あけぼの 歯科。 平塚市の歯科衛生士・歯科助手求人

山梨県/あけぼの医療福祉センター

あけぼの 歯科

あけぼの歯科は平塚駅出口からバスで13分の場所にある歯医者さんです。 カウンセリングを大切にしており、カウンセリングコーナーでしっかりとお話しを伺ったうえで治療を行なっています。 休診日である木曜日以外の平日と土曜日は20時まで診療を行なっていますのでお仕事などで忙しくなかなか行けないといった方でも安心して通院することができます。 また、笑気麻酔を導入していますのでリラックスした状態で治療を受けることもできます。 また、虫歯を除去した後は虫歯のみを染め出す専用の液を使用することで取り残しのない確実な治療を行なっています。 診療内容/時間 最寄駅 大磯駅 徒歩40分(駅から3. 2km) 平塚駅 徒歩41分(駅から3. 3km) 電話 URL 診療項目• 矯正歯科• 小児歯科• 口腔外科 診療時間 月 09:00 - 13:00、15:00 - 20:00 火 09:00 - 13:00、15:00 - 20:00 水 09:00 - 13:00、15:00 - 20:00 木 休診日 金 09:00 - 13:00、15:00 - 20:00 土 09:00 - 13:00、15:00 - 19:00 日 09:00 - 15:00 祝 09:00 - 15:00 診療時間補足 月、火、水、金9:00〜20:00土9:00〜19:00日9:00〜15:00 休診日補足 木 駐車場 7台 クレジットカード 不明 神奈川県平塚市の他の歯医者.

次の

山梨県/あけぼの医療福祉センター

あけぼの 歯科

最近何回か通いましたが、毎回誰しも態度・対応が悪いと感じました。 どのくらい待たされるかも分からず一日の予定が崩れる時もありました。 事務員の声も小さく、いざ診察が始まると思ったら看護婦さんが小さ... 最近何回か通いましたが、毎回誰しも態度・対応が悪いと感じました。 どのくらい待たされるかも分からず一日の予定が崩れる時もありました。 事務員の声も小さく、いざ診察が始まると思ったら看護婦さんが小さな声で何か言い、聞き返す間もなくイスが倒れ始め、そして主治医が来るまで放置されます。 長い時で10分は待たされたでしょうか。 主治医が来ると「なんでお前来たの?」とでも言うように「そんなに急ぐ治療なの?」と初診で言われたのを覚えています。 更に初回から敬語などは一切なくこちらから質問すると「だからさぁ」を連呼します。 腕や設備は特筆するものも無いので普通だと思います。 だったら対応も良くて腕もいい所に行きますよね?私は次回からそうするようにします。 ただ付近の方もそう思っているのかガラガラで入口には「緊急外来受け入れます」のような張り紙もあったので盥回しに合うのが嫌な方にはいいかもしれません。

次の

院長挨拶|川口市の歯医者さん あけぼの歯科 川口末広

あけぼの 歯科

当院は木曜日以外は、土日祝日も開院しており、平日は20時まで診療を行っています。 お勤めの方や学生さんなど、平日の昼間は忙しくて通院が難しいという方にも、通いやすい歯科医院です。 歯医者が苦手な方はたくさんいらっしゃると思いますが、当院では初診の際、いきなり診療台に座ることはなく、 まずはカウンセリングコーナーでじっくりとお話を伺います。 虫歯や歯周病、入れ歯などの一般歯科、歯並びを治す矯正歯科、親知らずの抜歯などを行う口腔外科、インプラント手術や顎関節症の治療など、すべての治療を院長が担当し、総合的な診療を行っています(ホワイトニングに関しては、ホワイトニング・コーディネーターの資格を持った歯科衛生士が担当)。 お口全体をしっかりと拝見して診断と治療を行い、可能な限り天然の歯を残すことを追及しています。 お口の中でつらいことやお困りのことがありましたら、どんな些細なことでも構いません。 いつでもお気軽に相談にいらしてください。 患者さまに最善の治療をご提供するためには、治療の選択肢を増やすと同時に、正確で確実な治療を行える体制を整えることが大切だと考えています。 当院ではマイクロスコープ、CT、レーザー、笑気麻酔といった最新の医療機器を導入し、さまざまな治療に活用することで、痛みや負担を最小限に抑えた治療を実践しています。 特に力を入れているのは、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いた診療です。 開院当初より導入し、保険診療、自費診療にかかわらず活用しています。 拡大した視野の中で作業をすることで、治療の精度が向上するからです。 「 患者さまの生まれ持った歯を残す」ためにできることを可能な限り行えるよう、マイクロスコープをはじめとした最新機器を駆使し、患者さまにとって最良の治療をご提供するよう心がけています。 パフォーマンスロジックとは、歯科診療の基本となる、診療の際の姿勢や身体の使い方、診療環境などを規定した論理です。 当院ではこの論理にもとづいた診療をベースとしています。 これは人間がもっともストレスなく、精密な作業を続けるために開発されたもので、患者さまが水平にベッドに横たわった状態で、歯科医師が座って行う診療スタイルです。 歯科における人間工学といってもいいかもしれません。 これにより患者さまはリラックスした状態で、安心して治療を受けることができます。 また術者である歯科医師やアシスタントも、正確で安定したパフォーマンスを発揮できるのです。 今何をしているのか、次は何をするのか、この後どうなるのか、一切説明がない。 まるで機械の修理台に乗っているようで、恐ろしいとは思いませんか?しかし実際に、このような治療を経験したという患者さまもいらっしゃいます。 歯医者のイメージが「痛い」「怖い」というネガティブなものになってしまうのも、無理からぬことかもしれません。 当院はそんな歯科医院へのマイナスイメージを払拭するためにも、人と人との出会いを大切にしています。 そのひとつが、カウンセリングコーナーでの相談です。 初診の際は、プライバシーの保たれたカウンセリングコーナーでお話を伺うことから診療をスタートさせます。 最初からいきなり診療台に座ることはありませんので、ご安心ください。

次の