温水 プール 関西。 7選

京都市:やまごえ温水プール

温水 プール 関西

今回は関西のグランピングができるプール付きのコテージを紹介します。 プライベートプール付きコテージは沖縄に多くみられますが、実は関西にも数多く存在します。 高級グランピング施設の最高峰ともいえるラグジュアリーの象徴、プライベートプールを完備した関西の施設を紹介しますので、ぜひ、参考にしてください。 関東エリアのプール付きコテージは千葉県2棟、静岡県に2棟と数えるほどしかありませんが、関西エリアには、50棟を超えるプライベートプール付きコテージが存在します。 プールデッキでのグランピングBBQはセレブ気分を満喫できるだけでなく、子どもたちも大はしゃぎできる夏グランピングの強力コンテンツです。 今後も京都府天橋立エリアや兵庫県三木市のネスタリゾート、和歌山県だけでなく、琵琶湖周辺や淡路島などで開発が進むのではないでしょうか。 グランピングを楽しむ方の選択肢が増え、当業界がもっともっと盛り上がることを期待しましょう。 夏場の大人数でのグランピングを想定していることもあり、一棟料金制であれば、人数が多くなれば、1人当たりの宿泊料金も安くなり、豪華なグランピングが低料金で楽しめることになります。 施設サイドも1室の料金が高水準で維持できるので、ユーザー、施設運営会社いずれもWINWINになれる料金制度ですね。 今回紹介する施設の中には、ハイシーズンは1泊30万円を超える超ハイクラスのグランピング施設もあります。 ただ、人数が10名~15名で泊まれるなど、定員MAXで宿泊すれば、必ずしも高額というわけでもないようです。 グランピングなどアウトドア旅行は人数が多い方が盛り上がりますし、ぜひ、皆さんも仲間や家族など誘い合わせの上、グランピング旅行を計画してみてください。 温泉があれば、寒くなる秋や冬のオフシーズンも楽しい旅ができそうですね。 今回の記事では、温泉施設の有無についてもふれていますので、オフシーズンのグランピング旅行の参考にしてください。 オフシーズンは料金も安くなる傾向ありますので、きっとコストパフォーマンスが高い旅になると思います。 1.犬と泊まれるグランピング・ディーバ(京都・天橋立)【2020年夏オープン】 京都宮津市難波野に2020年7月にオープン予定のワンちゃんの同伴専用グランピング施設。 円形の建物に円形のプール、客室天然温泉露天風呂を配した国内トップクラスの贅沢な犬同伴施設となる予定。 全3棟のコテージタイプのグランピング施設。 プライベートドッグラン、犬と一緒にBBQや食事が楽しめるスペースの設置も計画されています。 施設名:グランピング・ディーバ• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ各部屋に完備• お風呂・シャワー:各部屋に温泉露天風呂• 料金:-• 子連れ・幼児:可• ペット・犬:可(プライベートドッグラン、専用足洗など)• 住所:-• アクセス(電車):-• アクセス(車):- 2.ヴィラゼニス(京都府宮津市) まずは、2019年7月にオープンした最新のプライベートプール付きグランピング施設のヴィラゼニス。 ゼニスとはイタリア語で「頂点」という意味で、まさに最高級のグランピング体験できる超高級グランピングコテージです。 ヴィラゼニスの敷地面積は4000㎡以上あり、国内の単体の宿泊棟としては、最大級の面積を誇ります。 宿泊料金はオフシーズンであれば、18万円ほどから。 定員は15名まで可能。 企業などの慰安旅行での利用も多いそうで、週末は予約がとれない人気グランピング施設です。 宿泊棟には、プライベートプールだけでなく、プライベートテニスコート(フットサルコートとしても利用可能)、ジャグジー、サウナ、温泉が完備されています。 約200㎡あるリビングスペースは暖炉や囲炉裏も完備され、冬季でも快適な床暖房が完備されている超ハイスペックのコテージとなっています。 グランピングディナーは同施設を運営しているマリントピアリゾートのシェフが専属で、目の前で調理をする出張グランピングプランや、食材をケータリングするグランピングプラン、持ち込み食材で楽しむBBQも可能。 眼下には、穏やかな宮津湾を見下ろす高台に位置しており、海水浴ができる浜までは、徒歩3分程度で行くこともできます。 広大なプールサイドの横にある芝生の庭には、プライベートで楽しめるファイヤーピットも完備されているため、焚き火を楽しみたいアウトドア派にもおすすめです。 庭に設置されているバーベキュースペースは屋根付きで全天候型でBBQが可能です。 ヴィラゼニスの基本情報• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ完備• お風呂・シャワー:大きな温泉風呂、ジャグジー、サウナ• 料金:18万円(定員6名~15名までOK)~• 子連れ・幼児:プライベートプール、テニスなど• ペット・犬:ゲージ対応• 住所:京都府宮津市難波野397-13• アクセス(電車):天橋立駅より無料送迎あり(事前予約、必要)• アクセス(車):京都縦貫自動車道、与謝天橋立IC下車15分• 大阪・和歌山方面からは中国道経由、舞鶴自動車道をご利用いただくと便利です。 チェックイン場所:ファームグランピング京都天橋立で鍵の受け渡し 3.天然温泉&グランピング 瑠璃浜(京都府宮津市) 2017年5月開業の関西初のプライベートプール付きのグランピングコテージ。 円形のプールが特徴で、夏場は予約がとれない人気グランピング施設です。 2017年開業時は全6棟の施設でしたが、2018年、2019年に瑠璃浜VITE、瑠璃浜リトリートの6棟が新たに加わり、全12棟のグランピング施設として運営されています。 瑠璃浜の入浴設備は自家源泉の天然温泉。 泉質も特徴的で冬でも楽しむことができます。 四方を塀で囲われているため、完全プライベート空間となっており、家族やカップルで静かに楽しみたい方にもおすすめです。 半円形のプライベートプールは、深さ3段階になっており、25㎝、50㎝、100㎝と小さい子供でもプール遊びが楽しめるよう配慮されています。 ディナーは施設側に依頼することもできますし、自前で食材や飲み物も持ち込むことができます。 基本的に別荘のような造りになっていますので、食材の調理をするキッチンスペースや冷蔵庫、調理器具、食器も完備されています。 また、瑠璃浜には、ヴィラ蓮華というコテージに限り、愛犬との宿泊が可能です。 プライベートプール付きのグランピング施設でワンちゃんOKの施設は少ないこともあり、かなりの人気となっています。 天然温泉&グランピング 瑠璃浜の基本情報• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ完備• お風呂・シャワー:天然温泉(半露天風呂)• 料金:7万円~• 子連れ・幼児:プライベートプールなど。 ペット・犬:ヴィラ蓮華は愛犬と泊まれます• アクセス(電車):天橋立駅より無料送迎あり。 アクセス(車):京都縦貫自動車道、与謝天橋立IC下車15分• 大阪・和歌山方面からは中国道経由、舞鶴自動車道をご利用いただくと便利です。 4.天然温泉&グランピング瑠璃浜VITE(京都府宮津市) 先に紹介した瑠璃浜の姉妹施設として、2018年11月にオープンしたプライベートプール付きのグランピングコテージ。 金温泉と呼ばれる赤茶色の客室天然温泉露天風呂が特徴の施設。 プライベートプールのプールサイドには、植栽が植えられ、優雅な雰囲気を醸し出しています。 建物の設計もユニークでプライベートプールを囲むようにL字型のコテージが建築されています。 四方を塀で囲われているため、プライベート感があるのはもちろんのこと、秋から冬季にかけても、薪ストーブが設置されるため、防風がばっちりのプライベートデッキでアウトドアを満喫できます。 冬季は薪ストーブを使ってグランピングディナーを完成させるプランが人気で、ブリの炙り焼きやローストビーフ作りなど、自分たちのペースで豪華な食材でグランピングwp楽しむことができます。 瑠璃浜VITEは海水浴場にも近く、徒歩、3分程度で小松浜海水浴場に行くことができます。 また、同系列のマリーナ施設で、カヤックやバナナボートなどマリンレジャーも楽しむことができます。 天然温泉&グランピング瑠璃浜VITEの基本情報• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ完備• お風呂・シャワー:天然温泉(金温泉)の露天風呂• 料金:7万~• 子連れ・幼児:快適に過ごせるため、おすすめ• ペット・犬:不可• アクセス(電車):天橋立駅より無料送迎あり。 (約20分)要予約• アクセス(車):京都縦貫自動車道、与謝天橋立IC下車15分(大阪・和歌山方面からは中国道経由、舞鶴自動車道を利用いただくと便利です)• チェックイン場所:瑠璃浜アクティビティセンター(京都府宮津市日置3087-13)*先にこちらで鍵をお受け取りください。 5.天然温泉&グランピング瑠璃浜リトリート(京都府宮津市) こちらも瑠璃浜の姉妹施設。 2019年7月オープンのプライベートプールと天然温泉を完備した高級グランピング施設。 天然温泉&グランピング瑠璃浜リトリートの特徴は、何といってもオーシャンビュー。 目の前は黒岬半島と宮津湾をのぞむ絶景となっています。 宮津市の日置エリアは入り組んだ地形になっていることもあり、日本海でありながら、日の出を見ることもできます。 瑠璃浜リトリートからは絶景の水平線からのぼる日の出を眺めることができます。 また、瑠璃浜リトリートは瑠璃浜シリーズとしては、初めて屋外温水ジャグジーも備えています。 海を見ながらのプライベートジャグジーで贅沢な気分に浸ることができます。 リトリートの意味は「隠れ家」。 美しいオーシャンビューを独り占めできるプライベートな隠れ家のようなグランピングコテージです。 天然温泉&グランピング瑠璃浜リトリートの基本情報• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ完備• お風呂・シャワー:天然温泉、屋外プライベートジャグジー(温水)• 料金:8万円~• 子連れ・幼児:快適に楽しめます• ペット・犬:不可• アクセス(車):京都縦貫自動車道、与謝天橋立IC下車15分• アクセス(電車):天橋立駅より無料送迎あり。 (約20分)要予約(大阪・和歌山方面からは中国道経由、舞鶴自動車道を利用すると便利です)• 6.MEZZOオールスイートヴィラズ(京都府宮津市) 日本三景のひとつ、天橋立がある天橋立駅から徒歩10分ほどにあるプライベートプール付きのグランピングコテージ。 全4棟のプライベートコテージには、全棟プライベートプールと天然温泉、プライベートジャグジー(温水)が完備されています。 目の前は宮津湾を一望できるオーシャンビュー。 魚釣りやマリンレジャーも近隣で楽しむことができます。 天橋立駅に近いこともあり、周辺にはおしゃれなカフェやショップも多く、天橋立散策も楽しむことができます。 全長3㎞以上もある天橋立では、サイクリングや観光船などが人気で、そのアクティビティも徒歩圏内で楽しむことができるのがMEZZOオールスイートヴィラズの便利なところ。 敷地面積は1棟当たり300㎡以上もあり、庭やジャグジーは完全プライベート空間でゆったりと過ごすことができます。 温泉のお風呂は室内風呂で、透明の泉質。 天然の化粧水と呼ばれるメタケイ酸を多く含んでおり、美肌の湯として人気。 MEZZOオールスイートヴィラズの基本情報• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ完備• お風呂・シャワー:天然温泉室内風呂、屋外プライベートジャグジー(温水)• 料金:7万円~• 子連れ・幼児:楽しめる。 周辺観光も充実• ペット・犬:不可• 住所:京都府宮津市字万年1058-13• アクセス(電車):天橋立駅より徒歩15分• アクセス(車):京都縦貫自動車道「宮津天橋立I. 」より約9分(大阪・和歌山方面からは中国道経由、舞鶴自動車道を利用すると便利です) 7.マリントピアザスイート(京都府宮津市) 2018年7月、複合型のグランピングリゾート施設シエナヒルズとして、ドームテント型グランピング施設のグランドーム京都天橋立と同時にオープンしたプール付きグランピング施設。 全13棟のプライベートプール付きコテージで構成されています。 全棟にプライベートプールと天然温泉の半露天風呂が完備されています。 もともと、広大な別荘地であった場所に開発されており、別荘地2区画~5区画を利用して、施設が作られています。 最大敷地面積を誇るヴィラシエナは1600㎡以上の敷地面積で、国内最大級の広さの庭を持つコテージ。 高台に位置していますので、ほぼ全棟からオーシャンビューが楽しめます。 コテージには個別に温泉の半露天風呂があり、さらに管理棟にも「海(KAI)」と名付けられた金温泉の貸切り露天風呂も設置されています。 「海(KAI)」の名前の由来は、温泉の泉質が非常に高い塩分濃度で海水レベルに使っている状態に近いため、名付けられました。 海水浴も車2分で小松浜海水浴場にアクセスすることができます。 グランピングディナーはスキレット料理を中心にしたケータリングも予約できますし、食材、飲み物の持ち込みも自由にできます。 また、ヴィラタンゴ、ヴィラルージュの2棟のコテージは愛犬と一緒に泊まることができます。 マリントピアザスイートの基本情報• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ完備• お風呂・シャワー:天然温泉の半露天風呂、管理棟に貸切り温泉• 料金:1棟8万円~• 子連れ・幼児:快適にグランピングを楽しめる• ペット・犬:ヴィラタンゴ、ヴィラルージュは犬と泊まれます• 住所:京都府宮津市日置4054• アクセス(電車):天橋立駅より無料送迎あり。 (約20分)要予約• アクセス(車):京都縦貫自動車道「与謝天橋立I. 海にせり出すかのようにプライベートプールが設置されており、インフィニティプールとなっています。 インフィニティプール越しには天橋立を真横に見ることができます。 夕日がきれいに見える場所ということもあり、夕刻のプールサイドでのグランピングディナーは格別の雰囲気を楽しめます。 プライベートプール付きのコテージは2棟あり、ヴィラコスタデマーレはやや落ち着いた雰囲気の黒を基調とした室内、ヴィラペスカドールは明るい雰囲気のホワイトを基調とした室内になっています。 お風呂は人工温泉のプライベートジャグジーで、プール越しに海をみながら、ゆったりと浸かることができます。 敷地内にはマリーナがあり、大型桟橋からは、魚釣りも体験できます。 レンタル竿は1,000円から借りることができます。 夏場のハイシーズンには、子供や女性でも手軽に楽しめるサビキ釣りで、小アジが良く釣れると評判で、その場で唐揚げや天ぷらで食べることができます。 家族連れや仲間で、にぎやかに過ごすには、最適で2家族で2棟貸切りなどの利用スタイルも多いようです。 宮津ハーバー(コスタデマーレ・ペスカドール)の基本情報• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ完備• お風呂・シャワー:ジャグジー(人工温泉)• 料金:8万~• 子連れ・幼児:魚釣りもでき、快適な環境で最適• ペット・犬:不可• 住所:京都府宮津市波路405• アクセス(電車):宮津駅より車で5分(タクシー代、施設負担サービスあり)• アクセス(車):京都縦貫自動車道、宮津天橋立IC下車、10分 *大阪・和歌山方面からは中国道経由、舞鶴自動車道を利用するとと便利です 9.金温泉&プライベートプール花菖蒲(京都府宮津市) 2017年11月開業の温泉、SPAが充実しているプライベートプール付きのコテージ。 露天風呂は1棟に3種類、完備されています。 炭酸泉、金温泉、薬湯の3種類のお風呂に24時間好きなタイミングで入ることができる贅沢な過ごし方ができます。 プライベートプールのプールサイドでは、BBQコンロを借りて、グランピングBBQが可能です。 温泉やプールに交互に入りながら、BBQもできる贅沢な施設です。 グランピング料理は、地元、京都宮津産の海鮮や野菜を使ったスキレットを中心にしたグランピングプランや但馬牛や京都和牛の豪華なBBQも予約することができます。 金温泉&プライベートプール花菖蒲の基本情報• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ完備• お風呂・シャワー:露天風呂が3種(炭酸泉、天然温泉、薬草湯)• 料金:7万円~• 子連れ・幼児:快適で向いている• ペット・犬:不可• アクセス(車):京都縦貫自動車道、与謝天橋立IC下車15分• アクセス(電車):天橋立駅より無料送迎あり。 クリスタルヴィラ白浜公式HPより コテージの中には、愛犬と一緒に宿泊可能な部屋もあります。 グランピングディナーは、春と夏には海や星空を眺めながらサンセットテラスでのBBQが楽しめます。 また、秋と冬には和歌山の名物のクエ鍋など冬にぴったりの4種類のお鍋のメニューを楽しむことができます。 宿泊とチェックインが異なった場所となっています。 チェックイン場所は下記へ。 白浜クリスタルカフェ:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399-3524。 クリスタルヴィラ白浜の基本情報• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ完備• お風呂:シャワージャグジー(人工温泉)• 料金:8万円~• 子連れ・幼児:魚釣りもでき、快適な環境で最適• ペット・犬:不可• 住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399-3524• アクセス(電車):JR 白浜駅からタクシーで約10 分• アクセス(車):南紀白浜IC下車、15分 Villa・Mon・Temps・Awaji公式HPより 海側に建つ見た目も美しい総ガラス張りのテラスもあります。 屋外にいるような感覚で、海を見渡しながら心地よい空間をお楽しみいただけます。 冷暖房完備なので、夏や冬、季節を問わずに利用が可能。 移動できる椅子、テーブルがあり、お好みのレイアウトでBBQのご利用も可能です。 1棟168,000円(6名定員)~。 淡路島の北部に位置しているため、関西方面からのアクセスも良好です。 Villa・Mon・Temps・Awaji(ヴィラモンタン)の基本情報• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ完備• お風呂・シャワー:個別風呂完備• 料金:1棟168,000円(6名定員)~• 子連れ・幼児 :快適な環境で最適• ペット・犬 :不可• 住所:兵庫県淡路市楠本374-1• アクセス(電車):JR三ノ宮駅から高速バスで45分• アクセス(車):神戸淡路鳴門自動車道、淡路IC下車5分 12.ネスタリゾートロイヤルスイート(兵庫県三木市) 兵庫県三木市にあるネスタリゾートの高級グランピング施設。 大きなプライベートプールや専用チェックインカウンター、専用駐車場などセレブ感が満載の超高級施設です。 お値段もトップシーズンは20万円~というネスタリゾートのなかでも最高級の位置づけ。 ロイヤルスイートCの敷地面積は1036㎡。 最も広いロイヤルスイートAは、なんと1659㎡もあります。 ロイヤルスイートC朝食付きプラン200,000円(8名定員)~。 夕食は別途料金が必要です。 ネスタリゾートロイヤルスイート公式HPより 広々としたベッドでありながら、最大8名まで利用が可能で、グループ単位のグランピング旅行におすすめです。 三木市は電車のアクセスが不便なところですが、ネスタリゾートへは大阪駅・三宮駅から往復バスが運行しているので安心です。 車の運転に不安がある、もしくはマイカーがない女子旅にも便利です。 マイカーの場合は駐車料金が必要(普通車1,000円中型車2,000円大型車3,000円)。 チェックインはクラブラウンジで。 (直接施設にアクセスしてください) ネスタリゾートロイヤルスイートの基本情報• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレ完備• お風呂・シャワー:個別のお風呂完備• 料金:20万円~(8名定員)• 子連れ・幼児:最適• ペット・犬:同伴可能• 住所:兵庫県三木市細川町垂穂894-60• アクセス(電車):神戸電鉄、緑が丘駅、神姫ゾーンバス20分(土日祝のみ)•

次の

プールの季節がきた~!関西でお勧めのプールランキングベスト7!

温水 プール 関西

滋賀県 ダイヤモンド滋賀 家族連れのお客様に好評なのが、全天候型の屋内プール。 全長110mの流水プールや25mプール、リラクゼーションスペース、ジャグジーと充実した施設が人気の理由です。 天井は開閉式のドーム型で、晴れた日は太陽の光が差し込んで快適です。 大浴場や露天風呂の他、サウナや打たせ湯が楽しめるバーデゾーン、岩盤浴、フィッシュテラピーから温泉プールや寝ころびゾーンまで揃っています。 様々なアミューズメントプールが用意されており、洞窟や滝、ジャングル等がモチーフになっています ジャグジー等のリラクゼーション施設もあり、温泉気分を楽しめます。 さらに、水深50センチの小プールもあるので、小さなお子様でも安心して一緒に遊ぶ事ができます。 更衣室のロッカーは無料で、そのキーを使い施設内の自販機や売店で飲食物の購入ができるため、財布を持たず手ぶらで遊べます。 5mから1. 0m、広さ1. 340㎡と広大なアミューズメントプールで、ウォータースライダーやキノコの噴水があり、お子様から大人まで楽しめる遊びのプールがあります。 他にも、水深0.5mの滑り台付の「ちびっこプール」、長さ100mの人気のある「スライダー」があります。 屋外には目の前がすぐ海の光景で、広さ1. 320㎡の広大な「大型プール」、小さなお子様でも楽しめる「お子様用プール」、大きな浮き輪を使ってすべる「スライダー」、遊び疲れたお子様たちや泳ぎ疲れた人たちが休息する「ジャグジー」など、屋内だけではなく屋外でも楽しく遊べる施設が満載です。 大阪市内からも車で45分とアクセスも便利な大自然リゾート施設です。 com] 尼崎スポーツの森 広大な敷地に屋内プールやフィットネス、ウォーターパーク、グラウンドゴルフ、アイススケートなど、多彩なスポーツ&レジャー施設が充実しています。 屋外プールには、専用の大型チューブに乗って滑り降りるスライダー「リバーライド」、約9m以上の高低差を描きながら滑降するスライダー「ボディスライダー」の2本のウォータースライダーをはじめ、波の出る造波プール、造波プールと一体式の流水プール、子ども達が楽しめる遊具プールなど、子どもから大人まで楽しめるアトラクションがあります。 他にも、天然温泉の「露天風呂」や「ナノ・高濃度炭酸泉」など10種類のお風呂・岩盤浴・各種レストラン・カラオケ・宴会場・キッズルーム・お子様一時預かり所(対象0歳~9歳)などが揃っています。

次の

全国屋内温水プール情報【水夢王国】:(近畿地方編(大阪府は除く))

温水 プール 関西

スポンサーリンク 1.メナード青山リゾート メナード青山リゾートはそのエリアだけでたくさんの非日常的なことを経験することができます。 今年も行ってきました。 親は桐生温泉を目的に、子供は室内温水プールを目的に行ってきました。 桐生温泉「香楽の湯」 メナード青山リゾートには2つのホテルがあります。 ホテルシャンペールと青山ホテルの2つ。 そのどちらのホテルにも温泉がついています。 我が家はメナード青山リゾートに行くときは必ずホテルシャンペールに宿泊しているので、 桐生温泉「香楽の湯」に入ります。 露天風呂もありますよ。 室内プール 2レーンと浅めのプール、そして温泉ジャグジーだけの小さな室内温水プールがあります。 ジャグジーだけ温泉。 この室内プールはホテルシャンペールでは無く、青山ホテルの方にしか無いのでわざわざ循環バスで行く必要がありますが、十分に楽しめますよ。 【関連】 【関連】 スポンサーリンク 2.神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ JRだと住吉駅、阪神電車だと魚崎駅から六甲ライナーで行けるのが「神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ」。 かなり近場ですが、温泉と室内プールを目的だとありです。 神戸六甲温泉「濱泉」 源泉名「 神戸六甲温泉」があります。 専用エレベーターから温泉がある3階に専用エレベーターで行くことができました。 残念ながら温泉は人がいたので撮影はできなかったので入口だけ。 近場でリラックスできるのでいいですよ。 露天風呂、内湯、うたせ湯、ホットカウチ、サウナがあります。 室内温水プール 会員制のクラブ「ザ・ベイクラブ」内に室内温水プールがありました。 我が家はじゃらんで予約。 最初から温水プールのチケットがついたコースを選んでいるので入ることができたのかもしれません。 注意点としては、会員制プールなので 子供用の浮き輪などは使用不可になっています。 プールにあるヘルパーとビート板を使いましょう。 【関連】 スポンサーリンク 3.ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩 近鉄特急に乗りたいという第一目的で「ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩」に宿泊しました。 終点賢島駅から無料送迎バスです。 もちろん温泉と室内温水プールもあるので、かなり楽しめました。 伊勢志摩温泉「ともやまの湯」 伊勢志摩温泉「ともやまの湯」、源泉名「登茂山温泉」。 これまで行った温泉よりは若干狭かったのですが、泉質が良かったのと肩こりに良かったという記憶が残っています。 室内温水プール「アクアパレス」 温泉と一緒のエリアにある室内温水プール「アクアパレス」。 温水が高めで、かなり湿気を感じました。 行ったのが春直前だったので、水温が高めだったのかもしれません。 温水プールは空いていたのですが、撮影禁止だったので写真はありません。 25mの温水プール、ジェットバス、歩行用ノズル、ミスとサウナがありました。 夏には屋外プールもあるようです。 【関連】 【関連】 4.和歌山マリーナシティホテル ポルトヨーロッパで遊び、温泉で遊ぶのを目的に「和歌山マリーナシティホテル」に行ってきました。 屋外ですがプールもありますよ。 天然紀州黒潮温泉 和歌山マリーナシティのすぐ横にあるのが「天然紀州黒潮温泉」です。 残念ながらホテル内にはないので、一般の方も入ってきます(ホテルのすぐ隣にあります)。 時間帯を間違えると混雑するので注意しましょう。 源泉名「和歌山マリーナシティホットスプリング」。 ナトリウム・マグネシウム-塩化物温泉。 屋外プール ホテル内のオーシャンビューが見られる方に屋外プールがあります。 南国的でとても開放感があり、もう一度行ってみたいホテルです。 我が家が行った時、プールは丁度準備中でした。 もう少し日程をずらせば入れたかもしれません。 プールは2箇所ありました。 上の写真を見てもらえれば、プールの様子がよくわかると思います。 【関連】 【関連】 5.ホテルグリーンプラザ東条湖 関西の方は王道ですが、東条湖おもちゃ王国とセットで「ホテルグリーンプラザ東条湖」に行ってきました。 ここにも温泉と夏季限定ですが屋外プールがあります。 温浴場 湯プラザ「さとわき湧玉の湯」 温浴場 湯プラザ「さとわき湧玉の湯」がホテル内にあります。 泉質はアルカリ性単純温泉。 露天風呂やジャグジー、サウナが2種類ありました。 プール「東条湖おもちゃ王国アカプルコ」 夏季限定ですが、関西最大級のプール「東条湖おもちゃ王国アカプルコ」があります。 このプールはホテル内ではなく、すぐ横にある「東条湖おもちゃ王国」の方にあります。 ウォーターボブスレー、トロピカルプール、わんぱくプール、飛込プールなど。 年齢層にあったプールで楽しめます。 我が家は冬に遊びに行ったのでプールは使っていません。 夏場はおもちゃ王国、温泉、プールなどセットで楽しめます。 【関連】 【関連】 6.夢海游 淡路島 淡路島の洲本市にあるのがホテル「夢海游 淡路島」。 ホテルニューアワジグループです。 洲本温泉・泉質はアルカリ性単純温泉。 ホテル内には温泉が2箇所あり、室内プールもあります。 目の前には大浜海水浴場あり。 温泉1:スパフロア「海風」 本館6階にあるのがスパフロア「海風」。 部屋から近いので気軽に気軽に行ける大浴場です。 温泉2:離れスパ「海音の森」 離れ2階にあるのが離れスパ「海音の森」。 本館2階から専用通路から行きます。 少し離れていますが、とても綺麗で行って良かった温泉です。 室内プール 本館8階にある室内プール(インドアプール)。 水温が高く年中遊べます。 宿泊者は全員利用できるので、子供たちが多く来ている時は混雑していることもありますが、時間をずらすと誰もいない時もありました。 その他、貸切家族風呂もあります。 料理や施設内容、部屋については下の記事にまとめています。 あわせて読んでみてください。 関連: 7.神戸みなと温泉 蓮 神戸ハーバーランドの東側にあるホテルが「神戸みなと温泉 蓮」。 地下から温泉が湧き出ていて、室内&屋外プールがあります。 三宮駅から無料シャトルバスもあるので便利ですよ。 神戸みなと温泉(1階と屋上) 1階は日帰り入浴の方も入れる大きな温泉で、屋上は小さいのですが展望温泉で宿泊者のみが利用できるようになっています。 神戸みなと温泉以外に炭酸温泉、暦風呂、高濃度炭酸泉などもあります。 室内フィットネスプール・屋外温水プール 室内フィットネスプールは泳ぐ人が中心で、屋外温水プールは外にありますが、とても暖かくルールもなく自由に泳いだり遊んだりできます。 室内フィットネスプールと屋外温水プールは隣り合わせになっています。 詳しくは下の記事に詳しくまとめているので、あわせて呼んでみてください 関連: 最後に 関西にある温泉とプールがセットになったホテルを5つまとめてみました。 参考の一つにして下さい。 温泉と夏季限定のプールはよくありますが、1年中遊べる室内プールは少ないです。 室内プールだと宿泊者限定なので比較的空いていることもあり気に入っています。 日焼けしないし、リゾート気分も満喫できますね。 室内プールだと上の3つ「メナード青山リゾート」「神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ」「ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩」がオススメです。 最近子供が6歳になり体力も付いてきているので、屋外のプールでも良いのかなという気になっています。 前ほど神経質に見る必要が無くなってきました。 なので今後は屋外プールが増えるかもしれません。 今後、温泉&プールの組み合わせで家族旅行に行った時はこの記事に追記していきます。

次の