで、乗れた。 A ベストアンサー まず最初の認識ですが、JRの規則においては以下のような乗車券類が存在します。 jreast. html ・乗車券(運賃)・・・どの種別の列車にも必要 ・特急券(料金)・・・特急列車(新幹線含む)に必要。 なお特急券は着席保証のある「指定席特急券」とか、 着席保証のない「自由席特急券」などというようにそれぞれ独立しています。 ・グリーン券(料金)・・・グリーン車に必要。 ・指定席券(料金)・・・急行や普通(快速)列車の普通車指定席に必要。 前述の通り特急だけは指定席券というものが存在せず、特急券に包括されます。 またグリーン車指定席もグリーン券+指定席券ではなく、グリーン券に包括されています。 ということで特急の指定席に乗る場合は、乗車券+(指定席)特急券 特急の自由席に乗る場合は、乗車券+(自由席)特急券 特急のグリーン車に乗る場合は、乗車券+(指定席)特急券+グリーン券 急行の指定席に乗る場合は、乗車券+急行券+指定席券 という感じになります(詳細は興味があればということで)。 1.そのきっぷの券面に「指定席特急券」とか「指定席用」とか書いてあれば、 指定席特急券としての効力があります。 「自由席特急券」とか「自由席用」とか書いてあれば自由席しか利用できません。 (指定席と自由席の差額を支払えば、指定席に乗れるものはあります) また一部には、乗車券の効力のない特急券のみのチケットも存在します。 (その場合、券面にその旨表記があります) 2.yahoo路線情報についていえば、特別料金は特急料金のことは示しているのですが、 それが指定席特急料金なのか自由席特急料金なのかは見てもわかりません。 たいていは指定席特急料金ですが、自由席の場合のこともたまにあります。 いずれにしても特急に乗る場合には必要な料金です。 3.青春18きっぷは、ごく一部の例外を除いて普通(快速)列車専用のきっぷのため、 乗車券(運賃)に相当するという考えではなく、専用券と考えた方がいいでしょう。 併用が認められているのは#4さんの回答にある通り、 普通(快速)列車の普通車指定席とグリーン車自由席、それとライナーです。 まず最初の認識ですが、JRの規則においては以下のような乗車券類が存在します。 jreast. html ・乗車券(運賃)・・・どの種別の列車にも必要 ・特急券(料金)・・・特急列車(新幹線含む)に必要。 なお特急券は着席保証のある「指定席特急券」とか、 着席保証のない「自由席特急券」などというようにそれぞれ独立しています。 ・グリーン券(料金)・・・グリーン車に必要。 ・指定席券(料金)・・・急行や普通(快速)列車の普通車指定席に... A ベストアンサー まず、バレなければ購入しなくてもいいやとお考えでしたら、その考えは捨てた方がよろしいかと。 不正乗車です。 単純に疑問に思われただけでしたら、ごめんなさい。 どちらも当時は西九条での乗降客自体がほとんどいませんでした。 西九条から乗車した時は、天王寺でほとんど下車したのか車内はひっそり。 乗車したのは私の他に2人連れ1組だけでしたが、発車後すぐに車掌がやってきて、特急券を発行していたようです。 ちなみに私は周遊きっぷ(京阪神ゾーン)を利用していたので見せただけでした。 新大阪~天王寺など、朝通勤時に定期券と併用する特急料金定期券なんてのもあります。 指定席用ですが。 jr-odekake. また、大人2名で千葉~松本を往復するのですが 何かお得な切符や割引などはあるでしょうか? 日程は金曜・土曜なので「あずさ東京週末フリーきっぷ」というのは 使えそうにありません…残念。 他に何かありましたら教えてください。 A ベストアンサー 記事をよく読めば、黙認はしていないですよ。 記事より引用 「販売されていない座席にいる乗客への対応のみで済む。 」 つまり、例えば姫路から広島まで売れている席に、新大阪~姫路や広島~博多の間で座っていれば、検札を受けますし、指定券を持っていないと差額を徴収されます。 したがって、免れる可能性があるのは、たまたま座った区間のその席が売れており、その席を買った人が何らかの理由で乗ってこなかった場合に限られますので、結果的に黙認となる確率はかなり低いと考えているのでしょう。 なお車内で買った指定券はあくまでも空いている場合に座ってよいという権利だけですので、正規の指定券を持ったお客が来れば席を譲らなくてはなりませんし、そうなっても払い戻しはありません。 極端な話、新大阪~神戸で座って車内で指定料金を支払い、新神戸でその席の指定券をもった乗客が現れ、博多まで立ちっぱなしになっても払い戻しは一切ありません。 A ベストアンサー はじめまして。 >自由席に乗るには何分前から並べば良いですか? …悩ましい所ですね。 私にも5歳の娘がいて、特急の自由席なら未就学児は無料で乗れるのですが 普通車指定席以上の席ですと、乗車券 子供料金 やら特急料金 半額 やら かかりますからね。 グリーン料金に至っては、大人と同額です。 ・10:12大阪発の和倉温泉行きの「サンダーバード13号」 ・10:42大阪発の富山行き「サンダーバード15号」 以上の列車がありますが、質問者さんの目的地はどちらなんでしょうか。 下記は、もし私が質問者さんの立場となって、娘を引率する場合の シミュレーションですが 1. もし金沢駅までのご乗車でしたら、とりあえず「13号」発車10分前に 確実に自由席を確保したい場合は、前列車の「11号」発車時の 9:42頃から発車後10分までの頃に並べば、着席できると思います。 自由席の乗車口でも5~6号車双方の座席が狙える、6号車の乗車位置に 着く様に出向かれてはいかがでしょうか。 大体発車10分ほど前に「サンダーバード」は入線してきますが 当日は3連休初日で、数少ない和倉温泉行きの列車ですから 結構混み合うことかと考えられます。 「13号」で座れないなら、次の「15号」を狙う作戦を取る形になりますが 盆正月のような殺伐とした座席確保競争まではしなくて済むかと思います。 金沢以遠~和倉温泉までの区間のご利用でしたら、座席を確保できるためにも 「11号」の発車時刻前後には6号車の乗車位置に着き、 「13号」の入線を待つと思います。 娘が疲れたり、退屈したりしないよう、ポータブルチェアに娘を座らせたり 絵本やゲームを楽しませたり、スマホ ガラケー で色々動画を見せたり するかもしれませんし、ある程度はおやつも用意した方がいいでしょう。 親2人が居れば、父親が列順を確保し、母親と子供に自由行動をさせるのですが 親1人・子1人ですから、列を離れると座席の確保は難しいでしょう。 novelty-store. php? 金沢以遠~富山まで和倉温泉までの区間のご利用でしたら、2. と同様の要領で 「13号」の発車時刻前後には6号車の乗車位置に着き、 「15号」の入線を待つと思います。 jr-odekake. html 11・15号はもしかしたら金沢方向に3両増結した12両になるかもしれません。 ただ増結車は全て指定席となり、自由席が5・6・7号車の3両のままであることに 変わりはありません。 あと、大阪駅のホームを中心とした構内図を貼付します。 jr-odekake. php? 頑張って、子供さんの疲労や退屈が最小限になることを願っています。 参考になりましたら幸いです。 はじめまして。 >自由席に乗るには何分前から並べば良いですか? …悩ましい所ですね。 私にも5歳の娘がいて、特急の自由席なら未就学児は無料で乗れるのですが 普通車指定席以上の席ですと、乗車券 子供料金 やら特急料金 半額 やら かかりますからね。 グリーン料金に至っては、大人と同額です。 ・10:12大阪発の和倉温泉行きの「サンダーバード13号」 ・10:42大阪発の... A ベストアンサー こんばんは。 以前(JRにしたての頃)は、クレジットカードはごくごく限られた「大きな駅」の「限られた=カードのロゴが数社分貼られている、窓口」でしか購入はできませんでした。 使えるのはJNRカードおよび数社の独自クレジットカード(東日本ならVIEW、東海ならExpress)のみでした。 しかし、ここ10年ばかりの間にクレジットカードを使用する利用者が急増し、みどりの窓口のある駅であれば、大手(VISA、JCB、Nicosなど)であれば使用できるようになりました。 旅行代理店は、ここ20年主だった動きはありません(=クレジットカードを急にOKにしたわけではない)ので「従来どおり」使用できます。 ご参考まで。

次の

グリーン車

特急はしだて グリーン車 料金

皆さんこんにちは!! 今日から山陰線関係が続きます。 今回はJR西日本、京都丹後鉄道を走るJRの特急. 287系はしだて号のグリーン車を紹介します。 はしだて号は京都駅から山陰本線を通り福知山駅まで向かいます。 福知山駅からは京都丹後鉄道に入り天橋立駅へ向かいます。 使用車両はJRの287系もしくは京都丹後鉄道の保有するKTRの車両どちらかです。 JR西日本のお出かけネットで運用の確認は出来ます。 KTRの車両で運行される便は天橋立よりもさらに先を目指し天橋立を経由して豊岡駅までめざす便もあります。 はしだて号の方向幕のカラーは赤色です。 きのさき号は黄色、まいづる号はオレンジ色が使用されています。 1号車前よりグリーン車の入り口です。 287系のグリーン車は半室構造となっており半分は普通車です。 まずはグリーン車付近の設備から紹介します。 洗面台です。 白を基調としておりシンプルなデザインです。 石鹸が用意されています。 化粧室は男女兼用が一つあります。 その横には男性専用のトイレもあります。 3号車には多機能トイレも設置されています。 1号車の後ろより、つまり半室構造の普通車です。 半室なので少し狭く感じますが静寂性は保たれていると思うので普通車指定席を取るなら1号車のこの部分をオススメします。 それではグリーン車の客室に入ります。 外からは中が見えますが中からは外が見えないようになっています。 こちらがグリーン車の客室です。 3列掛けシートが5列並び15席のプレミアム空間が広がってます。 枕です。 固定されており上下に動かすことは出来ません。 割と高い位置にあるので座高が低いと少しキツイかもしれません笑 リクライニングを全開に倒してみます。 かなり倒れます。 快適です。 テーブルはインアーム式のテーブルが付いています。 半面だすとこうなります。 二面展開が出来るので広げることも可能です。 大きさはそこまで大きくないですがパソコン程度なら置けます。 そして右側にはドリンクホルダーも付いています。 JR西日本の特急ではドリンクホルダーがよくみれますがこれは地味に便利ですよね笑 フットレストもあります。 こちらは靴を履いたまで使用できます。 反転させると布地面になりこちらは靴を脱いで使用します。 287系のグリーン車の前後間隔はあまり広くないですがフットレストは使った方が快適です。 前の座席に物を掛けることも出来ます。 またグリーン車なので全席にコンセントが設置されています。 普通車の場合は車端部の座席のみコンセントが付いています。 またブランケットの貸し出しもグリーン車では行なっているので使うことができます。 はしだて号は車内販売もありませんし自動販売機などもありません。 なので乗車する前に買うのを忘れないでください!! 和知駅付近です。 山陰本線は基本的に山の中を抜けて走るので景色などは綺麗です。 紅葉の時期に乗るとおもしろいと思います。 以上287系特急はしだて号グリーン車の紹介でした!!最後までご覧下さいましてありがとうこざいます!!それでは!!!! makoto1002.

次の