かぼちゃ 煮物。 ★定番!おいしい♪【かぼちゃの煮物】 レシピ・作り方 by どんぐり0番地|楽天レシピ

かぼちゃの煮物の煮崩れの原因と上手く作るコツ 皮が固い、はがれるのを防ぐには?

かぼちゃ 煮物

かぼちゃの煮物をホクホクさせるためには かぼちゃの煮物は、とても人気のある料理ですがホクホクとした状態にするためには慣れとコツが必要となってきます。 やっぱり、ホクホクとした食感のかぼちゃの煮物を作るのは難しいと考えられてしまいがちですが、3つのコツを押さえておくと意外に簡単に作ることが可能です。 煮物の作り方によっては、かぼちゃが予想よりもベチャベチャとしてしまいます。 その原因は、かぼちゃが内部にたくさんの水分を含んでいて、後から少しずつにじみ出てきてしまうからです。 この対策をすれば、かぼちゃの煮物をホクホクとした状態に仕上げられます。 では、かぼちゃの煮物をホクホクさせるコツを3つのポイントでご説明していきます。 かぼちゃの煮物を作る前にまず蒸してから煮る かぼちゃの煮物をホクホクさせるコツの1つ目のポイントは、一度カボチャを蒸すことです。 かぼちゃの余分な水分を抜く方法として、煮物にする前に先に蒸して下ごしらえをしておく方法があります。 まずは、一番簡単な蒸し方として圧力鍋に一口大に切ったかぼちゃと少量の水を入れて一度圧力が上がりきるまで加熱するというのが簡単な方法です。 蒸し鍋を使ってカボチャを蒸しても構いませんが、かぼちゃの芯まで火が通るまで蒸さないといけないから意外と時間がかかってしまいます。 蒸し用すのこや網を入れた容器にかぼちゃを入れて、ラップなどでふんわりと蓋をした状態で電子レンジで加熱しても蒸してカボチャの余分な水分を減らすことが可能です。 蒸し上がったかぼちゃはすぐに調味料の中に入れ、加熱して煮立つ寸前に火を止めて冷ますと中まで味がよくしみ込みます。 また、カボチャの煮物を加熱して一度冷えた状態から、もう一度弱火で炊いてあげるとさらにカボチャ芯まで味がさらに染み込みます。 かぼちゃの煮物を作る前にまず砂糖や塩をまぶして水分を抜く かぼちゃの煮物をホクホクさせるコツの2つ目のポイントは、蒸す前に砂糖や塩をまぶすことです。 ホクホクの食感のかぼちゃの煮物を作るためには、調味料による別の下ごしらえも有効的です。 かぼちゃの余分な水分を抜くという観点では全く同じ方法ですが、かぼちゃを蒸す前に砂糖や塩をまぶして放置するというだけでもできます。 かぼちゃ四分の一に対して大さじ一程度の砂糖か、小さじ一程度の塩をまぶして1時間ほど常温で置いておくだけでカボチャの余分な水分がにじみでてくるのです。 その状態になったら、かぼちゃの内部からかなり水分が減っています。 そのまま調味料を入れて煮ることもできますが、かぼちゃに付いている砂糖や塩の量が問題なときには一度洗い流してしまっても問題ありません。 水を少なめにして調味料を入れ、煮崩れしないように弱火で加熱を始めて煮きる形で調理すればホクホクとした仕上がりになります。 小さめにかぼちゃを切っておくと、よりホクホクしやすいというのもポイントです。 かぼちゃの煮物を低温調理で済ませる かぼちゃの煮物をホクホクさせるコツの3つ目のポイントは、低温でカボチャを調理することです。 かぼちゃの煮物がホクホクとしなくなってしまうパサつきの原因の1つは、高温で加熱しすぎたことが考えられます。 そこで低温調理をしてかぼちゃの煮物を作る方法は、余分な水分を抜くという下ごしらえをしなくてもホクホクとした煮物を作れる有用な選択肢です。 ホクホクさせるためのかぼちゃの煮物の火加減の目安として、80度から90度程度に温度を保ち続けることが重要なコツになります。 ここで、温度調節のための専用の調理器具を持っていると失敗がありません。 フリーザーバッグなどに調味料とかぼちゃを入れて湯煎するようにして煮ることで、煮汁が十分にあるにもかかわらずホクホクとしたかぼちゃの煮物ができあがります。 まとめ• かぼちゃの煮物をホクホクさせるにはコツがいる• かぼちゃの煮物は事前に蒸してあげると良い• かぼちゃの煮物は蒸す前に塩や砂糖で余分な水分を抜く• かぼちゃの煮物をホクホクした食感にするために低温料理が良い.

次の

かぼちゃの煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com

かぼちゃ 煮物

かぼちゃの煮物をホクホクさせるためには かぼちゃの煮物は、とても人気のある料理ですがホクホクとした状態にするためには慣れとコツが必要となってきます。 やっぱり、ホクホクとした食感のかぼちゃの煮物を作るのは難しいと考えられてしまいがちですが、3つのコツを押さえておくと意外に簡単に作ることが可能です。 煮物の作り方によっては、かぼちゃが予想よりもベチャベチャとしてしまいます。 その原因は、かぼちゃが内部にたくさんの水分を含んでいて、後から少しずつにじみ出てきてしまうからです。 この対策をすれば、かぼちゃの煮物をホクホクとした状態に仕上げられます。 では、かぼちゃの煮物をホクホクさせるコツを3つのポイントでご説明していきます。 かぼちゃの煮物を作る前にまず蒸してから煮る かぼちゃの煮物をホクホクさせるコツの1つ目のポイントは、一度カボチャを蒸すことです。 かぼちゃの余分な水分を抜く方法として、煮物にする前に先に蒸して下ごしらえをしておく方法があります。 まずは、一番簡単な蒸し方として圧力鍋に一口大に切ったかぼちゃと少量の水を入れて一度圧力が上がりきるまで加熱するというのが簡単な方法です。 蒸し鍋を使ってカボチャを蒸しても構いませんが、かぼちゃの芯まで火が通るまで蒸さないといけないから意外と時間がかかってしまいます。 蒸し用すのこや網を入れた容器にかぼちゃを入れて、ラップなどでふんわりと蓋をした状態で電子レンジで加熱しても蒸してカボチャの余分な水分を減らすことが可能です。 蒸し上がったかぼちゃはすぐに調味料の中に入れ、加熱して煮立つ寸前に火を止めて冷ますと中まで味がよくしみ込みます。 また、カボチャの煮物を加熱して一度冷えた状態から、もう一度弱火で炊いてあげるとさらにカボチャ芯まで味がさらに染み込みます。 かぼちゃの煮物を作る前にまず砂糖や塩をまぶして水分を抜く かぼちゃの煮物をホクホクさせるコツの2つ目のポイントは、蒸す前に砂糖や塩をまぶすことです。 ホクホクの食感のかぼちゃの煮物を作るためには、調味料による別の下ごしらえも有効的です。 かぼちゃの余分な水分を抜くという観点では全く同じ方法ですが、かぼちゃを蒸す前に砂糖や塩をまぶして放置するというだけでもできます。 かぼちゃ四分の一に対して大さじ一程度の砂糖か、小さじ一程度の塩をまぶして1時間ほど常温で置いておくだけでカボチャの余分な水分がにじみでてくるのです。 その状態になったら、かぼちゃの内部からかなり水分が減っています。 そのまま調味料を入れて煮ることもできますが、かぼちゃに付いている砂糖や塩の量が問題なときには一度洗い流してしまっても問題ありません。 水を少なめにして調味料を入れ、煮崩れしないように弱火で加熱を始めて煮きる形で調理すればホクホクとした仕上がりになります。 小さめにかぼちゃを切っておくと、よりホクホクしやすいというのもポイントです。 かぼちゃの煮物を低温調理で済ませる かぼちゃの煮物をホクホクさせるコツの3つ目のポイントは、低温でカボチャを調理することです。 かぼちゃの煮物がホクホクとしなくなってしまうパサつきの原因の1つは、高温で加熱しすぎたことが考えられます。 そこで低温調理をしてかぼちゃの煮物を作る方法は、余分な水分を抜くという下ごしらえをしなくてもホクホクとした煮物を作れる有用な選択肢です。 ホクホクさせるためのかぼちゃの煮物の火加減の目安として、80度から90度程度に温度を保ち続けることが重要なコツになります。 ここで、温度調節のための専用の調理器具を持っていると失敗がありません。 フリーザーバッグなどに調味料とかぼちゃを入れて湯煎するようにして煮ることで、煮汁が十分にあるにもかかわらずホクホクとしたかぼちゃの煮物ができあがります。 まとめ• かぼちゃの煮物をホクホクさせるにはコツがいる• かぼちゃの煮物は事前に蒸してあげると良い• かぼちゃの煮物は蒸す前に塩や砂糖で余分な水分を抜く• かぼちゃの煮物をホクホクした食感にするために低温料理が良い.

次の

かぼちゃの煮物の煮崩れの原因と上手く作るコツ 皮が固い、はがれるのを防ぐには?

かぼちゃ 煮物

沸いたらアクが少し出てきますが、かぼちゃの煮物は特にアクを取らなくてもOKなので、 砂糖大さじ4を加えます。 加える調味料の順番に差をつけることで、味が染み込みやすくなります。 まだかぼちゃも硬いので、箸でそっと混ぜ、混ぜ終えたらかぼちゃの皮面を上に戻しておきます。 煮る時間は10分です。 弱火を少し強くしたくらいの火加減(コトコトとしずかに煮汁が煮立つけど、かぼちゃはさほど動かないくらい)で10分煮ます。 ここでは箸で混ぜず、鍋を傾けるなどして調味料をいきわたらせます。 醤油と塩を加えた後は 5~7分ほど、大きめのかぼちゃにしっかり火が通るまで煮ます。 火通りは竹串を大きなかぼちゃに刺してみて確認しましょう。 火が通っていれば火を止めます。 下の写真は火を止めた後の鍋の中です。 (鍋の大きさにもよりますが)煮汁はかぼちゃの半分以下になっています。 器に汁ごと盛り付ければ完成です。 冷めたら冷蔵庫で保存し、3日ほど日持ちします。 このレシピは 特に落し蓋を使わないレシピにしています。 かぼちゃと鍋の大きさが合わずに、水500mlを入れたときにかぼちゃが頭を出しているようなら落し蓋を使って同じように作ってみてください。 保存後のかぼちゃの煮物は、冷たいまま食卓に出しても美味しいです。 また、砂糖は 甘めが好きなら大さじ5まで増やし、逆に甘すぎないほうがいいなら大さじ3まで減らしてみてください。 材料の【醤油大さじ1】は、薄口醬油か、色の濃すぎない濃口醬油がおすすめ。 弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(作ってすぐでない煮物を弁当に入れる場合は、芯まで再加熱した後に一度冷ましてから!).

次の