決済代行btob。 【BtoB向け】決済手数料が安い! クレジットカードやQR決済の代行会社ランキング4選

BtoB請求業務・決済関連サービスまとめ

決済代行btob

「取引先が増えてきて、決済方法もバラバラ。 時間も手間もかかるし、どうしよう…」 と思っている方。 BtoB取引に特化した決済代行サービスは、企業の決済をまとめてくれて、 事務作業の手間を大幅に減らしてくれます。 取引先が複数ある企業にとって、効率化できるメリットは大きいです。 とはいえ、決済代行サービスがどんなものかはわかりにくいですよね。 そこでこの記事では• そもそも決済代行サービスとは• 決済代行サービスのメリット・デメリット• 法人向け決済代行・請求代行サービス9選 の順に、決済代行サービスについてお伝えします。 決済に関するサービスというと、ややこしく感じてしまいますが、ハードルは高くありません。 まずはこの記事で、決済代行サービスの大まかな概要をつかみましょう! そもそもBtoB決済代行サービスとは? 決済代行サービスとはその名の通り、 「お金の支払い・受け取りについての処理を代行してくれるサービス」です。 法人間決済では、クレジットカード決済のように商品を先にもらって代金は後で支払う「掛売り」をすることがあります。 すると、企業は• 与信審査 お金の支払い能力があるか• 入金確認• 代金督促 支払いを催促する などの手間がかかります。 買い手にとっては便利な掛売りですが、売り手にとっては手間がかかる決済方法でもあるのです。 そこで使いたいのが決済代行サービスで、企業間決済における 売り手側のデメリットを解消してくれます。 決済代行サービスには• クレジットカード決済のみを代行する:決済代行• 請求書など、請求における業務全てを代行する:請求代行 の2種類があり、社内の状況に応じてサービスを選ぶことが必要です。 以下では、決済代行サービスのメリットやデメリットを紹介します。 BtoB決済代行サービスのメリット 決済代行サービスのメリットは• それぞれのカード会社からの請求をまとめてくれる• お客さまからの代金もまとめてくれる• 未収金を保証してくれる 条件あり• 入金や督促の管理をお客さまごとに代行してくれる の4つです。 未収金の保証については、「取引額の上限までであればOK」など、代行サービスによって違いがあります。 続いては、決済代行サービスのデメリットをご紹介しますね。 BtoB決済代行サービスのデメリット 決済代行サービスのデメリットは• 未収金の請求は自社でする必要がある• 取引額に上限がある の2つです。 回収できなかった代金については、決済代行サービスの範囲外になります。 また、 取引額に限りがある点も注意が必要です。 とはいえ、サービス提供元に問い合わせると上限を上げることもできるので、まずは聞いてみるのがよいでしょう。 それでは、以下では具体的な決済代行・請求代行サービスを9つご紹介します。 BtoB決済代行・請求代行サービス9選 ここからは決済代行サービスを• MF KESSAI• Paid• NP掛け払い(旧FREX B2B後払い決済)• WARPS• BizPay• GMO PAYMENT GATEWAY• ROBOT PAYMENT• JCB企業間決済サービス• SAGAWA B2B決済サービス の順で紹介していきます。 MF KESSAI MF KESSAIは自動審査を導入しており、最短で1分あれば取引をはじめることができます。 また、入金を保証してくれるので、代金を回収できないリスクはありません。 審査から入金までを全てサポートしてくれる、決済の強い味方になってくれるはずです。 こんな人にオススメ• すぐにでも取引をはじめたい!• 与信から入金までをまとめて代行してほしい と思っている方にオススメです。 sg-financial. html 決済代行サービスで生産性をアップさせる 決済代行サービスについて、概要と具体的なサービスを紹介しました。 おさらいすると決済代行サービスとは「お金の支払い・受け取りについての処理を代行してくれるサービス」で、• 与信審査(お金の支払い能力があるか)• 入金確認• 代金督促(支払いを催促する) など、後払いで取引するときの手間をなくすことができます。 決済代行サービスのメリットは• それぞれのカード会社からの請求をまとめてくれる• お客さまからの代金もまとめてくれる• 未収金を保証してくれる 条件あり• 入金や督促の管理をお客さまごとに代行してくれる の4つでしたね。 また、決済代行サービスのデメリットには• 未収金の請求は自社でする必要がある• 取引額に上限がある の2つがありました。 そして具体的なサービスでは• MF KESSAI• Paid• NP掛け払い(旧FREX B2B後払い決済)• WARPS• BizPay• GMO PAYMENT GATEWAY• ROBOT PAYMENT• JCB企業間決済サービス• SAGAWA B2B決済サービス の9つを紹介しました。 決済代行サービスを活用すれば、決済にかかる手間を大幅に減らすことができます。 そして、売上に直結する作業に集中することが可能です。 まずは、自社にはどんな決済代行サービスが必要なのかから考えていきましょう! PR:ECサイト構築パッケージ「Orange EC」では様々な決済代行サービスとの連携実績があります.

次の

SAGAWA B2B決済サービス®|サービスのご案内|佐川フィナンシャル株式会社

決済代行btob

もくじ 決済代行にはどのような役割があるのか? 決済代行会社は、手続きの代行、売上入金管理の一元化、セキュリティ対策など、個人で行う際に発生する複雑な手間をすべて行ってくれます。 クレジットカード決済以外にも、電子マネー決済、コンビニ支払いなど、キャッシュレス決済の方法が多様になっている現代において、さまざまな決済方法を導入する必要があります。 決済代行会社は、各カード会社や各決済サービスの審査や契約手続き、売上入金管理などをまとめて代行するため、事業者の負担を大幅に抑えてくれます。 決済機関によって、契約内容や手続きは変わります。 例えば、4大ブランド(Visa、Mastercard、JCB、American Express)と呼ばれるクレジットカード会社による決済をそろえたいとすると、最低でも2社と手続きを行う必要が生じます。 決済代行会社は、契約手続きをすべて代行して行うわけです。 加えて、個人で複数の決済システムを導入するとなると、まとめて利用するための管理システムを構築しなければなりません。 高度なセキュリティ対策が求められるため、システム開発には多額の費用がかかってしまいます。 ですが、 決済代行会社を介せば、複数の決済をまとめて管理するシステムが提供されるため、コストを最小限に抑えることができます。 また、個別にクレジットカード会社と契約した場合、入金のサイクルが異なるため、売上管理なども複雑化してしまいます。 このような手間を解消するべく決済代行会社では、各決済方法ごとの入金サイクルや売上、さらには返金処理などを一括して管理し、入金日をそろえて振り込むといった役割も担います。 決済代行ではどのような決済に対応している? 決済代行会社では、 クレジットカード決済をはじめ、銀行振込、コンビニ支払い、携帯キャリア決済、電子マネー決済、QRコード決済などにも対応している会社も増えてきています。 このような、BtoCで行われる決済以外にも、掛け払いといったBtoBで行われる決済に対応した決済代行サービスもあります。 決済代行会社が、サービス利用企業の売掛金を管理して請求を行うため、業務処理や未回収リスクの低減にもつながります。 請求や督促など手間のかかる業務を代行してくれるため、コア業務に集中することができるというわけです。 決済代行会社によるメリットとは? 決済代行を導入するメリットは、契約手続きの代行と、システムの提供以外にもあります。 例えば、 手数料の比較・検討の手間を省けるといったことも挙げられるでしょう。 決済代行会社がどのような周辺サービスを行っているかも、導入時の大きなポイントとなります。 運用時のメリットとしては、 先述した入金の一括管理に加え、決済管理の情報を分かりやすく一元化できることが挙げられます。 管理画面上で、各決済手段の入金状況や決済データを一目で把握することができるため、わずらわしさを感じることはありません。 もし、決済代行会社を介していなければ、各社、各決済手段の入金タイミングや状況を、自分で確認しなくてはいけませんから、その工数分の作業が発生してしまいます。 また、クレジットカード決済を扱う場合、顧客のカード番号を管理するため、本来であればこのようなシステムには強固なセキュリティ対策が必要となります。 コストに加え、高度な専門的知識と技術力が伴うことになりますが、先述したように決済代行会社の決済システムを利用すれば、事業者自身がクレジットカード番号の管理などを行う必要はなく、すべて代行会社が行います。 情報漏洩、不正利用、ハッキングといったリスクを取り除くセキュリティ対策を代行会社が行うため、心理的な負担もありません。 セキュリティのアップデートに加え、メンテナンス、決済の追加に関しても、決済代行会社が行います。 QRコード決済を筆頭に、決済手段は増加の一途をたどっています。 どの決済手段がシェアを握るか読めない中で、決済手段の追加や変更を簡単かつ低コストで可能にするのは魅力的といえるでしょう。 決済代行会社を選ぶ際に比較すべきポイント では、数ある決済代行会社の中から、事業者はどのように選択すべきなのでしょうか。 いくつかの比較すべきポイントを確認しておきましょう。 希望の決済手段は用意されているのか? まず、大前提として自分が希望する決済手段を、 決済代行会社が取り扱っているかを確認することが必要です。 例えば、クレジットカードの場合、カードブランドがしぼられているケースもあります。 携帯キャリア決済にしても、決済代行会社によっては、特定のキャリア決済しか扱っていないケースもあります。 もちろん、2つの決済代行会社を導入することもできますが、その分システム管理なども別々に行うことになります。 どのくらいの費用がかかるのか? 次に費用面です。 決済代行会社を利用した場合にかかる費用や手数料は、 大きく分けると初期費用・月額固定費・決済手数料があります。 初期費用は、決済システムを導入するためにかかる初期設定費、導入サポート費などです。 月額固定費は、利用件数に関係なく毎月支払う固定費のこと。 決済するための周辺機器やシステムの利用料などが挙げられます。 そして、業態、販売規模などによって変わるものの、決済一件ごとにかかる決済手数料が発生します。 ECサイトなど、オンラインで決済する際などは、データ処理手数料も発生します。 決済代行会社によって費用に差がありますから、どれくらいの費用がかかるのか確認することが大切です。 セキュリティは強固か? 決済代行会社はクレジットカード番号を含めた個人情報を扱うため、 セキュリティが強固であることが重要です。 事業者の個人情報の取り扱いが適切であるかを評価したうえで、基準に適合している事業者に付与される「プライバシーマーク」の取得、社内外にセキュリティ対策を徹底していることを証明する「ISO27001(ISMS認証)」の取得、さらにはクレジットカード情報の保護と安全を目的に策定された国際基準「PCI DSS」に準拠しているか否か。 これらの認定がある決済代行会社であればより安全です。 費用が安くても、個人情報の取り扱いに疑問符がつくような決済代行会社は、選ばないようにしましょう。 決済代行会社を検討してみよう 「モバイルPOS」を活用すれば、簡単にキャッシュレス決済を導入することができ、初期費用も安く抑えることができます。 例えば、三井住友カードが出資している「Square(スクエア)」は、モバイル端末、無料アプリ、Square専用ICカードリーダーがあれば、すぐに店舗に導入することができるので、導入コストや管理コストがそれほど負担せずに利用できます。 決済代行会社の活用は、決済に必要となる各種手続き、入金・管理の一元化、セキュリティ対策などさまざまなメリットがあります。 キャッシュレス決済導入時にはそれぞれのメリットを確認し、比較検討してみると良いでしょう。 QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

次の

B2B決済カード|B2B決済|決済サービスのオリコ

決済代行btob

ECサイトやネットショップにおける最終的な目的は、商品購入手続きを完了させることに他なりませんが、その重要な役割を担うのが決済機能です。 オンライン決済にまつわる機能をすべて自社でまかなうのは手間やコストがかかり、セキュリティリスクもあるため、決済代行会社が提供する決済サービスをうまく活用することが肝要です。 今回は、決済代行会社が行っている決済代行サービスの内容や、導入すべきおすすめの決済方法についてご紹介します。 決済代行サービスとは? ECサイトにおける決済方法は、クレジットカード決済、代金引換、コンビニ決済、キャリア決済、PayPalなど、さまざまな種類が存在します。 これらの決済方法をまとめて代行してくれるのが、決済代行会社が行っている決済代行サービスです。 決済代行サービスを利用しないとどうなる? もし仮に決済代行サービスを利用せず、自社で決済システムを用意する場合、どのような業務が発生するでしょうか。 クレジットカード決済の場合、VISA・MasterCard・JCBなど複数のブランドに対応する必要があるので、それぞれのクレジットカード会社から個別に審査を受け契約しなければなりません。 申請書類や審査基準は各社で異なり、審査に要する期間もまちまちです。 無事審査が通り、ECサイトをオープンした後もユーザーのクレジットカード情報や個人情報を自社で厳重に管理していかなければならず、もし情報漏えいを引き起こしてしまったら、莫大な賠償金や社会的信用の失墜を招きます。 またユーザーからのニーズが高い「後払い」を自社で導入した場合はどうでしょうか。 後払いは、商品発送後に入金がされないという未回収リスクが付きまとい、督促業務のコストも発生します。 決済代行会社のサービス内容 決済代行会社のサービスを利用すれば、これらの煩雑な業務から開放され、コスト削減やセキュリティリスクの回避を実現することができます。 それでは決済代行サービスにはどのような種類があり、利用するとどのようなメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。 クレジットカード決済 クレジットカード決済の導入にあたっては、5大カード会社(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners)の対応は必須でしょう。 決済代行サービスを利用すれば、 5大カード会社の審査や契約を個別に行う必要は無く、1セットの申請書類を用意すれば代理申請してくれます。 小規模ECサイトや個人事業主の場合、審査が下りにくいケースがありますが、決済代行会社を通せばスムーズに審査をパスできるようアドバイスを受けられるというメリットもあります。 また各クレジットカード会社で異なる入金サイクルや手数料を一括管理でき、入出金管理業務の効率化を図ることも可能です。 なお決済代行サービスを使ってECサイトにクレジットカード決済を導入する際には、主に3種類の接続方式(リンク型、モジュール組込型、データ伝送型)から選択します。 リンク型 決済画面を用意する必要がなく、決済代行会社が用意した決済画面を利用する形式で、導入が最も簡単な方式です。 モジュール組込型 自社で決済画面を用意し、そこに決済代行会社から提供されたプログラムを組み込むことで実装します。 データ伝送型 暗号化に対応したサーバーを自社で構築し、ユーザーから取得したクレジットカード情報を決済代行会社に連携する方式で、大規模ECサイト向きといえます。 接続方式は自社の商材やトランザクション量、サイト規模に応じて選ぶようにしましょう。 コンビニ決済 コンビニ決済もクレジットカード決済と同様に、複数のコンビニ会社を利用できるよう準備する必要がありますが、決済代行サービスを利用すれば、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップなどの主要なコンビニと個別に契約する必要がなく、契約手続きが大幅に簡素化できます。 現在、決済代行会社によってさまざまな種類のコンビニ決済サービスが展開されています。 最も一般的な方式は、注文後にユーザーに決済番号を通知し、ユーザーがコンビニで支払いを完了した後に商品を発送する「ペーパーレス先払い方式」です。 その他、商品到着後に送付される請求書を使ってコンビニや銀行で支払う「後払い方式」を提供している決済代行会社もあります。 この場合は未回収リスクが無い「リスク保証」が付与されており、代金回収業務や督促業務は決済代行会社が行ってくれます。 掛売り(BtoB) 企業同士の取引においては掛売りが一般的ですが、決済代行サービスを利用することで、掛売りにまつわる各種リスク(未払い、支払い遅延、貸し倒れ等)をすべて保証してくれます。 また与信管理、請求業務、入金確認、督促といった業務をすべてアウトソーシングできる点も、BtoB-ECを運営している事業者にとっては大きなメリットと言えるでしょう。 代表的な決済代行会社 代表的な決済代行会社は、GMOペイメントゲートウェイ、ペイジェント、ネットプロテクションズなどが挙げられますが、他にも大小さまざまな会社が特徴的な決済代行サービスを展開しています。 導入必須の決済方法 決済代行会社の選定にあたり、まず自社のECサイトに導入する決済方法を決めておく必要があります。 そこで、経済産業省の「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を参考に、ユーザーがどんな決済方法を選んでいるか見ていきましょう。 調査の結果、クレジットカード払いが63. 圧倒的支持を受けているクレジットカード決済は当然のこと、クレジットカードを所有していない若年層やお年寄りのニーズをカバーするために、コンビニ決済と代金引換も導入しておく必要があります。 決済代行サービスを活用しよう あらゆるユーザー層がECサイトで買い物をするようになった昨今、多くのユーザーニーズを満たす決済方法を自社で用意するのは現実的ではありません。 またEC事業者にとっても代金の未回収リスクやセキュリティリスクを回避でき、安心してサイト運営を実現してくれる決済代行サービスは、今やECサイト運営に欠かせない存在といえるでしょう。 決済代行会社を選定する際には、各社のサービスのメリット・デメリットを比較し、自社の商材やターゲット顧客に合わせて、最適な代行サービスを選ぶことが大切です。 そしてECサイトの事業拡大や売上拡大に合わせて決済手段を追加できるよう、将来を見越して決済代行会社を選定するようにしましょう。 meti. pdf.

次の