泣ける 曲。 乃木坂46の泣ける曲ランキング!

泣ける卒業ソングおすすめ7選|しっとり感動的な人気曲まとめ

泣ける 曲

人間は、残念ながらずっと健康であり続けることができません。 特に「長寿大国」となった昨今では、襲い来る病気と向き合いながら生きていくことも求められています。 ただ実際に病気となると、病は気からと言うように弱気になってしまうなど気持ちも変わってしまうものです。 そういったときに、泣ける曲を聴くことも良い気分転換になります。 病気の時に泣ける名曲TOP10! 病気の時は、気持ちが落ち込み気味になります。 病院など静かな場所で安静にしていることも多いので、曲も落ち着いて聴くことができるというものです。 泣ける曲の歌詞も深く聴き込むことによって、共感することができるでしょう。 そこで改めて、病気の時の泣ける曲TOP10をランキングとしてまとめてみました! 何をしても上手くいかない・・・希望が持てない・・・辛い日々が続く・・・ 社会人になると言葉に出来ない程の辛さを実感する事が多いと思います。 「ありがとう」は、メジャーデビュー作となった2014年のミニアルバムである「23」に収録されています。 YouTubeで公開されている楽曲のミュージックビデオには「~病気で亡くした友達へ~」と冠されていて、胸が詰まるところもあるでしょう。 「照れくさくて言えなかったけど心から思うありがとう、ごめんね」という歌詞はシンプルですが、病気の時に万が一のことがあれば気持ちを伝える機会がなくなってしまいます。 どれだけ人生経験を重ねても、素直に泣ける曲です。 歌詞がメンバーの体験をモチーフとしたものであることも大きな共感を呼び、iTunesの総合チャートにおいて1位となるなどヒットしました。 重病の告知しかり、身近な人が病気の時には相手のことを考えて「ウソ」という選択がなされることもままあります。 「百個のやな事が押し寄せた今日帳消しにした貴方のたった一言」が「ウソやフィクション」であることも、哀しいかな事実としてあり得ることです。 そのようなあたりも、泣ける曲として心に沁みるのではないでしょうか。 メトロノームと言えばテンポを合わせる目的で音楽用具として使われ、決まった間隔で時計のように音を刻んでいきます。 ですが最後には、そのペースが遅くなっていくわけです。 「僕らはふたつ並んだメトロノームみたいに刻んでいた互いのテンポは同じでいたのにいつしか少しずつズレ始めていた」といった歌詞にも、その寂しさが表れています。 病気の時にはどうしても、泣ける曲として響くでしょう。 病気の時の泣ける曲ランキング7位 証。 」は2011年、「春色。 」とともに両A面のファーストシングルとしてリリースされました。 楽曲は、今を乗り越えるために努力する人へ向けたエールとして制作されています。 まさに病気の時に、「今さえほら乗り越えりゃまた笑える日が来るよ」の歌詞が元気になる力をくれる泣ける曲です。 「一緒に泣く」は唄い出しの歌詞から「その病室にこの声は届くのかな」となっていて、病気の時には自分のことが歌われているような気持ちになるかもしれません。 「ここがキミのゴールじゃない新しい場所へ行こう始まりへ」と、泣ける曲であると同時に闘病への勇気をもらうこともできるでしょう。 2009年にはなんと、13組のアーティストによってこの1曲だけがカバーされたトリビュート・アルバムとして「深夜高速-生きててよかったの集い-」もリリースされました。 演奏は静かに始まりやがてダイナミックなものへと感情を揺さぶる泣ける曲であり、病気の時にも響くことは間違いありません。 「心の中の漂流者」と形容された聴き手に、とにかく「生きててよかった」と何度も繰り返されるメッセージが刺さります。 この楽曲で2005年の日本有線大賞新人賞も受賞しているのですが、残念ながらユニットは2013年から無期限活動休止となり事実上は解散されています。 歌詞は病気の時にも、気持ちを奮い立たせる内容です。 唄い出しから、「約束します君を残して僕は死ねません」と力強いものになっています。 その日に最愛の女性と結ばれた男性の想いが綴られていて、パートナーへの気持ちを改めてしっかり持ち前へ進んでいこうと思わせてくれる泣ける曲です。 」の収録曲です。 アルバム曲ではありますが、初回生産限定盤の特典DVDにミュージックビデオも収められ楽曲の世界観が表現されています。 病気の時、考えることが多くなるものは家族のことや思い出でしょう。 「ばーちゃんの背中と僕の足」はタイトルのとおり、祖母との関係が歌詞になっています。 「ばーちゃんの背中温かいあの香り」という幼少期の記憶から関係が「大人になったから僕がおんぶする」と変化することだけでも、泣ける曲であるかもしれません。 さらに年齢とともに、「あなたはどちら様?」と記憶が薄れていくことも無常なものです。 メンバーの吉田結威さんは犬と遊ぶことが趣味であり、楽曲は犬とともに過ごした体験をもとにして制作されました。 今や、子どもの数よりもペットとして暮らす犬の数が多いという時代です。 ですが病気の時には、こと入院となれば愛犬と離れて過ごさなければなりません。 そして「赤い首輪」の歌詞には愛犬との別れが描かれていますから、完全に泣ける曲です。 最初から愛犬の視点で「ずっと忘れないよ優しく顔を撫でてくれたこと」ですから、それだけでも別れが示唆され愛犬家には溜まらないでしょう。 高視聴率を記録したテレビドラマである「1リットルの涙」の主題歌として使用されたことから、大きな注目を集めました。 ドラマが実話にもとづき主人公である少女の闘病を描いた作品であり、特に世代であると病気の時には思い出されるところもあるでしょう。 「哀しみの向こう岸に微笑みがある」、「苦しみの尽きた場所に幸せが待つ」など泣ける曲たるフレーズが散りばめられています。 まとめ 以上が病気の時に泣ける曲を!詞の世界に共感するランキングでした。 病気の時には、さまざまな立場からさまざまな相手へ思いをめぐらせるものです。 歌の世界からも、普段と違ったものが見えてくるでしょう。

次の

【米津玄師 泣けるおすすめ曲/歌 TOP5】ファンが厳選した曲をPV動画付きでまとめて紹介!

泣ける 曲

ベートーベンの3大ピアノソナタの一つ『悲愴』。 32曲あるベートーベンのピアノソナタの第8番目で初期の傑作とも言える作品です。 ショパンの『別れの曲』の項でも触れましたが当時は作曲家自身が曲にタイトルをつけるのは珍しいことでした。 しかし、この『悲愴』に関してはベートーベン自身が付けたかどうかは定かではありませんが、初期の出版の頃には既に『悲愴』というタイトルがあったらしいです。 少なくともベートーベン自身も了承済のタイトルって訳ですね。 『悲愴』とは深い悲しみという意味。 当時のベートーベンは難聴に苦しんでいたのでその事と関連するのでしょうか・・・。 この曲はピアノソナタ形式で3楽章からなるのですが今回ご紹介するのは一番有名な第2楽章です。 第1楽章はもっと重たい感じの曲調ですが第2楽章は心なしか穏やかな印象も受けます。 儚げな曲調の中に少し明るい兆しが見え隠れする感じが胸を打ちますね~。 ベートーベンの悲愴についての紹介記事もありますので是非ご覧ください。 『我が祖国』は1874~79年にかけて作曲された6つの交響詩からなる連作交響詩なのですがその中でも今回ご紹介します『モルダウ』は特に有名です。 モルダウはチェコを流れる川の事。 モルダウ川はチェコにとって昔から文化や物資を運ぶ交流の道として重要な役割を果たしてきしました。 スメタナはそんなチェコの象徴といえるモルダウ川の美しい情景を音楽で描きました。 交響詩はオーケストラの演奏なので荘厳なイメージとなり「憂い」「哀愁」を帯びた感じにはなりにくいですが祖国を想うスメタナの気持ちになって聴くとグッとくるメロディです。 さて『オーゼの死』はヘンリック・イプセンの戯曲『ペール・ギュント』のためにグリーグが作曲した劇付随音楽の第1組曲の中の1曲です。 放蕩息子のペール・ギュントがふらっと家に帰ると母のオーゼが息を引きとる直前だった・・・。 という場面で流れる音楽なので泣けること間違いないでしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 たまには感傷的に「泣けるクラシック曲」を聴いてみるのも良いですよ! 以上、「泣けるクラシック曲おすすめ10選【哀愁漂う儚くも美しい曲のご紹介】ピアノ曲多め」でした。

次の

泣けるクラシック曲おすすめ10選【哀愁漂う儚い曲のご紹介】ピアノ曲多め|クラシックなひと時

泣ける 曲

最近CMやアニメ、ドラマの主題歌などにも楽曲が起用されている、人気急上昇中のシンガーソングライター米津玄師(よねづ けんし)さん。 切ないバラードから、サイコポップなノリのいい楽曲、そこに米津玄師さん独特の言葉使いの歌詞が組み合わさって、どの曲を聴いても飽きることがなく、本当に素晴らしい楽曲の数々です。 筆者も米津玄師さんのシングルやアルバムを多数購入していて、今でもよく聴き直しています。 その中でも筆者が特に好きなのが、泣ける恋愛ソングや切ないバラード曲です。 そこで今回は、その米津玄師さんのデビューから現在に至るまでの数々の楽曲の中から、ファンである筆者が厳選した 米津玄師さんの泣けるオススメの楽曲を5曲ご紹介したいと思います。 【こちらの記事もオススメです】 あたたかみのある優しいメロディとは裏腹に、切ない歌詞に思わず心がグッと締め付けられますね。 メトロノームのように同じテンポを刻んでいたはずなのに、少しずつズレが生じてしまい、僕たちは離れてしまうけれどどうか僕のことを忘れないで、というような切ない思いが込められています。 規則正しく「カチッ」と「チン」という音が流れるのは題名にもある「メトロノーム 」を意識してのことなのでしょう。 筆者は最後の大サビの「これからも同じテンポで生き続けたら 地球の裏側でいつかまた出会えるかな」という歌詞が、今は離れてしまったけれどまた君と会いたいという気持ちを感じてとても好きな部分です。 失恋ソングではありますが、これほどまでに誰かに想われているというのはちょっぴり羨ましくもありますね。 「メトロノーム」が収録されている「Bremen」はこちらから購入できます。 (送料無料) アイネクライネ 米津さんの代表曲と言っても過言ではない「アイネクライネ」はファンからも評価の高い1曲です。 こちらは2ndアルバム「YANKEE」に収録されています。 歌い出しの米津さんの息づかいと「あたしあなたに会えて本当に嬉しいのに」というワンフレーズで曲の世界観に引き込まれてしまいます。 失恋ソングではないのですが、男女の想いを伝え合うことの難しさやもどかしさ、こんな幸せがいつまで続くか不安だけど、これからもどうか続きますようにという祈るような思いが歌詞に込められています。 筆者はこの「アイネクライネ」が本当に大好きで、悲しい時や落ち込んだ時に聴いたりするとそっと寄り添ってくれるような、包み込んでくれるような気がするのでとてもお気に入りの1曲です。 その曲の良さがファンの方からも認められ、YouTubeでは米津さん初の1億回再生達成を記録した記念すべき曲でもあります。 米津さんご自身が作成されたPV動画にもぜひ注目してくださいね。 「アイネクライネ」が収録されている「YANKEE」はこちらから購入できます。 (送料無料) orion 大人気漫画のアニメ化「3月のライオン」のEDにも起用された「orion」。 メロディから滲み出るような切なさと、キラキラした優しい愛のある歌詞が体に染み渡る1曲です。 サビの「もう二度と離れないようにあなたと二人 あの星座のように結んで欲しくて」という歌詞のまっすぐな想いに思わず胸を打たれます。 「今ならどんな困難でさえも 愛して見せられるのに」という歌詞から、離れてしまった恋人や大切な人のことを今でも想っているというイメージの楽曲でしょうか。 筆者は、神様に願っているにも関わらず「ほんのちょっとでいいから」という控えめなお願いをしている部分がなんとも可愛らしくて好きです。 バイオリンの心地よい音と曲中に聞こえるフィンガースナップ(指パッチン)が合わさって、曲全体に優しい雰囲気を生み出していますね。 タイトルの「orion」の通り星空をテーマにした曲で、PV動画の夜空がとても澄んで綺麗なのも特徴的です。 「orion」はこちらから購入できます。 (送料無料) vivi 米津玄師さんの1stアルバム「diorama」に収録されている「vivi」。 曲もさることながら、不思議な世界観のPVにも注目です。 淡々とした雰囲気のメロディにサビの「愛しているよビビ」というフレーズがとても印象的ですね。 「ビビ」というのが誰というのは明かされていませんが、PV動画に登場する少女ではないかという声が多く挙げられています。 大切な存在の人がいるのに、別れなければ(バイバイしなくちゃ)ならないという歌詞ですが、歌詞フレーズ1つ1つに謎が多くファンの考察なども多い曲です。 筆者は「アイネクライネ」と同じく悲しいことや落ち込んでいる時によくこの「vivi」を聴いて、感傷に浸ったりベッドでぼーっとしたりしています。 一度しっかりと落ち込んだり泣いたりして、気分をリフレッシュしたい時にオススメの曲です。 「vivi」が収録されている「diorama」はこちらから購入できます。 (送料無料) Lemon 米津さんの最新曲である「Lemon」。 石原さとみさん主演のドラマ「アンナチュラル 」主題歌としても話題になりましたが、やはりその人気の秘密はやはり曲の良さです。 「夢ならばどれほどよかったでしょう」から始まる歌詞と、米津さんの心地よく響く優しい声に思わず鳥肌が立ちます。 「レクイエム」をテーマとしたこの曲は、大切な人との永遠の別れを今でも忘れられず想う気持ちがギュッと詰まった曲で、歌詞を見ただけでも涙が出てきそうですね。 大サビの前の「自分が思うより恋をしていたあなたに あれから思うように息ができない」という歌詞には思わず言葉が詰まってしまうほどリアルで、別れの辛さや悔しさを感じさせます。 「Lemon」はPV動画が不思議な世界観で、本物の教会で撮影されたという映像には考察する箇所が多く、ファンからも様々な声が寄せられています。 そちらの謎についても記事にしていますので、気になった方はぜひチェックしてくださいね。 「Lemon」はこちらから購入できます。 (送料無料) ファンがTwitterで選んだ泣ける曲は? ツイッターでは「あなたの米津玄師泣けるソングを教えてください」というハッシュダグがあり、米津さんファンのリアルな声を聞くことができました。 そこで、筆者以外の米津さんファンの方が実際に聴いて泣けるという声が多かった曲を3位までランキング形式でご紹介します。 3位 vivi 先ほど紹介した「vivi」がこちらにもランクインしました。 バラードとは少し毛色が違いどちらかというとポップな曲調で、筆者にはあまり泣ける曲というイメージがなかった分とても意外でした。 誰にでもある自分の弱い部分を認めてくれる存在がいるんだ、というだけで落ち込んだ心を元気付けさせてくれますね。 「WOODEN DOLL」が収録されている「YANKEE」はこちらから購入できます。 (送料無料) まとめ いかがでしょうか。 今回は、米津玄師さんのデビューから現在に至るまでの数々の楽曲の中から、ファンである筆者が厳選した米津玄師さんの泣けるオススメの楽曲を5曲ご紹介しました。 筆者はメジャーデビュー前のボーカロイドPの頃から米津さんの楽曲が好きで、よく聴いていましたが、今でもどの楽曲も色あせることなく次々に素晴らしい楽曲を生み出し続けています。 米津玄師さんの得意とするサイコポップで軽快なメロディの楽曲やしっとりとファンの心に響くバラードやラブソングなどどの曲も本当に素敵で大好きで、これからも素晴らしい曲を出し続けて欲しいですね。 この記事が新しく米津玄師さんを好きになった方や、人気の楽曲を知りたいという方の参考になれば幸いです。 このブログには、 米津玄師さんの最新情報, ライブ情報, コラムなどを掲載しています。 その他にもライブ, セトリ, グッズ, CD・DVD, MV PV について、さらに新曲情報やプロフィール、彼女の噂なども随時更新中! 米津玄師さんがボカロP(ハチ)だった頃から米津さんが大好き。 そんな管理人が、米津さんファンの方や初めて米津さんを知った方にもわかりやすく、皆さんに愛されるブログを目指して頑張っていきます。

次の