インスリン 自己 免疫 症候群。 ロキソプロフェンナトリウムによるインスリン自己免疫症候群

平田幸正

インスリン 自己 免疫 症候群

5月27日から岡山市で開催された第53回日本糖尿病学会で内潟氏が発表した。 自発性低血糖症は、 糖尿病治療薬の服用や インスリン治療とは関係がない 低血糖症で、突然の震えから意識障害までさまざまな低血糖症状が見られる。 1982年と1988年に東京女子医大が行った全国調査では、いずれでも、原因疾患の1位が インスリノーマで、2位が膵外腫瘍による低血糖症(NICTH)、3位が インスリン自己免疫症候群(IAS)だった。 しかし、近年、学会発表や学会雑誌において、これらとは異なる自発性低血糖の症例報告が目立つようになってきた。 症例の多くは、発症時にサプリメントや漢方薬を服用していた。 そこで、内潟氏らは、20年ぶりに自発性低血糖症の実態を調査し、時代による原因疾患の相違を検討することとした。 「病院便覧」から200床以上の病院(内科部長あて)と大学病院(内科および小児科教授あて)に、全2183通の調査依頼状を送付。 調査に協力できると返答があった施設に、過去3年間の自発性低血糖の患者登録を依頼した。 明らかに糖尿病治療薬やインスリン注射による低血糖症と分かる症例は除外した。 登録された症例が自発性低血糖症の定義に合致するかどうかの判定は、主任および分担研究者による判定会議で行った。 倫理委員会承認後の2009年8月末から2010年1月末までに207例が登録された。 その結果、原因疾患の1位はインスリノーマ54例(26. 0%)で前回の調査と順位が同じだったが、2位インスリン自己免疫症候群(IAS)38例(18. 6%)、3位インスリン拮抗ホルモン低下症が20例(9. 6%)と、インスリン自己免疫症候群(IAS)とインスリン拮抗ホルモン低下症が頻度が高まっていた。 前回は3番目に多かった膵外腫瘍による低血糖(NICTH)は今回は5位で8人(3. 8%)。 1疾患3例以下のものや診断不明例が合計29. 0%を占めていた。 1%を占めていた。 そのほか、コエンザイムQ2が2例、抗リウマチ薬のブシラミンやバセドウ病治療薬のメチマゾールなどが疑われた例も1例ずつ報告された。 また、インスリン拮抗ホルモン低下症20例の内訳は、ACTH単独欠損症8例、汎下垂体機能低下症7例、原発性副腎機能低下症3例、甲状腺機能低下症2例だった。 そのほか、今回登録された症例で、低血糖症と関連していると報告された薬物やサプリメントの使用例は、アルコール9例、コハク酸シベゾリン(不整脈薬)3例、コエンザイムQ2例、漢方薬の男根増進薬2例があった。 (日経メディカル別冊編集).

次の

抗インスリン抗体

インスリン 自己 免疫 症候群

今回は、「インスリン抗体」の検査について見ていきたいと思います。 インスリン注射で治療をしている患者さんは、思わぬ高血糖や低血糖が起きることがありますが、その原因にインスリン抗体があります。 インスリン抗体とは、血糖を下げるホルモンであるインスリンに対して、体内の免疫システムが反応して産生される抗体のことをいいます。 ヒトの体には、ウイルスや細菌、花粉などが体内に侵入したとき、これらを自分の体内の物質ではない異物として認識して排除する、免疫システムがあります。 これらの異物を「抗原」、そして異物から体を守るために産生されるタンパク質を「抗体」といいます。 ご存知のように、インスリンは元々体内に存在するものです。 ですから、通常はインスリンを異物として認識することはないのですが、何らかの原因により体内のインスリンが異物として認識されてしまい、抗体が産生されることがあります。 これを、自己のインスリンに対して産生される抗体という意味で、「インスリン自己抗体(内因性のインスリン抗体)」といいます。 インスリン自己抗体が体内で大量に産生されると、低血糖症状に陥ります。 この状態を「インスリン自己免疫症候群」といいます。 インスリン自己抗体は、1型糖尿病の発症初期に高頻度に検出されることから、1型糖尿病の予知マーカーとして用いられます。 そしてもうひとつ、(自己ではない)体外のインスリン、つまりインスリン製剤が原因で同様のことが起きることもあります。 これを「インスリン抗体(外因性のインスリン抗体)」といいます。 インスリン抗体が産生されると、血糖値が非常に不安定で、血糖値が高いままで下がらなかったり、思わぬ低血糖になったり、注射部位に発赤が出たりと、インスリン製剤を使用している糖尿病患者さんにとって、血糖コントロールやインスリン投与量の調整が難しくなります。 インスリン製剤は、以前は動物由来のものが使用されていたためインスリン抗体の産生が高頻度に起きていましたが、ヒト由来のものが開発されてからはインスリン抗体の産生頻度は減少しました。 また近年では、インスリン抗体は産生されるものの、その量は少なく血糖コントロールやインスリン投与量にほとんど影響しないインスリン製剤も開発されています。

次の

C-ペプチド(CPR)正常値と病気

インスリン 自己 免疫 症候群

1 インスリン自己免疫症候群• 1 疫学• 2 遺伝性• 3 病態生理• 4 臨床症状• 5 検査• 6 治療• 7 予後• 2 インスリン受容体に対する自己抗体• 4 脚注• 5 関連項目 インスリン自己免疫症候群 インスリン自己免疫症候群とは、空腹時低血糖・血清免疫反応性インスリン高値・血清中のインスリン自己抗体の存在、の3つで特徴づけられる自己免疫疾患である。 最初の症例は、1970年に平田幸正らによって報告された。 別名 平田病(平田氏病とも)とも言われる [1]。 日本人の患者では、自然発生的な低血糖発作の原因としては、インスリノーマ・膵外腫瘍についで3番目に多い。 60歳代の発症が多いが、バセドウ病の若い女性患者も少なくない。 男女差はない。 病態生理 約半数において、低血糖発作の4-6週間前に、-SH基のような官能基を持つ薬剤(メチマゾール・カルビマゾール・ペニシラミン・カプトプリル・グルタチオン・イミペネムなど)を投与されているため、薬剤誘起性の自己免疫現象と言われている [ 誰によって? インスリン自己抗体はインスリンに結合する。 しかしこの結合は弱く、インスリンと自己抗体が解離して血漿中の遊離インスリン濃度が上昇すると、空腹時に低血糖を起こすと考えられている。 しかし一方、食後に分泌されたインスリンが抗体に結合して直ちには働かないため、耐糖能異常をもきたす。 インスリン自己抗体の多くはポリクローナルで、IgGクラスに属する。 低親和性・高結合能の自己抗体と、高親和性・低結合能の自己抗体の2種類があり、前者が低血糖発作に関連する。 臨床症状 空腹時低血糖とそれによる低血糖症状(動悸・冷汗・ふるえなど)を起こす。 遊離C-ペプチドとインスリン自己抗体の結合したプロインスリンを反映し、血漿中C-ペプチド濃度も上昇している。 抗C-ペプチド抗体・抗インスリン受容体抗体は検出されない。 治療 頻回に食事(1日6回など)をしたり、低血糖発作時以外には甘い食物を避けるなどが推奨されている。 予後 大多数は予後良好である。 3ヶ月以内に自然寛解し、薬剤中止の4-12ヶ月後にインスリン自己抗体が消失する。 カルビマゾールやメチマゾール治療を継続しても、インスリン自己抗体が自然消失したという報告もある。 インスリン受容体に対する自己抗体 インスリン受容体への自己抗体は、通常は他の自己免疫疾患(全身性エリテマトーデスやシェーグレン症候群など)極度のインスリン抵抗性症候群Bを持つ患者に見出される。 低血糖は、受容体抗体によるインスリン様作用による。 この自己抗体の作用は不明である。 104 東京女子医科大学病院糖尿病センター発行 関連項目• 血糖値• 自己免疫疾患• 自己抗体• 糖尿病• 意識障害• To read the full text you will need to subscribe. hypoglycemia in adults without diabetes mellitus diagnostic approach• insulin resistance definition and clinical spectrum• classification of diabetes mellitus and genetic diabetic syndromes• nonislet cell tumor hypoglycemia• insulin therapy in type 2 diabetes mellitus Japanese Journal• インスリン自己免疫症候群 特集 低血糖患者の診療• 内潟 安子• 内分泌・糖尿病・代謝内科 30 2 , 162-167, 2010-02• 症例報告 意識障害を契機に発見された インスリン自己免疫症候群の1例• 毛利 麻衣子,新谷 眞紀,久保 敬二• 広島医学 63 8 , 608-610, 2010-08• Related Links• インスリン自己免疫症候群とは、空腹時低血糖・血清免疫反応性インスリン高値・血清 中のインスリン自己抗体の存在、の3つで特徴づけられる自己免疫疾患である。 最初の 症例は、1970年に平田らによって報告された... 56歳の男性。 起床時に意識混濁を起こして救急車で搬入された。 数年前から起床時あるいは空腹時に意識消失発作を起こすことがあり、糖分を摂取すると軽快していた。 この間に体重が10kg増加した。 身長160cm、体重75kg。 免疫学所見:抗インスリン抗体7%以下 基準7以下。 最も可能性の高いのはどれか。 : 約 385,000 件 : 約 67,300 件 定義• 血糖値:• 交感神経症状:発汗、振戦、動悸、不安感• 中枢神経症状:判断力低下、眠気、意識障害、痙攣、昏睡 新生児・乳児の低血糖 SPE. 127,210 低血糖を引きおこす病態 DMR. 295• 各種ホルモン分泌不全• 7.,• 9. or 産生腫瘍• 10.の切除後 低血糖の鑑別方法 書きかけ• 空腹時低血糖 :、、、肝細胞癌、間葉系腫瘍• 食後低血糖 :発症初期の糖尿病• 誘発性低血糖 :医原性、アルコール 「 英 関• 血中インスリン。 で測定される。 インスリンに対する自己抗体は、インスリンと複合体を形成してその機能を失わせる。 RIA法ではこの複合体を定量してしまうので、IRI高値を示してしまう。 インスリンが自己抗体から解離すると機能をもつインスリン濃度が上昇する結果低血糖発作が起こる。 「 「 英 , 同 関 [[]]• 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患。 内分泌 先天的代謝異常• :の欠損により尿酸が蓄積するX染色体連鎖劣性遺伝疾患であり、痙性麻痺、不随意運動、知的障害、自傷行為が見られる。 D-233 高プロラクチン血症• 分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。 分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。 性腺機能低下• 嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症• 肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長• 性早熟• 思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着• :汎下垂体機能低下症。 女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。 脳神経外科・神経内科• :椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。 頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。 ペプチド 性状• 産生組織• 肝臓・筋肉でNa-Kポンプを活性化 PT. 482。 の治療には&の投与• アミノ酸、• 受容体型チロシンキナーゼ 臨床関連• 「 英 , 関 免疫の種類 PT. 246-251• humoral immunity とがある。 2 に関与 「 英 関 分子量• 973762 u wikipedia• 単体で化合物としてはP4、淡黄色を帯びた半透明の固体、所謂黄リンで毒性が高い。 分子量124. 基準値 血清中のリンおよびリン化合物 リン酸イオンなどとして存在 を無機リン P として定量した値。 serum phosphorus, inorganic 2. 5—4. Appendix• 5-4. リンは経口的に摂取され、小腸から吸収され、細胞内に取り込まれる。 骨形成とともに骨に取り込まれる。 腎より排泄される。 血清や尿 蓄尿 で定量される。 基準範囲 血清• 基準範囲:2. 5-4. 閉経後女性は一般集団より0. 食前に測定するのが好ましい。 臨床関連• wikiepdia [display] 「 英 関 、、、、、.

次の