ザノンフィクション 感想。 ザ・ノンフィクションは実は関西でもオンエア!放送時間はいつ?

【ザノンフィクション】動物虐待でしょ!續夕美子の大家族にドン引き

ザノンフィクション 感想

こんにちは。 今回は2018年6月24日放送の「父を殺した母へ」を観て、思ったこと、感じたことを記事にしています。 まず今回のお話は・・・ 現在34歳 前田勝(まえだしょう)さんです。 韓国名:チョウ・スンギュンさん。 前田さんが18歳の時、母親が再婚相手である日本人の父親を殺してその後母親が自殺してしまいます。 母親は韓国人、血のつながりのある父親は台湾人です。 韓国生まれ、3歳まで韓国で育ち、前田さんが3歳の時に両親は離婚してしまいます。 そして父親は母国台湾に戻り、母親は日本に出稼ぎにいってしまい、韓国の親戚の家をたらい回しにされた前田さん。 ですが、7歳の時に台湾に住む父に引き取られました。 そして数年過ごしたのち、母親は日本人男性と再婚し、名古屋で一緒に住むことを提案し、13歳の時、半ば強引に日本に連れて来られたそうです。 それから5年ほどして起きた母親による義理の父親の殺害事件。 過酷な運命に向き合う一人の男性の話でした。 想像するだけで辛すぎる人生 今回、見ていてとても気分が参るような、重い話でした。 これが実際に本当にあった事件なのかと思うほど、主人公にとっては辛い人生ではないかと思います。 加害者の息子なのだけれども、両親の離婚から、自分の意思とは関係なく3か国を回らなくてはいけない状況が、こんなに若くして起こっていることにまず同情してしまいます。 前田さん自身が「母親は自分勝手。 一人だけで死ねばよかったのに」と言った言葉が重かったですね。 もし会って母親に言いたいことがあれば「お前が憎い」と言いたいと言った前田さん。 前田さん自身に罪はなく、でも親の罪を無関係とは言えない複雑な心情が見てとれました。 ナレーションでも「背負った十字架の重さを改めて突きつけられるだけでした」と言っていましたが、その通りだと思います。 17年の時を経て、母親の家族や父親に会いに行くことに・・・ 母親を恨む一方で、本当の母親はどんな母親だったのか?を知りたくなった前田さん。 母親の親類を訪ねて、韓国に飛びます。 子供の頃たらい回しにされ、いい思い出がないと思っていた韓国で母親の家族に会い、母親が自分を思っていた優しい人柄にも触れ、涙を流し、気持ちが揺さぶられているのを感じました。 複雑すぎて言葉にするのが難しい その後父親にも会いに行く決意をして、台湾に飛び、念願の再会が叶いました。 台湾の父親は、「お母さん以上の女性はいない」とおっしゃっていました。 離婚理由は分からないけれど、今現在、台湾で韓国料理のお店で働いていたので、今でも愛しているというのは、本心かもしれません。 それならやはり離婚したのは絶対的間違いだったのかなと勝手ながら思ってしまいます。 そして、「お母さんは悔いのない人生を歩んだのだから、お母さんのことを悲しまないで。 お母さんは人よりも濃い人生を送ったのだから」とおっしゃってました。 息子を励ましたい気持ちに溢れていました。 だから殺された日本人男性のことを考えるととても複雑ですね。 日本人男性の親族の気持ちになると・・・ 私が日本人男性の親類の立場なら、複雑ですね。 いくら浮気していたとしても、人を殺すことは絶対に許されるべきことではないですから。 今回スポットを当てているのは、加害者の息子である前田さんなので、前田さんから見ていた番組構成になっているので、致し方ないことです。 だからこそ難しいし、辛いですね。 前田さんが罪を犯している訳ではなく、むしろ辛い日常を送ってきたことは容易に想像が出来るので涙が出てきてしまいます。 終わりに ぜひ観てみてください。 ずっしり重い気持ちになりますが、色々観ながら考えているうちに、引き込まれてしまいます。 今後望むことは、これから先、辛いことの少ない人生、幸せを沢山感じる人生を歩んでいかれることを願っています。 そして偉そうですが、これからは自分の為に人生を生きて欲しいし、ここで区切りをつけていいのではないかと思うのです。 そしてそう見ている私が思うのは、彼の人柄の良さだったり、彼から滲み出る苦悩が手に取るように伝わってくるからだと思います。 愛情と憎悪は紙一重なのだと思わざるをえませんでした。 罪を犯すということは、周りの人々の人生をも狂わしてしまうことを考えなければなりません。 ではおしまいです。 mapleheart3 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8. net、もしもアフィリエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

次の

【ザノンフィクション】西山嘉克&裕子の一夫多妻は子供にとって地獄

ザノンフィクション 感想

日曜昼のドキュメント『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。 5月31日は「家族のカタチ ~ふたりのお母さんがいる家~」というテーマで放送された。 『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)より あらすじ 佐賀県の山あいの、かつて料亭だった「ポツンと古民家」には9人の大家族・西山家が暮らしている。 父・嘉克、母・ゆかりと裕子、そして6人の子どもたち。 西山家には母親が二人いる。 嘉克は「書道アーティスト」だ。 ゆかりは嘉克を好きになり2012年に二人は結婚するが、そのわずか8カ月後に嘉克はゆかりに、仕事の助手である裕子のことも好きになったと告白し「理想を言うと、裕子さんとゆかりさんとさらに幸せな道を一緒に実験したいけど、どうかな 」と仰天の提案をする。 話し合いやケンカの末、嘉克はゆかりとも裕子とも現在は籍を入れず事実婚の形で一緒に暮らしており、子どもたちは嘉克さんの戸籍に入っている。 ゆかりや裕子は、このことをきっかけに実家の親とは折り合いが悪くなっているし、ゆかりと裕子の間には、かつて互いに嫉妬や葛藤もあったというが、互いが自宅出産で介助するなどして、現在はこの家族の形態を受け入れているという。 二人の妻を持つ嘉克、どんな男なのか まず「妻二人」を成立させる嘉克の男ぶりについて報告したい。 顔立ちはなかなかのイケメンだ。 「街で見かけたら振り返ってしまう」レベルではないが、バーなどで座っていたら「へえ、イケメンがいるなあ」くらいには思うほどではある。 嘉克は39歳だが、中年太りとは無縁ですらっと細身、毛髪の不安も見る限りなく年齢よりずっと若く見える。 「お父さん」というより「お兄さん」という感じで、39歳、6人の子持ちでこれはなかなかすごいのではないだろうか。 一方で、これは日常の苦労を二人の妻、特にゆかりに押し付けているから、若々しさを保てているのでは……、と思うと素直に称賛し難い。 嘉克の仕事は書家であり、インスピレーションを詩にしたためるという、相田みつをのような仕事をしている。 男性の場合、仕事の才能で女性をメロメロにする「才能萌え」路線もある。 もともと姿かたちはイケてるほうである嘉克の「仕事ぶり」が良ければ、鬼に金棒だろう。 嘉克の書道アーティストとしての書や詩の才能はどうなのか。 番組では、出張先で客に即興でしたためた嘉克の詩が紹介されていた。 あいにく書体は紹介できないが、内容だけお伝えしたい。 「人生色々あるけれど 日々色々あるけれど それでも全部 いい思い出に 笑い話に変わっていく。 私たちの幸せって きっとそういうこと なのかもしれない。 」 いかがだろうか。 書にも詩にも疎い私は、居酒屋のトイレによく置いてある作品だな、以外の感想が出なかったが、この詩をしたためられた女性二人組は、詩が読み上げられると、最後は「堪えきれない」様子で涙をぬぐっており、世の中には私が思いもよらないニーズがあるのだと気づかされた。 嘉克はこういった詩をしたためる全国行脚をして、それで子ども6人を食わせている。 私は嘉克のことを男、父親、夫としてどうかと疑問を抱くが、相田みつを的なことで一家を食わせているのだから「フリーランサー」としての力量は尊敬する。

次の

ザ・ノンフィクションの「お父さんと13人の子ども後編」というのを...

ザノンフィクション 感想

スマホから視聴できます。 2018年6月17日(日)放送分 ザ・ノンフィクション 「あっちゃんと翔平」 語り:山中章子(フジテレビアナウンサー) 今回の主人公は、未婚の母親。 自ら望んでシングルマザーになった 櫨畑敦子(はじはた あつこ)さん、31歳です。 あだ名は「あっちゃん」。 ひかりちゃんという女の子の赤ちゃんを出産しました。 女手一つで子供を育てていくのは簡単ではない。 それは分かっていたので、あっちゃんは少し変わった生活を送っています。 大阪の谷町という場所に、昔ながらの長屋が軒を連ねる一画があります。 この長屋で、共同子育てをしています。 5世帯が、ひかりちゃんの面倒を見ています。 あっちゃんは、28歳のとき自分の子供が欲しいと思い始めました。 でも、結婚には否定的。 選択的シングルマザーを選んだ櫨畑敦子さん。 「なかよしの友達は大勢いて、 その人たちと、なかよししながら暮らしていきたいと思ってる。 」 ひかりちゃんの父親は誰? あっちゃんの相手の男性は誰なのか…?? 「結婚はしたくないけど子供は欲しい」 あっちゃんは5年間、相手の男性を探し続けました。 お見合いや、 同棲カップルから精子を分けてもらう人工授精、 契約結婚…どれも上手くはいきませんでした。 ところが、友人のライブ会場で知り合った男性に あっちゃんが一目ぼれ。 その男性は井口翔平さん、31歳。 翔平さんと何度か会ううちに、 「子供が欲しい」という思いを打ち明けたといいます。 翔平さんは現在は日雇いの仕事で生計を立てており、 プロの写真家を目指しているそうです。 翔平さんは、あっちゃんから話を聞いたときは戸惑ったそうです。 しかしあっちゃんは 「認知はしない・同居はしない・養育費はいらない」 「迷惑はかけない」と告げ、翔平さんにお願いしました。 翔平さんも、 自分の行動を制限されるのは耐えられないという考え。 2人は関係を持ち、ひかりちゃんが生まれました。 ひかりちゃんが生まれて一か月半。 あっちゃんは、東京に住む友人に 子どもが生まれたことを報告しにやってきました。 そこには翔平さんの姿も。 この日、初めてひかりちゃんを抱いた翔平さん。 「こんなに可愛いと思わなかった。 」そう話していました。 あっちゃんが東京に滞在している間の出来事です。 大阪に引っ越そう。 (翔平さんは東京に住んでいる) 近くに居てほしい。 あっちゃんは、翔平さんに一緒に暮らしたいと話しました。 精神的な面で、翔平さんが支えになっていると話すあっちゃん。 「(翔平さんは)あっちゃんのケア大臣みたいな」 大阪で、あっちゃんとひかりちゃんと一緒に暮らすのか。 それとも東京に残り、夢を追い続けるのか。 翔平さんは迷っていました。 色々考えた後、翔平さんは 「まだ東京に居たい。 大阪には行けない。 」と あっちゃんに電話で伝えました。 ひかりちゃんが生まれて二か月後。 翔平さんは夜行バスで大阪へやってきました。 今後、あっちゃんたちとどう関わっていくのかを話し合うために。 しかし、なかなか切り出せず長屋を後にする翔平さん…。 駅までの帰り道、あっちゃんに結婚について聞きました。 あっちゃんの答えは、 「結婚したいは、あんまり今はよくわからへんなぁ」 「翔ちゃんはどう思うの?」 翔平さんは、 「子供がいて、パートナーがいてっていう生活もええなぁとは思うけど 自分のタイミングとは違うのかなっていう…」と話しました。 あっちゃんは、 「自分が勢い余った部分もあったから、ちょうどいい」 そう話し、笑顔で翔平さんを見送りました。 そして翔平さんがバスに乗った後。 あっちゃんは、 「ほんまに来るってなったらどうしよう」 「来るなら腹くくろうとって思ってた」と話しました。 あっちゃんの両親は不仲でいつもケンカをしていました。 でも、母親は子供のためにと離婚はしませんでした。 あっちゃんが成人してから両親は離婚。 そんな過去から、 「結婚なんて必要ない。 自分たち親子は長屋の仲間と生きていこう」 そう心に決めたのだといいます。 ひかりちゃんが生まれて四か月後。 あっちゃんは、 東京で一人暮らししている翔平さんのアパートへ遊びに行きました。 しかし、あっちゃんが怒って家を飛び出してしまったそうで…。 一体、何があったのでしょうか。 翔平さんは、ある女性から好意を寄せられていて、 その女性と関係を持ったそうです。 そして、その女性とのLINE(ライン)のやりとりを見た あっちゃんは怒って出て行ってしまったんだとか…。 これは浮気になるのでしょうか…? 翔平さんのアパートを飛び出したあっちゃんは、 友人が運営しているシェアハウスに身を寄せていました。 今回の件に関して、あっちゃんは「裏切りやと思う」と話します。 そして、翔平さんから連絡があり2人は話し合うことに。 翔平さん「今の段階で結婚したいと俺思ってないし、 今回みたいに嫌な思いさせるくらいならもう会わない方がいいと思う。 」 あっちゃん「じゃあ、そうしよっか。 」 しかし、あっちゃんは「あ~もったいないなぁ~」と吐き出します。 あっちゃんと翔平さんの話し合いは一時間が経過。 すると、あっちゃんは付箋を取り出して、父親の役割を書き机に貼りました。 あっちゃんのパートナー• ひかりちゃんのお父さん• 遺伝子お父さん• 戸籍上のお父さん 翔平さんは、関係を持った女の人のことが無かったとしても• あっちゃんのパートナー• ひかりちゃんのお父さん この2つは担えないとハッキリ言いました。 すると、あっちゃんは「どういうのがいいかな~?」と 違う色の付箋を取り出し、翔平さんにペンを持たせ• 今後会わない• 定期的に会う(年1、2回)• 定期的に会う(月1回)• 必要があれば会う この4つを書かせ、今後の付き合い方の話になりました。 ひかりちゃんが生まれて半年。 あっちゃんは4月から仕事をはじめ、ひかりちゃんは保育園に。 入園式の日、翔平さんは日雇いの仕事を休んで駆けつけました。 長屋の仲間も並んで記念撮影。 あっちゃんは、将来ひかりちゃんに自分の出産のことを 包み隠さず話そうと考えているそうです。 あっちゃんと、ひかりちゃんの長屋での共同生活は これからも続いていきます。 《おわり》 ザ・ノンフィクション動画配信中です。 フジテレビ公式の動画配信サービス PCはもちろん、スマホからも視聴できますので 気になった方は是非チェックしてみて下さい。 ーーーここからは個人的な感想ですーーー シングルマザーを自ら選んだあっちゃん。 縛られるのが嫌だから、 相手の機嫌を伺って心が疲れてしまうから、 ケンカで勝ち負けがつくから…。 親のエゴではないのか。 ひかりちゃんには包み隠さず話すと言っていたけれど、 そんな簡単に受け入れられることではないと思います。 子供が大きくなった時のことは考えていないのでしょうか。 自分から「同居はしない、迷惑はかけない」など条件を告げておいて 久々に翔平さんに会ったら「大阪で一緒に暮らそう」などと言い、 相手に断られたら断られたで 「本当に来るってなったら、どうしよう。 腹くくろうって思ってた」 ってどういうこと? その場その場で気持ちが変わることもあるでしょう。 でも、ひかりちゃんのためを思っての発言では無くて、 自分の気持ちしか見えていないように感じてしまいました。 翔平さんとのケンカ後の話し合いでもそう。 「もう会わないほうが」と決まりかけたのに、 「もったいない~」と言い出して引き留めて、 「会社を辞めるのは簡単だけど、続けていくことは大切。 だから今後会わないっていうのは…」 みたいな事も言ってて、ぜんぶ自分の都合にしか聞こえませんでした。 結局は翔平さんを繋ぎとめておきたいだけでしょう? それから、私が特に違和感を感じたのが ひかりちゃんの母親である あっちゃんが自分の子供を「さん付け」で呼んでいること。 「ひかりさん」という呼び方は、何か理由があるのかしら。 ていうか「ひかりさん」っていう呼び方もだけど、 「あっちゃんのケア大臣」とか「遺伝子お父さん」って何なの!? 付箋のシーンもちょっと怖かったです…。 見終わってからのモヤモヤというか後味が何とも言えない感じ。

次の