クワイエット プレイス 2 ネタバレ。 映画クワイエット・プレイスのあらすじとネタバレ感想【親子の愛の物語】│縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ

クワイエットプレイス2のあらすじキャストは?フル動画を無料で観る|ゆるぴっく

クワイエット プレイス 2 ネタバレ

タグ C級以下 リベンジ バイオレンス映画 パニック パニック映画 パロディ ブラックジョーク ホラー ホラー映画 マンガ原作 マーベル モンスター リメイク ハーシェル ゴードン ルイス ループもの 下品 呪い 実在の事件 拷問 理不尽 考えさせられる 胸糞 良作 解説・考察 バイオレンス ネットフリックス SF コラム おすすめ映画 どんでん返し ほっこり アイドル映画 アクション映画 アルバトロス アレクサンドル・アジャ イーライ・ロス グロ コメディ映画 サイコパス デスゲーム サスペンス映画 サム・ライミ シッチェス映画祭 シャマラン シリーズ スティーブンキング スプラッタ スプラッター映画 スラッシャー映画 スリラー映画 ゾンビ 食人族 クワイエット・プレイスのあらすじ 時は2020年、世の中は化け物の襲来で荒廃した世界でアボット一家、父親のリー、妻のイブリン、長女のリーガンと弟のマーカス、末子のビューはひっそりと暮らしていました。 化け物は物音に反応して、人間を襲ってくるため音を立てない生活を余儀なくされていました。 ある日街に物資を取りに行った帰り、末息子のビューが物音を立ててしまい犠牲になってしまいます。 それから、家族関係はギクシャクしてしまい、特にビューに音の出るおもちゃをあげてしまったリーガンは父親を避けるようになってしまいました。 そのうちイブリンが妊娠し、出産が近づいたある日、リーがマーカスと魚を捕りにいっている間に産気づいてしまいます。 しかも悪いことに、音を立ててしまい化け物たちがイブリンたちの家に襲ってきました。 一家は化け物を撃退するために死闘を繰り広げます。 少し前は、目の見えない異常者の家に忍び込み、音をするな、息すらするな、という禁止を強いた良作、映画ドントブリーズ。 ネットフリックスで見てはいけない、見たら即死、という本作の設定に近似している作品、バード・ボックス。 これに続く、作品がこのクワイエットプレイス。 2017年2018年と立て続けにこういったシチュエーションスリラー(本作はややモンスターパニックぽいが)の良作がリリースされています。 ホラーの新しい流れ かつてのホラー映画とは1970年代からジェイソンのような特徴的な殺人鬼やモンスターが暴れたり、悪霊が悪さをするなど、非常にシンプルな人間を脅かす設定が主流でした。 2000年代にSAWのようなスリラー系の映画が脚光を浴びるようになります。 そして、今ホラーとスリラーを足した映画、それがクワイエットプレイスです。 喋っていはいけない状態というスリルと襲ってくる化け物から逃げるというホラー的要素を両方融合させたのが新しいクワイエットプレイスという映画の楽しみ方です。 映画館でこれを見た人は固唾をのんで見守ったことでしょう。 まさに動画配信サービスがどんなに進んでも人が映画館で映画を見るべき映画と言えるでしょう。 家族愛が大きなテーマの映画 実はクワイエット・プレイスのアボット夫婦とそれを演じたエミリーブラントとジョン・クラシンスキーは実生活でも夫婦なんですね。 さらに言えば、ジョン・クラシンスキーはこの映画で監督も務めています。 作品から感じる、この映画として描きたかったのは実はホラーではなく、家族愛なのではないでしょうか。 監督はわざわざ自分の妻をヒロインとして選んだのは、実在の家族愛をそのままこのクワイエットプレイスのフィルムに収めたかったのでしょう。 振り返ってみても、映画開始早々息子を失ってしまった夫婦の悲しみはそれは深いものだったでしょう、文字通り声も出ないほどショックだったと思います。 そして、それを乗り越えるために、夫婦が子供の死を悲しむ時間も惜しんで残りの子供たちを生かすために生きる必死な姿がそこにはありました。 「しゃべると殺される」というホラー的な設定ばかり目がいってしまいますが、この作品にはどんな時でも失われない親子と夫婦の家族愛のメッセージがメインにあるのです。 突っ込みどころは多い 一方で、本作クワイエットプレイスを低評価している人たちの意見も大変理解できます。 しゃべっていはいけないという、クワイエットプレイスの世界観はとても魅力的な一方で、そもそも化け物に対する対策が色々思いついてしまうのです。 例えば携帯電話と爆弾をとりつけて置いて、音を鳴らして爆発させればあっという間に倒せるのでは?とか。 防音ルームを作っておけば特に日常生活には支障がないのでは?とか。 滝ではしゃべれるのであれば滝の近くに洞窟やキャンプを張ってそこで生活をすればいいのでは?とか。 実は化け物に対する設定がザルな部分が多いため、それほど恐怖を感じないのです。 さらにクワイエットプレイスを批判する人の中にはこの妊娠の設定を指摘する人もいます。 確かに、声を出せない状況で今の家族すら守り切れるかわからない中で、赤ちゃんを育てるという決断はもってのほかでしょう。 クワイエット・プレイス クワイエットプレイスのメッセージ それでもクワイエットプレイスの監督は妊婦と言う設定を選んだわけです。 それは極限状態での家族愛を描くためだと思います。 しゃべれない世界でどうやって家族に愛を伝えるのでしょうか。 耳が聞こえない娘に愛を示すのは、それでも伝えないと伝わらないということを揶揄しています。 最後の最後でリーガンは父親の愛情に気づくことができます。 それは普段は自分に冷たい父親が自分のために一生懸命に補聴器を作ってくれていたこと、そして皮肉にも命をかけて守ることで、伝わらなかった父親の愛情を感じることができたのでした。 最後に クワイエット・プレイスをただのホラーとしてみると確かに抜けや穴がある作品に見えてしまいます。 しかし、監督が自分の妻を使ってまで描きたかったのは単なる人が殺されるホラーではなく、極限状態で生きる家族の絆や愛だったのではないでしょうか。 そういう目で見ると、細かい世界設定よりも大きな気持ちでこのクワイエットプレイスを見ることができるのではないでしょうか。 ちなみにリーガン演じたミリセントシモンズは本当に耳が聞こえないらしいですのでやはり監督のクワイエット・プレイスへの意気込みを感じます。

次の

映画『クワイエット・プレイス PARTⅡ』の国内公開日が決定!初映像も解禁!

クワイエット プレイス 2 ネタバレ

映画『クワイエットプレイス2』続編の公開迫る! 映画『クワイエットプレイス』は、2018年に公開されたホラー映画。 1700万ドルの低予算にも関わらず、3億ドルの興収を記録した大成功した作品です。 その人気ぶりは凄まじく、「音を出したら終わり」と似たようなパロディ映画がたくさん作られる始末。 近年のホラー映画に多大な影響をもたらしました。 内容としては、目は見えないけど聴覚に優れたクリーチャーが蔓延る世界で、生き残った家族の様子が描かれるというもの。 全編を通して音が少ないにも関わらず、鳴るときは大きい音が鳴るため割とびっくりする演出かあります。 ということで映画『クワイエットプレイス2』続編について紹介。 映画『クワイエットプレイス2』続編あらすじ内容 映画『クワイエットプレイス2』続編のあらすじ内容は、今のところ詳細がわかりません。 ただ1作目がとある家族の必死に生きる姿を描いていたのに対して、続編ではバックグラウンドが語られるとのことでした。 すなわち、クリーチャーが生まれた経緯やなぜ軍隊は敗北し、人類が追いやられたのかなどを描く模様。 前作は家族1組だったものの、冒険を通してほかにも生き残りがいることを知ることになるといったプロットも用意されています。 前回は家族がひたすら静かに生存していただけに、次の話ではクリーチャー視点が気になるところです。 映画『クワイエットプレイス2』続編の登場人物・キャスト 前作の家族やキャストは続投予定。 ちなみに前作よりも人間の登場人物は増えています。 ジョン・クラシンスキー演じるリー・アボットは、諸事情により出ません。 (前作参照) エブリン・アボット役はエミリー・ブラント 前作で力強い母親を演じたエミリー・ブラントは続投。 もとからたくさん映画にでていますが、『ジャングルクルーズ』『メリー・ポピンズリターンズ』など近年は知名度の高い作品で主役を演じています。 マーカス・アボット役はノア・ジュープ アボット家族の子供。 リーガン・アボット役はミリセント・シモンズ 子供その2。 ブライアン・タイリー・ヘンリー 役どころは不明ですが、映画『スパイダーマン:スパイダーバース』やリメイク版『チャイルドプレイ』に出演したブライアン・タイリー・ヘンリーが本作に出演予定とのこと。 キリアン・マーフィー 役どころは不明ですが、アイルランド系のキリアン・マーフィーが出演。 映画「ダークナイト」シリーズでスケアクロウを演じています。 映画『クワイエットプレイス2』続編の監督・脚本 ジョン・クラシンスキーが監督・脚本共に描きます。 映画『クワイエットプレイス2』続編の日本公開日 獰猛なクリーチャーから人類が逃げる映画『クワイエットプレイス2』続編の全米公開日は、2020年5月15日。 ただし日本公開日は、今のところ決まっていません。 前作は2018年9月に公開されており、このまま行くと日本は数ヶ月遅れになる可能性。 とはいえ前作の人気ぶりもあるため、日本公開日が早めに設定されるという可能性もあります。 最新情報は入り次第更新します。

次の

クワイエットプレイス2(続編)ネタバレやあらすじ!日本公開日やストーリーの考察と予想!

クワイエット プレイス 2 ネタバレ

彼らは生き延びる為の様々な工夫を凝らしながら、家族で肩を寄せ合って生活をしていました。 調達中にまだ4歳の末っ子であるボウが、スーパーマーケットにあった音の出る飛行機のおもちゃを欲しがります。 しかし、父親のリーは音の出るものは駄目だと拒みます。 それを見て弟を可哀そうに思った姉のリーガンはロケットのおもちゃから電池を抜いた状態で静かに弟ボウに渡すことに。 ですが、 ボウはついでに置いてあった電池を皆んなに隠れ持ち出してしまいます。 足音がしないように、予め砂で敷かれた帰路を裸足で歩きます。 そんな中、後ろからおもちゃの飛行機の飛ぶ音が後方で鳴り響き、家族の顔は青ざめます。 無邪気なボウが電池をおもちゃに入れ、音を出してしまったのです。 長女であるリーガンはもともと聴覚障害を患っており、家族とも手話で対話していました。 リーガンは自分のせいで末っ子の弟であるボウが殺されてしまった事を、かなり引きずっていました。 長男であるマーカスは非常に臆病者かつ、循環器官系の疾患を持っていました。 アボット家は手話や生き抜くための知識を活かし、 農場で肩を寄せ合うようにして静かに過ごしていました。 姉のリーガンも行きたいと父のリーに訴えますが、 リーはリーガンの身を心配した上で拒みます。 しかし、リーガンの方は、父リーの心配とは別に、自分が頼りないことやボウを失ってしまった責任が自分にあることから連れて行ってもらえないのだと解釈しているようで、父を軽蔑している様子でした。 リーとマーカスは森を散策し、マーカスも勇敢な父リーから勇気をもらいます。 無事に森から帰路につきますが、 一人のおじいさんが唖然と立っているのを目撃します。 イヴリンは階段を下る途中、足元で飛び出ていた釘に気付かずに踏んでしまいます。 その後、森から帰ってきたリーとマーカスが家に着くと、事前に家の周りに用意していた危険信号が赤くなっているのに気づき、 「イヴリンの身にトラブルが起きたこと」を察します。 そして、二人は母親を助けるべく行動に出ます。 リーがイヴリンを救出しに来た時には、イヴリンは無事に出産を終えていました。 倉庫から出てきた二人を見つけた父リーは、3人で家に戻ろうとしますが、再び化け物に追いかけられます。 ラスト・結末|怪物と家族の至近距離戦!待つのは絶望か、歓喜か。 母親のイヴリンは銃を構え、マーカスは生まれたばかりの弟を抱きかかえて隅で身ごもります。 そんな中、リーガンは今までの出来事から化け物の弱点に気付きます。 リーガンは父からくれた補聴器を大音量にして、マイクを近づけたところ、怪物が悶え初め、頭部が開いて露になったのです。 開いた頭部にすかさず母親が銃で打ち抜くと怪物は倒れました。 再び訪れる静寂、安堵した空間。 それも束の間で、銃の音で反応した遠くの化け物たちが、イヴリンたちの家に集まってくるのが、監視カメラに映ります。 怪物の倒し方がわかった母イヴリンと、娘リーガンはお互いを見つめてニヤッと笑い、次の攻撃に勇敢に立ち向かっていくのでした。 以上、クワイエットプレイスのあらすじネタバレとラスト結末でした。 クワイエットプレイスの感想評価!口コミ評判レビューも紹介 クワイエットプレイスの感想と評価!ホラー映画の中では見事な完成度だけど…。 映画「クワイエットプレイス」が公開される時、「ドント・ブリーズ」などの〇〇してはいけない系のホラーが少しブームだったように感じますが、その中でも「クワイエットプレイス」は一貫したメッセージ性が強く、多少の突っ込みどころはあったものの、見事な演出で完成されたホラー映画だったように感じました。 演出的にこの映画の優れているところは、ほぼ全ての会話が手話で成り立ち、登場人物も数人しかいないという事、CGも多くなく、低予算であるのに、始終十分に怖いというところです。 基本音が何もないシーンが続くので、映画館で観た時のリアリティは半端ではなく、始終疲れる程、ドキドキさせられるものでした。 知恵を振り絞ることで子供たちの未来を守り抜こうとする父親と母親の強い愛情やたくましさは、この映画をエンターテイメントとしてのホラー映画としてだけでなく、家族のヒューマンドラマとしても仕立て上げられた程強いメッセージのように感じられます。 エイリアン系や世界滅亡系のB級映画好きでしたら絶対ハマる作品だと思います。 ヒーローとかが出てくるわけでもないし、冷静にいろいろ突っ込んでしまう人だとつまらなく感じてしまうかもしれないです。 視聴がまだな方は、ぜひ部屋を暗くして静かな雰囲気を作って映画館みたいに観るとしっかりと良さが味わえるのではないかなと思います。 みんなの口コミ評判レビュー めちゃくちゃ面白かった。 音響にとことんこだわった作品なだけに、これは劇場で見たかったと後悔。 役者陣の名演も光っていて人間ドラマと素晴らしかった。 音を立てると襲われて死んじゃう 食べられちゃう というシチュエーションは、けっこう怖かった。 全米で大絶賛、というほどの評価なのは意外だけれど、ちゃんと面白い。 ホラーというよりはSFのように思えた。 「アイアムレジェンド」と同じ位置かな。 全然可愛くない長女の演技を筆頭に、みんな上手で緊迫感半端なし。 90分間ずっと緊張しっぱなしという点は、高く評価できるし、スプラッターでない点も好感。 期待し過ぎた為か、それ程でもないという印象になりました。 得体の知れない恐怖でじわじわと、というホラーを想像していましたが、シンプルにクリーチャーから逃げるというものでした。 即死というコピーながら、即死でもないですし。 音を感知すると襲うという条件も、音の種類や大きさや範囲など分かり難く、あまり入り込めませんでした。 近くの人間の声より遠くの花火の音を優先するのかとか、車で坂道を逃げる時エンジンかけてないとしても音がするのではないのかとか。 シンプルにクリーチャーで驚かせるホラーとしては、普通に楽しめるかと思います。 苦痛や恐怖を台詞無しで表現する、俳優陣の演技は良かったと思います。 「なぜ?」や「それだけ!?」などの疑問やツッコミどころは多い。 が、本作がB級ホラーと考えれば、それらも割とすんなり飲み込める。 しかし、ストーリーに矛盾が多く楽しめなかった。 設定的に突っ込み所が色々ありますが凄く物語に引き込まれました。 終始自分も緊張しながら観てたので終わったらどっと疲れました。 パパが死ぬ前に子供に気持ちを伝えるシーンで号泣。 最後ママのやったるで的な表情に希望が持てました。 あの家族に幸あれ… 観る前に「劇中はポップコーンを食べられないよ」という話を聞いたものの、あまり気にもとめず、まんまとLサイズを買って入場。 その結果、「た、食べられない…音を立てられない…!!」もったいないほど残った笑。 引用:映画. com 劇中だけではなく、映画館の中も圧倒的に静かになることが多いため、ポップコーンが余ったなんて口コミ評判もありました。 面白い!笑) 続編があると知っているか、知っていないかでまた感想が少し変わってきそうな印象もありますね。 更に、映画序盤で行方不明者を探している張り紙がある事から、初めはそれが怪物の仕業だとは認識されておらず、原因に気づいた時には世界は怪物に対してパニック状態になってしまったのが想像できます。 怪物についての名前の紹介などはなく、怪物は銃弾やあらゆる攻撃を跳ね返すような固い甲殻で覆われています。 更に目は見えないものの聴力と移動速度は非常に優れ、極めて狂暴である為、エイリアンの研究もままならず国も緊急事態に太刀打ちしきれなかったのかもしれないと考えられます。 怪物の弱点は、発達した聴覚に一定の周波数がある音を与えることで、怪物は嫌がり頭部が開いて銃弾が通じるような脆い部分をさらけ出しています。 怪物の数などは分かっていないものの映画内では相当な数がいるように見受けられます。 しかし、知能レベルは人間ほど高くないようなので、倒し方がわかった今、怪物を滅ぼすときが次回作の続編では見られるかもしれませんね。 続編の怪物にも期待大です! 続編であるクワイエットプレイス2について 劇中に出てきたラジオなどの情報発信機から、エイリアンを倒した成功を語られたものは登場しなかったので、おそらくは国や軍も弱点を知らずにどうしようもできない状態にあるのかなとは考えられます。 しかし、1作目最後では、父からくれたリーガンの補聴器の音波が、聴力の優れすぎたエイリアンにとって弱点である事が最後に判明しました。 続編ではこれがカギとなり、生き残った人々にもエイリアンの弱点を知らせることで、エイリアンと立ち向かい、物語の終息へと向かわせるものになれば、一番良いハッピーエンドかもしれません。 しかし、クワイエットプレイスの続編の予告編を見てみると、避難所へ家族で向かう姿がありますが、イヴリンの生まれたばかりの赤子も一緒なので、いつ泣き出すか分からない赤子を連れたアボット家に対して、生き残った人々の目も厳しくなるかもしれないと感じました。 続編で語られる物語はただのエイリアン退治や逃亡に収まらず、次回の続編では本来助け合うべきの人同士で少し複雑な方向へ向かうのではないかとも考えられます。 又、エイリアンが街をパニックに陥れた初日、イヴリン親子がパニック状態の町中を運転している回想シーンのようなものがみられたので、エイリアンの正体が前作より明らかにされるのかもしれません。 1作目では、純粋な家族愛や未来への希望といったものが強調されたものになっていましたが、続編では彼らがどんな災難に立ち向かうのか、楽しみですね。 クワイエットプレイスの動画視聴は超・簡単!無料で配信をみよう! 2018年のアメリカNo. 1ホラー作品である『クワイエットプレイス』は是非ともオススメしたい作品です。 そこで、映画『クワイエットプレイス』のフル動画を観るのにおすすめなユーネクストについて紹介しておきます。 U-NEXTは無料登録後初月1ヶ月無料で、かつ600ポイントが付いて来ます。 そのため、『クワイエットプレイス』を600ポイントを使って無料ですぐに観ることができます。 1ヶ月以内に解約すれば、料金の支払いもないので無料で『クワイエットプレイス』を観ることができるわけです。 ですが、ユーネクストは他と比べて作品数が圧倒的に多く、暇つぶしに映画を観たい時には一番オススメの動画配信サービスです。 Huluの約3倍の140,000程の作品数を配信しています。 私は継続して使いユーネクストを毎日愛用しています。 月々税込2,189円なので、DVDをを借りるよりもコスパが良いです。 ユーネクストは映画だけでなくマンガや雑誌などの書籍も読めますし、日本や海外でやっているドキュメンタリー番組から配信されたばかりのMVまで見れます。 「どれもスマホ一本で済ませたい」「暇つぶしにあれこれレパートリーの揃っている方が良い」という方は、『グリーンブック』を観たら継続で使うことも検討してみてくださいね。 ちなみに月々ポイントも付与されます。 ポイントは新作視聴やキネゾーでの映画鑑賞代に使えますよ!.

次の