ヤリス クロス オーバー。 コンパクトクロスオーバーSUV「新型ヤリスクロス」と「C

ヤリス

ヤリス クロス オーバー

トヨタはヤリスクロスを世界戦略車として2020年8月31日追加予定。 9月に入って本体・オプション・付属品価格が決定し、先行予約スタートの予定です。 全長4180mm(最低地上高185mm)のBセグメントクロスオーバーモデルが新しく誕生します。 同社SUVと全長比較すると、C-HRが全長4385mm、トヨタライズが全長3995mmとなるため、当然、この中間に位置するモデルということができます。 ヴェゼル全長4330mmより短く、全幅は同じです。 ヤリスが生粋のコンパクトカーを務め、ヤリスクロスはサイズアップしたクロスオーバー車を担います。 4170mm• 1765mm• 1555mm• 2560mm 新開発GA-Bプラットフォームを採用します。 ライバル【VW T-Cross】• 0L直3ターボ搭載• ハイオクWLTC燃費16. 価格帯300万円前後• フロント:マクファーソンストラット式• リア(FF):トーションビーム• リア(E-Four):ダブルウィッシュボーン ヤリスクロスのボディカラー|12色【ヤリス参照】• 新色コーラルクリスタルシャイン• 新色アイスピンクメタリック 2トーン|6色• ブラックルーフ4種類• しかし、シートカラーやパネルの色、素材の変更で標準ヤリスと差別化されます。 オプション設定でラゲージスペースの撥水加工、リアシートバックの撥水加工などが考えられますね。 インテリアスペースは3ナンバー化により、それなりに開放感が高まったものとなるでしょう。 ヤリスクロスの内装部品【ヤリス参照】• ディスプレイオーディオ• ヘッドアップディスプレイ• ステアリング小径化• ステアリング中央パッド小型化• 2眼式メーターデジタル化• フードレス双眼TFTメーター採用• 西日でも表示読み取りしやすい• ドアトリムに新素材フェルト採用• イージーリターンシート採用• ターンチルトシート採用• ディスプレイオーディオ採用• アクセサリーコンセント(ハイブリッドのみ) ヤリスクロスのパワートレイン ヤリスに用意されるパワートレインの1. 5Lハイブリッドと1. 5Lガソリンが採用されます。 0L直3エンジンは搭載されません。 燃費はヤリスよりボディサイズが拡大して150kg重くなる分、悪くなります。 【ハイブリッド】新開発1. 現在このクラスのハイブリッドモデルには4WDが設定されていません。 しかし、トヨタの4WDはプリウスに搭載しています。 ヤリスクロスにも4WDが設定されます。 120ps• 8kgm• 6-21. 2 ヤリスクロスの先進安全装備Toyota Safety Sense コンパクトカー初搭載機能• レーダークルーズコントロール• レーントレーシングアシスト 新装備高度駐車支援システムAdvanced Park(アドバンストパーク)• 自動制御ステアリング・アクセル・ブレーキ機能 その他コンパクト初機能• 低速時加速抑制機能• リヤクロストラフィックオートブレーキ• ブラインドスポットモニター Toyota Safety Senseの基本性能については以下にまとめています。 【参照】ヤリスの価格.

次の

ヤリスクロス日本発売情報|2020年秋新型クロスオーバーSUVとしてデビュー

ヤリス クロス オーバー

トヨタ自動車は4月23日、BセグメントのSUV、『ヤリスクロス』を発表した。 「オールアーバン、オールSUV」が謳い文句で、平日の日常ユースから週末のアドベンチャーまで1台でまかなうことができる車をめざして開発された。 ヤリスクロスは、『ヤリス』と同じ「GA-B」プラットフォームを用いて、グラウンドクリアランスをあげたSUVとして仕立てられた。 トヨタでは「ヤリスと『RAV4』の両方からDNAを受け継ぐ」表現している。 足回りはインテリジェント4WDで、これに第4世代ハイブリッドを搭載する。 エンジンの排気量は1. 5リットル、パワープラント出力は116HP(85kW)だ。 開発はデザイン、設計ともトヨタ自動車のヨーロッパ拠点が手がけた。 生産もヨーロッパで、フランス工場での年産台数は15万台を超える予定。 ヤリスクロスは本来、3月のジュネーブモーターショー2020で発表される予定だったが、新型コロナウイルス感染症の流行でモーターショーが中止となったため、本日のオンラインでの発表となった。 《高木啓》.

次の

トヨタ・ヤリスクロス 日本発売は、2020年秋!デザイン、サイズ、スペック、グレード、価格予想など、最新情報!

ヤリス クロス オーバー

コンテンツ• toyota. 正式名は「ヤリスクロス」となっています。 気になるヤリスクロスの発売日ですが、 日本仕様の販売通知が7月から、発表、発売が2020年8月31日に予定されています。 欧州トヨタで早々に予告していたので欧州で先行販売かと思いきや、意外にも日本が先行する形となりました。 ちなみには欧州は2021年半ばとアナウンスされています。 ただ、こんなご時世なのでずれ込む可能性も考えておいた方がいいかもしれませんね。 スポンサードリンク ヤリスクロスオーバーことヤリスクロス 気になるサイズやパワートレインは? ヤリスクロスのボディサイズ 注目のボディサイズは以下の通りです。 ()内はヤリスの数値です。 全長:4,180mm(3,940mm) 全幅:1,765mm(1,695mm) 全高:1,560mm(1,500mm) ホイールベース:2,560mm(2,550mm) すべての数値でヤリスを上回っています。 ヤリスは5ナンバーサイズでしたが、ヤリスクロスでは全幅で3ナンバーとなりカローラの1,740mmより大きいですね。 toyota そもそも海外仕様のヤリスは全幅が3ナンバーに対して日本仕様は5ナンバーサイズにストレッチされていました。 toyota. ただ、ホイールベースの延長は10mmなので後席の居住性はほぼ同じレベルとなりそうです。 間口も広くて使い勝手はよさそう。 リアシートは4:2:4の分割可倒式で中央部はカップホルダー付きアームレストになっています。 toyota それに対してヤリスはバックドアを開けると目の前に後席シートバックが迫っていたのでかなり制約がありました。 最低地上高はヤリスより30mm高くなっていてラフロードの走破性が増しています。 ただ、 全高が1550mmを超えているので立体駐車場で入らないケースが出てきます。 とはいえ後席以降の実用性で難のあるヤリスの不満点をヤリスクロスでは改善されているとみていいでしょう。 ヤリスクロスのパワートレイン ヤリスクロスで用意されているパワートレインは以下の通りです。 新開発1. コンパクSUVは欧州市場でもニーズが高まっているので、圧倒的な環境性能を持つヤリスクロスはライバル達とって脅威になりそうですね。 スポンサードリンク ヤリスクロスオーバーことヤリスクロス 気になるエクステリアは? 今度のヤリスクロスはSX、G、Zの3つのグレードがあり、画像はすべて上位グレードのZに相当するものです。 一目見て、単にヤリスをリフトアップしてフェンダーを付けただけのなんちゃってSUVとは違うことがわかります。 そういうのでは受け入れてもらえないことに気付いた? フロントの造形は良くも悪くもアクの強いヤリスの面影がまったくありません。 しっかり差別化されています。 最近のトヨタの新型モデルを考えると大人しい?フロントマスクですね。 シンプルイズベストです! ヘッドライトはXグレードとGグレードはハロゲン(LEDはオプション)、上級グレードのZはLEDに加えてア ダプティブヘッドライトがオプションで選択できます。 もはやトヨタのアイデンティティといっていいバンパーサイドに縦に並んだライト類。 クリアランスランプかな? 誰が見てもレクサスUXのフェンダーを思い浮かべるのではないでしょうか?となるとボディーカラーをブラックにすると特徴が薄れてしまうかも? このアングルだと、とてもBセグメントには見えませんね~誰が見てもミニRAV4です。 リアのバックドアの造形はRAV4やハリアーに通じるものがありますね。 toyota. toyota. しかしよーく見てみると... メーターパネル中央に7インチとおぼしき液晶ディスプレイが確認出来ます。 これはZグレードの装備でオプションにヘッドアップディスプレイも用意されています。 ヤリスとは全く異なるデザインが採用されていますが、ヤリスの大きなメーターリングは少し引っかかっていたので個人的には歓迎です。 こちらがキャビンの全景となるカットモデルの画像です。 注目はココ!ヤリスにあったサイドブレーキがありません。 つまり電動パーキングブレーキの採用ということです。 パチパチパチ! 電動パーキングに対応したということはオートホールド機能や完全停止をサポートする全車速クルーズコントロールに対応していると見て間違いないでしょう。 これも個人的にヤリスでネックとなっていたのでうれしい仕様です。 toyota. toyota. toyota. すでに実車と思われる画像がアップされていましたがBピラーがボディ同色ってないわ~ 鉄チンを履いた廉価グレードっぽいヤリスクロス君。 昨日の写真の印象とは一転、何だか可愛く見えるw — Mrくるま。 Mr99790590 装備面では電動パーキングブレーキに加えて、最新のトヨタセーフティセンスはもちろんのこと、アダプティブヘッドライトや電動テールゲートにパワーシートとトヨタ車の中でも異様に装備が充実しているとことが驚きです。 国内仕様は何かと装備が省かれるものですが、このヤリスクロスに関しては欧州仕様と同等レベルの充実ぶりです。 サイズとしては爆売れしている5ナンバーのライズと被るところがありますが、動的質感にこだわったヤリスだけに走る楽しさと優れた安全・運転支援システムで数々のアドバンテージがあります。 加えてヤリスで明らかとなった新開発ハイブリッドシステムのずば抜けた燃費性能も大きな魅力です。 ちなみに気になる販売価格ですが、 ハイブリッドで250~280万とのことなので価格面でもライズやC-HRの中間に設定されています。 個人的にこれは間違いなく次期マイカー候補の1台に挙がりました。 ヤリスクロスはこれからも注目モデルとして情報をお届けしていきますね。 そういえば商標登録されたカローラクロスはどうなったのだろう? 人気の記事• コンパクトSUVの新型モデルとしてトヨタからライズが2019年11月に登場しました。 トヨタのSUVが欲... 今度の新型ヤリスの走りは今までのヴィッツとは別格の出来で私も含めて多くの人から高い評価を受けています。 ライズに続いてコンパクトSUVのヤリスクロスがこの夏に発売されます。 このヤリスクロスは手ごろなサイズで取り... 2020年2月にデビューした新型ヤリスのクロスオーバーとしてヤリスクロスが発表されました。 こうなると5ナン... 日産が国内市場に待望のニューモデル キックスを投入します。 コンパクトSUVの新型モデルとして注目を浴びるこ...

次の