生きてるって言ってみろ 歌詞。 生きてるって言ってみろ 歌詞「中村中×泉谷しげる」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

伝説となった紅白歌合戦の「夜へ急ぐ人」~ちあきなおみとジャニス・ジョプリンの狂気|TAP the LIVE|TAP the POP

生きてるって言ってみろ 歌詞

まったく面識もなければ縁もなかったちあきなおみから、友川カズキが楽曲を依頼されたのは突然のことだった。 それが1977年のことで、友川はそのとき大阪にいた。 「ちあきさん、その頃ステージでジャニスの曲も歌ってたのよ。 だから、曲は意外とあっさり作れたの。 ジャニスに曲書いてるような気分だったからね」 (『友川カズキ独白録 生きてるって言ってみろ』より) ちあきなおみはジャジーなポップスを歌うシンガーとして「雨にぬれた慕情」で1969年にデビューしたが、「四つのお願い」がヒットした翌年に早くもNHK紅白歌合戦への出場を果たしている。 1972年には「喝采」がレコード大賞に輝き、「劇場」「夜間飛行」といったヒット曲が続いて、紅白の常連になった。 しかし1975年に27歳になったちあきなおみは意を決して、13歳の時から15年間も所属した三芳プロを離れた。 それを境にして、音楽活動における表現の幅を広げていくためだった。 芸能人ではなく、アーティストのように音楽に集中できる活動を望んだのである。 その年は船村徹とのコンビで演歌に挑戦した「さだめ川」がヒットし、11月には意欲的なアルバム『戦後の光と影~ちあきなおみ 瓦礫の中から』を発表した。 これは戦後という時代の光と影を持つ「星の流れに」や「カスバの女」という名曲たちを、ナツメロとして懐かしむのではなく、日本のスタンダード・ソングとしてカヴァーして新たな生命を吹き込むという、現在にも通じている新しい試みの出発点になった。 その後はヒット曲を追い求めるレコード会社が推す演歌路線を拒否し、ニューミュージックの新たな旗手として注目を集めていた中島みゆきに、書き下ろしの楽曲を依頼して1977年4月にはシングル盤「ルージュ」を発売した。 テレビの深夜番組『11PM』を自宅で観ていて、さほど有名ではなかった友川カズキというシンガー・ソングライターに出会ったのは、「ルージュ」を出した後だった。 ちあきなおみは友川が番組内で歌った「生きてるって言ってみろ」の歌詞と、パフォーマンスの両方に魂を激しく揺さぶられたという。 ビッショリ汚れた手拭いを 腰にゆわえてトボトボと 死人でもあるまいに 自分の家の前で立ち止まり 覚悟を決めてドアを押す 地獄でもあるまいに 生きてるって言ってみろ 生きてるって言ってみろ 生きてるって言ってみろ 1971年の中津川フォーク・ジャンボリーに飛び入りで出演した友川は秋田出身のシンガーで、「上京の状況」と「生きていると言ってみろ」の2枚のシングル盤を出した後に、ようやくファースト・アルバム『やっと一枚目』を1975年にリリースしていた。 プロデューサーだった夫の郷鍈治は翌日の朝から放送局に連絡をとって、その日のうちに事務所へ友川を招いた。 そして、ちあきとともに楽曲を書き下ろしで提供してほしいと依頼した。 まだ他人に楽曲を提供したことがなかった友川は、どんな曲を書けばいいのかという手がかりを求めて、新宿「ルイード」で行われるちあきなおみのライブに足を運ぶことにした。 そこでジャニス・ジョプリンの曲を聴いて、友川は圧倒されて泣いてしまったという。 「もう鳥肌がたつほど感動しました。 私も高校時代からジャニスが大好きでしたから、ちあきさんのジャニスを唄うのを見た時、『あー、タダの狂気じゃないな』って感じました」 ジャニス・ジョプリンとちあきなおみに共通するもの、それは人の心の奥に隠されている狂気だったのかもしれない。 そして友川は「生きてるって言ってみろ」もまた、自分自身の中にある狂気と怒りから生まれた作品であることに気づいた。 それが評価されて楽曲を頼まれた自分に求められているのは、ジャニスの曲を歌っているときに見せた狂気を引き出す曲を書くことだと、友川はそう感じ取ったのだ。 こうして生まれた「夜へ急ぐ人」は1977年の9月1日、シングル盤として発売された。 その狂気を多くの人が目の当たりにしたのはその年の大晦日、第28回NHK紅白歌合戦でのことだった。 演歌の「酒場川」をしっとりと歌っていた前年とは打って変わって、8年連続での出場となったこの日のちあきは、黒尽くめの衣装で髪を振り乱して、「おいでおいで」とカメラに向けて、挑発的に手招きをするパフォーマンスを披露した。 あたしの心の深い闇の中から おいで おいで おいでをする人 あんた誰 ちあきなおみの狂気をはらんだ絶唱は、お祭りムードで和やかだった会場の空気を一変させた。 その模様は日本中の茶の間にも等しく伝わった。 歌が終わるや否や、白組司会のNHKアナウンサー山川静夫の口からこぼれたのは、「なんとも気持ちの悪い歌ですねえ」という、台本に書いていない本音のコメントだった。 その軽口によって会場には笑いが起こったので、何ごともなかったようにいつも通りの紅白が進んでいった。 だが、そのパフォーマンスが深く心に刻まれた人も多かった。 はからずもその夜の熱唱で、ちあきなおみが明らかにしたのは、「普通の歌手とは違う」ということだった。 「夜へ急ぐ人」(『ビッグショー~ちあきなおみ・おんな 夜の中でひとり』より) その翌年、プロデューサーでもあった俳優の郷鍈治と結婚すると、ちあきなおみは芸能活動をしばらく休業することにした。 当然だが紅白の舞台からも降りて、それから10年間は出場する機会がなくなった。 復帰を果たしたのは1988年のことで、シャンソンやジャズ、ポルトガルのファド、日本のスタンダード、そして自分のオリジナル曲と、心からうたいたい歌をストイックに追求していく、唯一無二のシンガーとなって戻ってきたのときであった。 (注)本コラムは2015年12月29日に公開されました。 参考文献: 『友川カズキ独白録 生きてるって言ってみろ』友川カズキ著(白水社) 『ちあきなおみ 喝采、蘇る。 』石田伸也著(徳間書店) 『団塊パンチ 3 』(飛鳥新社) 『紅白歌合戦と日本人』太田省一著(筑摩書房) こちらのコラムも合わせてどうぞ.

次の

友川カズキ歌詞集 1974

生きてるって言ってみろ 歌詞

元々アルバムを買うぐらいには好きだったのですが、図書館で見かけて借りたら、思った以上に良かった。 で、数か月たって購入して読んだが、やっぱり良かった。 何が良かったかと言うと、たくさんあり過ぎる。 中上やたことの話、弟さんの話、バスケットの話、どれもよかった。 それと私だけかもしれないが、読むのに時間がかかった。 インタビューを起こした本は、普通読み飛ばすぐらいの速さで読めるのだが、この本の文は友川氏の言葉で聞こえてきて、氏の話す速度でしか読めなかった。 それで良いとも思えて、それぐらいに深みのある言葉となっていた。 これを読んでいる最中に動画サイトで無残の美の氏が途中で泣いてるのがあって、何度聞いても涙が出てきた。 白水社と言うと仏語の学術書のイメージでなんでと思ったが、みすずなんかも最近は小説を出してたりとかしてるんだなあ。 坂口安吾の『わたしは海を抱きしめていたい』という小説の冒頭には「私はいつも神様の国へ行こうとしながら地獄の門を潜ってしまう人間だ」と書かれている。 そのあてどなく、寄る辺なく、いたたまれない不安定、所在無さとでも言ったらいいのか、これらは友川カズキの歌を聴くときにも同じように沸き起こってくる情緒にも近しい、あるいは親和性か、そういうものを抱くときになぜか自分でも不思議だけど、妙に嬉しなったりする。 そういう前向きとは程遠い負のエネルギーというものは、いいようのない連帯感を勝手に作り出して、それでまた勝手に慰められ、あるいは鼓舞される。 何か深刻な問題を抱えたときに、あれやこれやと逡巡するよりも、生きているって言ってみろ!と怒鳴られて、「俺生きてる!」と絶叫するだけで、絶叫したことはないのだけど、それでどうでもよくなって生きていけそうな気がしてしまう。 そういういい加減さというのは実は大事なんじゃないかとしみじみ思う。 墜ちよ生きよと言われても、若い頃だといい加減なこと言ってんじゃねーと反論したかもしれないけど、いざとなったらその適当さは実は結構強いなと本当に思う。 ダラダラ生きているのに昨日より今日はちょっと違う自分じゃないと面白くないという友川の愛嬌は、その適当さや危うさも孕んでいるのにギリギリのところで暗黒面を回避しているので、かなり勉強になります。 幼少時から現在に至るまでの色々なエピソードを自伝的に語りつつ、人生観や持論も織り交ぜるという内容。 タイトルは『独白録』ですが、あとがきによると、インタビューに答えたのを文字起こししたのち、一人語り風に編集したようです。 音楽家や画家といった職業を器用にこなす人もいるでしょうが、友川カズキは良くも悪くも、友川カズキとしてしか生きられない。 そんな生きざまの片鱗を窺い知ることのできる書。 と、これだけではあまりにも簡単なので、参考になるかどうかわかりませんが、私にとって一番印象深かったことを書いておきます。 友川カズキはちあきなおみに幾つか曲を提供していますが、中でもよく知られているのが77年の紅白で歌われた『夜へ急ぐ人』でしょう。 この曲は全体としては当然ながら友川らしい歌詞なのですが、その中に唐突に、恋がどうたらこうたらという陳腐で解りやすいがしかし違和感ありまくりのフレーズが挟み込まれています。 この曲を友川の汚点だとすら思っていました。 ところが本書によると、本人はこの曲で一発当ててやろうと目論んでいたんだとか。 どこまで本心なのかは分かりませんが、これは意外でした。 ちょっと裏切られた気がしました。 しかし考えてみれば、当然ながら友川にも生活があるわけですし、世俗的な欲があっても何の不思議もありません(なにしろギャンブラーですから)。 そして経緯や動機はどうあれ、やっつけ仕事にせよ渾身の一作にせよ、結果的には友川ファンにも歌謡曲ファンにもしっくりこない迷曲にしてしまっている(そのうえ志村けんにモノマネで茶化されている!)わけですから、やっぱりこの人は不器用な人なんだなあと再認識したしだいです。 面白い本というのはさらりと読めてしまうから、何だかもったいなくて、 毎日の楽しみに、あえて毎日小さな時間に読んだ。 そういう本なのです、たぶん。 内容は濃厚なのに疲れもしないし、何度も笑ったし、うなずいて、真剣にもなって、 気づけば目が潤んでしまって、優しい気持ちにもなる。 なんだかお酒を交わしながら話しを聞いているみたい だから、気は緩んでいるのに熱くなる。 だからまとめて読むより、昼休みや寝る前とかに友川さんの話し聞いて、 活力というか、遊ぶというか、あたたかくなるというか、、 だからいつでも手に届く様なところに置いておきたい本、 本棚じゃなくて机の上に出しておきたいそんな本。 しばらくは鞄にも常に入れておきたいっていう。。。 内容はバラエティに飛びすぎているのでどうこうここでは言えないけれど、 知らないことがつまらないのではなく、興味をどんどんそそる感じ。 たまに自分自身、心当たりのあるような鋭い考えにドキリとしたり。 経験したことない、することない多種多様の話しを 友川さんのイントネーションまで聴こえてきそうなそのスピード感と ことばのリズムで文字に起こされたらもう、、 大人げなくもわくわくが止まらなくなってしまって。 純度が高いのでしょうか? 言葉はあっさりしてるのにじんわりと響くものがある。 友川さんの人柄がよく出ていて。 あとがきにもありますが、すっと入ってくる内容と引き込まれるリズムの純度はこういう方法で生まれるのか、、、と 確かなのは、一回読んだらもういいやって本にはなりにくいってこと。 私にとっては辞書みたいな感覚もあるからなおさらそう思うのかも。 いろんなことに説明がつく 得体の知れない肉体も心も収まりの良さに納得する ぜひ、老若男女いろんな人に友川さんとこの本の中で飲み交わしてほしい。 己との自問自答が始まることになるかもしれないけれど、、 友川カズキさん自身に縛りがないので(きっと何者でもなく友川さんなので) 読む人も縛らないと思う。 読み終わるのが寂しくなる本に久しぶりに出会えて嬉しかった 酒好きの氏のこと、ほとんど呑みながらの話だろうから、こっちも付き合おうってんじゃないのと、行きつけの串焼き屋で本を開いた。 右手に持つのは、通勤電車の吊り革より、白州ハイボールのほうが断然しっくりくる一冊である。 本人が言うとおり、おしゃべりな宴会師気質の軽妙洒脱な語り口にいざなわれるがままに、幼少期から近しい人の死、趣味嗜好に至るまで、話はあっちこっちに飛びながらも、ページを繰るたびに出逢う珠玉の言葉たちに、年輪を重ねて唄い続けてきた表現者としての矜持と重厚な生きざまを見ることができる。 昨今は、「絆」を結んで「つながって」、「共有」することが「楽しい」という一つ方程式が出来上がって、そのキーワードにつられみんなで流されているような感があるが、それらをよそに、孤独であること、違和感を感じること、そして絶望することを尊ぶ姿勢に、溜飲が下がる思いがした。 随所にちりばめられた、おかしくて時に悲しいエピソードが五臓六腑に染みていく。 話にグイグイ引っ張られて、気持ちよく酔っ払えた。 全力少年がそのまま全力老人(失礼!)になったような氏のライブ、そりゃ行かにゃあなるまい。

次の

伝説となった紅白歌合戦の「夜へ急ぐ人」~ちあきなおみとジャニス・ジョプリンの狂気|TAP the LIVE|TAP the POP

生きてるって言ってみろ 歌詞

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の