頚椎 脊柱 管 狭窄 症。 頚椎ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症の手術について|岩井整形外科内科病院

頸椎脊柱管狭窄症と頸椎症性脊髄症と違いますか?脊髄症の場合寝る時に付け...

頚椎 脊柱 管 狭窄 症

脊柱管狭窄症の症状でお悩みの人の話を聞いていると 「先生、脊柱管狭窄症の人が日常生活でやってはいけない事や気をつける事、禁忌事項とかってあるんでしょうか?」 といった質問をよくいただきます。 動作というのは無限に存在しますので、全ての動作を細かく説明する事は出来ませんが、このページでは脊柱管狭窄症の人が日常生活でやってはいけない事や気をつける事、禁忌事項について大まかに説明させていただきます。 ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です 医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。 スポンサーリンク 脊柱管狭窄症の人にとって負担のかかりやすい動作 ご存知の人も多いと思いますが、脊柱管狭窄症とは神経が通っている脊柱管の変形によって中の神経を圧迫してしまい発生する疾患です。 人によって脊柱管狭窄症が発生している部位は異なりますが、腰周辺に発生している人が多い事から腰の関節への負担が大きければ大きいほど重症になりやすいという傾向があります。 つまり、脊柱管狭窄症の人が日常生活でやってはいけない事や気をつける事、禁忌事項は腰を含めた体への負担となっている動作を出来るだけ避ける事が重要になります。 ちなみに腰にとって負担のかかりやすい動作というのは、腰椎の解剖学的特徴から説明できます。 腰椎(腰の骨)の関節は構造上捻じる動きと反る動きには適していません。 つまり、腰は捻じる動きと反る様な動きは負担になりやすいという事になります。 また、人間の関節のほとんどは、関節を支点にした「てこの原理」で動いています。 てこの原理というのは支点より作用点が遠くなれば多くの力が必要になり、近ければ近いほど少ない力で作業が行えます。 少し難しい話ですが、人間の体で言い直しますね。 簡単に言えば自分の立っている位置や座っている位置より遠くで作業をすればするほど、支点になる腰や体には負担が大きくなり、近くで作業をすれば負担は少なくなるという事です。 へっぴり腰で作業をすると腰が痛くなるのはこういった理由が関係するわけですね。 (お尻を後ろに突き出して腰を曲げるため、手で作業する点と腰との距離が遠くなってしまうため) つまり何か作業をする時は、できるだけ作業をする場所に近づいて作業をすれば体への負担は減らせます。 逆に遠ざかれば遠ざかるほど、体への負担が増えてしまいますのでお気をつけください。 また人間は関節を動かすよりも、ある特定の位置を維持する方が疲労しやすいと考えられています。 例えば腕を上げたり下げたりを繰り返すより、ずっと上げっぱなしの方が疲れますよね? これと同じ様に座りっぱなし、立ちっぱなしというような、ずっと同じ姿勢や体勢を維持する動作は、体の負担が大きくなるためできるだけ体勢や姿勢を変えるようにしてください。 日常生活で負担がかかりやすい具体的な動作について 上記では、脊柱管狭窄症の人にとって体に負担のかかる条件の説明をさせていただきました。 ここからは具体的に、患者さんの日常生活の中で気をつけていただきたい動作について簡単に説明させていただきます。 冒頭でも言いましたが、動作は無限に存在しますので全ての動作をここで説明する事は出来ません。 ここから説明する動作はその中のほんの一例です。 重たい物を持つ時などは自分の立ち位置を気をつけるようにして下さい。 リモコンなどの軽い物だと、その場から全く動かずに手や腕だけを伸ばして操作しようと試みる人が非常に多いんですが、こういった些細な動作でも体への負担は意外と大きいので気をつけましょう。 方向転換をする時は腰を捻るのではなくて、足を動かして方向転換して下さい。 自分の立っている位置から遠くで作業をしてしまうと腰や体には大きな負担になってしまいます。 実は掃除機に関して手だけを伸ばした動作になってしまう原因は、両足に均等に体重がのっている事が関わっています。 前の方に腕や手を伸ばした時は、同時に片足を前に大きく踏み出して、踏み出した片足にしっかり体重を偏らせるようにして下さい。 そうすれば、腕を伸ばしていても重心の位置は遠ざからず腰や体への負担は少なくてすみます。 どちらか片方に偏って体重をかける事に反対意見はないのですが、例えば右足に体重を偏らせてかけているのに、手の作業は左側で行っている人達は結構います。 こうすると、最も体重がかかっている場所と作業をしている場所が遠くになってしまい、支点になっている腰や体に大きな負担がかかります。 台所などで多い印象を持っています。 自分の右側で作業をする時は右足に体重を少し偏らせて、左側で作業をする時は左足に体重を少し偏らせるようにして下さい。 例えば立っている時でも座っている時でも、足の位置やつま先の方向を少し変化させるだけで、腰にかかる圧力の方向は変化して負担を軽減する事につながります。 あまりにもずっと同じ体勢や姿勢でいる事は大きな負担になりますので気をつけて下さいね。 スポンサーリンク 脊柱管狭窄症の人が日常生活でやってはいけない事、気をつける事や禁忌についてのまとめ ここで簡単にまとめさせていただきますね。 脊柱管狭窄症の人が日常生活でやってはいけない事や気をつける事、禁忌事項は主に3つです。 ただし、こういった動作はみなさんが気が付いていないだけで至る所に潜んでいます。 一応、日常生活でこういった動作が関わりやすい例をこのページでは説明していますが、こういった注意点は無限に存在します。 少しでもこういった動作を気をつけていただいて脊柱管狭窄症の予防に役立てて下さいね。 また、日常生活で大きな痛みが発生している人はできるだけ早く信頼できる病院や治療院に相談するように心がけて下さいね。 脊柱管狭窄症は重症化すると本当に些細な動作でも痛みを発生させてしまいますので。 もしどこに相談していいか分からない、どこに相談してもダメだったという人は一度私にお気軽にご相談して下さいね。 症状によっては限界もありますが、私は脊柱管狭窄症の治療をそれなりに得意にしていますので。 以上で「脊柱管狭窄症の人が日常生活でやってはいけない気をつける事や禁忌について」のページの説明を終了させていただきますが、下記に脊柱管狭窄症に関連するページのリンクも載せていますので、興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。 おすすめ記事 スポンサーリンク 脊柱管狭窄症に関しての記事.

次の

脊柱管狭窄症のリハビリ(運動療法)を解説!(イラスト付き)

頚椎 脊柱 管 狭窄 症

頚椎脊柱管狭窄症とは、腰部脊柱管狭窄症と同様に脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることによって痛みや痺れが起こる病気です。 頚椎骨軟骨症や頚椎後縦靭帯骨化症などが原因となって発症すると言われています。 頚椎骨軟骨症は頸椎や軟骨(椎間板)の変形がもとでトンネルが狭くなり、脊髄が圧迫される病気です。 頚椎後縦靭帯骨化症は頸椎を補強している靭帯組織のうち椎体後方、すなわち脊髄の前方に位置する後縦靭帯が骨組織になり、肥厚してくる病気です。 頚椎は頭と体をつなぐ大切な部位です。 脳から命令を体全体に送るための脊髄であったり、気管、食道、心臓を動かす神経や頚動脈などの非常に重要な部分です。 頚椎損傷を起こせば、首から下が麻痺して寝たきりの状態になる場合もあります。 ですから、頭痛や首の痛みを感じたらすぐにでも病院に行くようにしてください。 頚椎脊柱管狭窄症の症状としては、腕が重い、だるい、しびれる、力が入らないなどです。 病院での診察は、まず首のレントゲンを撮ります。 MRIは予約が必要となりますので、どの病院でも初診のときは緊急性が無い場合はやりません。 予約をとって後日となります。 レントゲンを見ながら、医師が首を回してみたり、握力を測ってみたり、腕を上げてみたりと確認をしていきます。 首に問題があると確かに力が入りません。 明らかに頚椎(首に)問題があると分かると、次はMRIの予約を取って大体初診は終了となります。 あまり痛みがあるようであれば、痛み止めの薬を処方してくれます。 頚椎なので首だけに障害が発生するかと思いがちですが、下半身にも発生する場合もあります。 腰部脊柱管狭窄症と同じような症状が出る場合もあります。 歩き方が不自由になったり、歩行障害や排尿障害、手足のしびれなどがあって、腰をみてもらって異常が無ければ頚椎脊柱管狭窄症の疑いがあるので、再度の診察もしてもらうべきです。 脊柱管狭窄症によるこれらの症状を改善するのに、重症であれば手術が提案されることもありますが、そうでない場合には温存療法が推奨されます。 手術は頚椎脊柱管狭窄症による痛みの原因を取り除いて症状を一時的に治すことはできますが、頚椎脊柱管狭窄症が起こった原因は生活習慣に大きく関係してきますので、いくら手術で痛みを取り除いても根本原因がそのままではまた再発してしまいます。 根本から治すには姿勢を正したり食習慣を見直したり、適切なストレッチを行うことが挙げられます。 姿勢や食習慣は専門知識がなくとも実践できますが、ストレッチは頚椎脊柱管狭窄症に適したものでないとかえって悪化してしまうことがあります。 そういったことにならないよう、頚椎脊柱管狭窄症に適応したストレッチを行うようにしてください。 当サイトでは、延べ5万人以上の患者さんを改善してきた実績のある福辻式治療法をおすすめしています。 毎日コツコツと実践していただければ、ほとんどの方が病状を改善することができますし、実践した患者さんの中には頚椎脊柱管狭窄症を完治できた方もいます。 福辻式治療法の詳しい内容は下記より見ることができますので、まずは一度内容を確かめてみてください。 この治療法がきっと、あなたの辛い病状を改善するための第一歩になるはずです。

次の

腰部脊柱管狭窄症とは? 症状から治療法まで解説

頚椎 脊柱 管 狭窄 症

頚椎脊柱管狭窄症とは、腰部脊柱管狭窄症と同様に脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることによって痛みや痺れが起こる病気です。 頚椎骨軟骨症や頚椎後縦靭帯骨化症などが原因となって発症すると言われています。 頚椎骨軟骨症は頸椎や軟骨(椎間板)の変形がもとでトンネルが狭くなり、脊髄が圧迫される病気です。 頚椎後縦靭帯骨化症は頸椎を補強している靭帯組織のうち椎体後方、すなわち脊髄の前方に位置する後縦靭帯が骨組織になり、肥厚してくる病気です。 頚椎は頭と体をつなぐ大切な部位です。 脳から命令を体全体に送るための脊髄であったり、気管、食道、心臓を動かす神経や頚動脈などの非常に重要な部分です。 頚椎損傷を起こせば、首から下が麻痺して寝たきりの状態になる場合もあります。 ですから、頭痛や首の痛みを感じたらすぐにでも病院に行くようにしてください。 頚椎脊柱管狭窄症の症状としては、腕が重い、だるい、しびれる、力が入らないなどです。 病院での診察は、まず首のレントゲンを撮ります。 MRIは予約が必要となりますので、どの病院でも初診のときは緊急性が無い場合はやりません。 予約をとって後日となります。 レントゲンを見ながら、医師が首を回してみたり、握力を測ってみたり、腕を上げてみたりと確認をしていきます。 首に問題があると確かに力が入りません。 明らかに頚椎(首に)問題があると分かると、次はMRIの予約を取って大体初診は終了となります。 あまり痛みがあるようであれば、痛み止めの薬を処方してくれます。 頚椎なので首だけに障害が発生するかと思いがちですが、下半身にも発生する場合もあります。 腰部脊柱管狭窄症と同じような症状が出る場合もあります。 歩き方が不自由になったり、歩行障害や排尿障害、手足のしびれなどがあって、腰をみてもらって異常が無ければ頚椎脊柱管狭窄症の疑いがあるので、再度の診察もしてもらうべきです。 脊柱管狭窄症によるこれらの症状を改善するのに、重症であれば手術が提案されることもありますが、そうでない場合には温存療法が推奨されます。 手術は頚椎脊柱管狭窄症による痛みの原因を取り除いて症状を一時的に治すことはできますが、頚椎脊柱管狭窄症が起こった原因は生活習慣に大きく関係してきますので、いくら手術で痛みを取り除いても根本原因がそのままではまた再発してしまいます。 根本から治すには姿勢を正したり食習慣を見直したり、適切なストレッチを行うことが挙げられます。 姿勢や食習慣は専門知識がなくとも実践できますが、ストレッチは頚椎脊柱管狭窄症に適したものでないとかえって悪化してしまうことがあります。 そういったことにならないよう、頚椎脊柱管狭窄症に適応したストレッチを行うようにしてください。 当サイトでは、延べ5万人以上の患者さんを改善してきた実績のある福辻式治療法をおすすめしています。 毎日コツコツと実践していただければ、ほとんどの方が病状を改善することができますし、実践した患者さんの中には頚椎脊柱管狭窄症を完治できた方もいます。 福辻式治療法の詳しい内容は下記より見ることができますので、まずは一度内容を確かめてみてください。 この治療法がきっと、あなたの辛い病状を改善するための第一歩になるはずです。

次の