髪の表面 チリチリ 縮毛矯正。 美容師解説!髪の表面だけがチリチリ、うねうねする原因と対策とは

美容師解説!髪の表面だけがチリチリ、うねうねする原因と対策とは

髪の表面 チリチリ 縮毛矯正

日々多くの縮毛矯正のお客様を担当していると、ご新規様の中には毛先の方にチリついてしまった部分のある方もいらっしゃいますが大丈夫そうな場合は修整させて頂くこともあります。 今日はそのあたりの施術例をご紹介したいと思います。 そもそもなぜチリチリになってしまうのか メニュー問わず薬剤を使った施術の場合、チリついてしまう原因は主にダメージになります。 髪が耐えられる以上の強さの薬剤• 髪が耐えられないくらいの薬剤放置タイム• 必要以上の高温処理 主に矯正、デジの場合• アルカリ剤が過剰に残留した状態での加温 このあたりで その髪の毛が耐えられる以上のダメージが入り結果としてチリついてしまいます。 もう1つ、パーマであれば毛先までしっかりとかされてない状態で巻き込まれることでチリついてしまいます。 チリ付きを縮毛矯正できれいにできるかどうかの条件とは 大前提として、どんな事をしてもダメージが回復するということはありません。 縮毛矯正でキレイにするということはダメージが回復することではなく、チリついている髪の毛をストレート状に再び形状変化させるということです。 つまり薬剤を使って施術していくことになるので 最低限耐えられる余力があるかどうか、というところですね。 もう一つは美容師さんの腕です。 というかこっちの方が大きいかもしれません笑 通常の縮毛矯正とは次元の異なる施術になるので美容師さんの腕次第で対応できる幅は変わります。 僕もお断りする場合もありますので。。。 チリついた毛先をキレイにする、という施術は多分一部のマニアックな美容師さんしかやらないし、できないと思います笑• とりあえずメニューとして縮毛矯正がある• 毎回頼んでもいないのに一つの薬で根本から毛先までかけられる• とにかくひっぱってアイロンされる• まっすぐになるけど凄く傷んだ感じがする• 自然というよりぺったんこなピンピンストレートになる• 伸びてない仕上がりを自然な縮毛矯正と言う• ブログ等で縮毛矯正にある程度こだわったり力を入れてることが全くわからない このような美容室・美容師さんの場合だと恐らくできないでしょうし、「大丈夫です」と言われてもまず上手くいかないか最悪余計にひどくなると思います。 それでは実際のお客様施術例行ってみましょう。 まずはご来店時の状態 根本はご自身の癖ですね。 大きくうねるタイプの癖なので縮毛矯正自体はさほどシビアではないかな〜って感じ。 カラー履歴があるのでそこだけ注意して薬剤選定すれば割と難しいことは無いかなと。 毛先がこちら。 実際は写真で見るよりチリチリです。 ゆるふわを希望してデジタルパーマをオーダーしたら、希望よりウェーブっぽい上にチリチリになってしまったようです。 今回のオーダーは根本のクセはもちろん、毛先のチリチリはなんとかなりませんか?とのこと。 履歴を聞き、ドライ・ ウェット時で触ったりした感触でまだ余力があると判断したので毛先のチリチリも修整していきます。 今回の施術 薬剤選定のポイント 根本〜中間までのパーマ履歴のない部分はカラーダメージと髪質を考慮し、GMTメインの弱酸性域でじっくり反応を進めていける設定に。 もちろん時間差で塗布することで毛先は薬剤が触れている時間も最小限に。 このような薬剤の適正反応範囲が狭い場合は放置タイムを長く取れる設定でじっくりストライクゾーンを狙うと上手く行きやすいなと感じます。 中間処理とアイロンワークで更に質感の回復と向上を お流し後の中間処理では毛髪内部補強してくれる成分から表面の保護、艶出しと内部から順序立ててトリートメント剤を反応させていきます。 チリチリになってしまうくらいのダメージ状態だとかなり内部タンパクの流出も進行しているので、表面的な保護だけでなくしっかりインナーから補強していくことで強度の回復やトリートメント効果の持続性アップも狙えます。 その後のアイロン操作も根本の矯正部分と毛先の修整部分では異なります。 根本は通常の矯正なのでそれに応じたアイロンワーク。 ここでガンガン引っ張って伸ばすというよりはゆっくり熱をおいてくるイメージですね。 まじでアイロン時ガンガン引っ張るとか意味不明なので。 また、毛先用のアイロンはシャンプー時に使うある物をアイロンに巻くことでより負担を少なく効率的にアイロン効果を狙います。 チリついてたり、削ぎが入ってることで密度が小さい毛先って普通にアイロンするとイマイチまとまりに欠けた仕上がりになったり、熱で質感落ちたりしますが ひと工夫することで解決します。 根本のと同じ温度や入れ方でこういう毛先までアイロンするとかあり得ないでしょ。。 その後は通常通り2剤等諸々の処理をして流します。 それでは乾かしただけの仕上がりです。 自然に収まってくれました。 根本部分のクセは当然のように伸びております。 かと言ってピンピンに伸びてはいなく、自毛のような自然なストレート感がおわかり頂けるかと思います。 改めて毛先ですね。 削ぎによる毛先の薄さが気になりますが、ここまでキレイになれば下ろしていても問題無いですね。 この辺は都度要相談ですね。。 もちろんこういう施術ができること以上に、自分の施術でこういう状態を作ってしまわないことが第一だと思います。 CRAVEは大人の美髪を叶えるサロンなのでダメージしてしまった髪をキレイにすることはもちろん、それ以上にそもそものきれいなコンディションをなるべく崩さない施術を心がけています!• 縮毛矯正でいい思いをしたことが無い• ピンピンすぎるいかにも矯正かけました感はイヤ• 自然なストレートと言われたけど伸びてないだけ• とにかく傷みそうで怖い …etc 縮毛矯正は薬剤パワー、薬剤の水分量、放置タイム、ドライの方法、アイロン温度、アイロンを通す速度、アイロンを入れる際の上の水分量、中間での処理…などなど他の薬剤メニューよりも施術を構成する要素の多い技術となります! その分やる人やサロンで仕上がりはかなり変わります。 一つ一つの要素をお客様それぞれに合わせてコントロールすることで、オーダーメイドでダメージを最小限に抑えた施術をさせて頂いてます! 施術におけるダメージを最小限にしつつ、並行して行うトリートメントは業界最高峰のモノをふんだんに使うことでしなやかで柔らかい、ツヤサラの美髪になります。 面接やお問い合わせもお気軽に!詳しくは下記をご覧ください。 その他、前もってメニューやヘアスタイルのご相談、お問い合わせ等も可能です。

次の

髪の表面にチリチリした毛が表れる原因と対策方法6選

髪の表面 チリチリ 縮毛矯正

そもそも縮毛矯正って何? ストレートの髪の毛とくせ毛って何が違うと思いますか? 簡単に言ってしまうと、ストレートの髪の毛の場合、真っ直ぐな髪の表面がくせ毛の場合デコボコとしているんです。 これは髪の成分である、「ケラチン」というタンパク質が均一に並んでいないために起こるもの! またくせ毛の場合は、毛根も曲がっていたりちょっといびつな場合が多く、そのため髪が真っ直ぐに生えてない場合が多いよう。 縮毛矯正は、均一に並んでいない髪のケラチンの結合を薬剤によって壊し、ヘアアイロンの熱の力で真っ直ぐに整え直すという施術です。 髪のタンパク質の構造を一旦壊すので、みなさんご存知の髪のツヤの素、キューティクルも壊してしまっています。 そのため縮毛矯正はツヤが失われやすく、髪にダメージが強い施術でもあるんです。 クセが強い方は、縮毛矯正を繰り返している場合が多いので、それだけでもハイリスクな状態なんですね。 そんな状態の所へ、さらに縮毛矯正をかけてしまい髪がとうとう限界を迎えてチリチリに・・・というパターンが多いようです。 (これを軟化と言います。 ) この時しばらく時間をおくのですが、癖の強さやダメージ具合によってこの時間は個人差があります。 軟化の時間を見誤ってしまうと、髪のケラチンが溶けてしまい一気にチリチリになってしまうのです。 その後、2液をつけてタンパク質結合を固定化させるのですが、このヘアアイロンの熱が問題に。 なので普通縮毛矯正をかけたその日は、縮毛矯正定着のためにシャンプーは禁止です。 それを知らずにシャンプーをしてしまい、その後ドライヤーをかけてしまっては髪の中のケラチンが流れ出て、熱により髪に変性が起きてしまいます。 これ以外にも、縮毛矯正後もヘアアイロンを髪への保護なしに使っていた等ホームケアが間違っていたためチリチリにという結果になってしまうのです。 縮毛矯正後のチリチリの直し方とは? 悲しいことに、縮毛矯正後のチリチリの治し方はありません。 あまりにもダメージを負ってしまった状態なので、こうなったら潔くバッサリ切ってしまうのが一番! ですがそうはいかないのも乙女心ですよね・・・。 お家でトリートメントをしっかりと行ったり、美容院でのトリートメントを行う事で、ある程度は扱いやすい髪になりますので、健康な髪の毛が伸びてくるまで待ったほうが美髪への近道! また、熱によってもダメージは進行しますのでドライヤーやヘアアイロンの熱には要注意です。 縮毛矯正をかける場合は、そのリスクも理解した上でかけるのがいいですし、もしチリチリになってしまったら、一人で悩まずに信頼できる美容師さんに相談するのもいい方法ですよ。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

髪の表面のうねり改善!ぴょんぴょん飛び出る髪の毛の原因とヘアケア方法

髪の表面 チリチリ 縮毛矯正

私は目が悪いので、美容室にいた時は気が付きませんでした。 家に帰ってからお母さんに 「あんた、その髪どうしたの?実験に失敗して爆発したみたいになってるじゃない!」と指摘されてから眼鏡をかけて発覚しました。 ゆるふわパーマをかけてもらったはずだったのに、 ボンバーヘッドに仕上がっていて超ショック。 でも何とかしたくて美容室に連絡を入れました。 トリートメントを無料でやってくれたのですが、今も 髪のチリチリは治らないままです。 もっと髪を伸ばしていくつもりだったので、 長さを切ってしまうのだけは嫌なんです。 だとすると、おそらくは 傷んだ髪にパーマ液が効きすぎたのがチリチリ髪の原因です。 髪のダメージでチリチリになった毛先には、 治せるものと治せないものがあります。 高温の力を使うメニュー(デジタルパーマ・縮毛矯正)で起こってしまったチリチリを改善するのは、難易度が高いです。 今回のケースでは高熱のヘアアイロンをメニューで使用していないので、 自分でもチリチリを修正する方法 があります。 傷んでチリチリになり、手触りがザラザラする髪を改善するためには、プロの美容師が使用する 毛髪補修材(処理剤)の力が必要です。 今回は「毛髪補修キット」が購入できるサイトと一緒に チリチリ髪の基礎知識も解説しますので、あなたに合ったケア方法を選んでください。 もくじ• チリチリの毛先ができてしまう原因 髪の傷みによって毛先がチリつくのは事実ですが、単なる髪の乾燥や摩擦による影響、紫外線など 日常生活レベルのダメージで毛先がチリチリになることはありえません。 切れ毛と伸びかけの短い髪以外で、毛先がチリチリになってしまうのは考えにくいからです。 ヘアカラーやパーマなど「薬剤」が関係する傷みで毛先がチリチリになる ドライヤーの使い過ぎやシャンプーのやり方など「普段のヘアケア習慣」が原因で、毛先がチリチリになると説明するサイトも存在します。 ところが実際には、 ヘアカラーやパーマをしていない髪がチリチリの状態に移行するのは、まず考えられないことです。 なぜなら チリチリの毛先とは、髪が元の形を留めていられないほど傷んだ結果の産物。 そこまで酷い髪の傷みを引き起こす原因には、ヘアカラー剤やパーマ液が関係する傷みも必ず必要になるからです。 ダメージによるチリチリ髪は修復・改善できない? デジタルパーマや縮毛矯正で発生したチリチリ毛先 は、治せないことが多いです。 しかしその他の状況で発生したチリチリは、修復・改善できる余地が残っています。 チリチリ髪には3種類ある チリチリの髪は一見同じようなものに見えても、実は 違う傷み方をしている場合があるのです。 ここではよく問題になる、 3種類のチリチリ髪について違いを説明します。 先細りの髪が、髪の表面でハネて目立ってしまう• 物理的に切れてしまった髪が、髪の表面でチリチリに見える• 中間~毛先の髪が重度の傷みによってチリついている 先細りの髪が、髪の表面でハネて目立ってしまう 髪は同じ長さに揃って見えても、実際は 長い髪・短い髪が混在しているもの。 一度も毛先にハサミを入れていない毛先は、 先細りになっているのが一般的。 先細りで伸びかけの短い髪はまだ傷んでおらず、至って 健康な髪の毛です。 しかしこれが髪の表面付近にたくさんあると、ポワポワとチリついて 髪のツヤを阻害する原因になります。 つまり髪が傷んでいるわけではなく、 キレイな髪に見えないだけということ。 有効な改善策は、 ブローやストレートアイロンを入れるか、表面に弱いストレートパーマをかけることです。 物理的に切れてしまった髪が、髪の表面でチリチリに見える 見た目では、前述した伸びかけ途中の短い髪と似た見え方をする、 切れ毛によるチリチリ髪。 しかしこちらのチリチリ髪は、ブリーチなどの影響で 弱くなった髪が切れてしまうことで発生したものです。 これを予防&改善するためには、毛髪補修材の継続使用で 切れにくい髪へ改善する(毛髪強度を上げる)必要があります。 中間~毛先の髪が重度の傷みによってチリついている 髪が原型を留められない傷み方をした場合に発生するのが、このタイプのチリチリ髪。 濡れている時はフニャフニャの髪で、乾かすとチリチリになるのが特徴的です。 こちらも対処法はトリートメントを使った油分補給よりも「髪の強さを取り戻すこと」なので、 毛髪補修材の活用が有効な対処法となります。 種類別・髪の痛みすぎが原因でチリチリになった毛先の治し方 髪の傷みが原因でないチリつきは、髪に 静電気や 湿気への対策を施すことで改善できます。 髪の静電気を防止するのに有効な方法は、 艶出しスプレーを使うこと。 湿気対策として一番効果的なのは縮毛矯正ですが、 短い髪を表面付近に作らないカットをしてもらうことも必要です。 パーマで起こったチリチリ(ビビり毛)は、補修材の力で直す 薬剤の影響でチリチリになってしまった髪のことを、美容師は ビビり毛と呼びます。 ビビり毛を見た美容師も、怯んでビビってしまうほど難しい傷みです。 これを改善・修復するために必要なのは、 高濃度の毛髪補修成分を使うこと。 一般的なトリートメントやサロンのメニュートリートメントを繰り返すだけでは、ビビり毛の改善効果は期待できないです。 ビビり毛修復の専門スキルを持っている美容師にお願いするか、セルフ補修キットを試すか、どちらかが必ず必要になります。 治せないチリチリ髪は、焦げた髪の毛 実はチリチリに傷んだ毛先(ビビり毛)の修復ノウハウを持っている美容師でも 直せない種類のチリチリ髪があります。 それは、デジタルパーマや縮毛矯正などの 熱を用いるパーマでチリチリになってしまった毛先と、ブリーチ後の髪に高温のコテを繰り返し使用して発生したチリチリの髪です。 焦げてしまった髪と、焦げていない髪の見分け方は? 見分け方は、 トリートメントをした後の塗れた状態で触ってもざらつきを感じる毛先かどうかです。 通常はその段階で髪の滑りが良くなっていますが、焦げてしまった髪はトリートメントの後も、アウトバストリートメントを付けた後の髪でも ザラザラ感が残ります。 そうなってしまった髪は特殊な成分を使い、 自然な髪ではない髪に作り直すことでチリチリを改善できる可能性も。 どうしても 髪の長さを切りたくない方は、バッサリ髪を切ってしまう前に試してみる価値があります。 まとめ パーマ液の影響で、チリチリになった髪を治せるのは 毛髪補修材です。 なお、チリチリが改善した後も継続的なヘアケアは必要なので、 普段から髪を傷めない生活習慣は、いずれにしても必要になってきます。 治せるチリチリ毛か、治せないチリチリ毛かを分けるのは 熱による焦げの有無 です。 すでに傷んでいる髪に高熱が加わり、限界ダメージの一線を越えた時に「焦げたチリチリ毛」となってしまいます。 ビビり毛修正専門キットは、こちらのサイト「髪風船」で販売されています。 代表の内野信一さんは、 ビビり毛修正の分野において、美容業界内でも実績のある方です。 口コミの評判も良いので、興味がある方は一度確認してみてください。

次の