バイオ ハザード 7 考察。 ゲームバイオハザード5までのストーリーネタバレを詳しく教えて...

映画版『バイオハザード1』の感想。1作目は何度観ても面白い!

バイオ ハザード 7 考察

としては前作『』からおよそ4年振りの作品となった。 またがつくのは『:』以来。 を含むではに先駆けてに発売され、内では同26日に発売された。 「 新生」と銘打ち、ーューを用いた2度の、新の採用によるよりした描画など、新しい要素が数多く取り入れられている。 『(re 、「邪悪な住人」の意)』は版のである。 また、の「L」がく塗られ「」に見えるようにもなっている。 よりの会員限定で用の『バイオハザード7 ザー 〜ビギニングアワー〜』が配信された。 また、用の体験として『K』も配信。 製品版はが2つあり、通常版は「D」。 版は「Z」となっている。 価格や基本的な内容はどちらでも同じだが、版はや演出面での残虐表現がより強くなっている。 なお、残虐表現が最も強いのは版である。 システム 今作では『6』までの重視から路線変更し、の原点である「恐怖」にを当てた性の深化が念頭に置かれている。 そのため、は従来のようにが務めるのではなく、ごく一般的な「弱さ」を持つとして設定されている。 はであるイーサンを操作し、邸宅に住んでいる狂気のベーと戦いながら妻であるの救出を行う。 ベーが、汚物同然の食事を囲んで談笑している様子が今作のとなっており、では、社のが彼らを監視していたことが示唆されていた。 やの間では、たびたび『』のソーヤーのが摘されている。 『6』よりも後の時代のであり、進行度合いによって作品との繋がりが次第に浮かび上がって来る。 また、『 ーュー』と呼称されるが新たに採用され、いわゆるの形式をとして初めて導入している。 これにより、恐怖演出の緊迫感が増した。 3人称のいわゆる「操作」が特徴的だった初作~『:』、肩越しのとなった『4』~『6』に継いで、2度のが行われたことになる。 にも対応しており、を採用したことで性も非常に高い。 さらに、が開発した新『RE』により、と見間違えんばかりの精密でのあるを実現しており、ソー等の大きいものからホコリなどの小さいものまですべてがにされている。 のの一人に、最恐のゲーとして名高い『』や屈ので知られる「ド」こと『-: The 』のR eyが参加し、となった。 ストーリー イーサン・ターズの妻は、3年前に突如となった。 の捜もしく、有な手掛かりは得られないままで、もはやのは的であった。 彼は失意の日々を送っていた。 ところがある日、からが送られてくる。 「イーサン、方にをついた……このを、もし見ているなら……私を探さないで」 は生きていたのだ。 イーサンは居ても立ってもいられず、が発信された場所へ向かった。 妻と再会するため、彼は単身、邸宅の中へ乗り込む。 だが彼を待ち受けていたのは、あるの、凄まじい狂気と恐怖だった……。 キャラクター 主要人物 イーサン・ターズ - : 本作のを務める。 になっていたの足取りを追って、ベーの棲む邸宅へと乗り込んだものの、やおぞましい怪物に襲われる羽になる。 に関する訓練などは受けていないであり、のとしては初めてのである。 ……あるはず。 ・ターズ - : 3年前にになった、イーサンの妻。 震えるで「探しに来ないで」とイーサンに訴える様子などが確認できるが、ではイーサンと再会後に突如として狂乱、襲いかかってくる。 その理由は……? ベイカー家 ・ベー - : 邸宅の持ちで、で一緒に住んでいる老人。 狂気じみたを称えながら、を追跡し襲い掛かってくる。 すらぶち破って追ってくる様は、『3』の「(ネメシス)」を彷彿とさせる。 常軌を逸したと生命の持ちであり、頭に撃を喰らったり、火にされたりしても、死ぬどころるみすらしない。 の間での称は「」。 マー・ベー - :沢磨紀 ベーの妻で、なを浮かべた老婆。 されたイーサンになを理やり食べさせようとし、拒否されるとーを起こす。 ベーの旧邸を「」と称しており、隙を突いて込んだイーサンやに襲いかかる。 ・ベー - :せつじ ベー夫妻の。 では「悪い噂が多い」と評されている。 になと共に然と暮らしているが、その実は両親以上の。 イタとは呼べないのをあちこちにしかけており、おかげでイーサンは大変なに会う。 ゾイ・ベー - : ベー夫妻の長女で、の。 にあって一正気を保っており、敷地内のを住居としている。 イーサンに対してはを介して助言を行うが、その口からられたを聞かされたイーサンはを受ける。 老婆 - : に座った、生きているのか死んでいるのかもわからないほど年老いた老婆。 「」の一員である事には間違いがないのだが…… その他 - : おなじみ初代。 勤務だったが新生に招かれ、終盤に救出部隊を率いて登場した。 また後日談を描いた『 A 』ではをつとめ、本作のを追う事となる。 - :関雄 複数のにおける、いわばの。 で、配信番組「ワ・ゲーターズ」取材の為にベーを訪れたのが運の尽き。 同僚の、と共に監禁され、次々と彼らが死んでいく中でに脱出しようとするが、最終的にのに巻き込まれてした。 ・ベー - : 『 of Zoe』。 ベーとはを取り、畔の小屋で一人の生活を送っていた。 素手でと渡り合い、やを生食して回復するなど、色々と離れした。 頑固一な所があり、ベーの異変にも3年間気づく事がなかった。 姪でを奇病から救う治療をめて奔走する。 たびたび襲撃してきた怪物「」がの成れの果てと知った時は動揺したが、ゾイを助ける為にを倒す事を決断、ベーに殴り込みをかける。 本人く「昔喧した時はいつも鼻っ柱を折っていた」。 クリーチャー デッド い体色の人。 その正体は状の特異菌によって生み出された「」。 菌に感染したがデッドとなるほか、した菌そのものから生み出される。 ただしその上体の接合が脆く、繋ぎである関節を狙えば四肢切断による化が可。 頭部も弱点であり、が通用する。 知は低く、を自分で開け閉めする事は出来ない。 状の腕、、再生を持つ強化個体も存在する。 食人 マーが使役する巨大な羽。 針で突き刺して攻撃するほか、腕につかられると数ほど防備になってしまう。 はないので駆除は容易く、静かに移動すれば気づかれる事もない。 ・ターズ 特異菌によってに操られた。 暴化してイーサンに襲いかかり、やで攻撃してくる。 その正体は、 後述するエヴを「開発」した組織の。 夫には自分のは秘密にしており、エヴ護送に同し、そこでに巻き込まれた。 ベーとは違い全に支配はされていないものの、血清を使わなければ支配下から逃れられない状況にある。 エヴ 本作の中心人物にして。 10歳前後のに見えるが、その正体は「」。 デッドの元となる特異菌を組み込まれ、培養により誕生した存在である。 別名「E被検体」。 特異菌を体内で生成し操作、を支配下に置くを持つ。 知はと同等だが、良くも悪くも幼く邪気な存在だった。 同時に孤独な遇から「」に対して強い執着を持ち、これが今作の悲劇へと繋がっている。 研究施設から移送される際に脱走、移動に使われたタン内でを引き起こして乗員を壊滅させた。 船が漂着した沼地でと共にに保護され、温かく迎えられるが、その恩をで返す形でベーを感染させて支配下とする。 その後もを利用して者や浮浪者を監禁し続けていた。 ベーの「老婆」がその正体で、のにより急に老化している。 関連動画 関連商品 関連項目• 関連リンク•

次の

バイオハザード7の謎、考察!クリス・レッドフィールド、ルーカス、アンブレラ、エブリン、ミア、イーサン攻略

バイオ ハザード 7 考察

としては前作『』からおよそ4年振りの作品となった。 またがつくのは『:』以来。 を含むではに先駆けてに発売され、内では同26日に発売された。 「 新生」と銘打ち、ーューを用いた2度の、新の採用によるよりした描画など、新しい要素が数多く取り入れられている。 『(re 、「邪悪な住人」の意)』は版のである。 また、の「L」がく塗られ「」に見えるようにもなっている。 よりの会員限定で用の『バイオハザード7 ザー 〜ビギニングアワー〜』が配信された。 また、用の体験として『K』も配信。 製品版はが2つあり、通常版は「D」。 版は「Z」となっている。 価格や基本的な内容はどちらでも同じだが、版はや演出面での残虐表現がより強くなっている。 なお、残虐表現が最も強いのは版である。 システム 今作では『6』までの重視から路線変更し、の原点である「恐怖」にを当てた性の深化が念頭に置かれている。 そのため、は従来のようにが務めるのではなく、ごく一般的な「弱さ」を持つとして設定されている。 はであるイーサンを操作し、邸宅に住んでいる狂気のベーと戦いながら妻であるの救出を行う。 ベーが、汚物同然の食事を囲んで談笑している様子が今作のとなっており、では、社のが彼らを監視していたことが示唆されていた。 やの間では、たびたび『』のソーヤーのが摘されている。 『6』よりも後の時代のであり、進行度合いによって作品との繋がりが次第に浮かび上がって来る。 また、『 ーュー』と呼称されるが新たに採用され、いわゆるの形式をとして初めて導入している。 これにより、恐怖演出の緊迫感が増した。 3人称のいわゆる「操作」が特徴的だった初作~『:』、肩越しのとなった『4』~『6』に継いで、2度のが行われたことになる。 にも対応しており、を採用したことで性も非常に高い。 さらに、が開発した新『RE』により、と見間違えんばかりの精密でのあるを実現しており、ソー等の大きいものからホコリなどの小さいものまですべてがにされている。 のの一人に、最恐のゲーとして名高い『』や屈ので知られる「ド」こと『-: The 』のR eyが参加し、となった。 ストーリー イーサン・ターズの妻は、3年前に突如となった。 の捜もしく、有な手掛かりは得られないままで、もはやのは的であった。 彼は失意の日々を送っていた。 ところがある日、からが送られてくる。 「イーサン、方にをついた……このを、もし見ているなら……私を探さないで」 は生きていたのだ。 イーサンは居ても立ってもいられず、が発信された場所へ向かった。 妻と再会するため、彼は単身、邸宅の中へ乗り込む。 だが彼を待ち受けていたのは、あるの、凄まじい狂気と恐怖だった……。 キャラクター 主要人物 イーサン・ターズ - : 本作のを務める。 になっていたの足取りを追って、ベーの棲む邸宅へと乗り込んだものの、やおぞましい怪物に襲われる羽になる。 に関する訓練などは受けていないであり、のとしては初めてのである。 ……あるはず。 ・ターズ - : 3年前にになった、イーサンの妻。 震えるで「探しに来ないで」とイーサンに訴える様子などが確認できるが、ではイーサンと再会後に突如として狂乱、襲いかかってくる。 その理由は……? ベイカー家 ・ベー - : 邸宅の持ちで、で一緒に住んでいる老人。 狂気じみたを称えながら、を追跡し襲い掛かってくる。 すらぶち破って追ってくる様は、『3』の「(ネメシス)」を彷彿とさせる。 常軌を逸したと生命の持ちであり、頭に撃を喰らったり、火にされたりしても、死ぬどころるみすらしない。 の間での称は「」。 マー・ベー - :沢磨紀 ベーの妻で、なを浮かべた老婆。 されたイーサンになを理やり食べさせようとし、拒否されるとーを起こす。 ベーの旧邸を「」と称しており、隙を突いて込んだイーサンやに襲いかかる。 ・ベー - :せつじ ベー夫妻の。 では「悪い噂が多い」と評されている。 になと共に然と暮らしているが、その実は両親以上の。 イタとは呼べないのをあちこちにしかけており、おかげでイーサンは大変なに会う。 ゾイ・ベー - : ベー夫妻の長女で、の。 にあって一正気を保っており、敷地内のを住居としている。 イーサンに対してはを介して助言を行うが、その口からられたを聞かされたイーサンはを受ける。 老婆 - : に座った、生きているのか死んでいるのかもわからないほど年老いた老婆。 「」の一員である事には間違いがないのだが…… その他 - : おなじみ初代。 勤務だったが新生に招かれ、終盤に救出部隊を率いて登場した。 また後日談を描いた『 A 』ではをつとめ、本作のを追う事となる。 - :関雄 複数のにおける、いわばの。 で、配信番組「ワ・ゲーターズ」取材の為にベーを訪れたのが運の尽き。 同僚の、と共に監禁され、次々と彼らが死んでいく中でに脱出しようとするが、最終的にのに巻き込まれてした。 ・ベー - : 『 of Zoe』。 ベーとはを取り、畔の小屋で一人の生活を送っていた。 素手でと渡り合い、やを生食して回復するなど、色々と離れした。 頑固一な所があり、ベーの異変にも3年間気づく事がなかった。 姪でを奇病から救う治療をめて奔走する。 たびたび襲撃してきた怪物「」がの成れの果てと知った時は動揺したが、ゾイを助ける為にを倒す事を決断、ベーに殴り込みをかける。 本人く「昔喧した時はいつも鼻っ柱を折っていた」。 クリーチャー デッド い体色の人。 その正体は状の特異菌によって生み出された「」。 菌に感染したがデッドとなるほか、した菌そのものから生み出される。 ただしその上体の接合が脆く、繋ぎである関節を狙えば四肢切断による化が可。 頭部も弱点であり、が通用する。 知は低く、を自分で開け閉めする事は出来ない。 状の腕、、再生を持つ強化個体も存在する。 食人 マーが使役する巨大な羽。 針で突き刺して攻撃するほか、腕につかられると数ほど防備になってしまう。 はないので駆除は容易く、静かに移動すれば気づかれる事もない。 ・ターズ 特異菌によってに操られた。 暴化してイーサンに襲いかかり、やで攻撃してくる。 その正体は、 後述するエヴを「開発」した組織の。 夫には自分のは秘密にしており、エヴ護送に同し、そこでに巻き込まれた。 ベーとは違い全に支配はされていないものの、血清を使わなければ支配下から逃れられない状況にある。 エヴ 本作の中心人物にして。 10歳前後のに見えるが、その正体は「」。 デッドの元となる特異菌を組み込まれ、培養により誕生した存在である。 別名「E被検体」。 特異菌を体内で生成し操作、を支配下に置くを持つ。 知はと同等だが、良くも悪くも幼く邪気な存在だった。 同時に孤独な遇から「」に対して強い執着を持ち、これが今作の悲劇へと繋がっている。 研究施設から移送される際に脱走、移動に使われたタン内でを引き起こして乗員を壊滅させた。 船が漂着した沼地でと共にに保護され、温かく迎えられるが、その恩をで返す形でベーを感染させて支配下とする。 その後もを利用して者や浮浪者を監禁し続けていた。 ベーの「老婆」がその正体で、のにより急に老化している。 関連動画 関連商品 関連項目• 関連リンク•

次の

バイオハザード7の謎、考察!クリス・レッドフィールド、ルーカス、アンブレラ、エブリン、ミア、イーサン攻略

バイオ ハザード 7 考察

スポンサーリンク 1強すぎる主人公イーサンに絶賛?の声 今回主役は一般人で、ひ弱な存在と公式も言ってたが はっきり言ってジルやクリスよりタフな気が メンタル的な弱さが一切ないな クリスより強い 絶対イーサン一般人じゃないわ 、こいつBOWだろ 寝坊した新米警官(レオン)も一般人と大差ないよね (クレアもただの女子大生という意見に対して) クレアの初期ステータスはアリッサと同じ位と思っていいんじゃね? ラクーン脱出から数ヶ月で単身アンブレラの会社ぶっ壊す位に進化してるけどw ゲーム的な都合もあるけどあんな怪物を撃破してるのに一般人と言うのは無理がある と思ってクリスやレオンの活躍を思い出したらあいつらの凄さを再認識できた どんな重傷を負っても直後にはほぼ完治とか ギャグキャラか何かか 確かにただの一般人なのに腕なくしてハァハァ言ってるだけで済むイーサンが一番の人外主人公かもな このように、 イーサンを歴代ナンバーワンの強さの主人公という声もあります 笑。 確かにあれだけの恐怖体験をして 精神を保っている時点で、一般人ではないですよね 笑。 スポンサーリンク 2実はイーサンとミアは偽装結婚だった?ファイルから読み解くと。 ファイルを見ると・・・ イーサンは一般人または特殊工作員。 ミアは特殊工作員 エブリンを とある組織が南米支部へ移送するときに 家族という設定が都合がいいという理由で、もう一人の工作員と客船に乗り込む(ベビーシッターとして)。 道中エブリンが暴走し、抑制するための血清? を片手にエブリンの暴走を食い止めに行動するも止めることができず客船崩壊。 客船の残骸とともに、ミアとエブリンがベイカー家の近くに漂着。 ベイカーがそれらを発見し良心で助けるが、家族がほしいエブリンに精神的支配をくらう。 3イーサンは何者なのか? ですが、3年間行方不明の妻、ミアを探しに行ったり、 最後に「俺たちはただの犠牲者だった・・・」 と述べていることから、 イーサンはただの一般人のような気がしますが、 実はアンブレラ 昔の赤アンブレラ の研究員だった、という考察があります。 youtubeより引用 というのも、 バイオハザード5のファイルに 「 Ethan ・W」という名前の研究員が出てきており、 バイオ7の主人公も Ethan・Winters イーサン・ウィンターズ だからです。 恐れ多くも伏線だらけのバイオハザードシリーズ。 おそらく、関連があると思います。。。 つまり、イーサンはかつてのアンブレラの研究員であり、 その素性を調べるために、ミアは特殊工作員として彼と偽装結婚。 ミアはその後、工作員としてイーサンに嘘をついて船に乗り込みます。 そして、3年後、 目覚めたミアは組織の実験台にされながらもイーサンに連絡を取り、呼び出した、ということです。 4ミアやイーサンは青アンブレラや敵組織の工作員?考察。 クリスが所属している青アンブレラ。 かつての赤アンブレラに対抗する組織として、新たに作られたものだと思います。 (組織と黒幕H. このようにファイルには、「 ミア及びアランが特殊工作員である」と記載されており、 ミアはエブリンの護衛任務にあたっていたのです。 そして、エブリンを親子と装い、保護観察せよ、と書かれています。 一見して、ミアは敵組織の工作員のようです ファイル敵組織のものなので。 しかし、 ミアは2重スパイだった可能性もある、と一部では考察されています。 以下、それぞれ考察してみたいと思います。 1ミアが青アンブレラの特殊工作員でイーサンが組織の一員だった場合 この場合、ミアは青アンブレラ(クリスの仲間)として、元赤アンブレラの研究員であったイーサンの素性を調べるために、 イーサンと偽装結婚。 イーサンは新しい別の組織の一員で、 そして、そこで得た情報をもとに、ミアはアランと一緒に船に工作員(二重スパイ)として乗り込み、 エブリンを救出する、または新たな実験を止めるつもりだった。 しかし、失敗し、閉じ込められ、ミアはなんとか イーサンやクリスに連絡を取った。 イーサンは組織の一員だったため、クリスより簡単に彼女のいるベイカー邸を特定・たどりつき、 敵を壊滅。 (あまり動じなかったのもこのため) さらに、ヘリの到着に 「来るの遅すぎだろ・・・」と苦情を言っていることからも、 ミアが連絡したのを知っていた、または既に青アンブレラの存在を知っていて、ヘリが救出にくるのを分かっていた、とも取れます。 「一つの扉が閉じれば、また別の扉が開く・・・」と最後に意味深なことを言っていることからも、 青アンブレラに救出され、そこに潜り込む機会を得たから。。。 と考えられます。 「イーサンはあなたのことを愛していない!」とエブリンが心を読んで伝えたことからもイーサンはエブリンを利用していた、とも取れるのです。 そうなると、次回作ではイーサンが敵として登場する可能性も・・・。 2反対に、ミアが敵の工作員だった場合 そのままミアが敵の工作員だった場合は、 イーサンは青アンブレラの一員で、クリスに救援を求めており、 「レッドフィールド」とクリスがすぐに名乗ったことから、 青アンブレラの支部の研究員だった、という可能性があります。 エブリンのことや事情を知っているミアに比べて、イーサンはあまり事情を呑み込めていない状況だったので、 敵組織の可能性は低いかもしれません。 となると、やはり青アンブレラまたは一般人の可能性が高いでしょう。 3イーサンが元研究員で今は一般人。 ミアが敵の特殊工作員というパターン これに落ち着くような気もします。 ファイル通りに解釈すれば、ミアは敵の組織の工作員であり、イーサンをだましていました。 ミアがイーサンに近づいたのも、イーサンが元研究員であるため、利用価値があると考えたため。 そしてミアは敵組織の工作員としてアランと共に船に潜入。 そこで、エブリンが暴走し、 捕まってしまいます。 研究員たちはモールデッドになったり、やられてしまいます。 その後、3年の間にミアはベイカー邸にて新たな実験の対象とされ、 (主導者はルーカス) 何とかイーサンに連絡をとることに成功。 イーサンは訳も分からず、助けにいき、元アンブレラであるためそこまで動じずに対処。 イーサンがミアをもう愛していない理由は、 単純に「ミアに襲われた恐怖」から。 または3年の月日と倦怠から。 というものです。 いずれにせよ、ミアが工作員で、青アンブレラと別の組織が対立、ベイカー邸の地下施設を見ても、組織の実験場であり(主導はエブリンの支配から抜け出した息子ルーカスとゾイ。 ゾイは途中で離反)、かつ同時にエブリンの支配下であった、というのは明らかです。 今作はバイオ8の伏線メインだったような気がしています。。。 「イーサンはあなたのことなんか愛してない」というエヴリンのセリフはイーサンがゾイを選んだルートのものですよね?(記憶違いならすみません…) ゾイを選んだルートではミアが船内でイーサンを助ける際ゾイを選んだ事を引きずってグレるのでそれを煽るためのセリフだったと思います。 なので普通にミアを選んだルートではイーサンは普通に愛があるのでは、と思いました。 節々のセリフからもミアの事は大事に思っているようでしたし組織絡みと知ってて単身乗り込む理由が見つかりませんし。 しかしイーサン・Wが無関係とは思えないので逸般人説は推したいと思いますので、ミアとイーサンは互いの正体を知らなかった、イーサンは妻が組織絡みの実験に巻き込まれてるとは始め思わなかった、のではないかと思ってます。

次の