小池知事無能。 コロナ危機で総理への道が見えた小池百合子、「無能確定」の安倍晋三

小池百合子の嘘と無能ぶり・・・小池百合子は都知事に相応しいか??

小池知事無能

戦場と化した医療現場。 今や竹槍状態でコロナウイルスという強大な敵と戦わされているのが、都内の医療機関の現状だ。 この点について、複数のメディアが報じているので、紹介しよう。 ジャーナリスト、田中龍作氏が暴いた都立病院の惨状!すべては小池都知事の33万着もの贈与から始まった! 4月24日、ジャーナリストの田中龍作氏が医師、看護師、患者計39人の院内感染が確認されている都立墨東病院の中に潜入取材した様子を公開したが、それは驚愕すべき状況だった。 担当医がビニールのエプロン姿だったのである。 待合室の田中のもとに担当医が説明にきた。 ビニールのエプロン姿だ。 都立墨東病院はサージカルマスクや防護服が不足していた。 それは国会でも取り上げられた。 (3月2日、参院予算委) こちらも田中氏が撮影した写真。 丸裸の医師だ。 時事通信によれば、すでに小池都知事は「都の備蓄体制は整っている」として医療用防護服2万着を中国に提供している。 さらに今年2月、自民党の二階俊博幹事長は小池知事に防護服5~10万着を追加提供するよう要請し、小池知事は応じる考えを示した。 (中略) これが都立病院に防護服が回らない真相だ。 引用元 あまりにも無残だ。 小池都知事は防護服を誰の依頼であろうと、見返りが何であろうと中国に送るべきではなかった。 しかも、ほかの中国に支援物資を送った自治体は、見返りとして中国から物資を受け取っているが、33万着も貴重な物資を送りつけた小池都政に中国からの見返り物資が届いたとは聞かない。 結局、小池氏の判断ミスと行政管理能力のなさがあいまって、現場に防護服が届いていないのだ。 都内の感染症指定医療機関に感染症専門医として勤務する忽那賢志氏も「マスクやガウンなどの個人防護具が足りていない」と悲鳴! 都内の感染症指定医療機関に感染症専門医として勤務し、医療記事を多数執筆している忽那賢志氏も警鐘を鳴らしている。 筆者は都内の医療機関で流行早期から新型コロナ診療に関わっていますが、 3月末から4月上旬にかけて新型コロナを診療していた医療機関にかかっていた負荷は異常なものでした。 新規発症患者数は増加する一方であったのに対し、診療する医療機関が限られていたことが原因です。 筆者も2回に渡って「むりぽ」「もうだめぽ」と危機的状況を紹介しました。 さて、今はどうかと言いますと、私が分かるのは都内の状況だけですが、(中略)、医療機関や医療従事者にかかる負荷は軽減(というか分散)されてきているように感じています。 おかげさまで私のまぶたの痙攣も今は止まっています。 ただし、マスクやガウンなどの個人防護具が足りていないという問題は依然として残っています。 引用元 降伏寸前の異常な状況から、やや持ち直したものの、厳しい状況は変わらず、しかも、一ヶ月近くだっても、マスクやガウンなどの個人防護具が足りていない状況だ。 あまりにもひどい小池氏の無能さだ。 医師たちが「コロナ対応では都庁の要請が現実離れして、エスカレートしており、大変困っています。 」と悲鳴! また、Global Net Journalというサイトでも、「現場からの声!都庁の要請が現実離れしており、今や医療崩壊状態へ!!」という記事により、医療関係者の悲鳴が紹介されていたので、一部ご紹介しよう。 ( ) 都内病院A医師の証言「都庁の要請は現実離れ」 コロナ対応では都庁の要請が現実離れして、エスカレートしており、大変困っています。 言われるがままに踊っていると、患者さん、医療従事者へうつして、院内感染を引き起こし、むしろ、感染を拡大させて、極めて危険と危惧しています。 正面ルートから意見具申しても、医療機関は所詮、管理すべき業者扱いでまともに相手にされていない感じで無力感が募ります。 具体的には、各施設へ患者さんを分散入院させて各施設で院内感染させるコアをばらまいている事態を引き起こそうとしているように思われます。 このため、各施設では通常の業務ができなくなってきています。 これは医療崩壊ではなく、人為的な医療破壊です。 案としては、集中的に管理できる施設を複数指定して、そこへ輪番で各施設から医師や看護師を派遣すべきだと考えます。 引用元 都内病院B医師の証言「東京都の発想は危険であり、これは人為的な医療破壊だ」 都内は感染症指定医療機関の病床が不足しているので、特定機能病院(大学病院)に対応するよう都庁がたびたび要請。 (中略) 更に東京都は、陽性の妊婦を各施設で分散して受け入れるよう要請越したが、これはむしろ危険な発想。 (中略) 都の試算・計画通り、充分な装備のない施設へ分散収容して、陰圧ではない普通の病室で管理すれば、動線を分離しきれず各施設で医療従事者を通じて院内感染し、疾病を拡散する要因になる。 これは、ウイルスによる医療崩壊 collapse ではなく人為的な医療破壊 destruction。 医療関係者の間では、どこかの病院を借り上げてそこへ集中的に収容し、各施設から応援のスタッフを追加して集めて資源投入しないと、各中核病院で院内感染のクラスターを人為的に作成して全滅するような事態に至ると危惧。 引用元 東京大学病院幹部Cの証言「このままでは東大も野戦病院になる」 東大病院は先日からコロナ疑い患者の受入れ開始(待機的手術など一般診療は縮小)。 今のところ何とかやっているが、 このまま感染者が増え続けると東大病院も野戦病院化する可能性はある。 その場合には、報道でも言われているように、一般診療が停止することの弊害が心配。 まず困っていることは、世界的問題だが、個人用防護具(PPE: Personal Protective Equipment)の不足。 N95 マスク、フェイスシールド、フェイスシールド付マスクが払底し、再利用を余儀なくされている。 一般診療で使用するサージカルマスクと消毒薬も予備がなくなりつつある。 東大病院でもそうなので、一般病院はもっと厳しいはず。 引用元 感染症専門の教授Fの証言「政府・省庁の中間管理職に、現場の負担(事務的事項・報告事項等)を増やさないよう指導してほしい。 」 一番の問題は、多くの病院に感染症に対応できる医師・医療従事者がいないこと。 (中略) 政府・省庁のトップクラスの考えていることは建設的なことが多いが、中間管理職に改善すべき面あり。 議員等の問合せへの対応を求められ現場の仕事が増えている。 現場の声も正しくあげられているのだろうか。 少なくとも中間管理職に、現場の負担(事務的事項・報告事項等)を増やさないよう指導してほしい。 引用元 以上の情報を総合するとやはり、医療物資不足や体制の不備により、東京都内は、医療崩壊寸前になっているといっても過言ではない。 小池都知事は、都民にとっては不要不急のご自身のパフォーマンスをやめ、現場の医療関係者の声を聴き、やるべきことをやっていただきたい。

次の

【小池百合子】巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能|日刊ゲンダイDIGITAL

小池知事無能

この動画では、小池百合子東京都知事の学歴詐称についてのみ語られている。 カイロ大学主席卒業というのは、間違いなく嘘だろう。 しかし、彼女の罪はこんなものではない。 墨東病院ではクラスター感染が発生した。 その後、ご存知のように、多くの都民が感染し、多数の死亡者が発生。 今も収束していない。 その直後には、感染者数が急増した。 (感染者数の隠蔽工作を図ったとみられる) また、コロナ関連を抜きにしても、小池都知事の無能ぶりは計り知れない。 単なる、票集めのための、舌先三寸だったのだ。 その他にも、小池都知事は、連合東京という労働組合系の極左組織に、選挙支援を申し出ている。 自民党に推薦されているから保守、と思っていた方にすれば、裏切られた感があるのではないだろうか? つまり、小池百合子という人物は、なんの政治的主張もない根無し草のような詐欺師ということになる。 以上のように、都民の生活は改善されるどころか、嘘を吐きまくり、挙句は無暗に武漢肺炎をまき散らして、都民を殺しまくり、いまだに苦しんでいる人がいるというのが現状だ。 このような人間を、本当に次の都知事に選んでいいのだろうか? この4年で、その無能ぶりは明らかではないか。 しかも、学歴詐称という、まともな人間なら絶対にしないようなことを、小池百合子という人物はしていた。 東京都民は、今一度考えてみて欲しい。 次の都知事選挙には誰に一票を投じるのが自分達のためになるのかを! 私なら、日本第一党の桜井誠一択である。 彼は、先日の6月4日。 シナ中共に損害賠償請求訴訟を提起する記者会見をした。 保守で訴えると言っていた人間は、結局誰もこれに賛同しなかった。 彼は、個人として、シナ中共を訴える決断をしたのだ。 今回の武漢肺炎で、シナ中共の情報隠蔽工作によって殺された多くの日本人のため、そして、日本人の誇りのために、彼は立ち上がった。 親中政策を敷く、政府与党や小池都知事は、シナ中共に対して何もしないどころか、再びすり寄ろうとしている。 しかし、米英を始めとした世界主要8か国が、シナに対決姿勢を示し、総額1京円以上もの天文学的な損害賠償請求訴訟を提起している。 このままでは、日本がアカだと世界にアピールしていることになる。 敵認定されかねない事態に直面しているのだ。 この恐ろしさを、日本人はもっと真剣に考えるべきだ。 第二次大戦において踏んだ徹を、再び踏もうというのか??! 従って、桜井誠がシナ中共を訴えようと行動を起こした事実は、世界に日本の姿勢を示す上で、非常に意義のあることなのだ。 因みに、桜井誠党首が、都知事選で打ち出している公約は以下の3つだ。 しかし、パチンコは、日本の闇であり、日本にとって最強にして最悪の遺物と言って良い。 その理由を以下に挙げよう。 以上のように、パチンコは日本人にとって百害あって一利なしの無価値産業であり、害悪以外の何ものでもないのだ。 そのことに多くの日本人は無頓着すぎる。 だからこそ、桜井誠は、長年、このパチンコに反対し続けて来たのだ。 彼のこうした姿勢は、4年前の都知事選の時と全くブレがない。 都民の為、日本人の為、この姿勢は、実は彼が昔起ち上げた在特会(在日特権をゆるさない市民の会)当時から何も変わっていない。 彼の政治姿勢は、15年間変わらず、それはあたかも日本という家屋に根差す大黒柱のように強固で頑丈だ。 そうだからこそ、この混乱期。 日本の中枢である東京都の都知事には、彼こそが相応しいと私は考えるのだ。 このままだと、30年後の2050年。 日本はアジアの最貧国になるという予測が既に出ている。 事実、日本の民度をみるに、その傾向が如実に表れていることは否めない。 まずは、都知事選。 ここでこれまでの堕落した日本の政治を変えるキッカケにしなけらばならない。 そして、この後の衆院選、来年の都議会選への弾みにするのだ。 ここで変わらなければ、本当に日本は終わる。

次の

東京都知事選ほぼ小池百合子が当選すると思います。

小池知事無能

の支持率が69. おいおい、ちょっと待ってくれ。 この支持率の高さおかしくないか? を支持する人は、何の根拠をもって支持してるの? 客観的なデータに基づいて評価したうえで支持率が上昇するなら分かるけど、 ぶっちゃけてコロナの対応(感染防止措置、経済復興)については破滅的な対応しかしてないんですけど。。 私はどの政党も支持していない、いわゆるってやつだから、誰かに肩入れすることなく客観的事実に基づいて次の選で投票する予定。 言いたいのは、は落選させた方が良いってこと。 は政治家ではなく、超優秀な「」だと思う。 政治家としての使命や志などは無く、保身だけに興味がある人。 という立場は、彼女にとっては国政に再挑戦するための足掛けくらいにしか思っていないだろう。 マスコミを上手く使って大衆をコンすることが圧倒的に上手なのは認めるが、その扇動にまんまと引っかかっている人が多すぎてがっかりする。 この投稿では、主にコロナ関連でが実施したことに対して、客観的事実を取り入れつつ、の私が「の無能さ」についてまとめてみようと思う。 スポンサーリンク 昨日発令された東京アラート 「東京アラート」とやらは、緊急事態宣言のようなものでも、特定の業種や施設の営業を規制するようなものでもない。 都民の皆さん気をつけてくださいねーという、とてもふわっとしたもの。 ーの発生場所や業種もかなり特定できているにもかかわらず、「気をつけてくださいねー」と東京都から公式に案内が出れば、また無意味に自粛をする人が増える。 このままいけば以前の一律的な自粛要請に逆戻りする可能性だってある。 こういう動きをするの狙いって何か考えたことありますか? 感染拡大を防ぐというのは表向きの目的。 結局は次回の選のための選挙活動だ。 こんな無意味な活動でも、超優秀な「」であるがやれば、マスコミを上手く利用して、都民を扇動できてしまう。 本当は「経済」と「都民の生活」に大打撃を与えているだけなのに。 大打撃を与えているのに選挙で圧勝するってもはや訳が分からない。 稚拙すぎるロードマップ が発表したロードマップというものは、超が付くくらいの欠陥品。 が発表しているロードマップと対比してみたが、の方が1億倍マシだ。 ツッコミどころがありすぎてどうすればいいか分からないレベル。 マスコミはもっと突っ込めよ。。 東京都が出している稚拙なロードマップを抜粋 スポンサーリンク 東京都ロードマップから読み取れる問題点 4つの「ステップ」に分けて自粛解除に向かっていくから、順番を飛ばすことは出来なくなっている。 ステップ0から段階を踏んでいき、しかもその判断基準はなんと「2週間毎」。 これはいくらなんでも遅すぎる。 2週間というクソ長い「ステップ」を踏みながら、徐々に自粛を解除していくそうだ。 ステップ3を抜けるまで最長丸2ヶ月間かかる計算になる。 はっきり言ってバカとしか言いようがない。 自粛が過剰すぎる。 事業者に「潰れろ」と言っているのか? これを真剣に守っていたら、下手をすると8月前半まで東京都民は都外に出られなくなる。 ライブハウス・カラオケ・スポーツジムなどの営業自粛は延々と続くので、早くも特定の事業者から悲鳴が上がっている。 ちなみには、日次でチェック・公開して、基準に達したらその時点で自粛要請・自粛緩和を行う仕組みとなっている。 大阪では数値次第ですぐにでも営業再開できるが、東京では2ヶ月経ってもどうなるかわからない。 この判断基準の差は大きすぎる。 これを見ただけでも、吉村知事は非常に優秀なリーダーだと判断できる。 意思決定が早いとかそういうことではなくて、論理がしっかりしているから。 東京都の謎のロードマップに話を戻す。 「ステップ」を進める判断基準となる7つの指標に関して、「緩和の目安」となる数値が発表されているのは「3つのみ」という謎の構成になっている。 他の4つはどこに行ったの?緩和の目安にしないなら分かりやすく3つの指標にすればいい。 東京都のロードマップは、何がどうなれば出口に迎えるのかが全く分からない。 最長2ヶ月というタイムスパンに加えてこれでは、都民の心がへし折られるのに十分かと。 さらに言うと、7つの指標の最新数字はかなり低く、国が発表しているスコアについても明確に下回っている。 それでも2週間ごとに「都民からは見えない目安」を検討して4ステップ進まねばならない。 このロードマップには、論理のかけらも存在しない。 「ごまかし」と「頑張ってる感」を出すための紙切れに過ぎない。 あとは選までの時間稼ぎ。 まぁこれが最大の目的だょうがないか。 スポンサーリンク 私には子供がいるので、学校の再開も気になるところ。 このロードマップを見て愕然としたのは言うまでもない。 これだけ新規感染者が抑制されている状況で、学校の完全再開があと2ヶ月後っておかしくないか?もはや狂っているといってもいい領域に達している。 マスコミを上手く使って「コロナ対応を頑張ってます感」を出しまくっている小池さんは、このままいくとまず間違いなくに圧勝する。 もっと早く手に入れられるはずの「東京都の経済活性化」と「都民の生活」、「子供達の学力」をズタボロにしているのに次回の選に圧勝する。 訳分からないのは私だけ? ここまで色々書いてきて、だんだん腹が立ってきたので、 の未解決のスキャンダルについても蒸し返してやろう。 「卒業」の学歴が虚偽。 これまで、国政選挙・で、小池さんは「卒業」と繰り返し記載してきた。 ただこれは真っ赤なウソ。 詳しい記事を見つけたので貼り付けておく。 ちなみにが真実であれば「 虚偽事項公表罪」という罪に該当する。 要は犯罪者だ。 過去に何人か現職の政治家がでに追い込まれている。 決して軽い話ではない。 「嘘っぱちのコロナ対策」でイメージアップに成功しているだが、レベルのスキャンダルが現在進行形であることを忘れないでほしい。 もし選にが立候補するなら、「疑惑」を払拭しない限りは投票してはいけない。 賢明な東京都民であればが以下にヒドイ知事かということは自明だが、特に政治に興味がない人が大半なので、一部に賢明ながいてもあまり意味がない。 政治に興味は無いけど、投票には行くという人たちに正しい情報を得てもらう必要がある。 私の投稿でそれが可能になるとは思っていないが、この記事や自分が有益な情報だと思う記事等を、SNSでもいいから拡散して行くことが手っ取り早い。 を再選させるとデメリットしかないので、一都民として本当に勘弁してもらいたい。 スポンサーリンク buchouu.

次の