トイプードル トイレ。 トイプードルのしつけは難しい?トイレのしつけの5つのコツ!

トイプードルのしつけは難しい?トイレのしつけの5つのコツ!

トイプードル トイレ

「しつけ」とは犬が私達人間社会の中で快適に暮らしていくためのルールを教えることです。 芸や訓練をさせることではありません。 「人間は犬よりも上位である」と主従関係をしっかりと示すことが大切です。 普段の生活の中から「犬は言葉がしゃべれないから」「かわいいから」と犬の言い なりになり、人間が犬に従うという逆の形にならないよう気をつけてください。 犬の好きなようにさせることが一番幸せだと考えがちですが、飼い主さんが犬の 行動を制御できず、周りに迷惑を掛けてしまうことの方が、犬を不幸にさせてしまいます。 トイプードルは賢いので比較的しつけはしやすいです。 しかし、早く覚える子もいれば、何回も繰り返し教えてもらうことで覚える子もいます。 その子の性格にあった方法で根気よく教えていきましょう。 また、飼い主さんは手っ取り早く「しつけの方法」だけを学ぼうとしますが、その前に「しつけとは何なのか?」「犬の性質」を一度ご家族で考えてみて下さい。 それを考え、犬を理解することで、しつけはきっと上手くいきます。 トイプードルが何か迷った時に飼い主さんの目をみて判断を仰ぐ。 そうなれば、信頼関係が築きあげられていることになります。 先にトイプードルが飼い主さんを見つめていて、飼い主さんが見つめかえすのではなく、トイプードルが違う方向を見ている時に飼い主さんの方を見るようにすることです。 飼い主に 注目するようにするには、まず名前を呼んだり、変な声を出したり、音を出してみて飼い主さんを見たら、褒めてあげてください。 目を見るだけでなく、飛びつ いてきたりしてはいけません。 あくまでも目線を合わせるだけです。 次に、食事の時にフードを入れた皿をトイプードルの前に置き、トイプードルの体を軽く押さえて「マテ」をさせます。 飼い主さんの目を見たら「ヨシ」の合図で食べることを許可します。 これをするようになれば、欲しいものを手に入れるには飼い主さんの目を見て許可してもらうことが必要だと覚えるでしょう。 「スワレ」をさせた状態で手のひらをトイプードルに向けて目の前に出し、「マテ」と声を掛けます。 「マテ」は「その姿勢のままで待っている」という意味を持っているので、トイプードルが動かないように注意してください。 最初は数秒くらいから始めて、「マテ」を終わらせる時は「ヨシ」と解除して褒めてあげてください。 トイプードルが落ち着かない様子を見せたら、その都度サインを出し、「マテ」と声をかけます。 もしもトイプードルが動いてしまったら、元いた場所に戻して、再び「マテ」をさせます。 徐々に「マテ」をさせる時間を伸ばしましょう。 座って待っていれば餌がもらえ、動いてしまうともらえないということをトイプードルに体験させます。 トイレの失敗を失くすには、まずトイレの環境を整えてあげましょう。 トイレは部屋の隅やサークルの中など、トイプードルが落ち着いてできるような場所に設置してください。 犬は排泄時無防備になるので、人目にさらされる所での排泄を好みません。 トイレの大きさは、最低でもトイプードルの全身が入る大きさです 子犬は排泄前、トイレの上で匂いを嗅ぎながらウロウロするので、余裕がある大きさの方がトイレの失敗も少なくなります。 子犬の頃はペットシーツをおもちゃにしてビリビリ破き、シートを食べてしまうこともあるので、トイレのお手入れに少々手間が掛かってしまいますが、メッシュ付の方が安心です。 子犬がトイレを覚える要素は、「シーツの感触」「トイレの置き場所」「臭い」です。 最初はトイレの周りをサークルで囲むといいでしょう。 サークル内一面にトイレシーツを引き、徐々にトイレシーツの面積を狭くしていき、シーツの感触を覚えさせて排泄させます。 トイレの置き場所も変えないようにしてください。 また、最初のうちは排泄の臭いが多少残っていた方がいいので、排泄をする度にシーツを取替えない方がいいでしょう。 排泄のタイミングは、食事の後、寝起き、興奮した時です。 この時がトレーニングのチャンスです。 トイプードルが床の臭いを嗅ぎ回ったり、ウロウロ、ソワソワしたら、すぐにトイレまで連れて行きましょう。 ちゃんと、トイレができたら褒めてあげて、できなくても叱らずに、すぐに処理しましょう。 家の外で排泄するようにしつけると、雨の日や飼い主さんが長時間留守にした時など、大変です。 室内で排泄できるように しつけてください。 新しい環境で不安な上に、兄妹や親犬と離れてしまうので寂しくて、夜鳴きをしてしまうトイプードルもおります。 その時は、無視(話かけない、目を合わせない、サークルからださない)を徹底して、鳴き止むのを待ってください。 叱ったり、大きな音を立てて脅かしたりすると逆効果です。 飼い主さんは一時的に寝不足になってしまうかもしれませんが、ここで我慢して、トイプードルに「鳴いても飼い主さんは構ってくれない」ということを覚えさせましょう。 大抵は時間が経過すると鳴き止みます。 犬は元々狭くて暗い洞穴で眠っていた動物です。 クレートやゲージをタオルや毛布で覆ってあげることで、トイプードルは安心して眠れます。 どうしても鳴き止まないようなら、• ラジオや音楽をつけて徐々に音を小さくしていく• 人間の赤ちゃんと同じように時計の針の「カチカチ」という音で安心する子もいます• 飼い主さんの気配を感じられる寝室にクレートを持って行き、徐々に寝室から離していく など試してみましょう。 ただし、同じ布団に寝ることだけは避けてください。 犬社会では上位の犬がより高い場所に寝るので、同じ高さの場所や寝床だと犬が勘違いしてしまい、主従関係が崩れてしまいます。 また、衛生的にもよくありません。 自分のトイプードルが何に対して吠えているのかも観察して理解してあげて下さい。 何かを要求し て吠えているのであれば、これは夜鳴きと同様、無視して下さい。 鳴くたびに構っていると、鳴けば来てくれると思い、わがままになってしまいます。 もし警戒して吠えているのであれば、これは飼い主が制御するようにしましょう。 無駄吠えをやめさせるには「スワレ」「マテ」「フセ」の基本的な訓練ができていることが前提となります。 トイプードルとの信頼関係を築いてはじめてしつけが出来ます。 そして、吠えている時に「スワレ」「マテ」をさせれば、吠えるのをやめます。 普段、あまり構ってないのに吠えた時に大きな声で叱ったりするとトイプードルは、構ってくれると勘違いします。 また、飼い主が吠えることを応援していると思ってしまうでしょう。 「ス ワレ」「マテ」「フセ」などの制御が出来ていないのに、いきなり吠えたら振動や電流が伝わるショック療法をする方がいますが、これは最後の手段にして下さ い。 もし、それが首輪に装着するタイプであれば、その後、何でもない首輪をすることを嫌がるようになるかもしれませんし、首のあたりに触れることすらさせ てもらえなくなるかもしれません。 どうしてもうまく吠え癖を直せない場合は、コインや小石を入れた空き缶を用意し、吠えた時に犬との視線を合わせず、無言でトイプードルの方向へ投げつける。 この時、トイプードルの体には決してぶつけないようにしてください。 トイプードルは、大きな音でびっくりして吠えるのを止めます。 吠えると嫌な事があると思わせるのです。 子犬は好奇心旺盛な上、ストレス解消や退屈しのぎの為にいろいろなものを噛んで遊びます。 電気コード、カーテンの裾、絨毯の端、雑誌や新聞・・・一度噛み 心地がいいことを覚えると、なかなか止めてくれないものです。 思わぬ事故につながる可能性がありますので、まずはいたずらしそうなものは片付けて、トイプードルが 遊ぶ場所を決めて、サークルなどで囲ってしまい何も置かないようにしましょう。 大人になると自然としなくなります。 デンタルコットンやデンタルガムのような歯石を防ぎかつストレス発散になる固さのおもちゃを与えるといいでしょう。 噛んではいけないものを噛んだら「ダ メ」「イケナイ」と注意し、噛んでよいもの、悪いものをはっきり教えてください。 子犬の頃は甘噛みで痛くありませんが、これが成犬になると本気噛みになっ てしまうことがあります。 また、子犬は兄妹犬と甘噛みしながらじゃれ合って、お互いの順位付けをします。 子犬が人間の指を噛んでいることは、同じように順 位付けをしている可能性がありますので、指を軽くでも噛んでいることを許していると、飼い主さんとの主従関係が崩れる原因ともなります。 もし人の指や脚を噛んできたら、トイプードルの口の中に噛んだ指や手を喉のあたりまで押し込んだりすると効果がありますが、爪で口の中を傷つけないように気をつけてください。 遊んでいて興奮してしまい、噛んでしまう場合がありますので、トイプードルと遊ぶ時は飼い主さんが主導権を握り興奮させないようにしてください。 飼い主さんがマズルコントロールできるようにしましょう。 トイプードルが強く抵抗したり、じゃれて歯を立てようとしたら、無言でトイプードルの下あごを自分の胸元に押し付けて下さい。

次の

小型・室内犬のトイレトレーの大きさについて。

トイプードル トイレ

この記事にかかれている内容は…• トイプードルの子犬にトイレを教える 犬には、トイレで排泄しなきゃいけない という概念はありません。 トイプードルの子犬だって どうしてトイレという決まったところで 排泄しなきゃいけないのかわかりません。 子犬のトイレトレーニングを行うときは とにかく• 焦らない• トイプードルのトイレトレーニング トイプードルはとても賢い犬種です。 トイレがトイレシーツの上でできたら それがよいことだとわかるように 「トイレができたらしっかりほめる」 これを基本として徹底してください! それでは、トイレトレーニングの方法を見ていきましょう。 トイレシーツを全体に敷き詰めたサークルを用意します。 「この白いシートの上でトイレをするんだよ」 ということをわかりやすく教えることができます。 全体に敷き詰めていますから、 トイレシーツの上以外で トイレをすることができない状況です。 チワワのトイレトレーニング でもご紹介しましたが 犬はトイレに行きやすいタイミングがあります。 目が覚めてすぐ• 食後や水を飲んだ後• 遊んで動き回った後 などが排泄をしやすいタイミングですから その時を見計らってトイレに連れていきます。 しぐさ的には、• その場でクルクル動く• 床の臭いをクンクンかぐ なども、トイレに行きたい時のしぐさです。 よく「ソワソワしたら」なんて言われますが ソワソワは結構いつでもしているように見えます 笑 愛犬の生活リズムを把握して 愛犬がトイレをしたら時間を見る ようにしていると、 これくらいの時間はトイレをしやすいとか これをした後はトイレをしやすいと把握できます。 SPONSERD LINK 排泄しているときの注意 子犬がトイレの中で排泄を始めたら 合図をします。 たとえば「シーシーシー」とか 「チッチッチッチ」などの合図を 排泄中にかけていると「合図=排泄」と 結びつくようになります。 合図で排泄ができるようになると 外出先やこれからの生活で 便利になりますから覚えさせるようにしてみましょう。 屋外でのトイレトレーニング お外は刺激が多くて なかなか落ち着かないものなので 生後半年以上(7か月以降くらい)になったら 外でのトイレトレーニングをするのも良いです。 お外でも合図に合わせてトイレができると 旅行先や外出先などで役立ちます。 お散歩のときはエチケット袋など トイレ始末グッズを持ち歩いていると思いますが トイレシートをもっていって トイレシートの上に排泄させる というのも挑戦してみてください。 ただ、子犬の時期は好奇心が旺盛ですから お外というだけで頭がいっぱいになっているかもしれません。 お外のトイレトレーニングは 「できれば」というくらいで 無理に覚えさせようとしないでも大丈夫です。 トイプードルはとても賢い犬種ですが 子犬のトイレトレーニングには やはりあなたの「長い目で見る力」が必要不可欠です。 これを知っておけば、日ごろからケアをしたり予防 黒いトイプードルは天真爛漫な明るい性格って聞いたけどホント? トイプードルは被毛の色によって性 プードルはその大きさに合わせていくつかの種類があります。

次の

【獣医師監修】【トイ・プードル】トイレ(排泄)のしつけ、トレーニングのポイントやコツ!|hotto(ホット)

トイプードル トイレ

ウチの子はなんでトイレが出来ないの??とお悩みの方もこれを読めば大丈夫!トイレトレーニングの正しい知識を身につけましょう! 弊社ではプロのドッグトレーナーがトイレトレーニングを行っているので、弊社の子犬ちゃん達はしっかりとトイレが出来る様になっており、お迎え頂いたあとも本当にお利口!と飼い主さまも驚く高い成功率でご好評を頂いております。 このように飼い主さまはもちろんですが、提携のブリーダーさんからも、「どうやって教えているのですか??」と多くご質問を頂いております。 高い成功率を誇るトイレトレーニングの秘訣は? ここではトイプードルのトイレトレーニングについて、詳しくご説明をさせて頂きたいと思います。 はじめに ワンちゃんにとって、そもそもトイレシートでトイレをするという事は普通ではありません。 自分の匂いが無くなってしまいますし、本来自然の中で暮らしていれば、自分の行動範囲のどこか野原や樹木などにしようとする本能があります。 ワンちゃんは人とは違います。 トイレはトイレシートに出来なくて当たり前です。 これをまず頭の中に入れて置いてください。 では、なぜ弊社の子犬ちゃん達はトイレシートでトイレをするのか? それは産まれてからお迎え頂くまで、トイレをトイレシートにしたら、たくさんいーこいーこして、たくさん褒めて、たくさんの愛情を注いできているからです。 だから弊社の子犬ちゃん達は、新しい環境にお迎え頂いて、不安でいっぱいの中、飼い主さまに褒められたくて、愛されたくて、体も小さいのに一生懸命頑張ってトイレシート目指して走っていくのです。 ワンちゃん達がそんな不安な思いで過ごしているのに、飼い主さまが、「何でトイレが出来ないの??」と思い詰めてしまい、失敗してしまった時に過剰に反応をしてしまったり、ワンちゃん達は飼い主さまの気持ちを察知して、さらに不安になったり、褒められてる??と勘違いをしてしまったりします。 こうなると悪循環になってしまい、信頼関係も築けず、いつまでも成功はしないでしょう。 どんな躾、トレーニングも考えなければいけない大切なことはワンちゃんの気持ちです。 その躾、トレーニング、ワンちゃんは喜んでいますか?? 悲しげな顔をしていませんか?? この記事を読んで頂いて、トイレが成功出来たら目一杯褒めて、たくさん愛してあげてください。 この記事が皆様とワンちゃん達の生活お役に立てれば幸いです。 トイレを失敗してしまう原因 ワンちゃんのトイレに対する理解で変わってくるので、どのように理解しているか? どの様な状況で失敗をしてしまうのか? 細かく深く掘り下げて考えていきたいと思います。 ケージ内で失敗してしまう場合 トイレをベットでしてしまう、 シート敷いて居ない床でしてしまう、 トイレシートで寝ようとする、 ケージ内でトイレシートに出来てないなどと言った場合には、 そもそもトイレシートをトイレと理解しておりません。 まずはトイレトレーニングをリセットして、 トイレシートをトイレと理解をするところから始めましょう。 (方法についてはします) ケージの中では成功するが、ケージの外に出すと失敗してしまう場合 トイレシートが見つからない トイレシートまで間に合わない トイレシートが小さくてはみ出てしまう といった事が主な理由です。 この場合は、 行動範囲を狭める トイレシートを広く敷く トイレシートの近くで一緒に遊ぶ といった方法で成功率が上がると思います。 まずこの違いをワンちゃんに当てはめて、 ワンちゃんの失敗の原因を探ってみましょう。 トイレシートを理解していない トイレシートを理解している 愛犬に該当するものがないかチェックしてみてください トイレをベッドでしてしまう トイレシートが見つからない シートをしていない床でしてしまう トイレシートまで間に合わない ベットがあるのにトイレシートで寝る トイレシートからはみ出している トイレ成功の為に使う物 ケージは最低でも横90センチX縦60センチX高さ70センチ以上の物を用意しましょう。 トイレが別に付いているケージでも大丈夫です。 今回この記事ではご説明の便宜上、8面サークルを使用しております。 8面サークルは環境や目的に合わせて、形を変えて使用出来るのでとても便利です。 1辺の幅が約60センチになります。 正方形 この様に全面にトイレシートを敷いて、どこでおしっこ、うんちをしても100%成功という状態にしましょう。 子犬ちゃんはご飯を食べたあと、お水を飲んだあと、比較的早いタイミングでトイレをします。 具体的にご自宅でトレーニングする際は普段から床全面にトイレシート敷いておき、 ご飯を食べ終わったり、お水を飲み終わったあとにベットやおもちゃ、お皿などは一旦ケージから出してトイレシートだけにしてください。 5~30分以内にはトイレをしてくれるはずです。 おしっこ、うんちが出来たら、これでもかとたくさん褒めまくってください。 トイレをしなかった場合は今回はあきらめましょう。 ベットなどは戻してあげてください。 長時間強制するのはお互いの精神衛生上よくありません。 次の機会を待ちましょう。 何回か繰り返しているとある程度、トイレの場所が定まってきます。 定まってきたら、次はその場所にはトイレシートを残し、徐々に狭めていきます。 2,トイレシートを少なくした状態 さすがは弊社のプードルちゃん! 緊張しながらもしっかりと成功させてくれました! トレーナーのトレーニングの賜物ですね! このように弊社の子犬ちゃん達はトイレトレーニングをしておりますし、お迎え前はもちろんお迎え頂いたあとも専門の知識を持ったスタッフが日本一のアフターサポートで、ワンちゃんライフをサポートさせて頂きますので、どうぞご安心下さいませ。 まとめ 失敗してしまう時は環境や状況が分かりづらくしてしまっている事がほとんどです。 ワンちゃんはトイレが出来なくて当たり前です。 その心を忘れずに、肩の力を抜いていきましょう。 そして成功した時はとにかくたくさん褒めて、たくさんいーこいーこしてあげてください。 失敗してしまった時は大声を出したり、怒ったり反応はしません。 これを基本にワンちゃんがわかりやすい環境を作ってあげるだけです。 どなたにも簡単にできますので、お困り方はぜひやってみてください。 文責 株式会社OCEAN'S 神奈川県秦野市平沢1546-1 OCEAN'Sビル1F、2F ご家族や友達に教えてあげましょう トイプードルをお探しになる方はこちら! このページをご覧の方はこちらの記事もご覧頂いています•

次の