風邪 早く治す 方法。 喉の風邪を早く治す方法!1日で治せる?食事も重要?

風邪を早く治すコツ7選+風邪が長引くNG習慣5選。【全て実践済み!】

風邪 早く治す 方法

風邪をひいてしまったらすべきこと 頭痛や発熱、咳、身体の節々の痛み……。 気づかないうちに体力を消耗しているものです。 それをカバーするために行うことは、• 睡眠をとる• 身体をあたためて安静にする• 栄養のあるものを食べる が挙げられます。 これらは人間が本来持っている 免疫力を上げることにもなり、風邪のウィルスに打ち勝つ身体を作る上で欠かせないものです。 十分な睡眠をとろう 風邪を早く治すためには 睡眠が重要です。 睡眠時間が短くなると、風邪にかかりやすくなると言われています。 身体を休めるためにも、 普段よりも長く睡眠時間をとりましょう。 また、鼻づまりで呼吸が苦しくなることもありますので、 鼻腔を拡張するテープを試してみるのもよいでしょう。 身体をあたためて安静にする 人の身体は 体温が1度下がるだけで、免疫力も下がるといわれています。 同時にエネルギー代謝も下がり、老廃物の排出もうまくいかなくなることがあります。 逆に、 体温が1度上がると免疫力も上がるといわれています。 風邪をひいたときにも、上着などで暖かくしたり、ベッドに入ることで体温を上げることができますね。 また、発熱や咳がひどくなると、知らず知らずに体力を消耗します。 安静にすることで体力の消費を防ぎ、回復を早めることができます。 栄養のあるものを食べる 栄養価が高く、風邪でも食べやすい食事を取ることは、風邪を早く治すのに有効です。 ビタミンや ミネラル、 良質のタンパク質で体力の消耗を補うこともできます。 とくに ヨーグルトや ゼリー、 カットフルーツが手間もなく食べられるのでおすすめです。 これらはコンビニでも揃えていることが多いですね。 もし、カットフルーツが手に入らない場合は、 果汁100%のフルーツジュースなどもいいです。 注意をする点は、 フルーツジュースだけでは水分補給にはなりません。 脱水症状の予防に スポーツドリンクも一緒に取りたいですね。 風邪をひいたときにおすすめの食べ物 風邪をひいたときは身体が弱くなっています。 消化の悪い食事は避けて、 柔らかく胃に負担をかけないものを選んで取ることをおすすめします。 風邪のひきはじめに取りたい食べ物 風邪のひきはじめの食事は、まだ料理ができる状態か、できないほどひどい状態かで対応が分かれます。 無理をすると症状が悪化しますので、コンビニなどを上手に活用しましょう。 野菜の栄養を丸ごと取れる鍋料理 野菜は火を通すと嵩が減り、たくさん食べられるようになります。 栄養素の中には 熱を加えると外へ出てしまうものもありますので、汁もおいしく食べられる 鍋は風邪の時にはピッタリです。 鍋の温かさで身体もポカポカですね。 手軽に栄養を取れる味噌汁 ひきはじめだけど、身体がだるくて料理をしたくない時にちょうどいいのが、 インスタントの味噌汁です。 味噌には、身体を構成する アミノ酸が豊富に含まれています。 インスタントの味噌汁の中には、 野菜がたっぷりと入ったものも販売されていますね。 手軽に栄養を取ることが出来ます。 ひきはじめの身体は、風邪のウィルスとの闘いで 免疫力が低下しています。 それを補うために栄養を摂取してあげると、風邪の治りを助けることになりますよ。 ビタミンや ミネラル、 タンパク質は風邪をひくと減少します。 それにより疲労しやすくなりので、栄養を積極的に取り入れていきたいですね。 発熱したときにおすすめの食べ物・飲み物 熱が高い時には食欲が落ちたり、固形の食べ物を受けつけなくなったりします。 無理に食べると嘔吐や下痢になりかねませんので注意しましょう。 経口補水液またはスポーツドリンク 発熱しているときに怖いのは 脱水症状です。 汗もかきますので、こまめに水分補給をしないと死に至ることもあります。 経口補水液や スポーツドリンクは、水よりも体液の組成に近く、身体に吸収されやすいので、効率よく水分およびミネラルの補給ができます。 また、カロリーも高めになっているので、食欲がわかない時には 水の代わりに取りたいですね。 おかゆ 発熱している時には、喉が腫れて固形物を飲み込むのが難しい時があります。 そんな状態でも比較的食べやすいのが おかゆです。 水分も多く含んでいますので、 胃にも優しく消化がされやすいです。 風邪以外でも身体が弱っている時におすすめです。 発熱している時は 水分が不足している状態です。 ただの水よりも身体に吸収されやすいスポーツドリンクで水分を補うといいでしょう。 また、薬を服用するときには、スポーツドリンクではなく、 水または ぬるま湯で飲むようにしましょう。 コンビニでも買えるおすすめの食べ物 家に帰るのが精いっぱい、料理を作ることができない時にコンビニは便利ですね。 お店に行って買うこともできますし、住んでいる地域によってはインターネット注文と宅配が可能なところもあります。 おかゆ コンビニでも おかゆは手に入ることが多いでしょう。 レトルトのおかゆはお米がトロトロになるまで煮込まれており、温めるだけで手軽に食べられるので、自分で作るのがつらい時には便利です。 胃に負担をかけずに、風邪の時にも食べやすい食べ物です。 ゼリー、プリン 喉が腫れておかゆを飲み込むのがつらい! そんな時には ゼリーや プリンはいかがですか。 よく冷やしたゼリーはつるりと喉ごしがよくて食べやすく、気持ちもすっきりします。 フルーツが入っているものも数多く売られているので、 ビタミンの摂取にも役立ちます。 プリンは卵と牛乳、砂糖で作られているため栄養価が高く、熱で消耗した身体にピッタリです。 食欲が出ず、スポーツドリンクだけ飲んでいると精神的にまいってきます。 ゼリーなどの柔らかく流動的なものでも口にすることで気分が良くなります。 経口補水液またはスポーツドリンク 水よりも早く身体に吸収されやすい 経口補水液や スポーツドリンクは、熱中症の時にも活用されますね。 これらもコンビニで売られています。 もし、甘すぎると感じる場合は水で少し薄めたり、自分で甘さが調整できる 粉末タイプのスポーツドリンクもおすすめです。 免疫力を高めて、風邪を予防しよう ウィルスに対抗する 免疫力を上げることで、風邪を予防することができます。 うがいや手洗いで防ぐことができなかったウィルスも、免疫力を上げて増殖をさせなければ風邪の発症に至りません。 免疫力とは 身体に有害なウィルスや細菌が入ると撃退するシステムが作動します。 侵入した異物から身体を守ってくれるのです。 風邪のウイルスが体内に侵入すると、 免疫反応によって抗体ができ、ウイルスを排除しようとします。 それが 免疫力です。 また、身体の中では日々細胞が生まれていますが、同時にガンになる可能性のある異常な細胞も生まれています。 免疫はそれらの 異常な細胞を殺す働きもしています。 免疫力と風邪の関係性 睡眠不足や過度なストレス、偏った食事などで身体は疲弊し、結果的に免疫力も下がってしまいます。 免疫力が下がると、風邪を引き起こすウィルスが体内に入った時に十分に対処ができなくなります。 それにより、ウィルスが増殖し風邪を引き起こしたり、長引いたりします。 免疫力を高める方法のひとつに食生活の改善 免疫力を手軽に高める一つの方法が、日ごろから 乳酸菌を取ることです。 免疫細胞の多くは 腸に存在していると言われているため、乳酸菌は免疫細胞の住処である腸を整えてくれるのです。 乳酸菌はとくに ヨーグルトに多く含まれており、その他、チーズや納豆、キムチなどの発酵食品もおすすめです。 日々の食事に加えていきたいですね。 実際に、山形と佐賀で行われた臨床試験では、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを1日90グラム食べることで風邪にかかるリスクが低下し、同時にNK活性増強が認められました。 これは、山形県舟形町の70~80歳の健康な高齢者57名と、佐賀県有田町の60歳以上の健康な高齢者85名を対象に、「乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを1日90グラム食べる群」と「牛乳を1日100ミリリットル飲む群」に分けて、乳酸菌の免疫システムへの働きを調べる試験でしたが、牛乳を飲んだ群が風邪をひくリスクを1としたときに、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを食べた群は、有田町では0. 44、舟形町では0. 29と大きくリスクが減少した結果が出ています。 (2つを統合して分析すると0. 39) 免疫力を高めることで風邪は予防できる可能性が高まります。 十分な睡眠や軽い運動、健康的な生活を目指すことでも免疫力が上がりますが、継続は難しいのではないでしょうか? そんな方でも免疫力を高めるために続けやすい方法のひとつとして、日々の食事に ヨーグルトをプラスすることがあげられます。 免疫機能に大きく関わっているとされる善玉菌を含むヨーグルトを摂取することで、 免疫細胞が数多く存在している腸の環境を整えてくれます。 また、ヨーグルトに含まれる タンパク質と カルシウムは牛乳よりも吸収されやすい特徴もあります。 まとめ うがいや手洗いで風邪を予防するにも限界があります。 一度、体内に入ってしまったウィルスは免疫細胞におまかせするしかありません。 ウィルスを増殖させずに倒すことができれば、風邪は発症しませんね。 そのためには免疫力を高めることが重要です。 ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、食事に加えることで私たちの腸内環境を整えてくれます。 腸がきれいになることで、そこに存在している免疫細胞も元気になりますよ。 日々の食事に乳酸菌をプラスして、私たちも元気に過ごしましょう! 【監修】花ノ木睦巳 広島中央通り 内科クリニック院長。 消化器内科の専門医として、消化器がんの診断や治療(内視鏡治療や化学療法・緩和治療)、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)の診断・治療に取り組む。 日本内科学会認定医。 日本消化器病学会専門医・指導医。 日本消化器内視鏡学会専門医。 日本消化管学会専門医。 日本超音波学会会員。

次の

免疫を高めて【風邪を早く治す方法】10年間試してきた奥義とは? | 美人のレシピ

風邪 早く治す 方法

風邪を早く治すコツ7選 風邪を早く治すために僕がやっている方法(コツ)は全部で7つあります。 1:早めに就寝&8時間以上寝る まずは基本中の基本。 いくら栄養をしっかり摂っても、 寝なければ人間の体は回復しません。 なぜなら、一日のうちで人間の体(と脳)が回復するのは、唯一、寝ている時間だけだからです。 早く風邪を治したければ、まずは 寝ることが大事です。 風邪を引いたら、僕は 最低8時間以上は寝るようにしています。 鼻づまりやのどのイガイガでなかなか寝付けないこともありますが、 横になって目をつぶっているだけでも人間の体は回復します。 そのため、眠れなくともとりあえず横になることをおすすめします。 また、早く就寝することも大事。 遅くとも12時前には布団に入るようにしています。 早く布団に入って8時間以上の睡眠をとりましょう! まとめ• 逆におすすめなのは、 の水です。 僕もこれを使ってます。 結局、浄水器が一番経済的だし、美味しいし安全なのでオススメです。 3:食事は野菜・魚を中心に 次に重要なのは 食事です。 人間の体は食べたもので作られます。 風邪を早く治したいなら、 早く治すための食材を選んで食べることが重要です。 具体的には、 野菜を中心に、肉よりも魚を摂るようにするのがおすすめ。 野菜は風邪で失われがちなビタミンやミネラルを豊富に含みます。 かつ、体の抵抗力を高めてくれる抗酸化物質が満載です。 これらを効率よく摂取するため、 できるだけ皮などを捨てず丸ごと野菜を食べるようにしています。 魚はタンパク質はもちろんのこと、 体の抵抗力を高めてくれる良質な油・ DHAとEPA()を豊富に含みます。 これらの油は血流も良くしてくれるため、 体を温め、栄養を体中に行き渡らせる効果も抜群です。 この2つの食材の栄養を余すことなく効率的に摂るためには、 鍋がおすすめ。 色々な種類の野菜と魚が食べられますし、体を温めてくれます。 なお、ポイントは スープも飲み干すこと。 野菜に含まれるビタミンやファイトケミカルは 水に溶け出す性質のものもありますので、具材そのものよりもスープの方にむしろ栄養があります。 作るのも簡単ですし、たっぷりの野菜と魚で作る鍋は風邪を早く治すのに最適です! まとめ• 天然の風邪薬!『エキナセア』はかなりおすすめ! ちなみに、風邪薬の代わりに飲んでいるのが というハーブのサプリメントです。 エキナセアは、天然の抗生物質とも呼ばれている程の免疫力強化に特化したハーブです。 ひきはじめの風邪なら、こまめに朝・昼・晩と飲めばすぐに治ってしまいます。 これは本当におすすめできます!(粒が大きすぎるのが玉にキズ) 5:湯船にゆったり浸かる 「風邪をひいたら風呂には入るな」とも言われますが、僕は 必ず入っています。 湯船にゆったり浸かることで、 血流が良くなり発汗作用が高まります。 発汗するということは、デトックスされるということです。 汗がウイルスや老廃物を体外に排出してくれるので、体の治癒力がアップします! さらに リラックス効果までありますので、僕個人的には、お風呂に入るのは断然おすすめです。 ちなみに、 お湯の温度は40度以下のぬるめのお湯。 時間は20分くらいです。 高温の湯船は神経を刺激して 興奮作用があるので逆効果ですし、 入りすぎると水圧がかかってかえって体が疲れてしまうのだとか。 塩素を取り除く! 安心で快適な入浴のためには? 快適で安心なお風呂にするためには、 お風呂用の浄水器を導入することをおすすめします。 お風呂用浄水器の一番の目的は塩素を除去すること。 湯冷めの原因になるだけでなく、にもなります。 おすすめは、こちらも飲料水のと同様に です。 シャワーヘッドを交換するものから、 水道に繋げるものまで色々ありますので、予算や希望に合わせて選んでみましょう。 6:オーガニックのサプリとプロテインを倍飲み とこれもおすすめです。 サプリメントは マルチビタミン・ミネラルのもの、プロテインは 植物性のものがおすすめです。 本来は食事から栄養を摂るのが望ましいのですが、 風邪をひくと食欲が落ちてしまいがち。 不足する栄養をきちんと摂るためには、サプリとプロテインに頼るのも大事だと僕は考えています。 僕は普段からこの2つを飲んでいますが、風邪のひきはじめには いつもの2倍の量を飲んでいます。 で、飲む時間帯はズバリ 就寝前。 人間は 寝ている間が最も体が回復しますので、この時間帯がおすすめです。 まとめ• マルチビタミン・ミネラルのサプリと植物性プロテインを飲む!• タイミングは就寝前がベスト!• 他にも、朝にも飲むとよりベター。 おすすめのサプリ&プロテインはこれ! ちなみに、僕が飲んでいるサプリメントと植物性のプロテインは下記のものです。 サプリ:• プロテイン: どちらも というメーカーのもの。 オーガニック栽培の原料しか使わず、ノンGMO、食品添加物もなし、さらにもクリアしている、という商品に対する徹底ぶりが気に入っています。 その分、値段は高いんですが、予防医学の権威で、白鵬や日本プロ野球チームに栄養や断食指導も行う の勧めるメーカーでもあるので、ここのを好んで使っています。 迷ったらとりあえずここのを買うと決めているメーカーがあると心強いですね。 7:気持ちだけは治ったつもり! 最後はこれ! 「病は気から」とはよく言ったもので、心と体は一体です。 ストレスを感じると 活性酸素と呼ばれる有害な物質が体の中に発生します。 この活性酸素がクセモノで、細胞を傷つけ、病気の原因を作り出したり病状を悪化させたりします。 つまり、 風邪をひいたストレスで活性酸素が増えるほど治りづらくなるということ。 風邪をひくと気持ちも暗くなってしまいがちですが、気持ちだけは明るくいましょう。 逆に、風邪が長引くNG習慣&風邪が治らない習慣 …と、ここまで紹介してきた方法を全部やったとしても、逆に 風邪を長引かせてしまうNG習慣をやってしまったら意味がありません。 僕は過去に月1で風邪をひいていた時期がありましたが、その時の食生活は今思い出してもゾットします。 笑 その時の食生活というのが、• コーラ(ジュース類)• コンビニやスーパーのごはん• 激安サプリメント• スナック菓子 この4つです。 ぜひご覧ください! まとめ 以上、7つの方法・コツをご紹介しました。 風邪なんてひいていたら仕事も遊びも楽しめません! もしこの記事を読んでいるあなたが風邪のひき始めなら、今回ご紹介した方法を試してみてください。 きっと早く風邪が治るはずです。

次の

鼻風邪を早く治す方法を紹介!

風邪 早く治す 方法

鼻風邪はどうして発症するのか? まず、鼻風邪という病気はどうして発症してしまうのかを考えてみましょう。 鼻風邪というのは、他の風邪と同じように鼻の奥で風邪のウィルスが増殖し、炎症が起こる事で発症すると言われています。 この時に病院に行くと、病院では「風邪をひいたのでしょう」と 風邪の初期症状である事を教えてくれるはずです。 ちなみに鼻風邪の諸症状は次の通りです。 くしゃみ• 鼻づまり 通常はこの3つの症状がもれなくあらわれるのですが、どれもこれも免疫システムだから仕方が無いと、症状の改善を諦める必要はありません。 というのも実践したからといって明日完全に治るという事もありませんが、だからといって何もしなければ辛い症状を耐え抜かなくてはならないわけです。 だったら少しでも快適に過ごせるように、ちょっとだけ工夫や努力をしてみてもいいのではないでしょうか? そこで簡単ながら症状を改善する方法を見てみましょう。 ちなみに鼻風邪によって副鼻腔炎になる事がありますが、風邪が治れば自然と治ると言われていますが、中には風邪が治っても副鼻腔炎が残ってしまい(少数ですが)、癖になってしまう事もあるのだそうですね。 また、これらの鼻炎の症状を抑える方法というのは、副鼻腔炎の予防をしたりする事にも役立つかもしれません。 鼻風邪を早く治すには? 鼻風邪を早く治す方法はいくつかあるので、自分にもこれならできる! と思ったものを実践してみるといいかもしれませんね。 でもこれらの改善の方法を実践しても、全く効果がなくて辛いという場合には、 病院(耳鼻科)に行って鼻の奥の炎症を改善するお薬などを処方してもらうといいでしょう。 問題はその後ですので、病院以外の治す方法を自宅でぜひ実践してみてください。 免疫力を上げるための工夫 病院で必ず言われるのが「暖かくして寝なさい」という事ですよね? 実は、私たち 人間の体というのは温める事で免疫力が上がります。 なので体を温める事を考えて、暖かくなる食べ物や飲み物を用いて免疫力をアップしていきましょう。 この時免疫力を上げてくれるものもいいですが、殺菌作用のある食べ物や飲み物を取り入れるといいですよ! 例えば、生姜湯とかはちみつレモンなどですね。 そして、体を温めるだけではなく次の部分もぜひ温めてください。 鼻周辺を温める事 温める事によって鼻周辺の血管の緊張を和らげ、血流を改善する事ができるので、結果的に 鼻水や鼻づまりを改善する事ができるといいます。 蒸しタオルなどを使って鼻周辺を温めるといいですが、あまり熱くならないように気をつけながら温めるようにしてくださいね。 乾燥を防ぐと鼻づまりは解消する 部屋が乾燥している状態だと鼻づまりが起こりやすくなりますので、加湿を行う事で乾燥を防ぎましょう。 乾燥を防ぐと鼻の通りが良くなってくるので鼻水が出やすくなりますが、雑菌を排出するという意味があるのでできるだけ加湿しましょう。 それだけ鼻風邪の症状が少しでも改善していくという事になるわけですね。 また 小鼻の横にあるツボを刺激する事もいいのでぜひ試してみてください。 薬を飲んだら一番早いのでは? 確かにつらい症状があると疲れてしまいますから、できるだけ早く鼻水などの症状を改善したいと思うはずですよね。 ですが、鼻風邪は風邪の初期症状ですのでウィルスを排出しようとして症状が出るので、できるだけ最初の段階で薬にたよるのはお勧めできません。 そのためにも、 免疫力を高めて症状を改善するために部屋を加湿し、温めるなどをする事を第一に考えてみてはいかがでしょうか。 カテゴリー•

次の