マッスルメモリー。 やはり,Kevin Levroneにマッスルメモリーは半端ではない件

マッスルメモリーは都市伝説じゃない!科学的根拠を解説します

マッスルメモリー

昔はスポーツをしていて、今は仕事などが忙しく競技から離れてしまい、体が衰えてしまった、昔は筋トレをしていたが、最近はあまりトレーニングをしていないという方は多いのではないでしょうか。 昔は筋肉質な体型でも、競技から離れると筋肉が落ちて太ってしまったり、逆に痩せてしまったりすると思います。 昔の体型に戻りたい、でも今からトレーニングをしても無理だろう、そう思っていないでしょうか。 それは間違いで、年を取ってからでもトレーニングをすることで、昔の体型を比較的すぐに取り戻すことができます。 それは、脳と同じように筋肉にも記憶があるから。 筋肉にはセーブポイントが用意されていて、昔のデータが保存されているのです。 このことをマッスルメモリーと呼んでいます。 今回は、マッスルメモリーとは一体何か、どのような原理なのかを紹介し、マッスルメモリーを体現したボディービル選手を紹介します。 筋細胞の核がメモリーの役割を果たす 筋トレをすると筋肉がつき、体が大きくなります。 さて、それでは筋トレをした後、私たちの体の中では一体何が起こっているのでしょうか。 筋トレを行った後には、筋肉の合成が行われますが、それには筋線維の核とリボソームという2つの器官が関わってきます。 筋線維の中には、その細胞の情報を保存している「核」と呼ばれる器官がいくつか存在しています。 核にはDNAが含まれていて、ここに様々な情報が含まれているのです。 トレーニングの刺激を受けた筋線維は、筋肉を増やすために、核に保存されているDNAから筋肉の情報をmRNAという形で写し取り、これを筋肉の合成に用います。 筋肉の情報を持ったmRNAは、核からタンパク質合成の場であるリボソームという器官へ移動します。 リボソームではmRNAに含まれている情報を元にして筋肉を合成します。 トレーニングを行うことで筋線維内のmTORというタンパク質が活性化され、これによりリボソームで筋肉の合成が活性化され、筋肉が作られます。 トレーニングによる筋肉の合成は、工場での製品の製造と似ています。 工場では本社からの発注を受けてどれだけ製品を作るかを決定しています。 これと同じで、リボソームという筋肉の工場では、筋肉内で本社のような役割を果たしている核が、トレーニング刺激に応じた筋肉の発注書(mRNA)をリボソームに送り、mTORという工場のスイッチをONにして筋肉という製品を作っているのです。 少し長くなりましたが、トレーニングを行った後の私たちの体の中では、このようなことが起こり、筋肉が大きくなっていくのです。 筋トレを行うことは、ここまで説明してきたように、タンパク質の合成を高め筋肉を増やすことに繋がりますが、実は細線維の情報を保存している核を増やすことにも繋がるのです。 筋繊維の周りには筋サテライト細胞と呼ばれる細胞が存在しています。 筋繊維がトレーニングの刺激を受けると、筋サテライト細胞もその刺激を受け、筋繊維と融合します。 筋サテライト細胞にも核が存在しているため、筋トレを行うことにより筋繊維の核を増やすことができます。 さて、トレーニングを休止すると筋肉が落ちてしまう、というのはよく知っていると思います。 しかし、トレーニングを休止しても筋トレにより増えた核は減らないのです。 核は工場への発注書を作る本社のような役割を果たしています。 その核が多ければ多いほど多くの筋肉を作り出せるということは想像できると思います。 つまり一度筋トレにより核を増やしておくと、トレーニング休止後にトレーニングを再開しても、比較的早く元のレベルまで筋肉を戻すことができるのです。 トレーニングを休止しても核は減らない。 これがマッスルメモリーの原理なのです。 マッスルメモリーを体現したケビンレブローニ選手 実際にマッスルメモリーが存在する、ということを自らの体で証明した選手がいます。 それがアメリカのケビンレブローニ選手です。 彼は1964年生まれのボディビルダーで、ボディビルの有名な国際大会であるミスターオリンピアを始め、様々な大会に出場し輝かしい成績を収めています。 彼は1991年から国際大会に出場し、2003年までボディビルダーとして活躍し、引退を迎えました。 かつては一つ一つの筋肉が分かるほど筋肉が浮き出て美しい体だったケビンレブローニ選手ですが、引退後は一般人のような体型に戻ってしまいました。 しかし驚くことに、2016年にオリンピアに復帰するというアナウンスがありました。 オリンピアまでに残された時間は約半年。 13年ぶりの復帰で半年のトレーニング期間しかなく、しかもこの時年齢は52歳。 こんな過酷な条件でオリンピアに復帰しようというのですから常人では考えられません。 気になる成績は17位入賞と好成績。 半年のトレーニング期間しかなく、しかも年齢が52歳であっても一度トレーニングを積んでいると国際大会で入賞できるほどにまで筋肉を取り戻すことができるのです。 マッスルメモリーのすごさを思い知らされた選手でした。 若い時こそ筋トレをせよ! このようにトレーニングを行っていると、マッスルメモリーが働いているので、トレーニングを休止してからも筋肉を取り戻すことができます。 そのため、若い時こそ筋トレをして筋肉の中の核を増やしておくのがよいと言えます。 また競技を行っていて、怪我をしてトレーニングを中止しないといけない、という場合でも、トレーニング休止期間中は筋肉が落ちるものの、マッスルメモリーが働いているので、競技復帰後は比較的早く元のレベルにまで筋肉を戻すことができます。 筋肉をつけることは大きな力を発揮できるだけでなく、肥満の予防や年を取ってから問題となる、サルコペニアという筋力が低下した状態の予防にも繋がります。 毎日は無理でも、休みの日や少し空いた時間などを使って筋トレを行ってみてはいかがでしょうか。

次の

マッスルメモリーは嘘?本当ならどれぐらいまで休んでいいのか?

マッスルメモリー

Contents• マッスルメモリーとは? マッスルメモリーとはその名の通り「筋肉の記憶」です。 筋トレをして鍛えた筋肉が、その扱っていた重量などを覚えているという事ですね。 ではどのような時にマッスルメモリーの存在を感じることができるのでしょうか。 筋トレを休んでいても重量は下がらない? マッスルメモリーを一番体感することができるのは、筋トレをしばらく休んだときです。 基本的に筋トレは週に何回もするのが普通です。 中にはほぼ毎日のように部位を変えてジムに通っている方や、自重トレを毎日自宅で行っている方もいるでしょう。 少しの期間、筋トレをしないと気になってしまってイライラしたり体つきが気になってきたりするものです・・・ これは管理人もすごく感じることで、飲みが続いたり出張で1週間程度筋トレできないジムに通えないと気になってしまいます。 人によっては数ヶ月~数年の間、筋トレがまったくできないという事になってしまう事もあります。 しかし、意外にも扱える重量はそれほど下がらないのです。 期間が空いてしまってもまた筋トレを再開すると扱える重量が戻ってしまう。 この事をマッスルメモリーと呼んでいます。 例えば100Kgでベンチプレスを行っていた人が半年ほど筋トレを全くせずにいたとしても60Kg程度まで落ちてしまうかと思うと実際には、筋トレを再開すると80Kgくらいは上がってしまいます。 一度あげれるようになった重量は筋肉が覚えていてすぐには衰えてしまわない、そして元に戻るのが早いというのがマッスルメモリーという事ですね。 一度ついた筋肉が落ちにくいのもマッスルメモリーなの? 扱うことのできる重量だけではなく一度ついた筋肉が落ちにくくなるのもマッスルメモリーの影響だと言われています。 筋トレを何年も熱心に行っていた人は、通常凄い体をしています。 とはいっても、筋トレをしないと筋肉量は徐々に落ちていくものです。 しかし、意外と筋トレをしていなくとも筋肉は維持できているような気がします。 かなり鍛えていて少しでも筋トレをしないと筋肉量が下がってしまうと不安になっていても意外とそうでもない。 このような現象もマッスルメモリーの影響で身体自体に鍛え込んでいた記憶のようなものが残っているのではないかというふうに考えられています。 マッスルメモリーの仕組みとは マッスルメモリーはまだ完全に解明されている概念ではありません。 はっきりとした原因が分かっていないとはいえ仮説的な要素はあります。 ・筋トレによって筋繊維自体の数が増えている説 ・筋トレによって筋繊維に含まれる核が増えている説 引用: この説によって筋肉の繊維自体が増えていることにより筋肉の太さや、重量を扱えるだけの筋力がしばらくのあいだ保たれる。 そしてトレーニングを再開すると元に戻るのが早いと言われているのです。 他にもマッスルメモリーについては仮説などもあるのですが、現実的には筋繊維の数が増えているというのは有りそうですよね。 また筋繊維に含まれる核の数が増えるというのも何となくですが予想はできます。 このような要素がマッスルメモリーという概念に繋がっているのではないでしょうか。 筋肉だけではなく神経などの単位でも、マッスルメモリーに関係があるともされています。 これは神経が筋トレをしていたときの強度などをメモリーしているかもしれません。 一度扱ったことのある重量にトレーニングを再開したら早い段階で回復できた!というのは神経のメモリーによるもの大きいのではないでしょうか。 マッスルメモリーは嘘? ここまでマッスルメモリーについて解説してきましたが、マッスルメモリーには嘘ではないかという説もあります。 マッスルメモリー自体には様々な説があり、かなり長期に渡って持続するという説もあります。 例えば1年程度から最大15年もの期間、マッスルメモリーが持続するという考えですね。 半永久的に持続するという考えもあるようです。 しかし、マッスルメモリー自体嘘で、そんなものは無いと言う人も多いです。 これは筋トレをやめるとすぐに筋肉が落ちてしまったり、重量を扱えなくなってしまい筋トレを再開してもなかなか戻らないという方が言っているようです。 確かにマッスルメモリーの感じ方には個人差があり、筋肉が付きやすい人と付きにくい人などがいるのと同様に早く筋肉やパワーが落ちてしまう人がいるのも現実です。 マッスルメモリーはあるが全ての人に同じ感覚があるのではないという事を覚えておきたいですね。 まとめ マッスルメモリーがあるという事は管理人自信も感じています。 あるていどの期間、筋トレ ウェイトトレーニング をしていなかったのに再開したらそれなりに重量は扱えますし体型もそれほど変わらない。 しかし、筋トレを中断してしまうと細かい部分での体型は変わってきます。 精神的にも緩むので、やはり体型は大きくは変わらないけど変わってくる。 筋トレをしている方が一番嫌うのは少しの変化ですよね。 少しの変化がすごく大きな変化として感じる。 きっと筋トレを熱心にやっている方なら、体型の変化や扱える重量やパワーの変化には敏感なはず。 確かにマッスルメモリーは有り難いものではありますが、筋トレは継続することに大きな意味がありますよね。

次の

マッスルメモリーは嘘?本当ならどれぐらいまで休んでいいのか?

マッスルメモリー

マッスルメモリーという概念は本当のもの? 筋肉が記憶されるってなんかうさん臭い話だなー。 鍛えて大きくなった筋肉は、しばらく筋トレから離れ筋肉が失われても、筋トレを再開すればすぐに元のサイズを取り戻せる。 これがマッスルメモリーと言われるものです。 でもなんか、うさん臭い話ですよね笑。 マッスルメモリーって名前がふざけてる感じしません?w しかし、 マッスルメモリーは本当に存在します。 実は研究によって実証されていて、科学的根拠がちゃんとあるんです。 筋肉を失うことはトレーニーにとっての最悪の悪夢です。 でも安心してください。 しばらく筋トレから遠ざかっていても、また筋トレを再開すればすぐに元のサイズに戻りますよ。 今回はマッスルメモリーの原理について、 研究データを使ってまとめていきます。 マッスルメモリーの効果に疑いがある人も本記事を読むことで存在を確信できると思います。 参考になれば幸いです。 マッスルメモリーは都市伝説ではありません。 マッスルメモリーと言われる現象は事実であり、科学的根拠があります 下の画像は、1980年〜90年にかけて活躍したボディビルダーのFranco Sontoriello氏ですが、彼は見事にマッスルメモリーを成功させています。 彼はステロイドを使っている可能性があるので、ナチュラルの肉体とはかけ離れていますが、いくらステロイドの作用が凄まじくともこれ程の筋肉量を復活させるのは驚愕の一言です。 筋肉量を10kg増やすのにゼロからスタートして3年かかったとしても、失われた10kgの筋肉は数ヶ月くらいで戻すことができるのです。 マッスルメモリーの科学的根拠 じゃあなぜマッスルメモリーが起こるのか?実は近年まで謎だったメカニズムが2010年の動物実験によって解明されてきました。 マッスルメモリーの謎は、筋肉が持っている細胞(筋核)によるものだったのです。 マッスルメモリーの謎、筋核とは? まず大前提として、筋肉が太くなるためには、筋肉を構成している「筋繊維」が太くなる必要があります。 この筋繊維は長さ数センチにも及ぶ巨大な細胞で多くの核(「筋核」という)を持っています。 最近の研究で、1つの筋核が支配できる細胞の体積に上限がある(筋核の数が増えない限り筋繊維が肥大できる程度に上限がある)ことがわかってきました。 つまり、ある一定以上に筋繊維が太くなるには筋核を増やしていく必要があるんです。 カンタンにまとめると、 筋トレで一番大切なことは、筋核の数を増やしていくことです。 しかし、1ヶ月程度のトレーニングでは不十分で、少なくとも半年以上は続ける必要があります。 筋トレしても半年ぐらい続けないと体が変わらないと言われることは、筋核の影響があるのです。 マッスルメモリーは保存された筋核のこと 筋核を増やすのはカンタンではありませんが、筋力トレーニングによって一度増えた筋核はそうかんたんに減少しないことが確認されています。 下記の図は、筋肉量の増加と筋核の数の関係のモデルです。 pnas. 筋肉が失われても筋核の数は増えたままなので、筋トレを再開しても筋核を増やす過程を飛ばすことができます。 ケガなどで長期間トレーニングを中断して筋肉が失われても 筋核の数は減っていないので、カンタンに元のレベルの戻すことができるのです。 マッスルメモリーの期限はどのくらい? 2010年の研究によってマッスルメモリーのメカニズムは解明されつつありますが、 マッスルメモリーの期限に関するデータはないのが現状です。 つまり、現段階ではマッスルメモリーの期限がどのくらいなのか分かっていません。 しかし、石井直方教授の研究によれば、 マッスルメモリーは少なくとも10年はもつようです。 少なくとも半年、1年間の中断程度であればマッスルメモリーは有効だと言えます。 なので、今筋トレできなくとも再開すればすぐに復活できるのでご安心ください。 【マッスルメモリーは事実】筋肉を失うことを恐れるな! ケガをしたり、仕事が忙しくなったり、ライフワークが変化して筋トレができない時期があるかもしれません。 筋トレができないことで筋肉を失う恐怖に襲われるかもしれませんね。 しかし、失った筋肉はすぐに戻るので、何も恐れる必要はありませんよ。 また、マッスルメモリーの効果によって以前よりもさらに筋肉を大きくすることができると2018年の論文に報告があります。 2018年の研究データは下記の通りです。 筋トレ経験のない8人の男性被験者が対象• つまり、筋トレを中断したにもかかわらず 再開後は元の2倍近くの筋肉量を得ることができたのです。 nature. 筋トレができない時こそ、 余った時間を活用して何か新しいことを始めると新たな発見があるかもしれませんよ。 筋肉を失うことを恐れる必要はありません。 まとめ|昔の肉体はあなたの筋肉がしっかり覚えてくれています。 以上、マッスルメモリーについて科学的根拠をもとに解説しました。 マッスルメモリーという名前にうさん臭さがでていますが、ちゃんしたとエビデンスがあるのですよ! 昔の肉体はあなたの筋肉がしっかり覚えてくれています。 筋トレをサボってしまった、ケガで筋トレができないと悩んでいる人も安心してください。 マッスルメモリーがすべてを解決してくれます。 それでは、いい筋トレライフを!.

次の