ペーテル・フリント。 ペーテル・フリント/イエスタデイ

www.videocon.com: イエスタデイ: ペーテル・フリント, ヨルゲン・ストルム・ローゼンベリ: generic

ペーテル・フリント

『イエスタデイ(2014)』 c 2014 Storm Rosenberg. All rights reserved. Exclusively licensed to TAMT Co. , Ltd. for Japan Distributed by MAXAM INC. 『スパニッシュ・プリズナー』 c 1997 Jasmine Productions, Inc. , Sweetland Films, B. , 1997『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』『ビッグ・リトル・ライズ』『KIZU-傷-』『DEUCE/ポルノストリート in NY』 c 2019 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved. HBO R and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc. スターチャンネルWEBサイト内に掲載中の情報・写真・映像等を、権利者の許可なく使用、加工、複製、アップロード、ダウンロード、転載、転送、その他の不正使用をすることを固く禁じます。 また、スターチャンネルWEBサイトは、日本国内居住者を対象にしています。 All rights reserved.

次の

www.videocon.com: イエスタデイ: ペーテル・フリント, ヨルゲン・ストルム・ローゼンベリ: generic

ペーテル・フリント

ビートルズのノルウェー版。 誰もが一度は憧れ、今や伝説となった偉大なグループ「ビートルズ」。 邦題は「イエスタデイ」だが、オリジナルタイトルは Beatles。 The が抜けているので、固有名詞ではなく一般名詞の「ビートルズ」。 言い換えれば「ビートルズになりたい若者たち」。 時は1967年、ロック音楽の金字塔「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」が発表された年。 場所はノルウェーのオスロー。 Fab Four に憧れ、彼らになりきった4人の少年たちの青春映画。 バンド結成の夢と恋をひと夏の出来事に凝縮して描く。 北欧の静謐な佇まいと美しい町並み。 青春の弾けるようなエネルギーというよりは、落ち着いたノスタルジックな雰囲気。 これもまた一つの青春像か。 全体に地味な印象は否めないが、同じタイトルで最新のダニー・ボイル監督による本場イギリス版と見比べるのもいい。 メインキャラクターを少年4人とすれば、もう一方のメインはビートルズの音楽。 ここで演奏される名曲たちについてはいまさら何を言っても仕方がない。 代表として Norwegian Wood を挙げておこう。 最後のフレーズはジョンの大好きな語呂合わせで、Norwegian wood でなく、knowing she would ということらしい。 なるほど、それで意味がはっきりする。 昔、ある女の子にぞっこんだった いや、ぞっこんだったのは彼女のほうかな 彼女の方から部屋に誘ったんだ 彼女にはその気があったのさ ノルウェー映画です。 舞台はオスロ。 原作は1984年の小説「Beatles」 Blu-rayはないようですがDVDでも画質や音質はいいです。 1chサラウンド。 オープニングからザ・ビートルズの「シー・ラヴズ・ユー」が流れます。 ダニー・ボイル監督の「イエスタデイ」は主演俳優によるカバーですが本作はザ・ビートルズのオリジナル楽曲が使われています。 課題で「手本にしてる人物は誰か?」という作文を書くかたちで映画は語られていきます。 ビートルズが親友同士だったように友情で結ばれ何をするのも一緒の4人。 グンナーは声がいい。 オラは楽隊の補欠ドラマー。 セブどんな楽器も弾きこなす。 キムは産まれた時ポールそっくり。 ビートルズのような長髪。 「イエスも長髪だったろ」 バンド名「スネイファス」は「状況はいつも通りボロクソ」の略語です。 新譜「サージェント・ペパーズ」を聴く4人。 ビートルズの始動も16歳ぐらいの年頃。 世界を変えるべく「傷心倶楽部バンド」を始めます… 「アビイ・ロード」のジャケットと同じ場面やアップル・レコードのロゴのような青いリンゴなど映画のあちこちに散りばめられています。 音楽だけではなく恋愛もあります。 4人の中でも話の中心はポール・マッカートニー似のキムでニーナやセシリアと恋をします。 時代がちょうどベトナム戦争真っ只中で抗議デモなどもあります。 「なすがままに…」 「レット・イット・ビー」が流れます。

次の

【お勧めDVD】オスロを舞台にした青春音楽映画『イエスタデイ』

ペーテル・フリント

Contents• ストーリー ビートルズが世界中に大旋風を巻き起こしていた 60年代半ば。 そんなある日、ベース担当でポール・マッカートニーに心酔するキムは、見ず知らずの女の子ニーナと映画館で出会う。 別れ際、ニーナに突然キスをされたキムは、彼女がどこの誰かもわからないまま、想いだけを募らせていった。 一方、キムのクラスにセシリアという名の転校生が。 その美少女のピンチをキムが救ったことで、2人の距離は縮んでゆき・・・。 見どころ 本作は、ノルウェーを代表する作家、ラーシュ・ソービエ・クリステンセンが1984年に発表し、 世界20カ国以上で翻訳されたベストセラー小説『Beatles』を元に「ノーベル殺人事件」のペーテル・フリント監督が映画化。 劇中で流れる ビートルズの楽曲はすべてオフィシャルで許諾されたものが使用され、80年代にブレイクしたポップグループ 「a-ha」のマグネ・フルホルメンが音楽監督を務めています。 主人公たちはビートルズの大ファン。 彼らに憧れ、それこそノリでバンドを組みます。 シーンの重要なところでビートルズの名曲が流れますが、見所は 主人公の成長物語。 内気な主人公達が、不器用ながら、必死にそれぞれの人間関係をよくしようとしたり、儚い恋愛があったり、自分たちの知らなかった大人の世界を垣間見たり、誰しもが通るであろう青春の一ページを体験していく主人公の様は、淡くもありながら、 観終わると清々しい気持ちになれます。 All rights reserved. Exclusively licensed to TAMT Co. , Ltd. for Japan Distributed by MAXAM INC. 『イエスタデイ』DVD情報.

次の