硬化ケース。 UVレジンで作れる自作スマホケース特集!作り方とレジンを扱う時の注意点とは

「2020年東京オリンピック記念貨幣」専用ケース2種類が販売! 22種類収納可

硬化ケース

Xperia 10 II ガラスフィルム「TOUGH GLASS 3D」ブルーライトカットタイプ 丈夫さで定評のある「TOUGH GLASS 3D」は、独自開発した二次硬化ガラスを使用したディスプレイ保護ガラスプレートです。 一般的にガラスは、熱を加えてから急激に冷やす硬化処理法で強度を高めていますが、この方法では側面・端面まで十分に強化することはできず、金属などで衝撃が加わると「欠け」が生じてしまいやすいという特徴があります。 しかも、この「欠け」は、一定の深さにまで達することで、ガラス自体が割れてしまう原因にもなっています。 「TOUGH GLASS 3D」で使われている二次硬化ガラスは、一般的な熱強化処理を行った後に、特殊な薬品を使った硬化処理を行っています。 2度の硬化処理により、側面・端面を含む全方位の硬化を実現。 さらにガラスの強度自体も大きく向上。 一般的なガラスでありながら、二次硬化処理により強度を誇る化学強化ガラスに匹敵する高強度になっています。 表面処理として多層コーティングも施されており、指の滑りも快適に操作できるだけでなく、汚れにも強く皮脂や化粧品などが付着しても、軽く拭き取ることが可能です。 また、最もぶつけてしまいやすく3Dガラスプレートの最大の弱点になっていたフチも強化。 樹脂(レジン)を使いフチを生成することで、ガラスにかかっていた衝撃をフチが吸収、分散し、3Dガラスプレートがより割れづらくなっています。 ディスプレイのカーブに合わせて成型することでフチの強化を図るだけでなく、貼り付けた際のフィット感も向上させています。 樹脂(レジン)は紫外線で硬化処理を施しているため、触り心地はガラスと同様で違和感もありません。 2度の硬化処理で大幅に強度が向上。 割れないから長く使える 一般的な液晶ガラスプレートに必ず施されている熱硬化処理。 この硬化処理法は、熱を加えた後、ガラスを急激に冷やすことで内部と外部に生じる温度差を利用し、表面と内部それぞれからの応力をかかった状態にするというもの。 これにより衝撃やねじれに対しての耐性が向上します。 一方、「TOUGH GLASS」シリーズで使われている二次硬化ガラスには、熱を使った硬化処理に加えて特殊な薬品を使用した硬化処理も行っています。 熱硬化処理で生じた微細な傷に薬品が浸透させることで耐性をさらに向上。 薬品には繊細な分子間の結合も補強する効果もあります。 2度の硬化処理を行うことで作られた二次硬化ガラスは、一般的な強化ガラスでは難しい側面・端面も強化。 衝撃が加えられることで生じる「欠け」の発生を抑えます。 また表面の強度も強化されるため、通常のソーダライムガラスはケミカルガラス(Dragontrail X)よりも強度が低いものですが、二次硬化ソーダライムガラスはケミカルガラス以上の強度を獲得。 もちろん、二次硬化ケミカルガラスはそれ以上の強度になります。 「欠け」が生じづらく、強度も大幅に向上した二次硬化ガラスを使った従来の液晶ガラスプレートではあり得なかった「タフさ」を実現。 頻繁に買い替える必要もありません。 一般的なガラスと比べ非常に硬く強いアルミノシリケート ソーダライムガラスと比べる数倍の硬度があり、対象性や質感において上回る高品質なガラスです。 従来、ソーダライムガラスと比べて高価な物でしたが、お求めやすいコストパフォーマンスに優れる物をディーフではチョイスいたしております。 格別の操作感を実感できます。 また、汚れにも強く、指の脂や化粧品などが付着しても軽くひと拭きで綺麗に拭き取れます。 万が一割れても、破片が飛散したり指に刺さることのないよう、特殊なフィルムで飛散防止処理が施されています。 Deff ディーフ の名の由来は「Design evolution for the future. 」「独創性の高いアイデア」と「進化するデザイン」で、時代にあったライフスタイル提案とその未来を創造したいという思いが込められています。 ユーザーに本当に役立つ製品を提供する「メーカー」が本来持つべき姿勢を第一に考え、模造品ではないオリジナルにこだわったユーザーの皆様の生活を豊かにしていく「モノづくり」を実現します。 時代や環境によって変化する「使いやすさ」や「最適な素材」を考えた設計に機能美を加え語らずとも製品がユーザーに支持され、国内メーカーとして、日本人による世界に通用するブランドを目指しています。

次の

UVレジンで作れる自作スマホケース特集!作り方とレジンを扱う時の注意点とは

硬化ケース

相談者 相談者:男性 60代 大府市 傷病名:筋萎縮性側索硬化症(ALS) 決定した年金種類と等級:障害共済年金2級 支給月から更新月までの総支給額:年額約250万円 更新月まで約790万円 相談時の相談者様の状況 今回のケースはHPをみた息子さんからの問い合わせ(メール、電話)から始まりました。 年齢的には 特別支援の老齢厚生年金を受給されている方でした。 ALSの診断の確定診断を受け、症状としても進行してきていることもあり、日常生活も介助が必要となることが多くなってきて、少しでも年金額が増えるのであれば申請したいとのことでした。 特別支給の老齢厚生年金を受給していても、 障害年金または老齢厚生年金の障害者特例というものがある為、申請してもメリットがでることが多いことを案内。 さらに、等級によっては65才からの年金にもメリットがあることも案内しました。 障害年金のことだけでなく、老齢年金のことも含めて一体として理解できるように図を書いたりしながら説明させていただき、それらを理解した上で、専門性の高さ認めてもらい受任となりました。 相談から請求までのサポート まず、初診の特定を行いました。 このケースでの特定というのは、 「初診として認められるか」ということです。 本人の言っている初診が審査で認められるかを注意しながら、書類作成。 認められなかった場合の布石も準備し、初診の特定を終えました。 その間に症状や病歴の整理を行いました。 初診として申し立てるところが認められるような内容で病歴就労状況等申立書も作成。 資料も整い、診断書作成に移り、その内容も現在までの流れや症状について申し分のない内容となったため申請となりました。 結果 障害共済年金 2級 初診について疑義照会があるかと想定はしていたのですが、特になく結果が出ました。 当初書類一式の内容や実際の症状から3級になるのではと予想していたのですが、上位等級となり驚きました。 初診についてや等級のことを考えると、共済組合と年金機構では結果に差があるのでは、、と思いますが結果的に良い方向になっているので触れないでおきます。 今回のケースは 難病での申請でよくある、以下の2点がポイントとなりました。 また、今回 障害年金の権利が確定した後に、老齢年金との関係についても疑問、質問があり、 状況や年齢に応じた各種年金の額、組み合わせ、選択する際の必要書類や流れなども説明させていただきました。 当センターが障害年金だけでなく、老齢、遺族といった年金にも強いことから出来る案内です。 障害年金にだけ詳しくても、他の年金との関係から申請に意味が無かったりとデメリットとなってしまうような回答をする事務所もありますので注意が必要です。 障害年金申請はそれ単独でも複雑ですが、他の年金、他の制度(労災等)が絡むとさらに複雑化してしまいます。 そうなると、 書類を集めることに手一杯となり内容は二の次になって、結果的に最良の結果ではなくなってしまうということにもなりかねません。 後々結果を受け入れられなかったり、後悔する前に是非専門家の意見を聞いてみて下さい。 依頼するかどうかはそのあとで考えれば良いです。 当センターは相談は完全無料です。 (何回でもOKです。 ) 問い合わせ方法も電話、メール、受給判定等様々な手段を用意しておりますので、どんな些細な疑問質問でも遠慮なく、お客様のやりやすい方法で問い合わせてみてくださいね。 LINEで簡単にご相談できます。 LINEをお使いのお方はLINEを使って簡単にご相談することができます。

次の

「硬化ケース」に関するQ&A

硬化ケース

従来の光源とLED 従来から、紫外線照射装置によるUV硬化のための光源として、水銀ランプ、高圧水銀ランプ、超高圧水銀ランプ、メタルハライドランプなどが使われてきました。 近年、低消費電力・長寿命であるLEDが光源として登場し、その優位性から採用されるケースが非常に増えています。 UV硬化の速度 UV照射によって樹脂が硬化する際、数秒程度で硬化します。 ですが、硬化速度が遅い場合があります。 例えば環境による要因(大気中の水分)や、機器側の要因(照射波長、強度など)があります。 状況によっては硬化しないというケースもよくあります。 UV硬化を妨げる要因 そのようなメリットが多いUV-LED照射装置ですが、ときたま「固まらない」という声も聞きます。 紫外線LEDでUV硬化しないケースでは、主に、環境、効果材料、照射強度波長といった3つの要因が絡み合って発生していると考えられます。 固まらない理由1:酸素の影響 大気中の酸素の影響で反応が止まるケースがあります。 アクリレート系モノマーを利用する場合、顕著と言われています。 照射強度が弱いと、反応速度が塗膜内の酸素の拡散に負けてしまい硬化しないケースがあります。 光カチオン重合系の開始剤で、対応する添加剤を用いない場合です。 どうしても高湿度環境でのUV硬化が必要な場合は、添加剤により改善することがあります。 固まらない理由3:硬化材料の配合と照射光の関係 光重合開始剤・増感剤の配合が、照射するUVの波長域と適合していない。 先述のとおり、反応する波長域とずれている場合、硬化しません。 固まらない理由4:底まで光が届かない 膜が厚すぎる、影になり光が届かない。 表面が先に硬化し、奥まで光が届かない場合固まらない原因になる。 非LEDでは、短い波長で表面を固め、長い波長で奥を固めるという方式が取れたが、波長域の狭いLEDでは難しく工夫が必要。 合わせて読んでいただきたいコンテンツ 固まらない理由5:照射強度 照射強度が弱い。 旧来の水銀・メタハラ等の光源と比べ、一般的にLEDは照射強度が弱い。 ワークとの距離がある場合も、強度が低下します。 そのように、UV硬化の成否は複合的な要因に基づきます。 旧来の非lED光源(水銀ランプなど)からLED光源の製品に切り替えようとした場合、それまでのノウハウでは活かせない(硬化しない)ケースもあります。 過去の事例を見ると、特に「出力不足」「波長域の違い」から起こるケースが多いように感じます。 従来の非LED光源では、UVランプといえどブロードに近い波長の光が放射されるものが多く、ピーク波長以外の周辺波長域の光が硬化に影響を及ぼすケースもあります。 硬化材料の配合に関しては、「いかに硬化させるか」だけでなく「硬化後に得られる最適な物性」の面も考える必要があり、硬化しないからといって容易には変更し難いケースも多いと考えられます。 最終製品の品質に影響を及ぼすためです。 そのようなお困りの際には、弊社の扱うハイパワーUV-LED照射装置をご検討ください。 実機での検証も可能です。 製品の特徴.

次の