サッカー ワールド カップ 女子 結果。 FIFA女子ワールドカップ(女子W杯)2019特集ページ

FIFA女子ワールドカップ

サッカー ワールド カップ 女子 結果

連覇を狙うなでしこジャパンは、グループリーグ初戦から決勝まで全て1点差で勝ち上がった。 前回大会、12年ロンドン五輪と同じ米国との決勝戦、開始からわずか5分の間にセットプレーから2点を奪われ、16分間の4失点で勝負は決した。 その後、前半33分にMF澤を投入するが米国もFWワンバックで対抗。 FW大儀見が1点を返し、オウンゴールで詰め寄ったものの、序盤の失点は挽回できなかった。 決勝トーナメントで大会3連覇を目指すドイツを延長の末破ると、続く準決勝もスウェーデンに澤、川澄のゴールで快勝。 アメリカとの決勝は延長後半に澤の自身5号目のゴールで追いつきPK戦へ。 1勝1敗1分で勝ち点を4としたがグループリーグ突破はならなかった。 ドイツが2連覇を達成した。 勝ち点3の3位でグループリーグ敗退。 ドイツが初優勝した。 日本は1分2敗でグループリーグ敗退した。 開催国アメリカが2度目の優勝。 アジア予選2位の日本は優勝したアメリカと3位に入ったスウェーデンと同組。 3戦全敗で決勝進出を逃した。 サッカー 相手サポも虜に/記者が選ぶカズの思い出ゴール5 []• J1 [6月30日 5:04]• J1 [6月30日 5:03]• J1 [6月30日 5:02]• J1 [6月30日 5:01]• J1 [6月30日 5:00]• J1 [6月29日 19:37]• J1 [6月29日 19:33]• サッカー [6月29日 18:28]• J1 [6月29日 15:47]• J1 [6月29日 14:20]• 日本代表 個性派集団のプライドが16強へ/W杯南ア座談会3 []• 日本代表 [6月29日 10:03]• 日本代表 [6月29日 10:03]• 日本代表 [6月29日 10:01]• 日本代表 [6月27日 22:57]• 日本代表 [6月26日 18:11]• 日本代表 [6月26日 18:06]• 日本代表 [6月26日 9:54]• 日本代表 [6月22日 20:20]• 日本代表 [6月22日 20:13]• 日本代表 [6月22日 20:06]• J1 相手サポも虜に/記者が選ぶカズの思い出ゴール5 []• J1 [6月30日 5:04]• J1 [6月30日 5:03]• J1 [6月30日 5:02]• J1 [6月30日 5:01]• J1 [6月30日 5:00]• J1 [6月29日 19:37]• J1 [6月29日 19:33]• J1 [6月29日 15:47]• J1 [6月29日 14:20]• J1 [6月29日 12:41]• J2 磐田フベロ監督に審判が注意、指笛がホイッスルと… []• J2 [6月29日 8:07]• J2 [6月28日 22:19]• J2 [6月28日 21:35]• J2 [6月28日 18:37]• 日本代表 [6月27日 22:57]• J2 [6月27日 21:59]• J2 [6月27日 21:58]• J2 [6月27日 21:55]• J2 [6月27日 21:30]• J2 [6月27日 21:29]• J3 [6月28日 22:40]• J3 [6月28日 22:20]• J3 [6月27日 22:05]• J3 [6月27日 21:13]• J3 [6月27日 20:54]• J3 [6月27日 20:53]• J3 [6月27日 20:52]• J3 [6月27日 20:52]• J3 [6月27日 20:17]• J3 [6月27日 20:14]•

次の

女子サッカーW杯2019 試合日程&結果一覧 時系列

サッカー ワールド カップ 女子 結果

公益財団法人 日本サッカー協会(JFA)は6月22日 月 、臨時理事会を開催し、開催国として立候補している2023年のFIFA女子ワールドカップの招致から撤退することを決定しました。 まずは、これまでの招致活動に多大なるご支援をいただいた政府、自治体、サッカーファミリー、ファン・サポーターの皆さまに心から感謝申し上げます。 6月25日 木 のFIFAカウンシルでの同大会開催地決定に向け、JFAではさまざまな招致活動を行ってきました。 2011年のFIFA女子ワールドカップドイツ優勝をはじめ、なでしこジャパン(日本女子代表)は、世界の公式国際大会で3大会連続の決勝進出を果たしています。 それだけに今回、招致活動を行う中で、日本が女子サッカーの強豪国として世界から認められ、リーダーとして期待されていることをひしひしと感じました。 また、この20年間で、2002年のFIFAワールドカップやFIFAクラブワールドカップをはじめ、数多くのFIFA大会を運営してきたことから、日本の運営能力などを評価する声を多く聞くことができました。 開催提案書に含まれた内容に加え、日本各地に建設された最新のサッカー専用スタジアムもまた、日本が招致活動を行っていく上で大きな推進力になったと考えています。 一方で、世界のサッカーファミリーがどのような視点で開催地決定の要素を考えるのか、その時々で変わっていく状況を冷静に見極めていく必要があります。 世界的な女子サッカーの普及や発展ということは当然ですが、より多くの国で大規模大会の開催が可能となる共同開催が近年の世界のトレンドになりつつあります。 こういった状況もあり、数多くのFIFA大会を開催してきた日本で女子ワールドカップを開催することは、世界的な普及や発展という観点から賛同を得にくいのではないかという根強い意見がありました。 男子とは異なり、年齢制限のないチームで女子の世界一を決める大会は、FIFA女子ワールドカップとオリンピックの2つがあります。 新型コロナウイルスの影響によってその女子サッカー最高峰を決める2つの大会が、短期間に同じ国で開催されることに対する抵抗感が強まったことも感じました。 6月10日に国際サッカー連盟(FIFA)より公表された評価報告書 Evaluation Report では、日本の提案やサッカーを取り巻く環境を高く評価していただいたと考えています。 投票で同票だった場合には評価報告書のポイントで決定されるなど、客観的な評価も大きな要素になります。 もし、南米や南半球初のFIFA女子ワールドカップとなれば、普及という観点でも非常に大きなアドバンテージとなります。 このようなことを総合して考え、投票直前というタイミングであらゆることを分析すると、今回の招致レースにおける日本の状況は決して楽観視できるものではなく、さらに厳しい状況になっていると言わざるを得ません。 今回予想される結果を冷静に見極めながら、今後、長期的な視点で日本のプレゼンスをいかに高めていくか、世界の女子サッカーをリードし、日本としてどのように世界に貢献をしていくのかを含め、戦略的に考え、実行していかなければなりません。 JFAは長年にわたり、指導者派遣なども含めてアジア全域での女子サッカーの普及に取り組むとともに、アジアの女子サッカーを世界レベルに押し上げようと力を注いできました。 2013年12月のJFA理事会において、2023年のFIFA女子ワールドカップの開催国として立候補することを決議して以来、東京オリンピックや女子プロリーグ設立とともに、この大会を起爆剤に女子の普及と発展を推し進めるべく取り組んできました。 招致活動からの撤退は、JFAの招致委員会や理事会などで慎重に熟慮を重ねた上での決断です。 JFAの理念にある通り、私たちは、サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献していく責務があります。 現在、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスによって日本のサッカー界も大きな影響を受けています。 これからも困窮しているサッカークラブなどへの財政的な支援などを継続し、サッカーファミリーが安全に楽しくサッカーができる日常を取り戻していく必要があります。 こうした活動やサッカー基盤の整備、SAMURAI BLUE(日本代表)へのサポートとともに、女子サッカー発展のためにWEリーグ支援や普及活動にもより一層力を注ぎ、東京オリンピックでのメダル獲得、FIFA女子ワールドカップ2023優勝に向けてなでしこジャパンを全力でサポートしていく所存です。 サッカーファミリーやファン・サポーターの皆さまにはこの決定をご理解いただき、今後とも変わらぬご支援を賜りたく、お願い申し上げます。 公益財団法人 日本サッカー協会会長 FIFA女子ワールドカップ2023日本招致委員会委員長 田嶋幸三.

次の

2019女子サッカーW杯 決勝トーナメント表・試合日程(日本時間)

サッカー ワールド カップ 女子 結果

開催までの経緯 [ ] 女子ワールドカップはから4年に一度、の翌年(の前年、の翌年)に開催されてきたが、第6回大会については一時、男子大会と同じ年に開催することも検討された。 しかし、最終的にはそれまでと同様、4年後の開催となった。 開催地には、、、、、が立候補を表明したが、以来となる2度目の開催を実現させるために夏にフランスとスイスが立候補を辞退した。 終了後のにはオーストラリア、ペルーが相次いで立候補を取り下げ。 最終的にカナダとドイツの2ヶ国からに行われた理事会で、開催地がドイツに決定された。 参加国数については、第5回大会の16ヶ国から20ないし24へ拡大する案があったが、大会の質が低下する懸念から却下された。 出場国 [ ] に大陸連盟別の出場枠が以下の通り決定された。 なおFIFAは、所属する国・地域の3分の1未満しか大陸予選に出場しない大陸連盟がある場合、その連盟の出場枠を見直すとしている。 出場選手はを参照。 本大会 [ ] 賞金 [ ] FIFAからの賞金は、以下の通り。 成績 金額 備考 優勝 1,000,000. 約8000万円 準優勝 800,000. 約6300万円 3位 650,000. 4位 550,000. ベスト8 350,000. グループリーグ敗退 250,000. 会場一覧 [ ] *印は、の関係で大会期間中のみ名称を変更している会場を示す(訳注:本記事ではこれらの会場名について、「FIFA Women's World Cup Stadium」および「FIFA Frauen-WM-Stadion」を「FIFA女子ワールドカップスタジアム」と訳する)。 * 収容人数: 74,244人 収容人数: 49,240人 収容人数: 46,297人 * * 収容人数: 32,085人 収容人数: 30,200人 収容人数: 25,641人 * * * 収容人数: 25,579人 収容人数: 25,361人 収容人数: 23,000人 組み合わせ抽選 [ ] 本大会の組み合わせ抽選は、にので行われた。 組み合わせ抽選の方法は以下の通り。 まず、出場16チームを4チームずつ4つの"ポット"に分ける。 この際、開催国のドイツおよび、以外の各地区連盟で世界ランク最上位チームのうち上位3チーム をシードチームとしてポット1に割り当てる。 それ以外のチームを地域別にポット2・3・4に割り当てる。 1グループに、各ポットから1チームを割り当てる。 ただしUEFA以外については、同一の地区連盟に所属するチームは同じグループには割り当てられないようにする(例えばポット2の抽選でおよびは、ポット1でが入った組には入らないよう割り振る)。 ()のチームにとっては、この大会がの予選(ヨーロッパの出場枠は、開催国の(、の2カ国統一チーム)を除いて2)を兼ねており 、準決勝に進出したとが出場権を獲得 した。 なお、3連覇を狙っていた開催国は準々決勝で日本に0-1で敗れベスト8に終わり、オリンピックにおいて女子サッカー競技が始まった1996年以来史上初めて出場を逃した。 はグループリーグを1位で通過したチーム(ドイツ、、アメリカ合衆国、)が全て準決勝に進出したものの、今回の大会では1位通過のドイツ・ブラジル・イングランドが準々決勝で姿を消し、準決勝に残ったのはスウェーデン1カ国のみとなった。 一方、決勝に進出した日本とアメリカはともにグループリーグ2位通過からの勝ち上がりであったが、両チームともそれぞれの大陸予選では最後の1枠の順位であり、しかもアメリカについてはとの大陸間予選プレーオフによる出場権獲得であった。 ドーピング問題 [ ] 6月28日、のが、規定に違反したとして出場停止処分を科された。 後日FIFAは同選手に対し、2年間の出場資格停止処分を科した。 7月6日には、の選手2人がドーピング規定に違反したとして同日のコロンビア戦の出場停止処分を科された。 その後北朝鮮の全選手が検査を受けた結果、さらに3人の違反が判明した。 後日、FIFAは北朝鮮に対してこれら5選手に1年2ヶ月から1年6ヶ月の出場資格停止処分を科したほか、北朝鮮のの出場資格を予選(=)を含め剥奪した。 グループリーグ [ ]• 試合開始時刻は現地時間(、)• で決着がついた試合は記録上引き分けとなる 得点ランキング [ ] 順位 選手名 得点数 1 5 2 4 4 3 表彰 [ ] 受賞者、受賞国は以下の通り。 大会最優秀選手 [ ] ゴールデンボール シルバーボール ブロンズボール 得点王 [ ] ゴールデンブーツ シルバーブーツ ブロンズブーツ 5得点 4得点 4得点 その他の賞 [ ] ゴールデングローブ 最優秀若手選手 フェアプレー賞 オールスターチーム [ ] GK DF MF FW テレビ中継 [ ] ドイツでは公共放送局であるとが全32試合を生中継した。 アメリカでは、が全32試合を生中継した。 ヨーロッパではが全32試合を放送しヨーロッパの34の国と地域で放映された。 ではイングランド戦をBBC Red Buttonで生中継し 、決勝戦はで生中継した。 またこの大会はカナダやオーストラリアといった国のほか、などでも放送された。 日本ではおよびが放映権を獲得し 、NHKはにて決勝トーナメント全試合およびグループリーグ戦にて合計15試合前後放送予定 、フジテレビはCSチャンネルであるにて日本代表の試合を中心に放送予定であると発表した。 決勝トーナメントのうち、準決勝・決勝戦のみがフジテレビにて地上波放送された。 その他 [ ]• 2008年3月14日. 2011年4月26日閲覧。 (日本語:「FIFA、2011年女子W杯は16チームのままとし、24チームへの拡大は行わず」)• 2008年11月14日. 2012年5月27日閲覧。 参照:Statistical Kit: History and Numbers 6ページ Prize Money• 2010年11月29日. 2011年4月18日閲覧。 2010年11月28日. 2011年4月18日閲覧。 Jack Bell 2010年11月29日. 2011年4月18日閲覧。 2011年7月20日. 2011年7月30日閲覧。 2011年6月28日. 2016年8月2日閲覧。 2011年8月25日. 2016年8月2日閲覧。 2011年7月7日. 2016年8月2日閲覧。 2011年7月16日. 2016年8月2日閲覧。 (英語) FIFA公式サイト 2011. 18付ニュースリリース• (英語) FIFA公式サイト 2011. 15付ニュースリリース• ESPNMediaZone. 23 March 2011. Accessed 16 June 2011. BBC Online. 20 May 2011. Accessed 16 June 2011. FIFA. com. 2011年6月14日閲覧。 20付リリース• 2 04:54 UTC 閲覧• フジテレビジョン 2011. 2 05:05 UTC 閲覧• ( 2011年7月19日 2011年10月23日閲覧) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - FIFA. com (英語)•

次の