あな 番 インスタ。 『あな番』主人公のインスタ更新 「まだ続けて欲しい」と惜しむ声 (2019年9月9日)

【あなたの番です/あな番考察】菜奈(原田知世)を殺した犯人は誰?怪しいのはあの5人!

あな 番 インスタ

9月8日(日)放送の「あなたの番です(あな番)」、惜しまれつつ第20話で最終回となってしまいましたね。 ところが、公式SNSから劇場での映画化に関する発言が飛び出たことで、視聴者の皆さんから期待の声が続出しています! もし劇場版が制作されるとしたら、公開はいつになるのか今からとても気になりますよね。 また、最終回が中途半端な終わり方だったことから、続編の放送に続くのではないかという声も上がっています。 今回は、「あなたの番です(あな番)」最終回の続きは劇場で映画化はいつ?終わり方が中途半端で続編に続く?と題して、皆さんからの声を参考に考察してみたいと思います。 多くの伏線に対する考察、リアルタイムでのツイッター更新等、SNSでは常に話題に上がっていたあな番が終わってしまったことで、「あな番ロス」になってしまった方も多いのではないでしょうか。 その動画では、翔太役の田中圭さん、二階堂役の横浜流星さん、黒島役の西野七瀬さんの3人が、視聴者の皆さんへのお礼を述べているのですが… その最後に、田中圭さんがこんな発言をしています。 田中圭「長きにわたりあなたの番ですを応援し、そして盛り上げてくれた皆さま、心からありがとうございました。 続きは劇場で!」 【あなたの番です】 え、え、え? インスタの最後、翔太くん続きは劇場でだって映画でもやるの? — あなたの番です 考察 限定 sea18063101 たしかに、「続きは劇場で!」と指さしポーズをしながら言い切っていますよね! これにはファンの皆さんも大興奮の様子でした。 インスタ動画で続きは劇場で!って言ってる!!!!映画やるのか!!• えっ、続きは劇場でとか言ってんだけど、映画やるの!?• 田中圭が映画化って言ってる!!超うれしい!!! 皆さん映画化に対する期待がかなり高まっていますよね。 「最後の一言=劇場化のこと」だとしたら、田中圭さんがボケで発しただけで、劇場化については全く予定が無いですよ、という番組制作側からの意思表示なのかもしれませんよね。 この動画をそのまま載せるということは、番組側も映画化について完全に否定はしていない!とも読み取れます。 う~ん、いったん公式からの発表を待つしかないのでしょうか。 最終回のエンドロール後に、黒島が実は赤池幸子の孫だったことが判明し、陰で操っていたのでは…?ということが話題になりました(詳しくは、で考察) さらにその後、赤池幸子が何者かによって殺害されるという事件が起こり衝撃が走りました。 (詳しくは、で考察) 明らかに、まだ事件が終わっていない様子でしたし、黒幕真犯人が他にいるのではないか…?と感じてしまいますよね。 散りばめられた伏線も、まだまだ回収しきれていません。 (未回収伏線は、) そして重要な点が、あな番スピンオフ「扉の向こう」で配信されるのは、「番外編 過去の扉」つまり黒島の高校時代のストーリーになっているのです。 ということは、本編での幸子殺害犯や車椅子の真相等は、「スピンオフではやらない」ことになります。 Huluのスピンオフでやらないのであれば…、「 映画化」という流れが自然ですよね! あのまま事件の真相が明らかにならなかったら、視聴者からの不満が続出してしまいます。 最終回でここまで大盛り上がりを見せたのは、多くの伏線や予想外の展開、SNSでの考察等、視聴者を飽きさせない工夫が随所に盛り込まれていたからだと思います。 ここで、最終回視聴率と映画化の関係について。 2017年に放送された山下智久さん主演の月9ドラマ「コード・ブルー」は、最終回で全10話のうち最も高い視聴率 16. 2019年に放送された窪田正孝さん主演の「ラジエーションハウス」も、最終回で最も高い 13. 「ラジエーションハウス」は、映画化も検討されているということで話題になっています。 そして、「あなたの番です」は、最終回で全20話で最も高い 視聴率 19. とてつもなくカッコイイ流星くんをありがとうございました👏 アクションとかアクションとかアクションとか!!!! 続きは劇場で🙌って待ってます。 「視聴熱」というのは、番組放送前に期待するSNSでの盛り上がりや放送日のリアルタイム視聴、放送後の感想などの熱狂度合いを数値化したもので、視聴率に代わる「テレビの流行」を図る新指標として注目されています。 あな番は、この「視聴熱」のポイントが高いドラマなのです。 ザ・テレビジョンの集計サイトによると、最終回が放送された2019年9月8日の視聴熱ランキングでは、あな番が「 259,974pt」とダントツ1位を記録しています。 放送前後のSNSでの盛り上がりを見れば、当然の結果ですよね! 視聴率では計れない「リアルな盛り上がり」がわかるということで注目されている「視聴熱」ですが、映画化にも大きく影響しています。 それでも、「見逃し配信数」や「公式SNSフォロワー数」が伸び続け、「おっさんずラブロス」になる人が続出するほど「 視聴熱」の高いドラマとなりました。 「おっさんずラブ」は、視聴熱の高さから映画化につながったというわけです。 「あな番」も視聴熱が高いドラマですし、「あな番ロス」という言葉が生まれるほどSNSは過熱していました。 ) 「あなたの番です(あな番)」劇場での映画化や続編はいつ? もうあな番ロス過ぎてやばい。 ずっと聴いてるドラマ繰り返し見てる映画化するよね絶対に見に行くからね楽しみにしてるからね。 — AREN rock0927 大盛り上がりを見せたあな番、視聴者の皆さんからは「映画化や続編はいつやるの?」という声が多数上がっているようです。 ここでは、映画化や続編の時期について、考察していきたいと思います。 映画化は1年後? 映画化の時期については各方面から様々な意見が上がっていますが、ここでは目安として、先ほど視聴率をご紹介した「コード・ブルー」や「おっさんずラブ」を参考に考えてみたいと思います。 「コード・ブルー」は、フジテレビ系列で放送された医療ドラマですが、3rd Seasonが2017年7月17日~9月18日まで放送されました。 そして劇場版が公開されたのは2018年7月27日と、ドラマ放送の約 1年後でした。 「おっさんずラブ」は、オフィスラブをテーマにしたラブコメディで、テレビ朝日系で2018年4月21日~6月2日まで放送されました。 劇場版公開は、2019年8月23日でドラマ放送の約 1年後です。 どちらも、ドラマ放送から 約1年後で映画化されていることがわかりますね! ということは、あな番も映画化されるとしたら約1年後、になる可能性は高いと思います。 続編(特別編)は近日中? 続編(特別編)の放送時期についても、映画化同様に様々な憶測が飛び交っています。 ここでは目安として、先ほどご紹介した「ラジエーションハウス」の例を参考に考えてみたいと思います。 「ラジエーションハウス」は、フジテレビ系列で2019年4月8日~6月17日に放送された医療ドラマですが、最終回の続きの特別編は最終回の直後、 1週間後の2019年6月24日に放送されました。 映画化とは違い、単発の続編はドラマの延長で収録されるケースも多いため、それほど日を空けずに放送される場合が多いようですね! 放送中の視聴熱が冷めぬうちに最終回続編をスペシャルドラマとして放送することで、さらにファンを増やし、映画化までの期間をつなぐという戦略もありそうです。 あな番は今のところ続編の情報が上がってきていませんが、もし最終回の続きを特別番組として放送するとしたら、 比較的早い時期にやる可能性が高そうですね! ある程度期間が経つと、映画化まで待たなければならないパターンが多そうです。 【追記2019. 12】 実質的な続編である「未回収を回収しますSP(仮)」がHuluで配信されることが決定したようです! 詳しい配信日程や詳細の情報はの記事で紹介しています。 >> >> >> >> >> >> >> >> まとめ 視聴者として終わり方残念かもしれないけどこんなに笑顔でクランクアップしてるの思い出したらなんかもうそんなのどうでも良くなりました。 公式ツイッターやインスタグラムで、翔太役の田中圭さんが「続きは劇場で!」と宣言していたことから、劇場での映画化があるのではないか、ということが話題になっていましたね。 また、最終回が中途半端な終わり方をしていたことから、続編に続くのでは!?という期待の声も多くみられました。

次の

あな番の映画化いつで続きは劇場で?終わり方が中途半端で続編に続く?

あな 番 インスタ

9月8日(日)放送の「あなたの番です(あな番)」、惜しまれつつ第20話で最終回となってしまいましたね。 ところが、公式SNSから劇場での映画化に関する発言が飛び出たことで、視聴者の皆さんから期待の声が続出しています! もし劇場版が制作されるとしたら、公開はいつになるのか今からとても気になりますよね。 また、最終回が中途半端な終わり方だったことから、続編の放送に続くのではないかという声も上がっています。 今回は、「あなたの番です(あな番)」最終回の続きは劇場で映画化はいつ?終わり方が中途半端で続編に続く?と題して、皆さんからの声を参考に考察してみたいと思います。 多くの伏線に対する考察、リアルタイムでのツイッター更新等、SNSでは常に話題に上がっていたあな番が終わってしまったことで、「あな番ロス」になってしまった方も多いのではないでしょうか。 その動画では、翔太役の田中圭さん、二階堂役の横浜流星さん、黒島役の西野七瀬さんの3人が、視聴者の皆さんへのお礼を述べているのですが… その最後に、田中圭さんがこんな発言をしています。 田中圭「長きにわたりあなたの番ですを応援し、そして盛り上げてくれた皆さま、心からありがとうございました。 続きは劇場で!」 【あなたの番です】 え、え、え? インスタの最後、翔太くん続きは劇場でだって映画でもやるの? — あなたの番です 考察 限定 sea18063101 たしかに、「続きは劇場で!」と指さしポーズをしながら言い切っていますよね! これにはファンの皆さんも大興奮の様子でした。 インスタ動画で続きは劇場で!って言ってる!!!!映画やるのか!!• えっ、続きは劇場でとか言ってんだけど、映画やるの!?• 田中圭が映画化って言ってる!!超うれしい!!! 皆さん映画化に対する期待がかなり高まっていますよね。 「最後の一言=劇場化のこと」だとしたら、田中圭さんがボケで発しただけで、劇場化については全く予定が無いですよ、という番組制作側からの意思表示なのかもしれませんよね。 この動画をそのまま載せるということは、番組側も映画化について完全に否定はしていない!とも読み取れます。 う~ん、いったん公式からの発表を待つしかないのでしょうか。 最終回のエンドロール後に、黒島が実は赤池幸子の孫だったことが判明し、陰で操っていたのでは…?ということが話題になりました(詳しくは、で考察) さらにその後、赤池幸子が何者かによって殺害されるという事件が起こり衝撃が走りました。 (詳しくは、で考察) 明らかに、まだ事件が終わっていない様子でしたし、黒幕真犯人が他にいるのではないか…?と感じてしまいますよね。 散りばめられた伏線も、まだまだ回収しきれていません。 (未回収伏線は、) そして重要な点が、あな番スピンオフ「扉の向こう」で配信されるのは、「番外編 過去の扉」つまり黒島の高校時代のストーリーになっているのです。 ということは、本編での幸子殺害犯や車椅子の真相等は、「スピンオフではやらない」ことになります。 Huluのスピンオフでやらないのであれば…、「 映画化」という流れが自然ですよね! あのまま事件の真相が明らかにならなかったら、視聴者からの不満が続出してしまいます。 最終回でここまで大盛り上がりを見せたのは、多くの伏線や予想外の展開、SNSでの考察等、視聴者を飽きさせない工夫が随所に盛り込まれていたからだと思います。 ここで、最終回視聴率と映画化の関係について。 2017年に放送された山下智久さん主演の月9ドラマ「コード・ブルー」は、最終回で全10話のうち最も高い視聴率 16. 2019年に放送された窪田正孝さん主演の「ラジエーションハウス」も、最終回で最も高い 13. 「ラジエーションハウス」は、映画化も検討されているということで話題になっています。 そして、「あなたの番です」は、最終回で全20話で最も高い 視聴率 19. とてつもなくカッコイイ流星くんをありがとうございました👏 アクションとかアクションとかアクションとか!!!! 続きは劇場で🙌って待ってます。 「視聴熱」というのは、番組放送前に期待するSNSでの盛り上がりや放送日のリアルタイム視聴、放送後の感想などの熱狂度合いを数値化したもので、視聴率に代わる「テレビの流行」を図る新指標として注目されています。 あな番は、この「視聴熱」のポイントが高いドラマなのです。 ザ・テレビジョンの集計サイトによると、最終回が放送された2019年9月8日の視聴熱ランキングでは、あな番が「 259,974pt」とダントツ1位を記録しています。 放送前後のSNSでの盛り上がりを見れば、当然の結果ですよね! 視聴率では計れない「リアルな盛り上がり」がわかるということで注目されている「視聴熱」ですが、映画化にも大きく影響しています。 それでも、「見逃し配信数」や「公式SNSフォロワー数」が伸び続け、「おっさんずラブロス」になる人が続出するほど「 視聴熱」の高いドラマとなりました。 「おっさんずラブ」は、視聴熱の高さから映画化につながったというわけです。 「あな番」も視聴熱が高いドラマですし、「あな番ロス」という言葉が生まれるほどSNSは過熱していました。 ) 「あなたの番です(あな番)」劇場での映画化や続編はいつ? もうあな番ロス過ぎてやばい。 ずっと聴いてるドラマ繰り返し見てる映画化するよね絶対に見に行くからね楽しみにしてるからね。 — AREN rock0927 大盛り上がりを見せたあな番、視聴者の皆さんからは「映画化や続編はいつやるの?」という声が多数上がっているようです。 ここでは、映画化や続編の時期について、考察していきたいと思います。 映画化は1年後? 映画化の時期については各方面から様々な意見が上がっていますが、ここでは目安として、先ほど視聴率をご紹介した「コード・ブルー」や「おっさんずラブ」を参考に考えてみたいと思います。 「コード・ブルー」は、フジテレビ系列で放送された医療ドラマですが、3rd Seasonが2017年7月17日~9月18日まで放送されました。 そして劇場版が公開されたのは2018年7月27日と、ドラマ放送の約 1年後でした。 「おっさんずラブ」は、オフィスラブをテーマにしたラブコメディで、テレビ朝日系で2018年4月21日~6月2日まで放送されました。 劇場版公開は、2019年8月23日でドラマ放送の約 1年後です。 どちらも、ドラマ放送から 約1年後で映画化されていることがわかりますね! ということは、あな番も映画化されるとしたら約1年後、になる可能性は高いと思います。 続編(特別編)は近日中? 続編(特別編)の放送時期についても、映画化同様に様々な憶測が飛び交っています。 ここでは目安として、先ほどご紹介した「ラジエーションハウス」の例を参考に考えてみたいと思います。 「ラジエーションハウス」は、フジテレビ系列で2019年4月8日~6月17日に放送された医療ドラマですが、最終回の続きの特別編は最終回の直後、 1週間後の2019年6月24日に放送されました。 映画化とは違い、単発の続編はドラマの延長で収録されるケースも多いため、それほど日を空けずに放送される場合が多いようですね! 放送中の視聴熱が冷めぬうちに最終回続編をスペシャルドラマとして放送することで、さらにファンを増やし、映画化までの期間をつなぐという戦略もありそうです。 あな番は今のところ続編の情報が上がってきていませんが、もし最終回の続きを特別番組として放送するとしたら、 比較的早い時期にやる可能性が高そうですね! ある程度期間が経つと、映画化まで待たなければならないパターンが多そうです。 【追記2019. 12】 実質的な続編である「未回収を回収しますSP(仮)」がHuluで配信されることが決定したようです! 詳しい配信日程や詳細の情報はの記事で紹介しています。 >> >> >> >> >> >> >> >> まとめ 視聴者として終わり方残念かもしれないけどこんなに笑顔でクランクアップしてるの思い出したらなんかもうそんなのどうでも良くなりました。 公式ツイッターやインスタグラムで、翔太役の田中圭さんが「続きは劇場で!」と宣言していたことから、劇場での映画化があるのではないか、ということが話題になっていましたね。 また、最終回が中途半端な終わり方をしていたことから、続編に続くのでは!?という期待の声も多くみられました。

次の

横浜流星は黒髪が似合う?最新のあな番や過去の髪型・髪色を調査!

あな 番 インスタ

でも実は死亡フラグが冒頭にありましたね。 菜奈のナレーションのセリフです。 ・・・そんな中でも愛する人との時間が私を支えてくれました。 私はこの幸せな時間だけは、いつまでも、いつまでも…、いつまでも続いて欲しいと思っていました。 いつまでも… 「いつまでも」と過去形が気になりましたよね。 9話では翔太が早苗に監禁され、予告では菜奈が倒れた翔太に駆け寄るシーンがあったので、翔太がもしかして死ぬ? いやまさかね、ミスリードでしょ、と思っていたら、殺されたのは菜奈のほうでした! 正志 阪田マサノブ が神谷に手伝わせようと神谷の名前を呼びますが、神谷はしれっと榎本夫妻を裏切り、外には出ませんでした。 仲間だとバレるのを避けたのでしょう。 神谷と菜奈はとくに何度も会っているので。 303号室に戻って黒島 西野七瀬 をしれっと助け、捜査に来たふりをしたのではないでしょうか。 菜奈 原田知世 は、正志が「神谷」を呼び、「手伝え」といっていたのを聞いていたはず。 そのときは恐怖で頭は真っ白だったかもしれないけど、あとでふと思い出して神谷に言ってしまったとしたら…。 神谷に動機が生まれます。 神谷はかなり実利主義で黒い人物なので菜奈を殺した可能性は大です。 なので動機はアリ。 投票用紙に書いたのは菜奈のことでしょう。 入院している翔太 田中圭 の看病をしていたのもきっと尾野ちゃん! 看護師さんが「奥さんは仕事が終わったらくるんじゃないですか」といっていたのもOLの尾野ちゃんなら納得。 なんでもやりかねない女 怖。 菜奈本人がお見舞いにきていたことは看護師さんの回想シーンでわかりましたが、最後に電話をとったのは別の人物かも。 そうでないと死亡推定時刻と合わない!? 黒島のお見舞いのシーンが尾野が翔太を見舞っていた伏線かもしれません。 一旦は協力し脅迫状を菜奈に見せようと思った藤井ですが、すぐに自分の悪事もバレるかもしれないと思い直します。 全部捨てたといって菜奈を追い返した後に、脅迫状を切り刻んでしまいます。 9話で、シンイーに「あなたの番です」と書いた包丁で脅迫していたことは白状したものの、タナカマサオ ブータン料理店の店長 を殺したかどうかは不明でした。 しかし今回事件の真相を暴こうとする菜奈に対して「いつまで探ってるんだ」と敵意をむき出しにしていたので、そこから殺意が生まれた可能性大。 藤井はシンイーを脅迫しただけなのか、ガス線を切ってタナカマサオを殺したのか。 田宮が「甲野貴文 こうのたかふみ 」の名前を書いたことを知っているのは、田宮から見ると翔太 田中圭 だけです。 翔太に話したら菜奈も知っているとわかっているでしょうが、翔太が早苗や黒島に話していることは知らないはず。 田宮は劇団のチケットを銀行の後輩に売りつけるときに、「 甲野を殺した 犯人の目星はついている」といっていました。 甲野貴文 こうのたかふみ が殺されたときにも、翔太 田中圭 を訪ねようとしてやめる。 翔太 田中圭 を甲野貴文殺しの犯人だと思っているか、ほかに心当たりがあること言いに行ったのかはわかりません。 田宮が引いた紙は「ゴミの分別ができない人」と具体名が出ていなかったので、ウソをついている可能性も大。 菜奈の名前が書かれた紙を引いたのは田宮かもしれませんし、菜奈が田宮の紙を引いたのだとわかったのかもしれない。 田宮は「交換殺人ゲーム」が行われた第1回の住民会で、菜奈を不自然にジロジロ見ていました。 菜奈には覚えがなくても、田宮の過去と何か関わりがある可能性も。 毎回、毎回、予告に田宮の思わせぶり予告があり 笑 、振り回されます。 きっと田宮は最後までこの調子で真相を語らないのではないでしょうか。 理由は・・ ・翔太 田中圭 が病院から戻ったときに玄関でバッタリ会うのがわざとらしい。 ・303号室に監禁されたとき、神谷と何かあったのでは? もともと双子説、彼氏DV疑惑など謎いっぱいの黒島。 菜奈に悪感情はなさそうですが、交換殺人ゲームで脅迫されていたら、わかりませんね。 黒幕ではないにしても、何か関わっていることは確かでしょうね。 すでに亡くなっている住人を除外すると、 以下、 赤字が書いた紙、 青字が引いた紙です。 紙が未登場なものは不明としました。 ・103田宮淳一郎… こうのたかふみ/ 不明 ・104石崎洋子… 石崎洋子/ 不明 黒島の「早川教授」「織田信長」も紙が未登場。 ウソをついてるのでは、と翔太に言われた時もハッキリとは否定しなかった。 シンイーが引いたのは「袴田吉彦」、そしてイクバルたち外国人が殺したことも判明。 石崎洋子の「吉村」も怪しい。 石崎は紙を引いたとき、隣りの久住 袴田吉彦 のほうを見ていた。 翔太が聞き込み時に「本人を確定できないように苗字だけ書いたってことは殺意は薄い人ですよね」と言ったとき、そうではないような顔をしていた。 吉村は誰かの旧姓かもしれません。 かなり高い確率なのに、まだ誰も自分の紙を引いたという人が出てきていません。 わざわざ黒島に計算させたからには、自分の紙を引いた人もカギになるはず。 となると、尾野か黒島になるのですが、黒島がもともと菜奈の名前を書く理由がわからないので、その線でいくとやはり尾野が怪しいですね。 サイコパスな総一は菜奈が殺されたときに施設にいたし、神谷が殺されたときも逮捕されて警察にいました。 もうひとりのサイコパスは黒島の双子か二重人格? 桜木るり? 榎本家の余罪ははかりしれません 苦。 12話で、黒島に「猫が動かない・・」と悲しんだふりをしていた総一のポケットには、浮田殺しを思わせる針金が入っていました。 菜奈殺害時には施設に入っていると思い除外していましたが、想像より早く自宅に戻っていたのかもしれません。 13話で、赤池夫妻、菜奈、浮田殺害の犯人は同一人物という方向性に動き出したので、もれなく容疑者の仲間入りですね。 【あな番考察】菜奈 原田知世 殺害の犯人予想まとめ! 菜奈 原田知世 を殺したのは誰なのか? マンションの住民内なら自分の紙を引いた尾野幹葉 奈緒 、住民外なら神谷刑事 浅香航大 が有力でしょう。 神谷は榎本に渡されたマスターキーを持っているはずだし、神谷なら菜奈も警戒せずに部屋に入れるかもしれません。 事情聴取という目的でも最接近可能。 または菜奈が神谷と榎本家はグルという事実を突きつけるために菜奈がわざわざ神谷を呼んだ? いや、そんな危険なことはしないか・・。 神谷刑事はすっとぼけて捜査を続けるようなので、神谷の動向も注視していきたいと思います。 腹パンを警察に訴えなかった黒島が怪しいと睨んだから? 12話で菜奈の携帯から最後に発信されたのは、藤井と桜木るりが勤める病院と判明。 13話で袴田吉彦殺しの3人めが桜木るり 筧美和子 ということが判明。 となると、桜木るり おそらく殺人アイドル作家・青川エル が総一などを操っていた可能性も急浮上! コナンとのコラボにもヒントがある!? 最新考察はこちら!

次の