進撃 の 巨人 マーレ 編。 【進撃の巨人】マーレ編が長くなりそうだがどう思う?「正義と悪の逆転」等の展開はどうなることやら : 進撃の巨人ちゃんねる

進撃の巨人 マーレ編。戦士候補生たちの紹介。彼等はどのような道を歩むのか?

進撃 の 巨人 マーレ 編

14巻で読むのをやめていましたが、この休み中に23巻まで一気に読みました。 20巻以降、ようやく世界の成り立ちが明らかになってきたわけですが、逆に世界の成り立ちがあらわになったことで 一定のオリジナリティは維持しつつも「なんか見たこと有る話だな」って印象になっていくのは面白いですね。 登場人物の名前から、この話がをベースにしながらも 作者自身が言うように「オルタネイティブ」やら「」へのオマージュを多分に含んでいるのがよくわかります。 18巻までは、自分たちが生き延びるために巨人のいる残酷な世界と戦ってし、より開かれた世界を目指す、というお話だったのですが世界の外が見えてきたことで「自分たちこそが世界の敵だった」ことが判明し、世界観が反転する展開は「東京グール」を思い出しますね。 正直、相変わらずマンガとして読みやすいとは言えず、一話ずつ読むとあんまり楽しくないので、またある程度期間をためて一気に読んでしまいたいと思います。 このエルディア人だけは、巨人になる特殊な性質を持っており、その力によって世界を支配していた。 しかし100年以上前の戦争では、エルディアはマーレ国との戦いに破れ?王家は大陸から離れた孤島パラディ島に逃亡。 方法は不明だが、巨人を硬質化させて巨大な壁を築き、その壁の中で100年ほどの束の間の平穏を過ごし、緩やかに滅びていくことを決意する。 そのために、壁の中に逃げ込んだ人間すべての記憶を改ざんし、王家以外は壁の外に人類が住める世界が存在しない、ということにして統治していた。 こちらも歴史を改ざんし、エルディア人は悪魔の末裔として徹底的に弾圧する一方で、エルディア人を巨人化させ兵力として運用する。 さらに選ばれた人間には「6人の巨人の脊髄液」を注入して特別な巨人とし、この戦力を持って図を拡大していく。 しかし他の国もマーレ国の巨人兵力に負けないよう、科学技術を発展させ、徐々にマーレ国はジリ貧になっていく。 苦境に陥ったマーレ国は、パラディ島の戦力も我が物にしようと計画する。 ・4年前には「始祖の力」と「」の両方の力を「エレン」が所有していることをつきとめ、 彼を本国に連れ去るべく 「ジーク(獣の巨人)」 を派遣して侵攻作戦を行うが失敗する。 この時の失敗で逆に女型巨人・超大型巨人の2つを失ってしまう。 痛み分けで一時的に休戦状態となったが、今後こそ追い詰められたマーレ国は、再度パラディ島の始祖の力を奪おうと再度侵攻を始めるのだった。 というわけで、9人の巨人が鍵になります。 9人の巨人についてはこのページに書いてあるとおりです。 ただし、王家の血を引く「ダイナ・フリッツ」が巨人化した奇行種とエレンが接触した際のみ特殊効果が発動する模様。 鎧の巨人の脊髄液を摂取して硬質化能力を強化したり、 始祖の能力を部分的に得ていたりするので他の巨人の能力を取り組む力がある可能性アリ。 エレンは幼い頃に注射されているので寿命はあと6年。 11歳の時に巨人を継承しているためあと2年しか寿命がない。 身体も大きく、巨人の中でもチートだが、燃費が非常に悪く長時間の活動ができない。 始祖と同じ?) 不明。 マルセルのあとユミルに継承させた理由は? 能力として「無垢の巨人の攻撃を引き寄せる自己犠牲能力」みたいなのがある。 マーレ貴族のタイバー家が所有) 名前だけ出てきている巨人 中東連合がする戦力 巨人以外の陸海軍の戦力は圧倒的に中東連合が上回っている。 巨人のちからがすべてを支配する時代はもうすぐ終わりを迎えており、 航空戦力が本格化する前に始祖の力を手に入れられなければマーレ王国は滅びる。 「鎧の巨人」の装甲をも貫く力を持つ。 遥かに遠方から攻撃することが可能であり、もはやマーレ国は巨人を用いても相手国を侵攻することは困難。 tyoshiki.

次の

『進撃の巨人』の世界がなぜこうなったのかを超わかりやすく解説してみる

進撃 の 巨人 マーレ 編

名無しのお前らが進撃してくる!• 2017年07月19日 15:16 正義と悪の逆転を素直にとるならエレン達がマーレを襲うって考えちゃうよな。 でもマーレ奇襲して損害を与えたところで、世界中がますますエルディア人滅亡を願うだけ。 仮にパラディがマーレを滅ぼせたとしても先が無い、科学の発展により巨人は近い将来無力になるのだから。 パラディが真っ当なら世界に対して、自国の正当性と民族自決を認めさせる方策を考えてる筈なのだが、、。 パラディサイドを描写しないからエレンが何考えてるか分からない、暴走するんじゃないかって不安がでる。 今はエレンが現れた時何をするのか!?っていう期待と不安を溜めてる時期なのだろう。 それが不満な人も多いようだが、自分は凄いワクワクして読んでるよ。 名無しのお前らが進撃してくる!• 2017年07月20日 02:46 今までレギュラーだった人気キャラを長期間オフにするのは危険な賭けだが 現時点での話の流れに必要ない主要キャラを ただ読者をキープするために登場させるのは複雑な構造の話にとってはダメージになるのかもな 個人的にはガビ達新キャラに強烈・斬新なインパクトが感じられないし なによりも中心人物のライナーの掘り下げが進むほど何故か嫌いになってくるが 今のところ話の要素として眺めてる 量としての人気だけに絞って言えばアニメ2期から進撃にはまった国内外の多くのファンが2期の短さに物足りなくて今連載を読み始めても ライナー以外馴染の面子がなくベルト・アニはサブキャラ以下の存在で 話もいきなり読み始めてもなかなかハマりどころが見つからず迷子状態になって結構脱落してるのでないかと・・ネットで面白いとか詰まらんとか意見を言う人はまだ期待や未練がある熱心な読者で 大半は冷めてしまうと無言で去ってく でも作者は媚びずに描くべきものをひたすらストイックに描ける状況だといいなとも思う• 179. 名無しのお前らが進撃してくる!• 232. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2017年07月31日 19:18 視点入替よりも、「これは壁内の方が滅ぶべきだわ…」と一瞬で覆されるような大儀の逆転を期待してたんだけど、そうではなさそうだ。 それはそれとして、 今のところマーレと壁外エルディアが世界的には厄介者で、資源と始祖奪還に失敗してくれた方が世界全体には有益なように見えてしまうのがな。。 さらに今現在エルディアが憎まれているのは過去の歴史感情以上に今やってる他国攻撃が原因っぽいのがまた…。 壁外エルディアは民族存亡の危機だから、他国他民族をいくら犠牲にしても「それが彼等の正義」だと言えばまあその通りだけど、その正義に寄り添うのはなかなか難しい。

次の

【ネタバレ】進撃の巨人23巻のあらすじと内容をわかりやすく解説

進撃 の 巨人 マーレ 編

この記事の目次• エルディア人• マーレ人• マーレ人に支配されているエルディア人 エルディアとマーレに分けてもいいんだけど、 もう少し理解を深めるため 3つにしました。 基本的に、ユミルの民であるので 巨人になることが可能な人種。 現在、大陸を支配している(途中)のはマーレ政府。 巨人になることが出来ない。 マーレ政府はエルディアの王が持っているとされる 「始祖の巨人」を狙っている。 マーレ人に支配されるエルディア人 大陸マーレ領土に取り残されているエルディア人のことであり、壁の中のエルディア人は独立国にいるような立場。 『進撃の巨人』第21巻より しかし、大陸のエルディア人は常に マーレ政府の支配下にあり、迫害されている。 スポンサーリンク 『進撃の巨人』の歴史をわかりやすく解説 エルディアとマーレには古くから大きな因縁がありました。 そして、巨人の力を使い戦うことで主導権をとろうとしていました。 これが物語の大筋であると言ってもいいかもしれません。 エルディアの隆盛 『進撃の巨人』第21巻より 現在の物語からおよそ1850年ほど前、 エルディア人の先祖 ユミル・フリッツは 巨人の力を手にする。 ユミル・フリッツは後世に 9つの巨人の力を残していった。 その力を使いエルディア人は、 エルディア帝国をつくり大国マーレを亡ぼし 大陸に君臨する。 エルディア人は他民族を支配し、ユミルの民と称し子供を産ませていった。 これが1700年に渡る 民族浄化と言われている。 マーレの逆襲とフリッツ王の逃亡 いつまでもエルディアの支配が続いたわけではなく、 マーレは内部工作を含む内戦により、エルディアの弱体化に成功する。 これには裏で タイバー家が関わっていたと言われている。 エルディアはマーレに9つある 巨人の力を7つ奪われ、 巨人大戦となったこの戦いに 敗北してしまう。 エルディアの王である145代フリッツ王は戦いを拒否し、国民とともに パラディ島に逃亡。 その後、 3重の壁を築く。 これが 本編が始まるおよそ100年前。 そして、本編のフィールドは 世界の 島の中の話であることが 21巻で発覚しました。 これは 「始祖の巨人」の力による記憶の改ざんにほかならない。 スポンサーリンク エルディア復権派 逃亡したフリッツ王に見捨てられ大陸に残されたエルディア人子孫の1人が、まさにエレンの父 グリシャであった。 大陸に残されたエルディア人達はマーレ政府の支配下にあり、街ではマーレ人の迫害にあう存在。 大陸に残されたエルディア人の一部には打倒マーレを目指す組織があり、それが エルディア復権派である。 大人になったグリシャはここに入り、中心人物となって活動をすることになる。 エルディア復権派は活動を進めていくうちに マーレの今後の大きな計画について知ることになる。 『進撃の巨人』第21巻より その計画とはパラディ島に眠る莫大な 化石燃料を手にすること。 つまりは資源獲得が目的。 そのためにはフリッツ王が持つとされる 「始祖の巨人」を手にすることが目的の近道であるとマーレは考える。 が、145代フリッツ王の 「不戦の契り」という思想のもとそれ以後の代は力の発動さえ不可となっている。 それでも12巻(アニメ2期ラスト)でエレンは発動させた。 大戦が終わり、 80年以上パラディ島にいるフリッツ王に干渉してこなかったが、上記を理由にマーレは侵攻開始の準備を始めることになる。 壁内の技術で優れているの立体起動装置とハンジが作った雷槍。 「始祖の巨人」を奪われ、 資源もマーレに渡ってしまえば、 エルディアの復権はなくなってしまう。 『進撃の巨人』第21巻より 焦ったグリシャは息子ジークをマーレの戦士へと策するが、逆に 失敗 してしまう。 すると復権派のの人間は捕まり拷問の末にパラディ島の 楽園と言われる境界線に連れてこられます。 巨人の大量生産 『進撃の巨人』第22巻より エルディア人反逆者はここでマーレ当局員に 特殊な注射を打たれ、 知性のないあの巨人に変えられたうえパラディ島に放たれる。 巨人になった彼らは延々と人を追跡し、食らうだけのモンスターに成り下がる。 こうやって反逆者と称して エルディア人を大量の巨人を作り上げたのがマーレの所業だったとわかる。 本編で調査兵団が多くの犠牲を払い、謎が解けなく国民共々悩んでいた巨人の正体は 同族の大陸エルディア人だった。 マーレが作りし巨人兵器にパラディ島の人々は 怯え、苦しみ、戦い、散っていったのだ。 スポンサーリンク 『進撃の巨人』の世界がなぜこうなったかをわかりやすくまとめ 『進撃の巨人』第1巻より 細かいことを考えるとキリがないのでまとめます。 こう理解しておけば本編の細かい部分がより楽しく理解できる? のかもしれません。 物語も多くの 謎が明らかになってきましたし、 原作もそろそろ 終盤に差し掛かってきていると思います。 その場合はどうぞご了承ください。

次の