ご丁寧にご連絡をいただきありがとうございます。 敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

「ご連絡ありがとうございます」は敬語?ビジネスメールの使い方5選

ご丁寧にご連絡をいただきありがとうございます

「わざわざ」は敬語?正しい意味とは 「わざわざ」という言葉は何気なく使いがちですが、目上の人にも敬語として使えるのかどうかは大切なポイントです。 まずは正しい意味から解説します。 「わざわざ」はそのためだけに何かをすること 「わざわざ」には、特にそれをする、そのためだけに労力を惜しまずにする、いう意味があります。 何かのついでではなく、特別に意図して行うような意味です。 「わざわざ」をパソコンで変換すると「態々(態態)」という漢字が出てきますが、この態(わざ)とは、意識的に何かをするという意味があり、まさに「わざわざ」という単語そのものです。 たとえば、「わざわざ駅まで彼を迎えに行った」というと、彼のためだけに駅まで出向いた、という意味になります。 また、普段はそうしないが特別に迎えに行ったというニュアンスも生まれます。 「わざわざ」は敬語表現として使える 「わざわざ」という単語そのものが敬語というわけではありませんが、「わざわざ」という言葉は敬語表現でも使うことができます。 「わざわざご来社いただきありがとうございます」というように、敬語を伴う文章で使っても問題ありません。 取引先や目上の人にも使用できるほか、「特別にそれをする」というニュアンスが加わりますので、敬意や感謝を伝えたい時に使える表現です。 「わざわざ」には「しなくてもよいことを行う」という意味がある 「わざわざ」には、「特別にそれをする(そのためだけにそれをする)」という意味の他に、「しなくてもよいことを行う」という意味もあります。 前者が親切で良心的なイメージなのに対し、後者は嫌味に取られる可能性があるので注意が必要です。 たとえば「わざわざ迎えにいってあげたのに」というと不平不満をこめた表現になりますし、「わざわざ来てくれなくてもよかったのに」というと、余計なお世話・出過ぎた行為といった意味合いになります。 使い方ひとつでニュアンスが変わりますので、特にビジネスシーンでは使い方に注意が必要です。 「わざわざ」の使い方は? 「わざわざ」は実際にはどういった文脈で使用するのでしょう。 正しい使い方とあわせて、できれば避けたいNG例も紹介します。 「わざわざありがとうございます」は失礼な表現ではない 「わざわざ」を使った言い回しでよく耳にする表現として「わざわざありがとうございます」という言い方があります。 相手がしてくれたことに対して、その手間や配慮など労をねぎらうようなニュアンスを含む表現です。 同様の言い回しでは、「わざわざ遠いところ来て下さりありがとうございます」や「わざわざご連絡頂いただきましてありがとうございます」といった表現も、ビジネスシーンではよく見聞きします。 「わざわざ」を付け足すことで、より深い感謝を表現することができます。 「わざわざ来ていただく必要はございません」は嫌味になることがある 一方、相手の行為を断るような場合の「わざわざ」は嫌味な表現になることがあります。 たとえば、「わざわざ来ていただく必要はございません」というと、遠慮や配慮ではなく、拒否・拒絶ととられる可能性があります。 また、「わざわざお越しいただかなくてもよかったのに」や「わざわざご連絡いただかなくても」といった表現も、「しなくてもよいことをした」「でしゃばり」といった嫌味なニュアンスになります。 できればこうした表現は避けたほうが無難です。 自分の行為に「わざわざ」を使うのは失礼 「わざわざ」という単語は、自分の行いに対して使うことはあまりありません。 たとえば、「わざわざ連絡しました」とは言いません。 「あなたのために連絡してあげた」という意味になり、ぶしつけな印象を持たれる可能性があります。 友人など親しい間柄で「わざわざ予約してあげたのよ」というように冗談として使うことはあっても、ビジネスシーンで自分の行為に対して「わざわざ」を使うことはまずありません。 上から目線で、押しつけがましい印象になるので注意してください。 「わざわざ」を別の言い方にするなら?類語・代わりの言葉 「わざわざ」という言葉は、表現によっては皮肉や嫌味となることがあるため、別の言い方に変えたほうが良いこともあります。 「わざわざ」の類語や代わりとなる言葉を紹介します。 「わざわざ」の代わりに「せっかく」を使う 「わざわざご連絡いただかなくても」や「わざわざお越しいただいたのに」という場合には、「わざわざ」ではなく「せっかく」に言い換えた方が無難です。 「せっかく」は「わざわざ」の類語で、無理をして・苦労してといった意味があります。 そのため「せっかくご連絡いただいたのに」「せっかくお越しいただいたのに」と、代わりの言葉としてそのまま置き換えて使用可能です。 誤解されることの少ない、汎用性の高い表現として覚えておくと便利です。 「わざわざすみません」は「本当に」に言い換える 話し言葉として「わざわざすみません」という表現はいろいろなところで耳にします。 この場合の「わざわざ」は「本当にすみません」と言い換えることができます。 「わざわざありがとう」は「ご丁寧に」や「お忙しい中」も可 「ありがとうございます」に付け足す言葉では、「ご丁寧に」や「お忙しい中」も「わざわざ」の代わりに使用可能です。 たとえば、お礼の電話やメールをもらった際に「ご丁寧にありがとうございます」というと、相手の気遣いに対して感謝を示すことができます。 同様に、何かをしてもらった際に「お忙しい中ありがとうございます」は、貴重な時間を割いてもらったことに対するお礼の言葉となります。 常套句ではありますが、覚えておくと便利です。 まとめ 「わざわざ」とは「そのためだけに何かをする」という意味と「しなくてもよいことをやる」という2つの意味があるため、使い方によっては嫌味・皮肉に捉えられることがあります。 失礼にならないためには、相手への感謝を示す際に使うことが一番のポイントです。 断る際・否定する際には使用しないのがマナーと覚えておきましょう。

次の

ご連絡いただきありがとうございますって英語でなんて言うの?

ご丁寧にご連絡をいただきありがとうございます

ビジネスで「ご連絡いただきありがとうございます」と伝えることは多いでしょう。 ビジネスだからこそ、ちょっとした一言を忘れないようにしたいです。 いくつか例文をご紹介します。 ビジネスの場合、相手の忙しさや忙しそうな時間帯などにも配慮し、文の中に言葉を入れることで気持ちが伝わるでしょう。 連絡に対してのお礼の言葉と、連絡に対しての返事などを明確にできればきちんとした対応に繋がります。 お礼を伝えることで、感謝の気持ちと連絡を受け取ったという確認にもなります。 相手にも安心感を与えられるでしょう。 冒頭に使うことが多い文ですが、最後に使うこともあるでしょう。 文末に使う場合は「ご連絡いただきありがとうございました」に変えて締めくくると良いでしょう。 「ご連絡いただきありがとうございます」例文1 「ご連絡いただきありがとうございます」を上司に使う場合、どんな使い方があるのでしょう。 「ご連絡いただきありがとうございます」は敬語になっていますので、そのまま使っても失礼ではありません。 上司ですので、一言思いやりの言葉を付け加えるとさらに丁寧に感じられるでしょう。 朝早くの連絡なら「お忙しい中、ご連絡いただきありがとうございます。 」や、仕事終わりの時間帯の連絡なら「お疲れのところ、ご連絡いただきありがとうございます。 」など時間帯によって言葉を選ぶと良いでしょう。 折り返しで早い連絡なら「早速の」を付け加えると良いでしょう。 ほんの一言ですが、あるのと無いのではずいぶん印象が変わります。 その一言で、上司にもしっかりと伝わるでしょう。 連絡に対してお礼を伝えることは面倒だったり忘れがちでもあります。 しかし、確認の意味でも早めに連絡のお礼を伝えたいです。 すぐに電話に出られなかったり、連絡に気付くのが遅かったときなどもお詫びの言葉と共にお礼を伝えましょう。 あまりにも長い間返事が無いと、伝わっていなかったのではないかと相手に心配させてしまいます。 連絡をいただいたことに感謝して、一言付け加えるとさらに気持ちが伝わるでしょう。 相手も忙しい中、わざわざ連絡をしてくれたんだと感じると自然に言葉が出てきます。 日頃の何気ないやりとりではありますが、その小さな積み重ねによって信頼感系を築けたり、信用にも繋がります。 絆も強くなることでしょう。 小さな連絡にも「ご連絡いただきありがとうございます」と伝えられると良いでしょう。

次の

「ご連絡」の正しい使い方とは?間違えやすい敬語表現も解説!

ご丁寧にご連絡をいただきありがとうございます

ビジネスの窓口として外部からお問合せが入った場合、まずは会社のサービスや製品に興味を持ってくれたことに対してお礼の一文を冒頭に加え、このあと担当者としての自己紹介をしたり、要件に入っていくのが良いでしょう。 英文:Thank you for contacting ABC company. 和文:ABC社へご連絡いただきありがとうございます。 英文:Thank you for contacting us. 和文:私共にご連絡ありがとうございます。 英文:Thank you for your inquiary about our service. 和文:私共のサービスについてお問合せありがとうございます。 情報のやり取りが頻繁に行われるビジネスシーンでは、必要な情報を受け取った時にお礼のメールを返信するのがマナーです。 Thank you for the information. という定番以外の英語フレーズも使いこなしてみましょう。 英文:Thank you for the information about the new products. 和文:新製品についてのお知らせありがとうございます。 〇 説明 Thank you for the information. がよく使われるフレーズですが、information だけでは漠然としたイメージがあります。 英文:Thank you for the email with the information I requested. 和文:お願いしていた情報をお送りいただきありがとうございます。 〇 説明 information の後ろにI requested をつけることによって、こちらから依頼していた問合せに関する情報であるということがわかります。 このフレーズの information を状況によって number 数字)や document (書類)などに変えると、送ってもらった情報が具体的になります。 先方が送ってくれた情報が本当に有益だった場合は、 英文:It was a very useful information. Thank you for taking your time to put them together. 和文:とても有益な情報です。 とりまとめていただきありがとうございました。 このような一文を追加してさらに感謝の気持ちを伝えるのも良いでしょう。 イベントやパーティの招待状は、メールで回ってきたり、正式なカードで届いたり、E-vite のようなアプリで届いたりと様々です。 ほとんどの場合、RSVP Respondez s'il vous plait: フランス語で出欠のお返事をくださいの意味)と書かれているので、招待のお礼とともに出席できるかどうか返事をするのが礼儀です。 具体的なシチュエーションにおいて、出欠の返事も含めた返信メールの例をご紹介します。 英文:Thank you for inviting me to the year end party. I will be happy to attend. I am looking forward to seeing everybody there. 和文:忘年会のお誘いありがとうございます。 喜んで参加いたします。 皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。 英文:Thank you for the invitation to the finance seminar this weekend. Unfortunately, I cannot make it this time. 和文:今週末の金融セミナーへのお誘いありがとうございます。 残念ながら今回は参加できません。 〇 説明 参加できないときに cannot make it は便利な表現です。 make it はもともと「間に合う」「なんとか調整する」という意味ですが、cannot make it になると「出席できません」という意味になります。 楽しいイベントの時には、招待されて嬉しいという気持ちをしっかり表現すると、相手にその喜びが伝わります。 また出席ができないときも、残念な気持ち Unfortunately を表すと丁寧な印象になります。 招待状への返信メールについては、ビジネスやフォーマルな場面だけではなく、友達からの招待にも同じように使うことができます。 電話やメッセージなどリアルタイムに情報をやり取りする場面で使えるフレーズを会話形式にてご紹介します。 基本的には Thank you for~で始まるフレーズですが、その後に続く単語によって使う状況が変わり英語の表現力が広がります。 ビジネスだけでなく友達との会話などカジュアルな場面にも使える表現です。 英文:The meeting will start in a few minutes. 和文:あと数分で会議が始まりますよ。 英文:That's right. Thank you for letting me know. 和文:そうですね。 教えてくれてありがとう。 〇 説明 情報を教えてもらった時には Thank you for letting me know. がどのようなシーンでも使えるとても便利なフレーズです。 英文:We will be able to reach the sales target by the end of this week. 和文:今週末までには営業成績を達成できるでしょう。 英文:Thank you for the update. Please keep me posted. 和文:ご報告ありがとうございます。 今後の進捗状況も教えてください。 〇 説明 the update は進捗状況、最新の情報という意味になります。 進行中のプロジェクトや作業についての情報や最近の状況についてのやり取りに使われる言葉です。 また keep me posted は、今後の状況を常に報告してほしいときによく使われる便利なフレーズです。 英文:He will be out of office for a business trip next week. 和文:彼は来週出張で会社には来ません。 英文:Thank you for your notice. 和文:知らせてくれてありがとう。 〇 説明 notice はこの先起きる出来事についてのお知らせという意味です。 予め教えてくれてありがとう、お知らせありがとう、という場合に使えるフレーズです。 英文:The guest speaker might arrive a little late for the event. 和文:ゲストスピーカーのイベントへの到着が少し遅れるかもしれません。 英文:Ok. Thanks for the heads up. 和文:オーケー。 連絡ありがとう。 〇 説明 この heads up という表現は突発的に変更が起きる可能性があったり、注意を喚起するときに使う表現です。 自分から連絡するときにも、以下のような使い方をすることができます。 英文:My plane seems to be delayed. I will arrive a few hours late. I'm just giving you a heads up. 和文:飛行機が遅れるようです。 到着が何時間か遅くなります。 連絡しておきますね。 英文:Did you call me? Your phone number is on the display. 和文:電話してくれました?あなたの電話番号が表示されてるんだけど。 英文:Oh year. Thank you for returning my phone call. 和文:ああそうでした。 折り返し電話ありがとうございます。 〇 説明 電話でのやりとりですが、折り返し電話をもらった時は、Thank you for returning my call. (折り返し電話ありがとう)という表現があります。 仕事上でこの言い方ができると丁寧な印象になります。 英文:I appreciate your prompt reply. 和文: 迅速な返信に感謝します。 〇 説明 appreciate を使うときには、Thank you の時のように for をつける必要はありません。 appreciate は Thank you の代わりになる感謝の言葉ですが、実際には Thank you と併用して感謝の気持ちを強調するときによく使われます。 以下の使い方を参考にしてください。 英文:Thank you for emailing me the data. I really appreciate your hard work. 和文: データをお送りいただきありがとうございます。 あなたの尽力に感謝します。

次の