モンシロチョウ サナギ。 オスとメスで実は羽の色が違う「モンシロチョウ」

モンシロチョウの蛹の色を変える

モンシロチョウ サナギ

モンシロチョウが蛹になる前の準備について モンシロチョウが蛹になる前の準備について、まずはご紹介していきます。 モンシロチョウなどの青虫が サナギになるまでの期間や越冬方法などを把握していないという方は少なくありません。 モンシロチョウの幼虫が 一度さなぎになってしまったら、成虫になるまで何も食べることができなくなってしまいます。 そのため、モンシロチョウの幼虫が蛹になる前の準備として十分な栄養素をしっかりと蓄えた上で、糞をたくさんしてお腹を空っぽになった時点で蛹になる特徴を持っています。 この間はモンシロチョウの蛹が何も食べないのに問題はないかと不安に感じてしまう方も多いのですが、活動を一切しない状態なため食べなくても問題はありません。 また、モンシロチョウが羽化をした後にはお尻から 赤い液体のようなものが出てきますが、これはモンシロチョウの蛹便と呼ばれており排泄の一つです。 このサナギの間は排便することが一切出来ないため、蛹になる前にかならず糞をしっかり出してしまいます。 しかし、モンシロチョウが幼虫から成虫に変化する時に体に不要なものが混じっており、排出するという方法として 蛹便となるのです。 蝶は羽化する際に背中がパカっと割れて成虫が出てくるのですが、1週間前から10日間の期間は 体の大部分をドロドロに溶かして再構築しているので、羽化する前に割れてしまうと中身はほぼ液体形状であることがわかっています。 そのため、実際にモンシロチョウの蛹を意図的にあけてしまうので幼虫は死んでしまうので昆虫観察をしている間は、触らずに放置しておくことが大切です。 モンシロチョウが幼虫から成虫になる家庭で蛹になる昆虫は と呼ばれており、蝶の幼虫と成虫では代謝機能や消化器官が全く別の形態となることが大きな特徴となっています。 秋になってからモンシロチョウの幼虫が蛹になった場合には、冬を越して春の温かくなった季節に羽化することが多いです。 室内でモンシロチョウを飼育している場合には、部屋が暖かい事により冬に羽化してしまい、生きていくことが困難になってしまう恐れがあるので観察をする際には屋外に虫かごを置いておくことが大切です。 暖かい春から夏の季節にかけてモンシロチョウの幼虫が蛹になる場合は、越冬を行う必要がないので1週間から10日ほどで羽化する特徴があります。 この時に 蛹には1日から1週間に一度のペースで霧吹きで水を吹き、乾燥を防ぐことが必要となります。 室内でモンシロチョウの成虫を飼う予定のある方は、生花を与えるよりも蜂蜜を薄めた物を与えると経済的にも負担が少なく済むので、育成しやすくなるメリットがあります。 明るい場所を好むため、窓際にいることが多いです。 夜は早めに虫かごに入れてダンボールなどで覆って暗くすることが大切となります。 モンシロチョウが蛹になる前の環境で茶色や黒い色になる理由 モンシロチョウやアゲハチョウなどの昆虫の種類は、蛹になる前の環境によって 茶色や黒い色に変化してしまうことがあり、きちんと羽化するのか不安に感じてしまう方は少なくありません。 これは蝶類などの昆虫の大きな特徴の一つで、蛹化する環境に合わせて周りの色に合わせて体色が変化することで起こります。 モンシロチョウの幼虫が蛹になる前に 緑色の葉っぱや茎で蛹化する準備すると体色は緑色となり、 褐色の枝などの上で蛹化することによって茶褐色や黒い色に変化するなど、濃淡の微妙な色の変化が見られることがわかっています。 このモンシロチョウのサナギの色の変化は周りの環境の色に近づけることで外敵から身を守ることを目的としており、 少しでも生き残る確率を高めようとする生き物としての適応の一つの姿なのです。 実際に昆虫観察を行う際には、実験として赤色や黄色などのカラーセロファンを周りに置くことによって、色の違う蛹を作り出すといった実験も行われています。 実験をする際にはモンシロチョウの終齢幼虫を4匹用意して、緑と黄、赤や橙など色々な色紙を利用して箱を作ってその中で買う方法や、カラーセロファンを通した光をあててその中で蛹化させることによって、体色がどう変化していくか観察をすることが出来ます。 この時に色紙の箱は上方は閉じないようにして、上方から白色光を当ててあげることがポイントです。 さなぎとなる モンシロチョウの幼虫は三色の色を感じて体色を変化させることが出来る性質をもっているので、色紙やセロファンの色を黄色にすると蛹は黄色には変化せずに緑色になります。 他の色にした場合は、モンシロチョウの蛹の色がどう変化していくか観察をしていくのも非常に興味深い研究だといわれています。 真っ暗の環境を作ったり一時的に光をあててみても蛹の色合いに変化が出てくる可能性があるので、影響などを観察してみると非常に良い観察対象になります。 モンシロチョウのさなぎが羽化するまできちんと観察をしたいという方は、 割り箸などを色箱の中に用意しておくと、蛹化場所を作ることが出来るので羽化まで問題なく観察することが可能になります。 羽化させるために観察していた青虫が、蛹になった時に茶褐色や黒色になってしまって死んでしまったと感じる方は多いですが、寄生されている場合を除いて、直射日光や過剰な湿気を避けた環境であれば無事に羽化することが出来るといわれています。 関連記事.

次の

蛹のからだ

モンシロチョウ サナギ

十分な食物を摂った幼虫は、体を成熟させ相手を捜して子孫を残す「成虫」になるために、体の中で大工事を始めます。 この期間は大幅な体の構造の変更をするため、蛹という一見死んでいるような体に変身をします。 蛹になるための準備:前蛹(ぜんよう) 大きくなった幼虫はある日、エサを食べることをやめて、体の中に未消化の食べ物が残らないよう、最後の糞をした後、蛹になるための準備を始めます。 種類によっては、体の色が突然変化するものもいます。 その後幼虫は180度回転し、お尻にある腹脚を糸座にくっつけ、今度は 帯糸(たいし)と呼ばれる、ベルトのようなものを作ります。 帯糸はアゲハチョウやシロチョウなどの仲間が作るもので、タテハチョウなど蛹が逆さになる種類はこれを作りません。 幼虫はまず枝に糸を丁寧に絡めつけ、その後大きく体を回して、糸で輪を作ります。 アメリカキアゲハの場合、この糸の輪を前脚と中脚の間に持ち、何度も何度も右に左に糸を枝に絡めては輪を作り、また枝に糸を絡めては輪を作り、帯糸を太くて丈夫なものに仕上げていきます。 帯糸を何回重ねるかは種類によって違ってきます。 さて、何とか満足のいく帯糸が出来た幼虫は、最後にリンボーダンスのごとく、体をのけぞらせて輪をくぐり、最後に輪に寄りかかるようにして、ようやく落ち着きます。 蛹の間、蝶は食べることも糞をすることもできません。 成虫になるまでの栄養と水分を十分に補給してから蛹になります。 前蛹の期間は蝶の種類や環境によりますが、1〜3日くらいです。 この時、蝶の体の中で成虫の体になるための大変化が起きています。 これを 蛹化(ようか)といいます。 最後の幼虫の皮を脱ぎ捨てて、新たに蛹へと体が大きく変化します。 蝶の蛹は 帯蛹(たいよう)と 垂蛹(すいよう)という2つの形態があります。 主にアゲハチョウ、シロチョウ、シジミチョウ、セセリチョウなど、成虫の脚が6本みられる仲間に見られます。 アゲハチョウ科の場合、帯糸は後胸にかけられ、更に背中側の帯糸は体にくっついてしまいます。 そのため、片方の帯糸が切れても、もう片方の帯糸がくっついていれば、蛹が落ちることがありません。 タテハチョウ、マダラチョウ、ジャノメチョウなど成虫の時に4本足に見える(実際は前脚が特殊化した)タテハチョウ科のなかまに見られます。 垂蛹(すいよう)の準備 上にあるように、タテハチョウの仲間はアゲハチョウなどとちがって、おしりからぶら下がって蛹になります。 これらの蝶も、蛹になる前にはまず糸座をつくるところからスタートします。 そして糸座が出来上がった後、腹端にある腹脚をしっかり糸座に固定させて、ぶら下がります。 この時幼虫の体は「J」の字の様になるので、英語ではこの状態を「Jハング」と呼んでいます。 準備ができた幼虫はまず腹部を前から後ろへ順に膨らませて、皮を腹端に引っ張っていきます。 そして最後に頭の後、背中側の皮が裂けます。 その後も幼虫はどんどん皮を腹端へ引っ張って脱いでいきます。 この時、蛹は枝から落ちないように、腹部にある突起を利用して、幼虫の皮にしがみつきます。 具体的にどのようにしがみついているのかは、まだよくわかっていません。 突起が二つあるという事は、皮を突起で挟んでいる可能性が考えられます。 この時、腹部の突起で幼虫の皮にしがみついています。 腹部の先端が出た蛹は、こんどはそれを左右に動かしながら糸座になすりつけます。 そうすることによって、糸座の糸が腹部先端にあるマジックテープの様なフックに絡みついていきます。 蛹はこの部分を左右に動かして糸をからめとっていく。 ある程度糸が絡みついた時点で、蛹は幼虫の皮から突起を放して、くるくると回り始めます。 こうすることによって、糸がどんどん腹部先端に絡んで、最後に先端がしっかりと糸座にくっつきます。 この時に大抵幼虫の皮は下に落ちます。 赤い矢印のところに、幼虫の皮にしがみついていた突起が見えます。 突起が見えます。 昆虫の蛹には 裸蛹(らよう)、 被蛹(ひよう)、 囲蛹(いよう)と3種類の蛹があります。 裸蛹は翅や脚が体から離れていて、動くことができる蛹、囲蛹は脱皮した幼虫の皮の中で蛹になる蛹です。 蝶は、被蛹という蛹で、脚や翅が上の写真にあるようにくっついてしまっている蛹になります。 蛹の色 アゲハチョウなどの蛹は、緑色の蛹と茶色の蛹があります。 これは周囲の色に溶け込むためにといわれており、確かに枯枝には茶色の蛹、まだ緑色の葉っぱがついている枝などには緑色の蛹がついるのをよく見ます。 ある実験で、緑の草の上に緑色の蛹と茶色の蛹を、10匹ずつ置いてニワトリを放したところ、茶色い蛹は8匹、緑色の蛹は2匹食べられてしまいました。 このことから、蛹の色は保護色として大いに役に立っていることが分かります。 ちなみに、違う色の蛹とはいえ、どちらの場合でも同じ蝶が出てきます。 <モンシロチョウの場合> ・赤い箱の中で灰色の蛹になった。 ・黄色い箱の中では緑色になった。 ・黒い箱の中では黒褐色になった。 ・青い蓋のところで、緑色の蛹になった。 ・幼虫の目にマネキュアを塗って、白い箱に入れたところ、黒褐色の蛹になった。 このことから、モンシロチョウの蛹は、目に見える明るさなどが蛹の色に影響しているものと考えられます。 <アゲハチョウの場合> ・まだ生きている茶色い枝で、緑色の蛹になった。 ・まだ緑色の草の茎で、茶色い蛹になった。 ・つるつるの針金では緑色の蛹になった。 ・ざらざらの針金では、茶色い蛹になった。 アゲハチョウの場合、周りの色だけが決め手になっているわけではなさそうです。 触った感触や匂いなども影響しているのではないかと思われています。 また、頭部よりホルモンが体内に放たれ、それに反応して茶色に変わると考えられています。 アゲハチョウの茶色い蛹は、前蛹から脱皮した時は緑色をしており、それから徐々に体が固まるにつれ茶色に変わっていきます。 ある実験でアゲハチョウが前蛹の時、体を糸で縛ってその影響を調べたところ、縛った場所から頭部までは茶色になり、それより腹部先端までは緑色になるという結果がでました。 このことから、蛹の色はおそらく頭部より出るホルモンによって、決められるのだろうということが考えられます。 特に蛹になる1〜2日前から急速に幼虫の中で変化が起こり始めています。 蛹を外側からよく観察してみると、すでに成虫の特徴を確認することができます。 例えば、大きな目、翅、長い脚、長い触角など。 これらは幼虫のときにある程度基礎が出来上がっていたので、幼虫から成虫に似た部位を持つ蛹がいきなり出てくるわけです。 ただし、蛹で見えるからといって、それぞれの器官が完成しているわけではありません。 本当の工事は蛹の時に行われます。 幼虫と成虫の主な違いを見てみましょう。 特徴 幼虫 成虫 目 飛ぶために、強い筋肉が必要。 それは翅の芽(め)とよばれ、中胸と後胸に一対ずつあり、体の内部に向かって袋を裏返したようになっています。 これが裏かえって表に出てきます。 翅が裏かえるタイミングは種類によって差があり、モンシロチョウの場合は、5令幼虫の最後に羽が裏かえる事が観察されています。 表に出てきた翅は蛹の側面にくっつきますので、蛹を良く見ると、翅になる部分を観察することができます。 ある研究で、(他の昆虫ですが)この時の細胞の数を観察した人がいます。 その時の細胞の数の変化は次の通りだったとの報告があります。 状態 翅の細胞の数 終令幼虫 100程度 蛹になった直後 約38,000個 蛹が固まったころ 70,000個以上 幼虫の皮を脱いで、蛹になるまでの時間は数分です。 これだけの時間で上のように細胞分裂が行われるのは驚異的なことです。 特に筋肉はまったく違うつくりとなるため、一度筋肉は溶け、新しい筋肉へと作り変えられます。 このため、蛹を解剖すると中がどろどろの状態で非常に判りにくい状態になっています。 最近蛹の中をCTスキャンで見ることができるようになりました。 ここでは、ヒメアカタテハが蛹になってから中身がどのように変化しているかを見てみましょう。 これは、ロウ氏ら(Tristan Lowe et al, 2013)から許可を得て使わせていただいている、ヒメアカタテハの蛹の中をCTスキャンで写した画像です。 ヒメアカタテハが蛹になった時、実はすでにほとんどの体の形は出来上がっています。 画像の中の青い線はです。 翅にどんどん広がっていくのが見えます。 赤いのは中腸です。 幼虫の時活躍していた消化器官が小さくなっていきます。 後半になって現れるオレンジの器官はです。 そして、ちょっと見えにくいですが、腹部にある緑色の場所は、空気が入った隙間です。 なお、翅の が蛹の中で変わるさまは蛹の外からでも観察できるので、いくつかの例があります。 ギフチョウの例 ここでは乾さんが「チョウの不思議」という本で書かれている、ギフチョウの蛹の中身の移り変わる様子を見てみましょう。 なお、ギフチョウは春に成虫が出現し、卵から蛹まで春の間に成長し、蛹で越冬をする種類です。 蛹の中の移り変わりは、蝶の種類によってタイミングが違ってきます。 5月下旬 蛹の中は脂肪のかたまりのよう。 9〜12月下旬 翅がはっきりしてくる。 鱗粉が見えてくる、ただし乳白色。 12〜2月 休眠 3月上旬 体色がこくなる。 3月中旬 オスメスの区別がはっきりしてくる。 3月下旬 メスの卵ができ始める。 翅に縞模様ができ始める。 4月上旬 鱗粉がはっきりしてくる。 ほぼ完成。 さて、体を作るのが終わると、いよいよ羽化(うか)をする時がきます。 1978. チョウの形態 同定のための基礎知識. 東京都. ニュー・サイエンス社 Lowe, T. , Garwood, R. , Simonsen, T. , Bradley, R. 2013. Metamorphosis revealed: time-lapse three-dimensional imaging inside a living chrysalis. Journal of the Royal Society Interface, 10 84 , 20130304.

次の

モンシロチョウのさなぎから羽化までの期間と育て方の注意点

モンシロチョウ サナギ

モンシロチョウとの出会い モンシロチョウと最初に出会った時のことを覚えていますか?私はちょっと思い出すことができません。 身近にいすぎてはっきり思い出せないのだと思います。 そのくらい近い存在の蝶なのですね。 小学校の教科書にモンシロチョウの一生が載っていたのを見たような気がするんですが、それが私の中にあるモンシロチョウの最初の記憶だったりします。 モンシロチョウってどんな虫? 畑から公園などでも見られる蝶で、学校の校庭などでもよく見かけます。 成長も早いことから生き物の飼育観察にとても向いている蝶で、小さくて可愛らしいので絵本などのモチーフにもよく使われます。 成長も早いのですが、春から秋にかけて何回も発生するのでかなり長い期間見ることができます。 人気がある反面で、イモムシはキャベツなどの農作物に被害を与える害虫の側面もあります。 よく見られるチョウの一種 とてもなじみ深いチョウチョで全国的に見られます。 キャベツ畑やアブラナ畑によくいるので飼育観察もしやすいです。 モンシロチョウの名前の由来 モンシロチョウの羽には黒っぽい紋(もん)が2つ入っていますね。 そこからモンシロチョウと名付けられました。 シロチョウ科 チョウ目というグループの中の「シロチョウ科」に含まれている一種です。 モンキチョウやツマキチョウなどが近い仲間として知られており、ほかにも30~40種類ほどが日本で見られます。 モンシロチョウの特徴 オスとメスの違い モンシロチョウには春型と夏型が現れます。 春・夏共通して、メスは羽を広げた時に、付け根の部分に灰色を帯びている範囲が広いです。 羽を閉じた時の印象は、夏型ではメスは黄色みが強くなります。 モンシロチョウの卵アップ モンシロチョウの幼虫(青虫・アオムシ) 青虫(アオムシ)といえば畑で見られるモンシロチョウの幼虫が代表的です。 緑色の姿から「アオムシ」と呼ばれています。 緑色のことを「青色」と表現することありますよね。 信号の「青信号」とかもそうですし、自然のことも「青々と茂った」とかの表現を使います。 「青汁」なんかも緑色の飲み物ですね。 そういえば、アオムシといえば有名な絵本もあります!エリック・カール著「はらぺこあおむし」がとても有名で、小さいころからアオムシに親しんできた人も多いことでしょう。 孵化(ふか)した幼虫は最初は黄色をしています。 まずは最初に自分が今まで入っていた卵の殻を食べます。 餌を食べ始めると、体の中が緑色になっていきますが、一度脱皮すると全体が緑色になります。 そこからは餌をもりもりと食べて5齢幼虫(終齢幼虫)になるまで大きくなっていきます。 終齢幼虫までなると、側面に黄色い紋模様が見えています。 この頃になると生まれたてとは比較にならないくらいの餌を食べるようになります。 モンシロチョウの羽化。 モンシロチョウの成虫 羽化して出てきた成虫は、羽がしっかりと固まるまでじっとしています。 モンシロチョウの成虫 モンシロチョウの天敵(寄生蜂・アシナガバチ・鳥類・カマキリなど) モンシロチョウなどの青虫には天敵が多く成虫になるまで生き残れるのは数%と言われています。 その中でも有名なのは「アオムシコマユバチ」という寄生蜂です。 野外で大きく育った青虫を取ってくると、かなりの割合で寄生されています。 他にも、アシナガバチ類や鳥などに捕食されます。 モンシロチョウの飼育 卵を産み付けてから2~3週間ほどで成虫になります。 見られる期間も長く、春先から秋くらいまでで5~6回ほど発生すると言われています。 しかし、寒い地域では成長も遅く年に2回くらいしか発生しません。 暖かい地域ですと7回くらい発生することもあるそうです。 成長がとても早いので、飼育観察などにも向いているチョウチョです! 成長が早いのでモンシロチョウを飼育して観察するのはおすすめ! ・コマツナやキャベツを食べるからアオムシなのだろうか? ・紫キャベツを与えたアオムシは何色になるのだろうか? なども試してみました!.

次の