ペイジー コンビニ。 ペイジーをクレジットカード払いする方法

ペイジーをクレジットカード払いする方法

ペイジー コンビニ

もくじ• ペイジー(Pay-easy)はコンビニ支払いできる?できない? ペイジーはその目的から、コンビニの窓口での支払いはできません。 逆に言えば、コンビニのレジに並ぶことなく出来るようにしたシステムが、「ペイジー」だからです。 そもそもペイジーとは? ペイジーとは、税金や公共料金などの支払いを、パソコンやスマートフォン・携帯電話、ATMから支払うことができるサービスです。 金融機関の窓口やコンビニのレジに並ぶことなく出来るので、手軽で便利な支払い方法として普及しています。 支払いの対象は主に、税金や公共料金が多いですが、最近では各種料金の支払いにも対応してきているので、目にすることも多くなってきたともいます。 コンビニ支払いは可能? ペイジーはコンビニのレジでは支払うことができませんが、ペイジー以外の支払い方法がある場合は、コンビニのレジでも対応してくれます。 振込用紙のようで、ペイジーにも対応しているものがあります。 他には、コンビニに設置のATMでペイジーが利用できるものがあります。 広告 ペイジー(Pay-easy)はファミマにある、ゆうちょ銀行ATMなら可能 コンビニにあるATMと言っても、共用のATMでは利用できません。 しかし、ファミマに設置の進むゆうちょ銀行ATMであれば、利用することが可能です。 コンビにある端末なら全てできるというわけではなく、むしろコンビニで出来るのは、「ファミリーマートにある、ゆうちょ銀行のATMだけ」と思ってもらって良いです。 セブンイレブンのセブン銀行でも出来るのでは?と思いましたが、調べてみるとセブン銀行では取り扱いをしていないそうです。 しかしペイジーの普及が進めば、もしかすると将来的にはセブン銀行でも取り扱うかもしれませんね。 その時まではセブンでの支払いは諦めましょう。 支払い方法は以下のとおりです。 1.税金、料金払込みを押す 2.手入力を押す 3.収納機関番号(5桁)を押す 4.納付番号やお客様番号(20ケタ)を押す 5.確認番号(6ケタ) 6.入力内容を確認して確認を押す 7.現金かカードを選択する 8.代金を支払い、明細書を受け取る クレジットカードで支払いは可能? 残念ながらクレジットカードではペイジーは支払いできません。 ATMでの支払いは金融機関のキャッシュカードか現金だけになっています。 広告 ジャニーズファンクラブ代金をペイジー利用で支払う方法 ジャニーズのファンクラブ代金の支払いが、以前は郵便振替で可能でしたが、2019年4月から、ファンクラブに関する手続きの支払いがすべてペイジー(Pay-easy)での支払いのみとなってしまいました。 そのため、コンビニレジでは支払いすることができませんので、金融機関に出向くか、ネットバンクを利用するしかありません。 なかなか忙しくて行けない方や、ネットバンクに不慣れな方は、ファミマにあるゆうちょATMを利用するのがベストかも知れませんね。 ペイジー(Pay-easy)って手数料はいるの? ペイジーの支払いは、請求先によって手数料が必要なものと、不要のものがあります。 国や地方公共団体へのお支払いは、ほとんどの場合で手数料はかかりません。 民間企業の支払いには必要なところもありますので、それぞれ公式サイトなどで確認が必要ですが、支払いの際に別途追加する形ではなく、はじめから手数料を含んだ額が記載されています。 ジャニーズのファンクラブ代金やコンサートチケットの支払いにはペイジー支払いの手数料が必要ですが、それぞれ案内に手数料を含んだ合計金額(入金する金額)が記載されています。 まとめ ペイジーは記入機関の窓口やコンビニレジに並ばなくても簡単に支払えるシステムで、手数料は請求先によって無料や有料が異なります。 コンビニのレジでは支払うことができないですが、コンビニ(ファミマ)に設置されているゆうちょ銀行ATMであれば支払いは可能です。 セブン銀行では取り扱いしていないそうです。 ネットバンキングでも支払いが可能です。 ネットバンクでの支払いは、事前に金融機関でネットバンキングの手続きが必要になりますので、ペイジーでの支払いが多い方は、この機会にネットバンキングを始めて見るのもありですね!.

次の

A

ペイジー コンビニ

とは、全国のコンビニエンスストアで、ECサイトで購入した商品代金を現金で支払える決済手段です。 クレジットカードをお持ちでないお客さまや、インターネット上でのクレジットカード決済にご不安なお客さまによく利用されています。 当社では、数多くの加盟店さまへコンビニ決済をご提供して参りました。 当コラムでは加盟店さまよりご質問をいただくことの多い、コンビニ決済の仕組みや導入メリットについてご説明いたします。 当コラムでは、コンビニ決済の仕組みやEC事業者さまにとっての導入メリットを解説いたします。 コンビニ決済とは、コンビニエンスストアの代金収納による決済方法です。 クレジットカードをお持ちでないお客さまや、インターネット上でのクレジットカード決済にご不安なお客さまでも使いやすく、24時間いつでもコンビニエンスストアでお支払いいただける利便性があります。 コンビニ決済は、一般的に、「払込票タイプ」と「払込用番号タイプ」の2種類があります。 当社では、「払込用番号タイプ」をご提供しております。 払込票タイプ 「払込票タイプ」は、お客さまが払込票をコンビニエンスストアの窓口に提示して商品代金を支払う方法です。 EC事業者さまは、バーコードや商品の金額、支払期日が記載された払込票をお客さまにお送りする必要があります。 EC事業者さまは振込票の印刷や郵送などの手間がかかるものの、お客さまは世代に関係なく、簡単にお支払いいただける方法といえるでしょう。 払込用番号タイプ 「払込用番号タイプ」は、お客さまがECサイトでご購入手続きをなさる際に、決済に必要な各種番号をECサイト上に表示する方法です。 お客さまは、表示された各種番号をコンビニエンスストアのレジにお伝えいただくか、コンビニエンスストアに設置されている専用端末に番号を入力することで発券される払込票をレジにご提示いただくことで、代金をお支払いいただけます。 「払込用番号タイプ」は、EC事業者さまが払込票をご用意する必要がなく業務面で負荷がかからない一方で、お客さまにはコンビニエンスストアの専用端末を操作いただかなくてはなりません。 コンビニ決済の仕組み 当社のコンビニ決済は、お客さま、加盟店さま(EC事業者さま)、収納会社、コンビニエンスストアが関わる仕組みです。 (1)お客さまが加盟店さまのECサイト上で購入手続きを実施します。 この際に、決済手段としてコンビニ決済を選択します。 (2)~(3)当社を通して、加盟店さまと収納会社間で決済処理を行います。 (4)決済処理完了後、加盟店さまのECサイト上に払込用番号などの情報が表示されます。 (5)お客さまは、コンビニエンスストアの専用端末や店頭レジにて、払込用の情報をもとにお支払いします。 (6)お客さまのお支払い完了後、加盟店さまより商品などを提供します。 (7)~(8)ECサイトの売上である商品代金は、当社を通して収納会社から加盟店さまへ入金されます。 EC事業者さまは当社とご契約いただくことにより、各コンビニエンスストアと直接契約のお手続きをすることなく、主要なコンビニエンスストア店頭でのお支払いを受け付けできるようになります。 コンビニ決済をEC事業者さまが導入するメリット 利便性の高いコンビニ決済ですが、EC事業者さまがご導入するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。 具体的に見ていきましょう。 販売機会の拡大 コンビニ決済は、クレジットカードや銀行口座をお持ちでなくてもご利用いただけるため、お客層が広がり販売機会が拡大します。 特に、 クレジットカードをお持ちでないお客さまが多い若年層や、クレジットカードのオンライン決済に不安をお持ちのお客さまが多い高齢者層を中心にニーズが高く、このようなお客さまをターゲットとされるEC事業者さまはコンビニ決済を導入するメリットが大きいでしょう。 また、コンビニエンスストアを普段からご利用になるお客さまにとっては、日頃のお買い物のついでにお支払いを完了させられるため、銀行振込や代引きよりも気軽にご利用できるといえます。 商品をご購入されたお客さまは、全国各地のコンビニエンスストアでいつでもお支払いただくことができるので、自由度が高く顧客満足度の向上にもつながるでしょう。 約4割もの人が利用する決済手段 2016年の総務省「通信利用動向調査」によると、インターネットで購入する際の決済方法の中で、コンビニ決済の利用率は38. 7%と、およそ4割となります。 最も利用されている決済方法はクレジットカード決済ですが、コンビニ決済も非常にニーズが高いことがわかります。 EC事業者さまはコンビニ決済のご導入で、コンビニ決済をご利用になるお客さまを取り込むことができます。 図表6-2-1-9 インターネットで購入する際の決済方法(複数回答) (出典)総務省「通信利用動向調査」 リアルタイムの入金通知 入金確認をリアルタイムに行えるというのも、コンビニ決済の大きな導入メリットです。 郵便振込や銀行振込では、銀行の営業時間内でしか入金確認を行えません。 一方、コンビニ決済であれば、代金が支払われた数分後から1時間程度のあいだに入金確認を行えるので、ほぼリアルタイムに状況を把握することができます。 入金をご確認にすぐに商品を発送いただけるため、お客さまへのスピーディーな対応も実現できます。 代金未回収や商品キャンセルのリスク軽減 代金のお支払いをご確認後に商品発送いただけるため、代金未回収や商品キャンセルリスクを軽減することができます。 クレジットカード決済のように、不正使用によるチャージバックが発生して売上が取り消される可能性もコンビニ決済ではありません。 また、配達業者が商品と引き換えに代金を受け取る「代引き」では、商品郵送時に受け取り拒否をされた場合でも、EC事業者さまが送料などの手数料を負担する必要がありますが、そのようなリスクなく、より確実な代金回収が可能です。 コンビニ決済のお支払いイメージ 各コンビニエンスストアにより手順は異なりますが、ローソンでお支払いいただく際には、 下記手順でお客さまにお支払いいただけます。 また、ECサイトにコンビニ決済を実装する方法によっては、お客さまの情報をご入力いただく決済画面のデザインを変更することも可能です。 お支払い情報を入力 氏名、メールアドレス、電話番号を入力して、ローソン/ミニストップを選択します。 氏名、e-mailなどのお支払い情報は、入力済みの値が表示されることがあります。 ご購入内容を確認 表示されたご購入内容をご確認ください。 ご購入受付の完了 ご購入の受付が完了しました。 「受付番号」を控え、店頭にてお支払いください。 お支払い期限にご注意ください。 ご指定のメールアドレスに、購入完了メールが送信されます。 控えとしてご利用ください。 ドメイン指定受信を設定している場合は sbpayment. jpをドメイン指定に加えてください。 以下の手順はローソン/ミニストップの各店舗に設置されているLoppi端末で行います。 内容が変更になることがあります。 4.Loppi端末 トップメニュー ローソン/ミニストップ店舗に設置されているLoppi端末にてお手続きを開始します。 控えた「受付番号」および「確認番号」をお持ちの上、Loppi端末のトップ画面から「各種番号をお持ちの方」ボタンを選択してください。 5.受付番号を入力 「受付番号」を入力し、「次へ」ボタンを押します。 6.確認番号を入力 決済時に入力した「電話番号」を入力し、「次へ」ボタンを押します。 7.お申し込み内容のご確認 お申し込み内容をご確認の上、「はい」ボタンを押します。 8.注意事項のご確認 お支払い時の注意事項をご確認の上、「確定する」ボタンを押します。 9.申込券の受け取りとお支払い Loppi端末から「申込券」が出力されます。 「申込券」をレジにご提示のうえ現金でお支払いください。 なお、「申込券」の有効期限は出力から30分です。 代金と引き換えに「領収書」をお渡ししますので、必ずお受け取りください。 SBペイメントサービスが選ばれる理由 当社のコンビニ決済は全国の主要なコンビニエンスストアに対応しており、多くのEC事業者さまに選ばれる理由でもあります。 セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマートに対応しており、当社にお申し込みをいただくだけで、EC事業者さまは各コンビニエンスストア店頭でのお支払いを受け付けることができるようになります。 また、コンビニ決済の売上は当社ご提供の「決済管理ツール」から簡単にご確認いただける他、コンビニエンスストアで商品代金が支払われるとリアルタイムで当社からEC事業者さまへ通知するため、スピィーディーに商品をご発送いただけます。 上述のとおり、当社のでは多くのメリットをEC事業者さまにご提供いたします。 ご導入を検討なさっている場合は、ぜひ一度お問い合わせください。

次の

コンビニ決済とは?その仕組みとメリットについて|決済代行のSBペイメントサービス

ペイジー コンビニ

ペイジーの簡単な使い方をチェックしよう! ATMでペイジーを利用した支払いをする場合、商品購入時にECサイトから通知される「お客様番号」「収納機関番号」「確認番号」をメモして対応している金融機関へ行きます。 ゆうちょ銀行ATMの場合は、「料金払込(ペイジー)」をタッチして、「手入力」をタッチ。 「お客様番号」「収納機関番号」「確認番号」を入力して、内容を確認後に次の画面へ進みましょう。 支払金額を確認した上で支払方法を選択して、内容を確認します。 連絡可能な電話番号を入力して、お金を入れ金額を確認すれば支払いが完了します。 銀行ATMでの支払い方法は、「税金店料金払込み」をタッチしてから「お客様番号」「収納機関番号」「確認番号」を入力。 支払い内容を確認してお金を入れると支払いは完了します。 ペイジーを利用する場合、曜日や時間帯によって、現金での支払いができない場合もありますし、時間外手数料が発生する場合もありますから、事前に確認しておきましょう。 ペイジーコンビニ払いのメリット ペイジーコンビニ払いのメリットは? 税金や公共料金の支払いを銀行の窓口で行っている人もいれば、コンビニで支払っている人もいると思います。 コンビニなら何かの用事のついでに簡単に支払うことができますが、中にはバーコードが印字されていない請求書や納付書などもあるため、銀行や郵便局まで行かないといけない場合もあります。 ペイジーは税金や公共料金だけではなく、民間企業への支払いも窓口に並ぶことなく支払うことができるサービスです。 窓口業務が開いている時間にわざわざ並ぶ必要がなく、インターネットバンキングでの支払いなら24時間365日、いつでも支払うことが可能です。 コンビニで支払いをする場合、コンビニ店内に設置されているマルチメディア端末で、お客様番号を入力して、発券される申込券をレジに持って行けば支払いが可能となります。 ただし、コンビニ払いの場合は現金のみでの支払いとなります。 さらに、支払いの上限額が30万円となっていますから注意が必要です。 ペイジーのメリット ペイジーのメリットをチェックしよう!。 ペイジーは様々な支払いに対応している事がメリットです! ネットショッピングやオークションの支払いにも対応しています。 さらに、ほとんどの金融機関のATMで利用可能ですし、インターネットバンキングにも対応しています。 ペイジーの収納機関には、国や都道府県などの地方公共団体や民間企業などがありますから、「Pay-easy」マークがついている納付書や請求書であれば問題なく利用できます。 ペイジーを利用すれば自宅で支払いをすることができますし、面倒な確定申告も簡単に行うことができます。 ペイジーで電子納税を行えば書類に細かく記入する必要もありませんし、長時間窓口に並ぶ必要もなく大きく手間を省くことができますね! 5. ペイジーのデメリット.

次の