オギノ式 計算。 【医師監修】排卵日の計算方法は?オギノ式ってどんなもの?(マイナビウーマン子育て)

【医師監修】排卵日の計算方法は?オギノ式ってどんなもの?(マイナビウーマン子育て)

オギノ式 計算

排卵期と受胎期に関して月経との時期的関連性を明らかにした荻野久作の産婦人科学における世界的な学。 1924年(大正13)『日本婦人科学会雑誌』上「排卵の時期、黄体と子宮粘膜の週期的変化との関係、子宮粘膜の週期的変化の週期及び受胎日に就 つい て」(原文ママ)と題して発表された学会懸賞当選論文において、荻野は「排卵の時期が先行月経とは関連がなく、月経周期の長短とも無関係に、予定月経開始の前日から逆算して第12~16日の5日間内におこる」という新説を発表した。 この説はそれ以前の諸説に比べてきわめて合理的で、この新学説の妥当性はその後の学問の進歩により裏づけられ、今日では産婦人科学上の画期的な業績として学者の等しく承認する決定説となっている。 人間の排卵時期に関する研究は1911年以降盛んに行われ、排卵が月経期以外におこるという点では意見は一致していたが、月経期以外のどの時期におこるかについては定説がなかった。 1913年にドイツのシュレーダーR. Schr derが統計調査の結果に基づいて「28日型の月経周期の婦人では排卵は月経第1日目から起算して第14~16日の3日間におこるものが大多数である」という排卵の高率時期説を発表し、その後20年代初頭まではこの見解が大勢を制した。 しかし、子宮周期と卵巣周期との時期的関連から明らかなように、正常な月経は、排卵後に卵巣に形成される黄体に由来する卵巣ホルモンの分泌量低下に伴っておこる出血であることからも、ある時期の排卵は次回の月経とは密接な関係をもつが、先行する月経がそれに続く排卵を決定することはない。 したがって、シュレーダー説が先行月経から排卵期を順算するのに対し、荻野説は、今日内分泌学的に解明されている黄体の寿命とそれに伴うホルモン分泌の消退を当時すでに洞察して、排卵時期を次回の予定月経から逆算することによってその時期を予測しうるとした限定説を採用した点で画期的であり、その合理性はシュレーダー学説に優越する重要な点である。 しかし、荻野学説が正当に評価されて世界的に脚光を浴びるようになったのは1930年(昭和5)ドイツ語で発表した「排卵日と受胎日」と題する論文が紹介されてからのことで、これは、荻野学説を受胎調節に応用した荻野式受胎調節のリズム法として知られるものである。 Knausの「排卵日決定の新方式」と題する29年の論文では「28日型の周期における排卵期は月経開始後第14~16日目である」とし、先行月経から順算する点でシュレーダー説と軌を一にしている。 [新井正夫].

次の

安全日と危険日の計算

オギノ式 計算

「早く赤ちゃんが欲しい!」と思ったら、排卵日を把握することがポイント。 理由は、妊娠しやすい時期と排卵日は関連しているからです。 では、その排卵日はどうすればわかるのでしょうか? 計算でわかるもの? 今回は排卵日を計算する方法をご紹介します。 排卵日の計算方法:オギノ式とは? 妊娠しやすいタイミングを知る方法として、古くから知られているのが「オギノ式」。 今でもその基本的な考え方は色あせていません。 1924年に荻野久作は、受胎期に関するある学説を発表しました。 それは、・生理(月経)周期の長さにかかわらず、排卵期は次回の生理前12〜16日の5日間・受胎期は次回生理前12〜19日の8日間というもの。 その後、ドイツ語で海外に向けて発表され、後にこの学説の理論的な正しさが認められて、海外では避妊法として利用されるようになりました。 荻野氏自身はこの方法を、妊娠を望む夫婦のための方法として唱えたそうです。 次の生理前の12〜19日の8日間が受胎期 オギノ式では、精子では2〜3日、卵子は排卵後10〜24時間が受精能力のある期間とし、排卵の3日前から排卵1日後まで、つまり次回の生理予定の前12〜19日の8日間を、妊娠が成立する可能性が高い受胎期としています[*1,2]。 生理周期を過去1年、少なくとも6ヶ月間は記録したうえで、上記に当てはめて計算します。 長所は全くコストがかからないこと、短所は信頼性 オギノ式の長所は、器具や薬品などが一切不要という点で経済的にも負担になりません。 一方、短所は失敗率が高いということ。 ここで言う失敗率とは、オギノ式が海外で利用される際の主たる目的であった「避妊」の失敗率という意味で、つまり計算上の受胎日を避けて性交をしても妊娠してしまうことがあるということです。 妊娠するためにオギノ式を活用する場合は「失敗」と言えませんが、妊娠するために受胎期の8日間、毎日性交するのは少し効率が悪いので、このあと解説する方法も試してみましょう。 アプリを活用する方法も 最近は、排卵日を予測できるスマートフォンやパソコンの無料アプリケーションがあります。 後述するように、基礎体温は排卵日の目安となる情報であり、その基礎体温のデータをグラフで管理したり、生理や体調などが記録できる機能が付いています。 そのデータをもとに、排卵推定日や生理開始推定日などを教えてくれます。 計算での推測はあくまでも目安にしかならない ただし、厳密に言うと排卵の日時を計算で推定することには困難が伴います。 基礎体温を測定し、低温期(低温相。 基礎体温が低温の期間)の最終日、または陥落日(低温期から高温期に移行する直前の体温が一層低下する日)が排卵日だとの考え方もありますが、必ずしもそうとも言い切れません。 低温期最終日の前後数日のいずれかが排卵日であることは間違いありませんが、そもそも低温期から高温期への切り替わりがはっきりしない女性も少なくないのです。 オギノ式以外の排卵日把握方法について オギノ式以外で排卵日を把握する方法を紹介しましょう。 基礎体温 まずは基礎体温を活用する方法です。 女性の基礎体温は、ホルモンバランスの影響を受けて、生理周期とともに変化しています。 簡単にいうと、生理が始まってからの約2週間は基礎体温が低い「低温期」。 低温期の最終日ごろに排卵が起こり、この時期に体温が最も低下する「陥落日」になります。 そしてその翌日からは体温が高くなる「高温期(高温相)」です。 毎日基礎体温をつけると排卵日を推測することができます。 基礎体温を用いた排卵日の予測方法の原理は、以下のページに詳しい解説がありますので、ご覧になってください。 頸管粘液の変化 女性のおりものには、子宮や子宮頸管、腟からの分泌物が含まれています。 このうち頸管粘液は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)に敏感に反応して生理周期の中で変化しますが、排卵期前後も性状に変化見られます。 具体的には、排卵期の頸管粘液は量が増え、水っぽくて透明で、水あめのように長く伸びるようになります(医学的には牽糸性があるといいます)。 このような頸管粘液の性状の変化から、排卵日を知ることができ、生理周期の乱れのためにオギノ式が使えない人や、基礎体温の変化がわかりにくい人でも利用できます。 ただし難点は、毎日、腟の奥に指を入れて頸管粘液を付着させ、観察しなければいけないこと、そして、見た目での判断なので正確性に欠けることです。 性状の違いをご自身で判断できる人は限られるでしょう。 排卵検査薬(排卵日予測検査薬) 「排卵日をもっと正確に知りたい!」という人には、排卵検査薬を使う方法がお勧めです。 尿を試験紙に直接かけたり、またはカップにとった尿に試験紙を浸し、その後数分で陰性か陽性かを判定できます。 検査のタイミングとしては、次回生理開始予定日から17日前から毎日1〜2回行い、初めて陽性と判定されたら間もなく排卵が起こるので、赤ちゃんを授かるチャンスです。 この検査薬がどのように排卵日を予測するのかというと、基礎体温が低温期から高温期に切り替わる時の体内で起きている変化に関係しています。 基礎体温が低温相から高温相に切り替わる前に、脳の視床下部にある下垂体から「黄体形成ホルモン(LH)」というホルモンが分泌され、黄体形成ホルモンが卵胞に作用して排卵が起こります。 排卵日予測検査薬は、この黄体形成ホルモンの尿中濃度を測定する検査薬です。 尿中の黄体形成ホルモンが一定以上に高くなったら、それは間もなく排卵が起きるというサインというわけです。 医療機関での超音波検査 医療機関を受診すると、さらに正確に排卵日を把握するための検査が行われます。 例えば経腟超音波検査で卵巣を調べます。 卵巣の中にある卵胞(卵子が包まれている袋状の殻)の大きさが20〜25mm近くになったら排卵まぢか。 そして排卵が起きるとその直後から急速に卵胞は縮小します。 この検査を排卵期近くに行うことで、正確に排卵日を知ることができます。 まとめ オギノ式と呼ばれる方法で、生理周期から計算して排卵日を予測することはある程度可能です。 ただ、排卵日は体調の変化により変わることもあるため、たとえ生理周期が一定の女性でも、計算での推測は目安程度に考えておきましょう。 妊娠を望むときは、基礎体温をつけるなど、他の方法も試してみましょう。 615,1992. jsog. 必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。 本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます.

次の

オギノ式計算

オギノ式 計算

排卵日の 計算方法について 毎朝、基礎体温を測って表にすると低温期と高温期と2つのサイクルがあることに気づくでしょう。 典型的な基礎体温は、低温期が12~14日前後続いた後に排卵し、10日以上の高温期が続きます。 ただ基礎体温は現在、以前考えらえていたほどの多くの情報を含まないとうのが通説です。 体温の下降日が排卵日とは限りませんし、排卵の前から体温が上がることもあります。 そして排卵から2~3日してから高温期になることもあり、低温期と高温期の二相になっていなくても排卵していることもあります。 したがって基礎体温表はおおまかな判断材料であるという認識をもち、体温表だけを見て過敏になる必要もありません。 排卵日の計算方法にはさまざまあり、2~3併用するのが排卵日を知る上でおすすめです。 事前に排卵日を知りたい、でもいきなり病院に行くのは…という方は、自宅で簡単に検査できる排卵日予測検査薬を使うか、正確な排卵日を知りたい方は、病院で超音波検査をしてもらうと確実です。 おりものの変化 おりものは、子宮につながる子宮頸管や膣から出る分泌物が混ざったものです。 おりものは大人の女性であれば、必ず誰もがある生理現象ですが、下着が汚れるし、ニオイも気になるし、マイナスイメージのあるもの。 しかしながら、女性の体にはなくてはならない働きや役割を担っています。 個人差や体調の変化によっても変わりますが、基本的におりものの量は卵胞ホルモンの分泌にほぼ比例します。 排卵期は精子をスムーズに運ぶためにおりものの量が最も多くなり、その期間は2~3日続きます。 色は透明に近く、粘り気が強くゼリー状となる場合もあります。 粘液を指先にとり、指を広げて粘液が7cm以上伸びるようなら排卵日が近い証拠です。 ニオイはそれほど強くありません。 排卵後には、おりものの量は次第に減り、乳白色に変化していきます。 排卵期ほどの粘り気もなくなり、サラサラした状態になっていきます。 また、ニオイが強くなってくるケースが多いとされています。 石けんで手を洗い清潔に。 爪も短く切り揃えましょう。 足を肩幅に広げ、膣の壁に沿いながら指を挿入します。 膣の奥に突き当たったら、盛り上がっているところを探してください。 真ん中の盛り上がっている場所の先が子宮口です。 子宮口の開き具合、やわらかさなどを確認しましょう。 子宮口の周りのおりものを取り、伸びや色を確認します。 排卵期の2~3日前は子宮口がゆるく開いて、下の方までさがってきています。 排卵期には子宮口の状態が耳たぶくらいのやわらかさになります。 また、福さん式ではおりものでも排卵日を予測します。 排卵日が近づくと、卵の白身にややヨーグルトを混ぜたような糸を引くゼリーのようなおりものになります。 この状態になったら4~5日後に排卵すると言われています。 伸びるおりものが、ベタベタする伸びない状態になったら排卵終了の合図となります。 排卵日予測検査薬の一般的な仕組み、使い方 排卵日予測検査薬は、尿中の黄体化ホルモンの分泌量を検出することで排卵日を予想します。 排卵前にLH分泌が急激に増加する「LHサージ」という現象が起こり、その開始から約30~40時間後に排卵が起こるとされています。 使い方としては、基礎体温の変化から月経開始予定日の17日前から、1日に1~2回検査します。 但し、LHサージの持続時間やピーク値には個人差があるため、1~2回では不十分であると感じる場合は、1日に3回行ってもよいでしょう。 また、検査開始日から毎日同じ時間帯に検査しましょう。 月経周期が不規則な人は次回の月経がいつ始まるのか分かりづらい、排卵日予測検査薬を使用する前に大量の水分を摂取すると尿中のLH濃度が薄くなってしまうといった問題もあります。 排卵日予測検査薬を使っていても陽性反応がずっと薄いという場合は、まず検査時期のタイミングがずれていないかを考える必要があります。 また、体質的にLH濃度の基礎値が低い人もいるので、タイミングは合っているが薄い陽性反応しかでない場合は医療機関で検査してみることをおすすめします。

次の