リーディングリスト 復元。 古い「Microsoft Edge」では利用できたのに! 新しい「Edge」で現在利用できない機能

間違って消してしまったSafariのブックマークやリーディングリストを復元する方法

リーディングリスト 復元

こんにちは。 コミュニティの過去のスレッドにも同様の質問があり 調べて見ましたが、復元する方法等は残念ながら無いようです。 どうすれば良いかについてですが 同様に勝手に消えてしまう方もいるようですねので リーディングリストは一時保存と考えて最初からお気に入りに登録した方が 良いと思います。 Microsoft edgeを設定とアプリのアプリ一覧から Microsoft edgeを選択し詳細オプションからリセット、修復が可能なのですが 修復では、リーディングリストは消えませんが リセットするとリーディングリストは手元の環境では削除されてしまいます。 リセットした場合はリーディングリストは保存されていると表示されますが、削除されてしまいます。 またデバイス間での同期も失敗する場合も あるので、便利な機能ですがリーディングリストとしての機能を信用しない事です。 ---------------- 問題が解決した場合は、 この回答で問題は解決しましたか? に「はい」をクリックお願いします。 に「はい」ををクリックしないでください。 不明な点がある場合は返信をお願いします。

次の

Windows リーディング リスト を入手

リーディングリスト 復元

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。 しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。 このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。 今回は、『「リーディングリスト」とブックマークはどう違うの? 』という質問に答えます。 *** リーディングリストとは、WEBサイトの構造ごと保存して後で読めるようにしたSafariの機能です。 データはクラウド iCloud に保存されますが、設定次第ではiPhoneにダウンロードしておけますから、インターネットに接続していないとき オフライン でもWEBサイトを閲覧することが可能です。 同じApple IDでサインインした機器間で情報を共有できることも、リーディングリストの特長です。 たとえば、MacのSafariで開いたWEBサイトをiPhoneで閲覧したい場合には、リーディングリストに登録しておけば、iPhoneのSafariで開けます。 逆もまた然り、iPhoneで開いたWEBサイトをMacで閲覧することが可能です。 ブックマークの共有と似ていますが、ブックマークはURLの保存です。 WEBサイト上のコンテンツ 画像やテキスト は保存されませんから、直接そのURLからデータを読み直さなければなりません。 リーディングリストはWEBサイト(URL)へのアクセスが必要ないため、飛行機でのフライトなどインターネットに長時間接続できない状況に入る前、手もとのiPhoneにダウンロードしておいてまとめて読む、といったオフラインでの利用も可能になります。 ただし、WEBサイトの情報量にあわせてiCloudのストレージ残量は減少します。 目に付いたWEBサイトをとりあえずリーディングリストに登録しておいて、未読分を選んで読むという使い方が可能です。 なお、TwitterやFacebookのタイムラインなど、閲覧のつどサーバとの通信が必要となるWEBサイトはリーディングリストに登録しても正常に表示できません。 アクセスするたび内容が動的に変化するWEBサイトは、ブックマークに登録したほうがいいでしょう。

次の

Microsoft Edge の閲覧履歴を表示または削除する方法

リーディングリスト 復元

Windows8. 1ではストアアプリとして「リーディングリスト」があり、ここに読みかけのサイトなど一時保管できました。 これが、Windows10では既定のブラウザ Edge の機能一貫となり本来の形として整理されました。 Windows10ではストアアプリの「リーディングリスト」に保管しているサイトはEdgeへ移動させることを推奨しています(Windows10でアプリの「リーディングリスト」を開くと新着情報として、Edge への移行を促しています)。 あ 【 Edge のリーディングリスト】 使い方としては8. 1の時と同じ。 「リーディングリスト」は読みかけとか、読んですぐ消すものなどを一時的に保管するときに便利だと思います(操作が簡単です)。 手書きで印をつけたり、メモを添付した状態でサイトが保管できますので利用価値は高いと思います。 1.リーディングリストを開く Edge 画面の右上にある「ハブ」マークをクリックして開きます。 ちなみに「ハブ」から、「お気に入り」「履歴」「ダウンロード」が開けます。 2.リーディングリストに登録する 登録するサイトを開いた状態で、アドレスバーの右端にある黄星マークをクリック、 「お気に入り」と「リーディングリスト」が表示されるので「リーディングリスト」をクリックし、サイトが表示されていることを確認して追加をクリック 【 Edge のお気に入り】 IE(インターネットエクスプローラ)に比べて「お気に入り」の整理機能が低いと思います。 並べ替えたり、まとめて削除するなどが、少し面倒な気がします。 1.削除 「お気に入り」から削除するものを右クリック、表示されたメニューから削除をクリック 2.登録 サイトの登録はお気に入りにフォルダを作って入れるのが良いと思います(登録数が多くなりすぎるとフォルダで分類して登録しないと探し難くなります) 登録するサイトを開いた状態で、アドレスバーの右端にある黄星マークをクリック、そして「お気に入り」を選び、作成先のフォルダを決めます(ここでは「お気に入り」を選びました) お気に入りに適当なフォルダがなかったので「 Edge 」フォルダを新規に作成しました Edge では並べ替えはフォルダファイルをドラッグして行います(自動並べ替え機能は無いようです) Edge のお気に入りが保存されているフォルダをエクスプローラで開けば、ここでは当然並べ替えができますが、それがそのまま Edge の「お気に入り」の並びとはならないようです。 「お気に入りバー」の表示・非表示 Windows8. 1で使って使っていた「リーディングリスト」はスタート画面から外した 検索:• 最近の投稿• 187• 161• 142• メタ情報• ブログ統計情報• 5,324,330 ヒット.

次の