ベンツ ボンネット 開け 方。 ボンネットが開かない・閉まらない原因は?開け方や閉め方を解説!

車のボンネットの開け方や閉め方|中古車なら【グーネット】

ベンツ ボンネット 開け 方

ダッシュボードのドアに一番近い下側に、必ずボンネットオープナーがついています。 クルマのボンネットが上がったイラストが描いてあるので、すぐわかると思います。 そのオープナーを手前に引くと、"ボコン"という音とともに、ボンネットが数センチだけ浮き上がります。 これでロックが外れた状態になります。 ただし、フックはかかった状態ですから、フックを外さなければなりません。 フックを外すには、ボンネットとエンジンルームの隙間に手をいれて、センター付近にあるレバーを操作します。 このレバーを、左右あるいは上方向に動かすことでフックが外れ、ボンネットを持ちあげることが可能になります。 輸入車や一部の高級車は、ボンネットをダンパーで支えているので、手を離すだけでボンネットを開けることが可能ですが、通常はボンネットを開けた状態で固定するステーが装備されています。 ステーを見つけたら、ボンネット側の受け穴にひっかけると、ボンネットは開いた状態で固定されます。 心配な方は、事前にユーザーマニュアルをチェックすることをオススメします。 ボンネットが閉まらない…どうすればいい? さて、ボンネットを開けたら、当然閉めなければなりません。 ところが、ボンネットが完全に閉まらない…なんてケースもたまにあるのではないでしょうか。 閉める前には当たり前ですが、まずステーを外して元の位置に格納してあることを確認。 そのうえでボンネットを閉じることになります。 完全に閉まらない!という場合、ボンネットオープナーを引いたときの状態 フックがかかってる であることが多いようです。 この状態であれば、ボンネットを押せば、ロックがかかるはずです。 ボンネットを上から押すと鉄板が凹みそうという方は、30cmほどの高さまでボンネットを下げて、そこから手を放して落とす =自重で閉める という方法でたいていの場合は閉まります。 それでも閉まらない!という場合、ステーが正しい位置に戻っていなかったり、エンジンルームを点検したときに使った工具や交換したパーツが、どこかに挟まっていることが考えられます。 こうした場合、閉まらないからと焦って思い切り力を入れて押してしまうと、薄い鉄板のボンネットにキズを付けたり、最悪の場合は、ゆがみを生じさせてしまうかもしれません。 ボンネットがうまく閉まらないときは、エンジンルーム内をあらためて点検してください。 どうやってもボンネットが閉まらない…という場合は、、整備工場に相談しましょう。

次の

20系プリウスのボンネットの開け方と閉め方わからない

ベンツ ボンネット 開け 方

英語圏ではエンジンフードやエンジンリッドの名称も用いられるが、日本では一般的にボンネットの名称が用いられる。 英語圏でもアメリカとイギリスで用語が異なる理由としては、英国の用語ではフードとは乗員が搭乗するキャビンの屋根に被せられた布製のカバー[1]のことを示すためである。 1930年代から1940年代までに作られた自動車では、キャビンの屋根であるフードとエンジンルームの蓋であるボンネットは構造上もその機能的な位置づけも類似していて、悪く言えば両者ともただの覆いに過ぎない存在であったため、必要に応じて開閉と同時に取り外すこともできた。 近代的な自動車では、両者は覆いという元の目的そのものは同じであるものの、空力特性の改善、キャビンの気密性の向上、エンジンルーム内の保温性または排熱性などの様々な機能性を持たせるために、ボディと一体化して特化した機能性を持つ存在となり、もはや両者は構造上は類似性が見られないものとなっている。 出典: ちなみにボンネットの歴史はこんな感じです。 現代のボンネットはこんな歴史があって今の形になったようです。 みなさんは車のボンネットを開けたことがありますか。 一度も開けたことがないという人のためにまずボンネットの開け方を確認します。 ボンネットを開けるには運転席の足もとにある車のマークのレバーを引っ張ります。 車種によってはレバーだけのタイプもありますが「ボン」という音がしてボンネットが少し浮いたらOKです。 車の前方に回りボンネットを持ち上げます。 ボンネットの真ん中部分に指を入れてみましょう。 何か当たったら左側に押してみてそのままボンネットを持ち上げてみて下さい。 フックが簡単には開かないように固定されているため、苦労するかもしれませんがここをクリアすると後は固定です。 エンジンルーム内に細長い棒がありますのでボンネット側にある穴に棒を通して引っ張って取り、手を離してボンネットが落ちてこなければ大丈夫です。 今回の手順なくもっと簡単にボンネットを開けられる車もありますので、まずは愛車のボンネットを開けてみましょう。 その後に日常点検開始です。 出典: ボンネットってみなさん開けたことあります?もし開けたことがなければ開け方もわからないですよね。 開け方がわからなければ、車の点検もできないのでボンネットの開け方をおさらいしましょう!!.

次の

車のボンネット塗装と開閉の仕方は?猫バンバンは効果あるの?

ベンツ ボンネット 開け 方

皆さんは自分の車のボンネットを開けることはありますか。 自分でできる限りのメンテナンスをお勧めしている私としては、定期的にボンネットを開けてチェックして欲しいと思っています。 ボンネットの開け方は誰がやっても同じです。 室内にあるレバーを引いてロックを外し、ボンネットのレバーを押して上にあげるだけです。 ボンネットを開けたまま固定する方法は車によって若干違いますが、それほど大きな問題はないでしょう。 では、エンジンルーム内をチェックしてからボンネットを閉める時、どうやって閉めていますか。 ボンネットの閉め方は人によって様々で、正しい方法を知っている人は多くありません。 間違った閉め方をすると、ボンネットを凹ませてしまう場合もあります。 ここではボンネットを閉める正しい方法とその意味を説明します。 一般的に行なわれているボンネットの閉め方 ボンネットの閉め方には大きく分けると以下の方法があります。 手でボンネットを支えながらそっと下し、ロックさせる時に手で押し込む ガソリンスタンドなどでオイル交換したり、ウォッシャー液を補充してもらった場合にこんな閉め方をしている店員を良く見かけます。 大きな音もしないので、車を丁寧に扱ってくれている印象を受けます。 手で支えながら下げていき、完全に閉じる少し前に手を離す ゆっくりとボンネットを手で支えながら下げていき、完全に閉じる少し手前、およそ20㎝から30㎝の位置で手を離し、落下させて閉じる方法です。 ボンネットを落とした際にやや大きめの音がします。 車のボディの進化 車は重くなればなるほど燃費は悪化し、ブレーキの効きも悪くなり、加速も鈍くなります。 色々な快適装備を付けようとするとどんどん重くなっていきます。 本来、車は軽い方が基本性能は高くなるのですが、その時代的にどうしても欠かせない装備を加えていくと必然的に重くなってしまいます。 しかも時代が要求する装備は増える一方です。 また車が衝突した時の搭乗者の安全性も高めなくてはいけません。 これらの条件を満足させるために、現代の車ではボディ外装を軽くしてことで対応しています。 軽く、すなわち薄くしていっても、必要な強度は維持しなくてはなりません。 そのためにボディパーツ毎の形状で強度を出しています。 例えば丸みを持たせた形状にするなどで強度を出しているのです。 またアルミ製のボンネットやボディの車も増えてきています。 昔の車のように頑丈で分厚い鉄板の車が良いという時代ではなくなってきているのです。 欠点がある、手でロックまで押し込む方法 この方法は静かにボンネットを閉めることができるので、いかにも車を大切に扱っているように感じます。 それ故にガソリンスタンドなどで用いられているのでしょう。 ですが、現代の車のボンネットは非常に薄くできていたり、アルミ製のものまであります。 こんなボンネットを上から手で押すとどうなるでしょう。 簡単に凹んでしまい、鈑金しないと直すことができません。 特に アルミ製のボンネットの場合は注意が必要です。 またボンネットのロックも手で押しただけでは不十分な場合があります。 しっかりロックが掛かっていないと、走行中にボンネットが開いてしまう危険性もあります。 正しいボンネットの閉め方は 現代の車にとって最も正しいボンネットの閉め方は、 20㎝~30㎝の高さからボンネットを落として閉めるものです。 この方法なら確実にロックができますので、走行中にボンネットが開く危険もありません。 アルミ製のボンネットであっても、鉄製のボンネットであっても、この方法をとるのが一番確実です。 もちろん閉める際に音がしますので、乱暴に扱っているように感じるかもしれません。 ですが、これが正しい閉め方です。 ディーラーや修理工場、スタンドなどでこのような閉め方をするのは、車のことを正しく理解しているからやっているのだと思ってください。 決して無造作に扱っているのではないのです。 ボンネットダンパー装着車の場合 最近はボンネットを支えるステーの代わりにボンネットダンパーが装着されている車も増えてきました。 国産高級車や欧州車では以前から装着されているものもあり、アフターマーケットでも車種別に設定されたものが販売されているようです。 ボンネットダンパーはボンネットを開ける際、ガスやオイルなどが封入されたダンパーでボンネットを支えるものです。 ボンネットを開ける際に軽く開けられ、ステーを差し込むまで手で押さえておく必要なく保持できます。 また、万が一向かい風が吹いてきてもステーが外れる心配もなく便利なものです。 ボンネットダンパーが装着されている車の場合、ステーで支える車と同じように20㎝~30㎝の高さからボンネットを落としてもしっかり締まらないことがあります。 同じ程度の高さから、やや下に勢いをつけるようにして閉めるとしっかり締まるようになります。 まとめ 最近の車は特に軽量化が進み、一般的な車でもアルミボンネットを採用しているものが増えてきています。 大切な車なのにボンネットの閉め方を間違えただけで凹ませてしまうなんてことは絶対に避けたいです。 車を大切にしたいからこそ、自分でできるメンテナンスをしようとボンネットを開けるのですから、それで修理が必要になると本末転倒ですね。 ボンネットは必ず20㎝~30㎝上から落として閉めてあげるようにしてください。

次の