昭和道 同人誌。 昭和時代 晴海コミケの同人誌質問(笑)昭和時代の同人誌、初期マクロス ダーテ...

昭和二十年、夏(道谷モエ) コミック同人誌データベース

昭和道 同人誌

2019年4月23日 鳥取県西部の同人誌・米子文学 広沢虔一郎代表、6人 は4月23日、米子市の本の学校で第75号作品の感想などを話し合う会を開きました。 一般からの参加もあり、真剣で熱心な意見交換が続きました。 米子文学は昭和45年の発足、来年50周年になります。 近年は年2回、同人誌を発行しており、平成30年春号が第75号になりました。 その編集後記で、広沢代表は同人が年々減っていく現状を報告していますが、「お先真っ暗かというと必ずしもそうではない。 ニュースやドラマはもちろん、今大流行の漫画本でさえも、みな文章のうえに立脚している。 何も大騒ぎすることではない。 自分の本当に言いたいことは、文章によらなければ、なかなか表現できないのである」と意気盛んです。 そこで米子文学はいつも同人を募集中です。 小説、詩、エッセイ、評論などを発表したいと考えている人は、事務局(電話090-3889-7324)へと呼び掛けています。 さて、第75号です。 拝藤昇一さんは「米子駅と仲人売店」、広沢代表は「仏教の来た道」、南家久光さんは「石川ヤマト物語5」、高橋亮さんは「澤田家の人びと」の小説を寄せ、山根史郎さんは詩「印象」を発表しています。 このうち、高橋さんの「澤田家の人びと」は、400字原稿用紙に換算して364枚という大作です。 岩美町出身の外交官兄弟、澤田節蔵・廉三とその妻たちの物語です。 鳥取県にゆかりある人物の歴史大河ドラマを推進する会が、その候補のひとつにしており、高橋さんも加わる「三愛のクニへ」研究会 片山長生さん主宰 の成果作品です。 この大作を高橋さんはわずか5カ月で書き上げ、文献調査を重ねて作品発表しました。 廉三の妻・美喜は終戦後、「混血孤児」救済に生涯を捧げました。 高橋さんはこうした「澤田家の人びと」の活躍を丹念に追い、ドキュメント風にまとめて作品にしました。 近現代の世界史・日本史がよくわかり、2022年から高校教育に導入される「歴史総合」の副読本としても活用できそうで、今後の成り行きが注目されます。 高橋さんは近く、単行本にして出版したいといいます。 この「澤田家の人びと」をベースに、片山さんも「三愛クニへ 母子愛・祖国愛・人類愛 」のドラマ化を目指して小説を発表する運びで、歴史大河ドラマ推進に弾みがつきそうです。

次の

昭和50年男 最新号

昭和道 同人誌

2019年4月23日 鳥取県西部の同人誌・米子文学 広沢虔一郎代表、6人 は4月23日、米子市の本の学校で第75号作品の感想などを話し合う会を開きました。 一般からの参加もあり、真剣で熱心な意見交換が続きました。 米子文学は昭和45年の発足、来年50周年になります。 近年は年2回、同人誌を発行しており、平成30年春号が第75号になりました。 その編集後記で、広沢代表は同人が年々減っていく現状を報告していますが、「お先真っ暗かというと必ずしもそうではない。 ニュースやドラマはもちろん、今大流行の漫画本でさえも、みな文章のうえに立脚している。 何も大騒ぎすることではない。 自分の本当に言いたいことは、文章によらなければ、なかなか表現できないのである」と意気盛んです。 そこで米子文学はいつも同人を募集中です。 小説、詩、エッセイ、評論などを発表したいと考えている人は、事務局(電話090-3889-7324)へと呼び掛けています。 さて、第75号です。 拝藤昇一さんは「米子駅と仲人売店」、広沢代表は「仏教の来た道」、南家久光さんは「石川ヤマト物語5」、高橋亮さんは「澤田家の人びと」の小説を寄せ、山根史郎さんは詩「印象」を発表しています。 このうち、高橋さんの「澤田家の人びと」は、400字原稿用紙に換算して364枚という大作です。 岩美町出身の外交官兄弟、澤田節蔵・廉三とその妻たちの物語です。 鳥取県にゆかりある人物の歴史大河ドラマを推進する会が、その候補のひとつにしており、高橋さんも加わる「三愛のクニへ」研究会 片山長生さん主宰 の成果作品です。 この大作を高橋さんはわずか5カ月で書き上げ、文献調査を重ねて作品発表しました。 廉三の妻・美喜は終戦後、「混血孤児」救済に生涯を捧げました。 高橋さんはこうした「澤田家の人びと」の活躍を丹念に追い、ドキュメント風にまとめて作品にしました。 近現代の世界史・日本史がよくわかり、2022年から高校教育に導入される「歴史総合」の副読本としても活用できそうで、今後の成り行きが注目されます。 高橋さんは近く、単行本にして出版したいといいます。 この「澤田家の人びと」をベースに、片山さんも「三愛クニへ 母子愛・祖国愛・人類愛 」のドラマ化を目指して小説を発表する運びで、歴史大河ドラマ推進に弾みがつきそうです。

次の

同人誌の時代「1」 昭和の中学生、肉筆同人誌を創る!|上野顕太郎|note

昭和道 同人誌

今晩は。 概略は既に回答がありますが、結局具体的な内容はウェブではほとんど判らないということでしょう。 ただし基本的な事項をきちんと押さえてあるので、次の段階の調査の基礎として非常に役に立ちました。 ということで、やはり現物に当たってみるしかありません。 そこで所蔵していそうな図書館を調べてみます。 ・国会図書館・・・ありません。 ・大学や博物館等を結ぶwebcat ・・・項目のみ該当あるも詳細は不明。 所蔵館は無し。 ・国文研・・・該当項目無し ・日本近代文学館・・・計6冊の該当あるも、詳細不明。 ・ついでにもう一つだけ地方の文学館を調べてみたところ。 ・・・該当全5項。 このうち2が時期的に何らかの関連があるかも知れないものの、こちらは俳句の同人誌のようで、真相は不明。 これに関してはともかく、ここの所蔵資料の内容から、以下のことがほぼ確実になります。 「半仙戲」 石川道雄編、半仙戯社発行。 昭和8年5月号、創刊号。 3号までは月刊。 4から6号(終刊)までは隔月刊。 日本近代文学館ではどうかは判りませんが、鎌倉では直接閲覧することが可能になっています。 それほど遠くないところにお住まいなら直接訪ねるのが良いのではないでしょうか。 それが叶わない場合には参考調査(レファレンス)依頼のメールを出してみてはどうでしょうか。 ただし利用条件に「網羅的な文献目録、書誌等の作成など」は受け付けないとあります。 これだと特定の作家に関する記事の所在に付いてなら答えてもらえます。 日本近代文学館辺りでなら雑誌の内容目録を作成しているのではないかという気もします。 鎌倉で駄目なら、「日本」にも当たってみましょう。 尚、他地域の文学館は全く調べていません。 決して可能性が無いわけではありませんから、ご自分で各館を調べてみると意外な結果が待っているかもしれません。 下記HPの中には、1997年1月19日付で貝塚氏のカキコミがあります。 15~1. また、「本の本」76年9月号には関川左木夫氏の石川道雄の著作に関する論考が掲載されています。 以下は主に前者を参考としています。 半銭同人こと石川道雄が編輯あるいは発行していた詩誌は以下の通りです。 …「半仙戯」昭和 8年創刊 全 7冊、… 上記と ichien2 様の情報を重ねると、6冊目の「2巻1号昭和9年1月号 1934年 」の次に まぼろしの7冊目(「2巻2号昭和9年3月号 1934年 」?)が存在する可能性があります。 昭和8・9年には中原中也の作品収録。 この二人の大先輩の流儀はいづれも「捨身」であつた。 お蔭で私はフランス文学より菊正宗の方で鍛えられることと相成つた。 23 明治33 ~1959. 25 昭和34 大阪出身。 号を道游山人、羊仙道人。 1925 T14 東京帝大文学部独文学科卒。 学生時代の'21鈴蘭社同人となり、'25「緑泉集」刊行。 以後「ゆふされの唄」「半仙戯」などの詩集刊行。 独文学者で、'29~'43 S4~18 東京府立高等学校教授。 戦後、国学院大学教授、山梨大教授、'57より北大文学部独文科主任教授を歴任。 ドイツ・ロマン派のホフマンなどの翻訳もした。 行年58歳。 昭和9年「半仙戯」に「去年の秋の手紙」を発表。 もちろん中也の抒情とは異なる。 一九三三 昭八 年「半仙戯」四号に発表された作品である。 「半仙戯」は、石川道雄編集でこの年の五月に創刊されている。 文夫二三歳の時の作品であるが、 すでに中原中也と知り合って二年目に入った頃の作品である。 文夫の第一詩集『浚渫船』に収録された。

次の