ハウスクリーニング フランチャイズ 定年後。 フランチャイズ×ハウスクリーニング・家事代行の独立開業情報一覧|独立・開業・フランチャイズ募集の【アントレ】

BROOMハウスクリーニング|フランチャイズを探すならココがポイント!

ハウスクリーニング フランチャイズ 定年後

高齢化が進む現代にあって、注目を集めている業種の一つが、「お掃除・エアコンクリーニング」です。 高齢になると自分で家を掃除することが難しくなるため、お掃除・エアコンクリーニングの需要は必然的に高くなります。 そのため お掃除・エアコンクリーニングは、起業を考えている方にもおすすめです。 お掃除・エアコンクリーニングの仕事をした経験がないという理由で、この業種への参入を諦める必要はありません。 なぜなら 「フランチャイズ」に加盟すれば、本部の手厚いサポートを受けながら始められ、高利益も期待できるからです。 今回はお掃除・エアコンクリーニングのフランチャイズのメリットや注意点から、選び方についてまで徹底解説していきます。 2019. 07 いざハウスクリーニングのフランチャイズ経営をはじめたものの、中には思うよう業績が伸びない、依頼がこないなど思うような結果が出ずに失敗してしまったという例もあります。 フランチャイズ加盟自体は誰でも無理なく始められますが、実は廃業を経験する人も少なくありません。 せっかくかけた初期投資をムダにしないよう、これからハウスクリーニングのフランチャイズをはじめようと思っている方はあらかじめ失敗の理由、対策を把握しておくことが大切です。 ここでは、実際にハウスクリーニングのフランチャイズ加盟店をしていた私自身の体験談も含めて、よくある失敗例をご紹介します。 またその失敗を防ぐための対策も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

次の

【定年起業への挑戦 実践編】ハウスクリーニング「チェーン店加入」?「独立開業」? 悪質チェーン加入で借金を背負う人も (1/2ページ)

ハウスクリーニング フランチャイズ 定年後

daiohs. 一人で開業できる、店舗不要(土地代、建設費)といった参入のしやすさも魅力のひとつです。 また、ビル・オフィス内清掃が仕事現場なので、一般家庭の年末大掃除のような汚れの溜まったお掃除はないため、同業他社の業務よりもラクに作業が行なえます。 ダイオーズカバーオールの募集要項 開業資金 加盟金:430万円 ロイヤリティ• 本部経費:27. ロイヤリティ:18. 保険料(賠償責任保険):0. osoujitai501. 清潔な環境づくりが売り上げに直結する商業施設にとって、クリーニングは必要不可欠なため、便利屋業(一般家庭)と、ビルメンテナンス業(大型施設)の隙間にある膨大な市場を対象にできることが、大きな魅力です。 また、基本的には人手仕事であるため、設備・機材の投資が少なく、低資金での開業が可能なのも嬉しいポイント。 本人のやる気、努力次第では 高い利益を上げることができるでしょう。 おそうじ隊501の募集要項 開業資金• 250万円• 加盟金:70万円• 教育費:30万円• 資機材費:150万円• 自己手配費用(目安)• 車輌費:約 80万円• 必要備品(パソコン、FAXなど):約 50万円• 経営利益:81万円• 月間粗利益:142. 5万円(月間売上150万円、材料原価7. 5万円)• 月間経費合計:61. osoujitai501. 最近では自宅の掃除を専門業者に委託するケースが増えており、ハウスクリーニングの業界は順調に成長している業種と言えるでしょう。 今後も、より付加価値の高いクリーニングサービスがでてくる可能性が期待できます。 ハウスクリーニングのフランチャイズのメリット・デメリット メリット• 比較的誰でも簡単にできる• 低資金で独立が可能• 年齢に関係なく、夫婦で開業できる• 自宅で開業できる デメリット• 競合他社との差別化の難しさ• 繁忙期が集中している• 加盟店オーナー自身が業務を行なう場合、体力的・肉体的・年齢的に限界がある ハウスクリーニングの将来性 低資金で開業でき、年齢に関係なく比較的誰でもできるのがハウスクリーニングのメリットです。 おそらくハウスクリーニング事業で成功している個人の方も多いことでしょう。 もちろん需要もありますし、 2020年に向けて需要が見込めます。 ただ、大手企業も参入している業界ですし、独立する方も多く競合性が徐々に高くなってきています。 また集客が難しいジャンルで、コネや人脈がないとなかなか安定した収入が見込めません。 繁忙期は限られてしまうため、年間通しての安定収入も難しいです。 そして定年後などに始める方もいますが、自身も業務を行うのなら何十年も続けられるものでもないでしょう。 安定した需要のある事業ではあるものの、大手も参入し競合性も高くなっている事業ですから、個人では難しい面はあります。

次の

ハウスクリーニングのフランチャイズ開業が定年後におすすめな3つの理由

ハウスクリーニング フランチャイズ 定年後

定年後は手に技術を持って個人事業を営みたいという方もいるだろう。 たとえば、ハウスクリーニングや家事代行のフランチャイズチェーン加入を勧める広告をよく目にする。 加盟金と本部に月々のロイヤルティーを支払う代わりに、一定の売り上げを保証するという触れ込みのものが多い。 ハウスクリーニングの個人事業主の独立支援を行うNPO法人日本ハウスクリーニング協会(2001年設立)の金子晴雄理事長に実情を聞いた。 金子さんによると、悪質なフランチャイズチェーンに加入してしまい、借金を背負って同協会へ相談に来る人が少なくないとのことだ。 同協会はフランチャイズチェーンではないので加盟金やロイヤルティーは不要。 希望者は同協会が運営するJHAビジネススクールで3日間の基本研修(5級認定・受講費用15万円)、本格的に起業したい人はさらに4日間の研修(3級認定・受講費用32万円・スマホ対応HP作成込み)を受けハウスクリーニング士の認定証を受ける。 仕事道具は20万円もあればそろうという。 ほんとうに加盟金とロイヤルティーは不要なのか? 「うちは加盟金やロイヤルティーをとらないので逆に怪しまれることもあります。 あくまでハウスクリーニングの個人事業主を育て支援するNPOです」(金子さん) PR.

次の