薬剤師 評判。 薬剤師の評判・口コミ・年収情報

ファーマキャリア評判口コミ!薬剤師転職におすすめ?

薬剤師 評判

日本調剤とは?現役薬剤師が解説! 全都道府県の病院における門前に多く店舗を展開している、大手保険調剤薬局チェーン店の企業になります。 また、民間企業でありながら、行政の指針に対して最先端のシステムや健康に根差した工夫を先を見越して行っている企業です。 や電子お薬手帳の導入は、今後当たり前になると予想される中で、大企業だからこそ出来る強みを活かして、社員全員で取り組める企業としても有名です。 企業理念として 「医薬分業」を掲げており、薬剤師の質の向上と真の薬剤師像や医薬分業を目指している企業になります。 転職支援会社や自社製品のジェネリック医薬品を扱う会社を設立して、その後全国展開を進めて2011年3月に 全都道府県での薬局出店を達成しています。 ほかにも医薬コンサルティング事業や社内での大きな学会を開催して、臨床だけでなくアカデミックな取り組みにも力を入れている企業になります。 日本調剤の多くが大病院前に立地を確保して門前薬局として稼動している保険薬局になります。 病院前という好条件な土地を確保できる企業パワーは圧巻で、オリジナルな戦略で組織を動かしている企業です。 日本調剤の特徴8選 本項ではさらに詳しく、日本調剤の特徴についてお話していきます。 研修制度や関連会社についても記載しているので、是非参考にして頂ければ幸いです! 1.全都道府県に展開している 主に地域医療の核となる、総合病院の門前に薬局を建てる事が多いのが特徴です。 総合病院の門前が多いので、様々な診療科の処方箋を監査する事が出来るのが魅力だと思います。 人気病院の門前薬局では、忙しくてトイレにもいけない程の業務量なので、膀胱炎になってしまう薬剤師が多いと耳にした事があるくらい、多忙な薬局になります。 患者さんは病院の診察を終えてから薬局に来るので、待ち時間にも敏感になっていて、安全かつ、スピードを求められる薬局も全国に多いのが印象です。 他にも駅内に設立している薬局や医療モール型薬局の店舗もあり、必ずしもどこの薬局も超多忙な訳ではありませんので安心して下さい。 いい立地を確保出来る財力とパワー、薬剤師の数がないと出来ないのが病院の門前薬局になると思いますし、実践している企業が日本調剤の特徴となります。 2.質の高い研修制度 大手チェーン企業であれば教育制度が充実しているのが普通ではありますが、その中でも日本調剤の教育制度やシステムは他の企業と比べると質が高い印象です。 新人時代から医療人としての姿勢を軸に、薬学知識や店舗管理知識のバックアップ体制が整っています。 全国支店に薬剤師教育専門のプロフェッショナルが在籍していて、個別指導など細かい対応をしてくれるのが特徴の1つです。 15つの学習項目から成る e-Learning研修や、新人からマンツーマン体制で学べる体制と、2年目からは後輩指導のための オーペン研修、3年目以降からは大学病院実務研修制度や在宅医療集合研修、接客スキルを向上させる事が出来る エクセレントサービス研修など豊富に学べる機会が多いのが特徴です。 なによりも自分に興味がある分野を積極的にやらせてくれる企業になるので、やる気がある薬剤師にとっては非常に良い体験が出来る企業です。 大学病院実務研修制度では、注射業務やDI業務、病棟業務など普段調剤薬局では体験出来ない内容を学べる事が出来ますし、日本調剤のサポート制度として質疑応答システムでわからない事を解決出来たり、認定薬剤師になるための金銭的なサポートやビデオ形式の勉強会など様々です。 私も転職を考えた時にエージェントのコンサルタントから学ぶ事が多い薬局がいいと教えてもらった転職先が日本調剤でした。 から転職する薬剤師もいます。 臨床知識や疾患に対する知識があるなら、勉強会の教育専任として医療情報を教える部署にもなる可能性もあり、輸液や混注業務に関して強い薬剤師なら、日本調剤が欲している人材になり、そのスキルを活かせる環境が揃っている点も魅力です。 健康サポート薬局としての研修プログラムもしっかりと対応しているので、地域住民への積極的なサポート能力も学ぶ事が可能です。 企業として認定薬剤師のWEB教育システムを外部にも販売しているので、有料にはなりますが、他の薬局に勤めていても認定薬剤師の研修を受ける事が出来る点もメリットです。 3.薬剤師会に入っていない 保険調剤薬局に勤めると、各地域の薬剤師会に属してコミュニティを形成していく必要が個人薬局や地域に根差した保険薬局は必要になる場合がありますが、日本調剤は 原則全店舗において、薬剤師会に所属していないのが大きな特徴です。 過去には薬剤師会に属していましたが、調剤報酬や薬価の引き下げなどで薬局経営が厳しさを増していることから、経費削減の一環として薬剤師会の脱退を発表しました。 薬剤師会には年間費用や初回入会費用は県によって異なりますが数10万円のコストがかかります。 薬剤師会に入ると地域の勉強会などに参加出来たり、他の薬局同士とコミュニケーションがとれるなどのメリットもあります。 日本調剤はもちろん営利企業になる訳で、薬剤師を脱退する事により年間約9000万円の経費節減が出来ると宣言しています。 大手ならではの決断で、脱退しても企業としてやっていける自信でもあると思いますし、他の大手調剤薬局にはない特徴になります。 4.薬学生インターンシップがある 薬学生には嬉しい インターンシップ制度を取り入れている企業になります。 薬剤師業界では実習先が必ずしも日本調剤になるとは限らないので、国の方針を前倒しで取り組んでいる企業を体験出来る事は非常に良い事だと思います。 現場薬剤師のリアルな声や薬剤師の展望を聞いて、実務実習の薬局と比較してみても面白いです! 現場の薬剤師だけでなく、ドラッグストアや病院を経験した事がある薬剤師も多数在籍していて、様々なキャリアをもった薬剤師が集まってパネルディスカッションやグループワーク、座談会などの情報交換を行う事が出来ます。 基本的には1日で終わる形式になり、薬の味見体験や在宅往診に同行させれもらえる経験は現場ならではの内容です。 インターンシップでは、他の薬学部の学生も参加するので新しい交流が生まれる点もメリットだと思います。 5.独自のジェネリック会社を持っている 医薬品の製造販売事業として「日本ジェネリック株式会社」を展開して、ジェネリック医薬品に特化した事業を行っています。 自給自足の様に自社で作ったジェネリックを各店舗の調剤薬局で使用している事が多く、日本調剤では使用される頻度が高い後発品メーカーになります。 開発のデザインから承認の取得や飲みやすさを考えて、無駄のないジェネリック開発を行っています。 支店も北海道から九州まで存在しているので、他のジェネリックメーカーにはない規模であり、安定したジェネリックの供給を行う事が出来るのは特徴の1つになります。 自社製品のジェネリックなので、各店舗の在庫を抱えていても全国の日本調剤の店舗同士でやり取りが出来るので、期限切れの薬を破棄するという医療費削減にも繋がっています。 また、徳島県にある長生堂製薬株式会社の株式を取得していて、子会社として展開させています。 長生堂製薬会社は西日本におけるジェネリック製造の拠点として役割をしていて、特にセフェム系の抗生物質に強いので、現場でJGの表記を多く見るのはそのためになります。 6.転職エージェントを運営している 株式会社メディカルリソースとして薬剤師、医師、看護師、コメディカルに特化した転職コンサルティングを行っています。 その中で薬剤師向けの転職サービスは、というエージェントになり、利用者の満足度が高く、質の高いサービスを行っています。 人材派遣として転職やアルバイト求人のみならず、派遣薬剤師も取り扱いのあるエージェントになり、その他薬局経営や継承に対してのコンサルタントや、老人ホーム、高齢者における入居者紹介サービスも提供していて、幅広くコンサルティングを行っているのも特徴です。 また、厚生労働省から「職業紹介優良事業者認定企業」として、お墨付きの評価を獲得しています。 私も活用した事がありますし、コンサルタントの腕や知識は非常にレベルが高い印象です。 詳細な利用経験談は以下のエントリーにまとめているため、是非参考にしてみて下さい! また、薬剤師に向けてのセミナーも開催していて、実際に行った事があります。 そこでは取締役の三津原庸介氏が今後の薬局の未来像の講演をしたり、他のスタッフが日本調剤の店舗紹介、教育制度やシステムの紹介、かかりつけ薬剤師の現状を説明して、日本調剤の指針を知る事が出来ました。 セミナー後には、日本調剤で働く薬剤師との意見交換会も実施されて、余す事なく現場の声を教えてくれました。 7.ITを利用した最新のコンテンツが豊富 調剤における電子化、IT化を現在進行形で進めていて、本社と全ての店舗薬局の状況をリアルタイムで把握する事が出来ます。 調剤ではJP調剤システムとしてタブレット端末を使用したり、声で文章を作成するサポート体制、ハンディを利用した在庫管理なとを徹底しています。 業務内での各工程ごとに記載するシステムを導入しているので、法的な規則もITでしっかりと遵守しています。 薬局で貰えるお薬手帳に関しては独自で開発した 「お薬手帳プラス」という電子化されたお薬手帳を展開している点も特徴です。 紙媒体のお薬手帳をスマートフォンのアプリで反映してデータ化しています。 登録を行えば処方箋のデータを事前に薬局に送信して待ち時間の短縮をする事が可能です。 またアプリ内の機能には健康を向上、維持する様な健康記録を残せる設定があり、歩数や脈拍、血圧に血糖値などのデータを自身で管理する事が出来るので、新しいタイプの手帳として世の中にも少しずつ普及し始めています。 国も電子お薬手帳を普及させるように働きかけているのですが、その意図を先取りして実践している企業である点は最先端を走っている印象ですし、未来を見据えているコンテンツを学ぶことが出来る企業です! 8.生命保険、医療保険相談の展開 他の企業にはない 「日本調剤ほけんショップ」を運営して、薬局内に保険の窓口として保険の相談を行える薬局を展開しています。 病院前に薬局を建てているからこそ、手術費用や入院費などについて不安で聞きたい事を保険業に精通した専門家がアドバイスやセールスを行います。 現在日本調剤ほけんショップで取り扱っている保険会社はアフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)とネオファースト生命保険株式会社になり、薬局内に保険の相談ブースがある形になりますが、薬局の窓口とは完全に分けているため、薬を説明する時に薬剤師から保険のセールスを行う事はありません。 待ち時間が長い時や、保険について気軽に聞きたい時に、立ち寄った薬局にアドバイスしてくれる人がいてくれたら助かると思います。 生命保険や医療保険を扱っているのは、他の大手薬局チェーンも参入していないジャンルになるので薬局の差別化として面白いと思いますし特徴になります。 日本調剤の評判は?現役薬剤師が調査! 本項では、日本調剤の給与情報や休暇、福利厚生、また業務内容について詳しくお話していきます! 平均勤続年数や、キャリアの積み方などについても記載しているので、是非参考にしてみて下さい! 日本調剤の給与情報について 基本給が25万円〜31万円と幅があります。 基本給の中には薬剤師手当と過疎地に対する地域手当が含まれます。 新人は基本給が25万円程度でそこから諸々引かれて少なくなり、自宅勤務の場合だと手取りは20万円前半になります。 1人暮らしや残業が多い店舗の場合には在宅手当、時間外手当、交通費が別途出ますので20万前半よりは高くなります。 ボーナスは7月と12月の年に2回で平成28年度の実績では約6ヶ月分になっています。 基本給からの賞与になるので思ったほどは高くない金額になります。 日本調剤の昇給について 年に1回あり、毎年4月に反映されます。 1年目では査定に大きく反映しませんが、社内評価や全国勤務コースとエリア勤務コースではボーナスに差があり、年次が上がるたびに差が開いていきます。 勤務薬剤師や管理薬剤師は1年を通して約80万円になり役職が上がると100万円を超える可能性があります。 日本調剤の業務内容について 保険調剤薬局で行われる調剤、監査、投薬、薬歴記載、在庫管理や店舗運営を基礎に会社運営のセミナー講師を行います。 また、在宅医療に関わる部署では輸液の混注や在宅に出向いて医療に携わる事が出来ます。 在宅医療部ではケアマネジャーや看護師、医師とのチーム医療も経験する事が可能です。 その他、大学病院で実務研修の実績もあるので、病院で病棟業務やDI業務といった病棟薬剤師ならではの研修を行う事も出来ます。 大学病院への研修は新人から開始する事は難しく、ある程度のキャリアを積んだ薬剤師にチャンスが巡ってくるため、業務としてはレアな研修になる事が多いです。 病薬連携を活性化するためにトレーシングレポートを作成する業務もあり、疑義照会の実績数があり、やりがいが大きい業務です。 高度な知識を要求される小児在宅も実施している点や、OTC販売や健康サポート体制がある健康チェックステーションとして、体組成計の測定器を使用して患者さんの健康相談を受けたり、健康増進をアドバイスしています。 また、エリアマネージャーになると会社と店舗の架け橋的な役割で管理業務を行います。 1人当たり約10店舗の人事配置や予算管理などコミュケーション能力と管理者としてのスキルが磨かれます。 大企業では薬剤師でも採用担当を担う事があるので、リクルート活動の手助けや説明会を現場を経験した薬剤師が伝える仕事もあるので、人を育てたり、見る目がある人には向いている業務になります。 日本調剤の休暇・福地厚生について 休みは週休2日制で基本はカレンダー通りの休みになります。 年間休日は120日で一般的な企業と同等な日数です。 大きな店舗では薬剤師数が多いので、人事配置の補完が出来て有給休暇を消費する事が出来ます。 やエリアマネージャークラスになると、自由な休み希望は難しくなるので、新人や2年目はまだ有給を消費しやすいです。 女性薬剤師も多く仕事をしているので、 育児休暇も充実しています。 産前休暇として出産の6週間前から始まり、産後休暇を8週間、育児休暇を1年間(最大子供が1歳半)まで延長可能です。 その後も子供が小学生に上がるまで通常の仕事を最大2時間早く帰宅する事が出来る 育児短時間勤務を行う事が出来ます。 さらに子供が病気になり帰らないといけない場合には、子供が1人あたり年5日の 看護休暇を取得する事が出来ます。 また、福利厚生で育児に関してのお得なサービスが存在しています。 「えらべる倶楽部」では割引で保育施設やベビーシッター、育児教育メニューや生活用品を活用出来るのでママ薬剤師には嬉しい内容が満載です。 女性薬剤師だけでなく、全ての薬剤師におすすめなのが、 奨学金返済サポート制度という1人当たり最大252万円を支給してくれる社内制度がある事です。 私立大学の薬学部であれば、奨学金を借りている学生もいるので企業がサポートしてくれる点は非常に嬉しい制度だと思います。 注意点は枠が最大20人までである事と、全国エリアで働く事が強制であるのでそれなりの業務負担を強いられるので、考えてから決意をした方がいいです。 他にも薬品使用料支給制度で日本調剤の薬局で処方薬を購入した時に本人負担額は全額会社負担になったり、OTC医薬品も社員価格で購入で出来る点は金銭的にも助かります。 家賃手当に関しては大手薬局チェーン店と同様レベルになります。 全国勤務の引っ越し代は全額会社負担で、社宅も用意できる場合があるので、自己負担はほとんど無しで働く事が可能です。 日本調剤の平均勤続年数は? 日本調剤の社員の平均勤続年数は約6年になっていますが、20代の社員では3年を目安に退職する薬剤師もいます。 業務量が繁忙やノルマも厳しく求められる事があり、有給休暇も店舗によっては取得する事が難しい事が原因に挙げられます。 新入社員は200人には届きませんが、それだけの数が毎年入ってくるとなると、数パーセントの薬剤師は1年目や2年目に転職を考えて退職をする薬剤師は存在します。 日本調剤のキャリアの積み方は? 日本調剤では大企業ならではのキャリアプランが複数存在しています。 1年目からはエリアごとに分かれている各薬局店舗に配属して勤務薬剤師として現場のノウハウを学び、患者さんと接します。 2年目よりサブリーダー研修が始まり、リーダーとしての基礎を学び、早ければ3年目から新任のとして1つの薬局を任せられます。 5年目以降からはエリアマネージャーになるために研修を行いキャリアを形成していきます。 通常の小規模調剤薬局では、ここまでの流れが一般的になりますが、2年目からを経験しないで、日本調剤の人事担当として人材発掘に力を入れる部署に変わったり、研修資料作成や研修の講師として教える薬剤師担当になれる教育情報部に異動出来る点が、日本調剤の強みになります。 管理薬剤師を経験した後も在宅医療に特化した在宅医療専門チームに部署を変えてキャリアを積めますし、マーケティングや店舗を開発する部署も用意されているので現場でキャリアを積み終わった薬剤師でも別のキャリアプランを用意されています。 他に処方箋解析を行う部署やエリアマネージャーから支店長になったり、経営コンサルティングや面薬局の開発部署など様々なルートでキャリアを形成出来ます。 30代から役職が付くと、日本調剤の本部や経営に関わる部署に携わる事が出来るので目標を持って働く事が出来ます! 日本調剤の求人内容の紹介! 私が実際に薬剤師の転職サイトを用いて、コンサルタントから紹介された日本調剤の求人について、記載します! 求人は水物のため、同じ内容の求人はないかも知れませんが、参考程度に目を通して頂ければ幸いです! 求人例1.横浜駅より徒歩圏内で管理薬剤師の正社員募集 年収 500万円~550万円 勤務時間 9時~19時(週休2日)状況により残業あり。 日本調剤で生え抜きの勤務薬剤師や管理薬剤師もおおよそ550万円前後貰っている人が多いので、その金額よりも高くなる可能性は少ないです。 ごく一般的な求人になるので、日本調剤へ転職を考えている方は、このあたりが基準になるかも知れません! 私の見た求人は、調剤経験があれば管理薬剤師経験はなくても内定可能でした。 求人例2.麻布十番駅から徒歩6分の保険薬局の勤務薬剤師 年収 400万円~500万円程度(24歳~30歳をモデルとして換算) 勤務時間 9時~19時(休憩60分) 処方箋枚数 不明 日本調剤の新人や2年目以降の給料の平均になります。 他の薬局でエリアマネージャーや管理薬剤師を経験していると多少の給料交渉は可能ですが、高額な給料アップは望めません。 コニュニケーション能力はある事が前提で話が進みましたので、苦手な人は注意が必要かもしれません。 急性期病院や総合病院前では、1日当たり100枚の処方箋は覚悟しておいた方が良いです。 まとめ いかかでしたでしょうか?日本調剤は大きな病院前に敷地を確保して、次々と新しくて他の企業が行っていない施策を練り進出している企業です。 病院前に薬局を展開している事から、多くの診療科からの処方や薬剤師としての学べる知識も非常に多い印象を受けました。 在宅医療や保険アドバイスまで幅広く手掛ける姿勢は、保険調剤薬局だけではない攻め方をしている企業で注目度が高かったです。 日本調剤の薬剤師と話していて印象的だったのが、 自分が目指したい薬剤師像を叶えることが出来る企業であると話していた点でした。 日本調剤について知りたい人や興味がある薬剤師の方に何か感じてくれれば幸いです。 それではまた。 他、薬剤師の仕事関連エントリーはこちら!.

次の

【日本調剤】薬剤師の評判と年収とは?離職率やブラック度合を検証

薬剤師 評判

Contents• 1.アイセイ薬局とは 株式会社アイセイ薬局は1984年9月に創業された企業で、2020年4月現在の従業員数が3,530名 で 、店舗数は372店舗あります。 アイセイ薬局は 、 医療モールという言葉がまだ存在していなかった30年以上前から医療モール事業を手掛けてきたそうです。 現在医療モールの開発は 、 144店舗以上 業界 トップクラスを誇っています。 また、アイセイ薬局の特徴 として 、地域や医師との連携やかかりつけ薬剤師、在宅医療に力を入れていることが挙げられます。 「薬局は処方箋と薬を交換する場所」という枠を超えて地域住民の健康に貢献する『ヘルス・デザイン・カンパニー』として歩んでいます。 2.アイセイ薬局の給料 アイセイ薬局の正社員の募集要項を見ると年収が、400万円~650万円となっています。 これは一般的な調剤薬局と同じくらいの給与と言えるのではないでしょうか。 ちなみに 、新卒薬剤師の初任給は、 250,000円 ~450,000円です が、勤務コースや所属店舗により収入が変わってきます。 めずらしいと思ったのは、奨学金返済サポート制度があることです。 これは新入社員が対象で最大4年間で480万円のサポートが受けられます。 奨学金返済サポート というのは、 一般的な企業ではあまり見られない制度ですよね。 大学の薬学部は学費が高く、多くの学生が奨学金と名の付く学生ローンを組んでいます。 数万円とは言え 、 毎月返済していくのはとても大変なことので、このサポートがとてもありがたいと思っている社員は少なくないのではないでしょうか。 ただし、この制度を利用するには選考があり、定員は20名ですので全員がサポートされるわけではありません ので注意しましょう。 3.アイセイ薬局の研修制度 アイセイ薬局には教育研修制度があり ますが 、1年目と2年目以降でその内容が違います。 1 年 目 新入社員研修(マナー研修、薬事研修、介護施設研修 ) 新人フォロー研修(薬歴基礎研修、コミュニケーション基礎研修)、 OJT e ラーニング、アイセイ Web 研修、コンプライアンス研修、認知症サポーター養成講 座 2 年目以降 2 年目メンター研修、論理的コミュニケーション研修、店舗管理基礎研修、店舗管理応用研修、 薬歴応用研修、心理的コミュニケーション研修、レセコン医療保険研修、在宅医療研修、 レセコン在宅医療研修、在宅実践研修、疾患別研修、漢方研修、店長研修(人材育成研修、 評価者研修)、ロジカルシンキング研修、プレゼンテーション研修、管理業務研修(店舗向け)、 研修認定薬剤師取得への e- ラーニング 他 入社をするなら研修制度がしっかりした会社に入社したいという薬剤師も大勢いると思いますので、これらの内容をぜひ参考にしてください。 4.アイセイ薬局の口コミ 次にアイセイ薬局の口コミを見ていきましょう。 また、年に一回試験があるのですが知識やスキルをキープするのに役立っています。 また、かかりつけ薬剤師のノルマがないことも 社員がリラックスして働ける理由の一つです。 薬剤師の中にはこのことが入社を決めた理由だという人もいます。 今後も中途採用で入社する人が増えていくと思います。 職場でトラブルがあってもすぐに上司が対応してくれますので人間関係で悩むことが少ないです。 社員がいつも心地よく働けるようにと会社側が配慮していることにとても感謝しています。 人事部の方のお人柄も魅力的でしたし、初任給も悪くありませんでした。 とても風通しの良い会社だと思います。 店舗によっても差がある と思いますが、長い休みがとりたければ薬局があまり忙しくない時期でしたらスムーズに 取れると思います。 他にも研修の機会が多いのでとても勉強になります。 同居家族分も補助対象なので、とても助かってい ます。 私の店舗は日曜 がお 休みで 、 土曜日も夕方で閉店 していたので、お休みを取るのに困ったことは一度もありません。 残業が少ない店舗も確かにありますが、多い店舗ももちろん あり、 早番である薬剤師が残業せざるを得ない 状況になること もあるようです。 そのような状況で 会社が 新店舗を出店するので、一人一人の負担が余計に増えています。 薬局の閉店時間は決まっていても、門前の病院の診察が終わ らな ければ薬局を閉めることができません。 遅いと きは 21時~22時 まで残業の時もありました。 患者さんが混んでいるときは 23時まで残業 したこと もあったそうです。 地方では あまり役に立 たない印象です。 5.まとめ 今回は、アイセイ薬局の特徴や口コミについて見てきました。 口コミを見ていると、確かに残業時間や人手不足など不満の声もありましたが、全体的に雰囲気が良い薬局という印象だったのではないでしょうか。 人間関係などの職場の雰囲気は心地よく働くうえで最も重要な要素になりますので、口コミを読んでアイセイ薬局に転職を考えてみようと思った人もいるでしょう。 アイセイ薬局のより多い詳細が知りたいという方は、アイセイ 薬局のホームページを見たり、転職エージェントの担当コンサルタントに 聞いたりしてみてくださ い。 店舗によっても雰囲気が変わってくると思うので、転職をする際は担当コンサルトにその辺を詳しく調べてもらうといいと思います。

次の

キリン堂に対する薬剤師の評判は?【年収や転職成功のコツ】

薬剤師 評判

薬剤師の中でも、新卒就職や中途採用での転職を含めて国立病院を目指す人は多いです。 大病院は人気の職場ですが、特に国立病院はどれも規模が大きいために多くの薬剤師が目指すのです。 国立病院は独立行政法人となっており、それぞれ独立して運営されています。 このとき、独自に採用募集に申し込むことで試験を受けなければいけません。 ただ、気になるのは実際に働くときの評判や口コミです。 また、年収などの勤務条件がどのようになっているのかについて事前に知っておくことも重要です。 就職前に求人の内容を理解しておくことで、優れた転職を実現できます。 そこで、「国立病院機構の薬剤師を目指す人が事前に理解するべき内容」について解説していきます。 もくじ• 独立行政法人で公務員試験はないが、小論文は存在する 就職先を考えるとき、最初に認識しなければいけない点として「どのような形態の組織になっているのか」というものがあげられます。 国立病院機構については「独立行政法人」となっています。 かつては国の機関であったものの、独立して運営されるようになった法人(会社組織)となります。 そのため、 国立病院の薬剤師として働いたとしても公務員ではありません。 公務員でない以上、保健所の薬剤師として就職するときのような公務員試験は課せられません。 公務員試験では、一般教養試験など薬剤師国家試験とは別に勉強し、対策を練る必要があります。 そのために非常に大変ですが、独立行政法人への就職だとこうした公務員試験は存在しないのです。 例えば、以下は中四国グループの国立病院機構に掲載されている薬剤師の選考過程です。 一次選考として履歴書などの書類選考があり、これについてはどの病院でも同じです。 その後、二次選考として面接や小論文があります。 試験内容に小論文があるので面倒ではあるものの、一般的な公務員試験は存在しません。 ・公務員ではないので、副業しても問題ない また、国立病院機構の職員は公務員でない以上、副業をしても問題ありません。 病院の薬剤師のほとんどが土日や平日を含め休みの日に調剤薬局でバイトをします。 これについては、国立病院の薬剤師も許されているのです。 これは、公務員でない薬剤師の特権だといえます。 独立行政法人なので半分公務員の立場となります。 この場合、面倒な試験による選考が存在しなかったり、副業が可能だったりなどのメリットがあります。 ブロックごとの採用で、転勤・異動ありの国立病院機構 それでは、実際に国立病院機構の採用へ応募するときはどのように行動するかというと、それぞれの地域グループの採用に申し込むことになります。 国立病院機構はそれぞれ、地域ごとに6つのブロックに分けられています。 以下の通りです。 北海道東北グループ• 関東信越グループ• 東海北陸グループ• 近畿グループ• 中国四国グループ• 九州グループ 例えば関東での就職を考えている場合、関東信越グループの国立病院機構の採用に申し込む必要があります。 こうしたグループに属する病院の中から、どこかの国立病院の職員として働くことになるのです。 なお、それぞれのブロックごとでの採用になることから、 薬剤師として一つの病院に採用されたとしても転勤・異動があります。 このとき、それぞれのブロックは非常に広い範囲になっているため、転勤のときに都道府県が異なる地域に配属されるのは普通です。 例えば、以下は北海道東北グループに存在する国立病院の一覧です。 このように、非常に広い範囲に病院が点在していることが分かります。 どの病院に配属されるのかは不明であり、基本的に勤務地は選べません。 また、前述の通り転勤がそれなりに存在すると考えましょう。 住む地域を選べないのが国立病院機構の薬剤師になります。 そのため事前に病院見学をしたり、説明会に参加したりしてもいいですが、基本的に当てになりません。 見学した病院とは異なる病院で勤務する可能性が非常に高いからです。 場合によっては最初の勤務地を選べることもあります。 ただ、常勤として就職するときは異動により、数年後に遠く離れた地で勤務するようになります。 評判や口コミを確認しても、国立病院で転勤なしを実現することはできません。 多くの人にとって転勤はデメリットです。 ただ、勉強のために国立病院で働こうと考える薬剤師がほとんどです。 そのため、「多くの病院を経験してスキルアップしたい」と考えている薬剤師にとってはメリットだといえます。 中途採用での募集の採用時期は決められている このときの採用時期については、国立病院だと一律に決められています。 事前に採用選考を行い、4月頭になって正式入社となるケースがほとんどです。 新卒就職であれば関係ないですが、中途でのキャリア採用だとこれは大きなデメリットです。 民間企業であれば、採用時期は柔軟です。 どの時期でも問題なく受け入れてくれるため、中途で応募するにしても例えば「10月に就職する」などは普通です。 いつ転職活動をしたとしても、求人募集へ応募して内定をもらえばすぐにでも就職できます。 ただ、独立行政法人は民間企業とは違って半分公務員です。 そのため、 キャリア採用されるにしても多くは4月採用となると考えましょう。 このとき、ほとんどの募集要項では以下のような選考過程になります。 5月までに応募• 6~7月:面接・小論文試験• 7~8月:内々定• 翌年4月:正式入社 このように、1年と非常に長い時間をかけて活動しなければいけません。 一般的に転職では1ヵ月以内に内定をもらえるのが普通になるものの、国立病院機構では半公務員なので長期間に渡る面倒な順序が存在するのです。 倍率は高く、それなりに難易度がある なお、新卒就職であればいろんな病院の採用試験を受け、内定をもらった病院の中から選ぶのが基本になります。 特に国立病院は公的病院の中でも最大規模であり、非常に多くの人が応募します。 そのために全員が内定をもらえるわけではなく、倍率は高くそれなりに難易度があります。 そこで、病院薬剤師を目指す薬学生の多くが国立病院機構以外の病院の採用試験も受けます。 そのため、中途採用の薬剤師が大病院を目指すにしても国立病院機構一つだけに絞るのは非常に危険です。 転職するにしても倍率がそれなりに高く、さらには大病院だと新卒の若い人のほうが優遇されます。 それだけ年齢が若く、夜勤を含め大変な環境にも耐えることができるからです。 さらには実際の就職までの道のりも長く、採用時期も決まっているケースが多いです。 そのため、転職時は新卒学生と同じようにいくつもの病院を並行して受けることを考えるのが適切です。 病院で存在する年齢制限 ちなみに、病院薬剤師への就職を考える場合は年齢制限を考慮しなければいけません。 中小病院や専門病院(精神科病院)を除き、 大病院だとほぼ年齢制限があるからです。 病院薬剤師とはいっても、年齢が高いからといって特にやる仕事が変わるわけではありません。 行う業務内容はほぼ同じです。 しかし年齢が高いと夜勤を頼みにくいですし、非常に扱いづらくなります。 これが、大病院で新卒薬剤師が優遇される理由となります。 これは、国立病院機構でも同様です。 表向きでは、国立病院機構では年齢制限がないことになっています。 ただ、非常に多くの薬剤師(卒業見込みの薬学生を含む)が応募し、そうした人たちの中から一律採用するため、年齢の高い薬剤師をわざわざ採用する理由がありません。 そのため新卒なら特に問題ないですが、高年齢者の中途採用だと選考で落とされると考えましょう。 一般的には、「調剤未経験であれば30歳まで」「薬局での調剤経験者であれば35歳まで」が応募できる限度になります。 もちろん、病院ブロックごとに採用基準は異なります。 ただ、中途での転職ではこのような年齢制限についても理解するようにしましょう。 離職率はそれなりに高い国立病院 それでは、離職率はどのようになっているのでしょうか。 病院の中では、どうしても離職率が高くなるのが国立病院です。 これは、国立病院機構の待遇が悪いからではありません。 勉強という意味では若いころから任せてくれますし、研修制度もあり転勤によっていろんな病院を経験することができます。 スキルアップという意味では、かなり優れた職場だといえます。 ただ、国立病院の場合は以下のような問題点があります。 激務のわりに給料が低い• 転勤・異動で勤務地が変わる 大病院で働く薬剤師の場合、病院から薬局へ転職する人は非常に多いです。 特に妊娠・出産した女性であると、高確率で病院から薬局を目指します。 これは、病院だとどうしても激務になりやすいからです。 薬局のほうが時短勤務やパート労働を含め、勤務条件の柔軟性は圧倒的に優れています。 また、給料が非常に低くなりやすいので、男性薬剤師であっても結婚後は調剤薬局やドラッグストアを目指す人が多くなります。 しかし、これら「激務のわりに収入が少ない」のはあらゆる大病院で共通しています。 ただ他の病院に比べて、国立病院で離職率が高くなっている原因には転勤の問題があります。 前述の通り、地域ブロックごとの採用になるので勤務地は不明であり、異動のたびに都道府県をまたいで勤務地を変えるようになります。 また、同じ県であっても離れた場所に病院があるので引越しは必須です。 いろんな地域への転勤がある職場だと、薬剤師が転職を決意するとき、 いつも転職理由の上位を占めるのが「転勤なしを実現したい」です。 国立病院機構だとこれが無理なので、いろんな病院を経験できて勉強できるという反面、転勤なしを実現できないので離職率が高めになっているのです。 年収・給料などの収入面は一律 それでは、国立病院機構の薬剤師で勤務するときの収入はどのようになっているのでしょうか。 これについては、半公務員なので全員が一律だと考えるようにしましょう。 既に給与体系は決まっており、規定に従って年収が決定されます。 基本的には国家公務員としての給料が反映されるようになると考えましょう。 以下は国立病院機構の薬剤師に関する募集要項ですが、どの病院でも初任給(基本給)は20万7,800円となっています。 ただ、これに通勤手当や夜勤手当などが加わるようになります。 そうした手当が加算されて給料が支払われますが、大病院なので待遇は非常に悪いと考えるようにしましょう。 収入面で期待できるものはなく、あくまでも勉強のために多くの薬剤師が国立病院を目指します。 また準公務員なので昇給は毎年あります。 額は非常に少ないですが、毎年これくらいの昇給があります。 なお、実際のところどれくらいの平均年収なのかというと、これについては人事院が発表しているデータを見れば分かります。 国家公務員に準ずる給料になるため、薬剤師で働いている国家公務員がどのような平均年収になっているのか確認できるのです。 このとき、人事院は薬剤師の平均月収を以下のように発表しています。 このうち、薬剤師が該当するのは「医療職俸給表(二)」になります。 ここには、俸給(基本給)の平均が30万9,198円と記されています。 ただ、各種手当が加わるので月収35万4,099円が平均的な給料になっています。 これにボーナスが加わるようになりますが、賞与まで加えると平均年収は約555万円になります。 平均年齢46. 1歳で年収555万円ほどなので、調剤薬局で働く薬剤師に比べると圧倒的に収入は低くなります。 また、他の病院と比べても給料が優れているわけではありません。 ボーナス・賞与は約4. 2か月分 なお、ボーナスはどれくらい支給されるのかというと、基本は4. 2か月分になります。 2か月分を夏と冬に分けて支給されると考えましょう。 例えば基本給が25万円だった場合、一年でのボーナス金額は105万円となります。 2ヵ月 = 年間105万円 準公務員であるため、給与規定は既に決まっていて年収相場はわりと明確です。 目標設定の達成度合いによって多少は賞与の額が異なることはあるものの、全員が一律の給料となるのが基本です。 特に薬剤師として活躍したからといって給与面で優遇されることはありません。 そのため、給料を考慮してのモチベーションは期待できないと考えましょう。 退職金についても規定がある なお、給料と同様に退職金についても国立病院機構では明確に決められています。 このとき退職金の金額は普通です。 例えば、 基本給30万円で35年務めた場合の退職金は1431万円ほどになります(独立行政法人国立病院機構 職員退職手当規程より)。 参考までに、定年退職ではなく自己都合退職の場合だと退職金の金額は少なくなります。 これは国立病院に限らず、民間企業を含めて共通だと考えましょう。 例えば勤続10年の場合、国立病院機構だと「自己都合では月給の5. 22ヵ月分が退職金」と決められています。 例えば基本給25万円の場合、退職金は130. 5万円です。 22ヵ月 = 130. 5万円 一方で定年退職では勤続10年だと8. 7ヵ月分の支給になります。 自己都合での退職では、どうしても退職金が減ってしまうことは事前に理解しましょう。 評判・口コミを考慮して採用募集に申し込む 大病院の求人へ申し込み、働きたいと考える薬剤師は多いです。 そうしたとき、非常に大きな病院グループとして国立病院機構が知られています。 独立行政法人の国立病院で薬剤師を目指すのです。 このとき新卒での就職であれば、特に注意するべきことはありません。 ただ、中途採用の場合は「採用募集の時期や日程は決められている」「若い薬剤師のほうが内定をもらいやすい」などの現実は把握しておくといいです。 また、いろんな地域への異動があるので大病院の中ではどうしても離職率が高くなりやすいです。 独身・単身なら問題ないですが、将来も同じように勤務し続ける人は少なくなってしまうのです。 こうした評判・口コミがあることを理解して求人へ応募するようにしましょう。 勉強できることは確かですが、国立病院機構だけを狙い撃ちして申し込む人はいませんし、転職サイトなどを利用していくつもの病院を見学するのは必須です。 これら一般的な就職・転職活動を進めることで、優れた国立病院の採用を見つけられるようになります。 事前に国立病院の内容を確認したうえで申し込むようにしましょう。 薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。 自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。 一方で 専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。 これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。 以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、 それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。 注目の人気記事 ・私が経験した転職サイト体験談 実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。 私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。 そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。 さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。 「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

次の