ラクシュミー。 ラクシュミーとは

ラクシュミー(LAKSMII)|ホットペッパービューティー

ラクシュミー

黒騎士では特定のロールで高評価でも、他のロールでは必要無いキャラが多いので作成しました。 評価は個人的に付けたものです。 ゲーム開始後の入手に賭けても良い。 一部課金で確定入手可能なキャラもいる。 最優先キャラと一緒に当たればラッキー。 評価はその他の項目を参考にしてください。 その他の評価 ギルバト・コロシアム:現環境でのギルバト、コロシアムでの採用率。 高難易度クエ:属性や耐性が適正となる高難易度クエスト(神獄級やバベルの搭など)での採用率。 TA:適正となる降臨のタイムアタックで貢献できるかどうか。 ほぼ必ず入っている。 条件・戦略によっては要になる。 〇 採用率そこそこ。 条件・戦略によっては積極的に使われる。 単純に上位互換キャラがいる。 もしくは有効活用できる場が多少ある。

次の

インドの神話 ヒンドゥー教の神々

ラクシュミー

生涯 [ ] 藩王国の併合 [ ] 生年は定かではなく、説の他に、代後半(頃)説もある。 没落した貴族の出身とされ、幼い頃にはの元宰相に庇護されていたというが、はっきりしない。 少女時代より剣術を嗜み乗馬を好んだというが、これも伝説の域を出ない。 彼女がはっきりとした記録に現れるようになるのは、にジャーンシーの藩王に嫁いでからである。 は、古来交通の要衝として繁栄していたマラーター同盟の小王国で、イギリスとの間に軍事保護条約を結び、となっていた。 、王との間には一子をもうけたがすぐに病没してしまい、王は以降から重病となり、彼女は養子を迎えると共に藩王国の存続を図るべく奔走したが、は、後継者のいない藩王国はに併合してしまう、「」(いわばを認めない無嗣)という藩王国併合政策を推進したため、その尽力もむなしく、イギリス側は全く取り合わなかった。 同年、王が病没すると、にジャーンシー藩王国はイギリスに併合されてしまい、ラクシュミー・バーイーが城の接収時に告げた拒絶の言葉である、 「 王国を失った後の3年間、隠棲のラクシュミー・バーイーは表立った反英活動は行っていない。 しかし、にが勃発すると、ジャーンシーでもと民衆が蜂起し、 ()に駐留していたイギリス軍を降伏させ捕虜を虐殺すると、反乱軍とイギリスの仲介を図ろうとした彼女にも虐殺加担の嫌疑がかかった。 更に、シパーヒー達がに転進してジャーンシーは空白地帯になってしまい、民衆の推戴を受けたラクシュミー・バーイーはジャーンシーの執政となる。 私財を投じて集めたと民衆から募った義勇軍を率いた彼女は、にイギリスと結ぶことで利権を得ていた近隣の藩王、領主の攻撃を自ら陣頭に立って撃退し、にジャーンシー城を奪還して、一躍反英闘争の旗手として知られるようになった。 この件で、イギリスと敵対することになってしまったジャーンシーは、イギリス軍による攻撃を受けることになる。 近代装備を持つ圧倒的な大軍に対し、女子供まで含んだ義勇兵を中心に対抗したジャーンシー軍は、ジャーンシー城で頑強な抵抗を続け、イギリスの指揮官 ()少将は、余りの苦戦ぶりに 「 理由は十分すぎるほど明らかである。 彼らは王妃のために、そして自分たちの国の独立のために闘っているのだ。 」 と書き残している。 ラクシュミー・バーイーも自らを手に戦ったが、半月の篭城戦の末に、4月に砦は陥落してしまい、民衆の懇願を受けたラクシュミー・バーイーはわずかな手勢と共に砦を脱出した(途中でいったんイギリス軍に逮捕されたものの、護送のイギリスの士官を手づから斬殺して脱出したという逸話が残っている)。 ラクシュミー・バーイーは脱出したのち、で他の反乱軍指導者達と合流するが、落としどころを探っていた他の指導者達と徹底抗戦を叫ぶ彼女とでは意見が合わず、女性ということもあって孤立することになる。 ここもイギリス軍の攻撃を受けて陥落すると、再び脱出した彼女は計略をもって、、()の支配していたを無血奪取し、ここを拠点とした。 これに衝撃を受けたイギリス軍は、グワーリヤル城に大軍を差し向けて攻撃した。 同月16日から総攻撃を行い、に迎撃に出陣したラクシュミーは前線で指揮中に狙撃されて戦死し、20日にグワーリヤル城は陥落した。 ラクシュミー・バーイーと度々戦った敵将ローズは、彼女の遺体を荼毘に付し、貴人に対する礼を以て葬儀を行ったという。 人物・評価 [ ] ラクシュミー・バーイーはその際立った美貌だけでなく、民衆を惹き付けてやまないカリスマ性と優秀な戦術能力を備えており、ジャーンシー藩王国を維持すべくインド総督に送った書簡は、彼女がだけでなくの法律や外交、歴史にも通じていた事を示している。 敵手であったイギリスの士官が残した言葉を借りれば、「もっともすぐれた、もっとも勇敢なるもの」であった。 8月、インドが独立したのち、ラクシュミー・バーイーは大反乱の英雄として再評価され、各地に銅像が建てられるようになった。 なお、インド各地にある銅像では大抵彼女はを着ていることになっているが、実際は絹のブラウスと西洋風の乗馬ズボンといういでたちだったらしい。 また、はその著書の中で、 「.

次の

美と豊かさの女神ラクシュミー

ラクシュミー

ラクシュミー Lakshmi) 別名:シュリー Shri 、パドマー Padma 仏教名:吉祥天 父:賢者ブリグ 夫:ヴィシュヌ(インド三大神の一柱) ご利益:幸運、富、美 ラクシュミーはヒンズー教の三大神ヴシュヌの妃。 ヴシュヌはシヴァとともに現在インドで最も人気のある神様です。 インド版キューピット愛欲神カーマの母親でもあるんですね。 古代インドの聖典リグ・ヴェーダでは「蓮華に立つもの」「蓮より生まれたもの」「蓮の花輪を帯びるもの」などの呼び名があります。 仏教の天部の神やヒンドゥー教の神もリグ・ヴェーダ出身が多いです。 赤い服を着て蓮の花の上に座り、蓮の花を持っている姿で描かれることが多いです。 富の女神らしく貯金箱(金の入った器)を持っていることもあります。 象といっしょに描かれていることが多いですが、あとで紹介するラクシュミー誕生の物語に象が出てくるからです。 ラクシュミーのポスター(出典:楽天市場) ラクシュミーのご利益は、 富・繁栄・美・快適な暮らしです。 金銭的に悩まされることなく精神的にも物質的にも恵まれた生活ができるといわれています。 またラクシュミーは美しい神様で美の女神ともいれます。 ラクシュミーは海から生まれたり愛欲神カーマの母親だったりと、ローマ神話のウェヌス(英語読みでヴィーナス)と似たところがあります。 仏教では吉祥天ともいわれます。 吉祥天も財運の神様ですね。 ラクシュミーのマントラ インドの神様にはマントラがあります。 ラクシュミーのマントラを紹介します。 毎日唱えると上に書いたようなラクシュミーのご加護が得られるといいます。 オーム スリーム フリーム マハ ラクシュミイェー ナマハ Om Shreem Hreem Maha Lakshmiyei Namaha マントラの意味は簡単に言うと 「ああ、偉大なラクシュミー様に帰依します。 お力をお貸しください」という内容です。 「Namaha(ナマハ)」が「帰依します」になります。 ほとんどのマントラにナマハは付いてますね。 帰依とは「神や仏を信じておすがりすること」。 単に信じるのではなく「心から信じる」ことです。 だからマントラは唱えただけでは効果はないんです。 信じてもいないのにマントラを唱えると嘘をついたことになるんですよ。 密教の真言で最後に「薩婆訶(ソワカ)」とついてるものがありますね。 薩婆訶とNamahaは同じ意味なんです。 マントラや真言を唱えるときには本当に神様を信じてお願いしましょうね。 ラクシュミーの神話 ラクシュミーとヴィシュヌが出会うまで ラクシュミーは賢者ブリグの娘でした。 ブリグは七聖賢のひとり。 七聖賢は厳しいヨガの修行を行って超能力を身に着けた聖人です。 神ですら従わせるほどの超能力をもっているといわれています。 あるとき、七聖賢たちはシヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマーの三大神のなかで誰が一番偉いのか話題になりました。 直接会えばわかるというのでブリグが会いに行きました。 ブリグはまずブラフマーに会いに行きました。 しかしブラフマーは尊大な態度をとったのでブリグは「このような尊大な神は誰からもあがめられなくなれ」と言いました。 事実、ブラフマーは三大神の中でも最も人気のない髪になりました。 ブリグが次に会ったのがシヴァでした。 ところがシヴァは妻のパールヴァティーと睦み合っている最中でした。 シヴァはブリグが来たことを知らされていても「取り込み中である」と会おうとしません。 ブリグは辛抱強く待ちました。 しかしいつまでたってもシヴァは会いません。 ブリグは数百年の間待たされました。 さすがにブリグの我慢は限界にきて「このような神はリンガ(性器)の姿で拝まれるようになれ」と言って去ってしまいました。 ブリグが最後に会ったのがブラフマーでした。 ところがブラフマーは昼寝の最中でした。 ブリグはシヴァに待たされて腹がたっていたので、なんとブラフマーをけとばしてしまいました。 ブラフマーは目を覚ますと起こるどころか「足は大丈夫ですか?」とブリグを気遣ったのです。 ブリグはヴィシュヌの態度にすっかり感心しました。 ブリグが一番偉大な神だと決めました。 この時のブリグとヴィシュヌの縁がヴィシュヌとラクシュミーの仲をとりもつことになったといわれます。 女神ラクシュミーの誕生 ラクシュミーがまだブリグの娘だったころのお話です。 ある聖賢の呪いで天界に災いが訪れたました。 聖賢は普段は温厚ですが、一度怒らせると災いを引き起こすことがあるのです。 ラクシュミーは呪いを逃れるため海に逃げ込み海の底で眠りにつきました。 本来ならここで永遠の眠りについているはずでした。 ある事件が起きるまでは。 あるとき世界を大洪水が襲い多くのものが失われました。 特に問題になったのは神々の主食アムリタが失われてしまいました。 アムリタとは不死の飲み物。 神々はアムリタを飲んでいるおかげで不死でいられるのです。 困った神々は集まって相談した結果「アムリタを作り直すしかない」という結論になりました。 しかしこれは大仕事でした。 アムリタを作るためには海を長い年月かき混ぜなくてはいけないのです。 神々と悪魔、怪物が協力して行うことになりました。 ブラフマーが大蛇アーナンダーにマンダラ山を引き抜くように命令しました。 海をかき回す攪拌棒にするためです。 ヴィシュヌが亀クールマに変身してアムリタの少なくなった乳海に降り立ちました。 引き抜いたマンダラ山をクールマの背中に載せました。 マンダラ山に竜王ヴァースキーが巻き付きました。 神々はヴァースキーを引っ張ってマンダラ山をぐるぐると回しました。 海をかき回す巨大なミキサーです。 神々と悪魔は気の遠くなるような年月をかけて海をかき回しました。 体を引っ駆られる痛みでヴァースキーは炎を吐き出しました。 神々は炎に耐えながらもかき回しました。 海の中ではマンダラ山によって生き物が押しつぶされました。 マンダラ山では摩擦で火事が置きて多くの生き物が死にました。 それほどの犠牲を出してでも神々はアムリタを作るのをやめませんでした。 見かねたインドラが大雨を降らせて山火事を消しました。 すると様々な鉱物や樹液、草花の汁が押し流され海に流れ込みました。 やがて海は白く濁ってきました。 アムリタができる前兆です。 白く濁っった海からさまざまなものが誕生しました。 天女アプサラス、月の神ソーマ、そしてラクシュミーも誕生しました。 その後も様々な宝が生まれ最後にあわられたのがアムリタでした。 ラクシュミーは蓮の花の上に座って登場しました。 世界を支える像は金の水指から聖水をふりかけ祝福しました。 海の底で眠りについていたラクシュミーは美しい女神に成長していました。 ラクシュミーを見た神々はラクシュミーに一目惚れしました。 最初に声をかけたのは破壊神シヴァでした。 しかしラクシュミーが選んだのはヴィシュヌでした。 ヴィシュヌもラクシュミーが好きになり相思相愛で結婚しました。 シヴァはラクシュミーにフラれたことをかなり悔しがりました。 シヴァはヴァースキー竜王が吐き出した毒を飲んで自殺しようとしましたが死ねませんでした。 妻のパールヴァティーがとっさにシヴァの首を締めたので毒を飲み込めなかったのです。 このあとシヴァはヴィシュヌを目の敵にするようになります。 しかしラクシュミーがシヴァを選ばなかったのは、ある意味当然ともいえます。 かつてブリグがシヴァのもとを訪れたとき、シヴァは昼間からパールヴァティーと睦み合っていてブリグに会わなかったのですから。 世界一中のいい夫婦 ラクシュミーとヴィシュヌは大変仲がよく、インド神話で最も仲のいい夫婦といわれています。 ヴィシュヌは地上の民に危機が訪れると信者たちを助けました。 このときヴィシュヌは様々な形に変身して地上に降臨しました。 ラクシュミーはそのたびに変身してヴィシュヌの化身を助けました。 ヴィシュヌがラーマ王子に化身したときは、ラクシュミーはシータ姫に。 ヴィシュヌがクリシュナに化身したときは、ラクシュミーは母ラーダと妻ルクミニーになり2回降臨しました。 富と幸運を司るラクシュミーはヴィシュヌの化身を助けました。 インド神話だけでなく世界中の神話をさがしてもこれほど仲のいい夫婦はいないかもしれません。

次の