株価 三井 住友 フィナンシャル グループ。 [8316]三井住友フィナンシャルグループの株価・配当金・利回り ~累進配当政策が魅力~

三井住友フィナンシャルグループ (8316) : 株価/予想・目標株価 [SMFG]

株価 三井 住友 フィナンシャル グループ

261 SBIホールディングス・北尾吉孝社長(69)はコロナ禍でも「今こそチャンス」と前向きだ。 野村證券時代から国際派として将来を嘱望され、ソフトバンクの孫正義氏との出会いでネット金融の世界に転じた豪腕社長に、今後の展望を訊いた。 40年前、野村は大部隊を作って中期国債ファンドを売り出し、大ヒットしました。 これが野村の預かり資産を一挙に拡大しましたが、僕は中期国債ファンドに代わるものをずっと考えてきた。 それがだいぶ見えてきたので、いずれ皆さんに披露できるでしょう。 258 三菱UFJを400円でたんまり買ったら、380円になったので売ってしまった。 全くこらえ性がなかった。 そんで、高配当のソフトバンクを買ったら、上がる、上がると思った矢先に親会社に大量に売却されて、めちゃくちゃ下がった。 そんなこんなで三菱UFJを買い戻そうと思ったら、460円になっていた。 何を間違えたか、このコロナ渦に商社を買ってしまった。 予想以上のコロナ感染拡大で株価はガタ落ち、将来もコロナでダメと判断して泣く泣く売った。 それで、ADRで下げていた三井住友フィナンシャルグループを安く買った。 案の定、今日は随分と反発してくれた。 今後、この株は我慢強くホールドする所存です。 期待してます。

次の

三井住友フィナンシャルグループ (8316) : アナリストの予想株価・プロ予想 [SMFG]

株価 三井 住友 フィナンシャル グループ

0 3,257. 0 2,673. 0 3,119. 0 2,880. 5 2,521. 0 2,844. 0 3,491. 0 2,507. 5 2,623. 0 -861. 0 -24. 0 3,987. 0 3,438. 0 3,484. 0 -400. 0 -10. 0 4,056. 0 3,839. 0 3,884. 0 -154. 0 -3. 0 4,145. 0 3,950. 0 4,038. 0 4,051. 0 3,816. 0 3,989. 0 3,930. 0 3,574. 0 3,880. 0 3,844. 0 3,445. 0 3,695. 0 3,842. 0 3,380. 0 3,484. 0 -323. 0 -8. 0 3,883. 0 3,769. 0 3,807. 0 0. 0 3,844. 0 3,702. 0 3,806. 0 4,050. 0 3,741. 0 3,783. 0 -238. 0 -5. 0 4,167. 0 3,864. 0 4,021. 0 4,054. 0 3,817. 0 3,876. 0 -66. 0 -1. 0 4,070. 0 3,854. 0 3,942. 0 -103. 0 -2. 0 4,060. 0 3,581. 0 4,045. 0 4,245. 0 3,483. 0 3,645. 0 -538. 0 -12. 0 4,566. 0 4,055. 0 4,183. 0 -231. 0 -5. 0 4,775. 0 4,151. 0 4,414. 0 -172. 0 -3. 0 4,707. 0 4,272. 0 4,586. 0 4,629. 0 4,210. 0 4,381. 0 -64. 0 -1. 0 4,657. 0 4,176. 0 4,445. 0 4,665. 0 4,166. 0 4,306. 0 -197. 0 -4. 0 4,807. 0 4,413. 0 4,503. 0 -47. 0 -1. 0 4,711. 0 4,338. 0 4,550. 0 4,642. 0 4,375. 0 4,458. 0 -228. 0 -4. 0 5,139. 0 4,642. 0 4,686. 0 -192. 0 -3. 0 5,333. 0 4,878. 0 4,878. 2 160,594,200.

次の

三井住友フィナンシャル(8316):累進配当・高配当銘柄の株価分析

株価 三井 住友 フィナンシャル グループ

で、僕独自の基準で銘柄スクリーニングを行い、 13業種35社を割安銘柄として抽出しました。 そして、では、13業種のうち 銀行業(銀行株)に絞って分析を行いました。 今回の記事では、銀行株のうち (8316)三井住友フィナンシャルグループ(FG)について、今の株価で買うべきか否か、詳細を見ていきたいと思います。 主要なグループ企業としては、以下の金融系企業が名を連ねます。 ちなみに、三井住友FGの収益事業は、以下の 4つのセグメントに分かれています。 上から重要度が高い順に並べています。 対個人の業務は規模は大きいものの、利益率及び利益貢献度は最も低くなっています。 全体としてみると、比較的 各セグメントがバランスよく売上及び利益を生み出していると言えますね。 同じメガバンクグループの三菱UFJフィナンシャル・グループは、 営業利益率が16. 1%となっていますので、競合と比べても20%というのは非常に高いと言えます。 (純利益率は三菱とほぼ同じです) 三菱UFJフィナンシャル・グループについては、以前個別で株価分析記事を書いておりますので、よろしければ合わせてお読みください。 一株利益は横ばいですが、配当金は右肩上がりとなっています。 以下は 月足チャートになります。 上げ下げを繰り返しながら、現在はやや下落トレンドと言えますでしょうか。 業績が好調の割には伸び悩んでいますね。 ちなみに、2019年12月19日終値ベースで、三井住友FGの各種指標は以下のようになっています。 ただし、銀行業セクターの 平均と比べるとほぼ同じか、やや割安と言えるかもしれません。 では、なぜ三井住友FG含め、銀行株の株価は割安のまま放置されているのでしょうか? 次は、リスクについて見ていきます。 まず、において、銀行株のPERが割安になっている理由について、以下のように理由を挙げました。 (理由1)日銀の低金利政策の継続リスク (理由2)貸出先の減少リスク ( 理由3)キャッシュレス・仮想通貨の普及による為替業務の需要低下リスク 三井住友FGにおいても、これらのリスクはすでに顕在化しておりますし、今後においても無視できない論点となります。 ただし、三井住友FGも何の対策も練っていないわけではありません。 以下、会社資料による三井住友FGの5つの成長戦略になります。 (2)店舗改革 次世代店舗導入により、取引のデジタル化による利便性向上及びコスト削減を実現。 (3)キャッシュレス決済 公式スマホアプリの改善、クレジットカードのタッチ決済などによる利便性向上。 (4)法人向け非金利収益の拡大 グループのネットワークを生かして、顧客同士がオンラインチャットを通して直接商談を行う。 (5)海外ビジネス 過去10年間で、海外貸出金は倍以上になっています。 また、インドネシアのBTPNグループによる収益貢献も見逃せません。 三井住友FGのリスクとしてはシンプルに、「 これらの成長戦略がうまくいくのかどうか」という点が、そのまま企業のリスクになります。 ただし、上に挙げたいずれもメガバンクの規模とネットワークがあるからこそ実現可能性があると言えるので、戦略を描ける時点で 地方銀行とは大きく状況が異なると思います。 ちなみに、銀行株のPBRが非常に低いのは、 貸出金が多額であるのが理由となっています。 これは、三井住友FGも状況は変わりません。 2019年9月末時点で三井住友FGの純資産は 11兆円となっていますが、一方で貸出金の額は 78兆円もあります。 このリスクがあるので、三井住友FGのPBRは1倍を大きく割っています。 PBRについては注意点などをまとめていますので、よろしければ過去記事を御覧ください。 銀行特有のリスクはありますし、業績の伸びは鈍いですが、 配当の推移が堅調なので、個人的には 投資対象となりうる銘柄だと考えます。 グループの規模としても、すぐにどうにかなってしまうという可能性は低いと思われます。 一方で、大きく株価が伸びていくような絵も描けないので、 長期的に資産株として持っておくのが良いと思います。 結論としては、十分 投資対象となりうる銘柄だと判断します。 より詳細分析し、タイミングを見計らって買うのが良いでしょう。 次回は、で抽出した銘柄のうち、 不動産業の3社(イーグランド、エフジェーネクスト、グランディハウス)について見ていきたいと思います。 本記事の内容がよかったら、これまでの記事もぜひご覧ください。

次の