布 マスク 効果 ない。 布マスクは有効? WHOは「どんな状況でも勧めない」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型コロナに布マスクは本当に効くのか? エビデンスから解説

布 マスク 効果 ない

朝日新聞が4月2日に公開した「」との記事が物議をかもしています。 具体的にはタイトルでは「どんな状況でも勧めない」とあるのに対し、記事末では専門家が「他人にうつさないという目的を考えれば、『つけない』という選択肢はない」と話しておわっているためです。 おそらく記事を書いた人と見出しをつけた人が別々のためこのようなタイトルになっているのだと思われますが、そもそもの話として見出しになっているWHOの案内は一般人に向けたものではありません。 WHOの案内は専門家や医療従事者向け WHOが「布マスクはどんな状況でも勧めない」と案内しているのは、以下のページです。 Cloth e. cotton or gauze masks are not recommended under any circumstances. クロス 例えば綿やガーゼ マスクはどんな状況でもお勧めしません。 出典: ただ、概要に書いてあるようにこの案内は「公衆衛生および感染予防および管理 IPC の専門家、医療管理者、医療従事者、および地域の医療従事者を対象」としています。 つまり私たちのような一般人向けのものではありません。 これをもって「布マスクはどんな状況でも勧めない」と一般論のように取り上げるのは不適切ではないでしょうか。 布マスクの感染率が高い論文は医療用マスクとの比較 この「布マスクは効果がない」論を補強するものとして、ネット上では医療用マスクと布マスクの効果を比較したがよく取り上げられています。 この論文はベトナムの病院において、医療従事者を勤務中はつねに医療用マスクをつけるグループ・同布マスクのグループ・マスクのつけ外し自由の3つのグループにわけ、呼吸器疾患・インフルエンザ・ウイルス性呼吸器感染症にどれだけ感染したかを調べたものです。 その結果、つねに布マスクをつけていたグループの感染率が有意に高いことがわかったとまとめられています。 また、マスクのつけ外し自由のグループ内で医療用マスクのみをつける人、布マスクのみをつける人にわけて比較したところ、やはり布マスクのみをつけるグループの感染率が高かったとのことです。 この結果をもって「布マスクは効果がない」とされているのですが、この論文は医療従事者における医療用マスクと布マスクの効果を調べたものであって、布マスクとマスクをまったくつけない人を調べたものではありません。 ちなみにマスクのつけ外し自由のグループでは、そもそもマスクの着用率が非常に高かったとのことです。 WHOタイ「具合が悪い場合は、布か紙のマスクを着用してください」 このほか「布マスクはどんな状況でも勧めない」の反論として、WHOタイが2020年3月26日に発表したレポートもよく引き合いに出されています。 WHOタイのレポートでは「公衆への勧告と助言」として「具合が悪い場合は、布か紙のマスクを着用してください」と案内されています。 If unwell, wear a cloth or paper mask. Do not use N95 respirators as supplies are limited and they are critically needed for healthcare workers. 具合が悪い場合は、布か紙のマスクを着用してください。 N95レスピレーターは、供給が限られており、医療従事者にとって非常に必要であるため、使用しないでください。 出典: 他人にうつさないために、布マスクをつけましょう さまざまな情報が流れており混乱しそうですが、簡単にまとめるとこうです。 WHOが布マスクを勧めないのは医療従事者• 医療用マスクと比較して布マスクの感染リスクは高い• 布マスクはきちんと洗浄・乾燥しないと汚染される• 最近のWHOレポートでは具合が悪い人に布・紙マスクを勧めている• 布マスクは手についたウイルスが口や鼻に触れるのを防げる• 布マスクは他人にうつさない効果を期待できる というわけで布マスクの効果は医療用マスクと比較すると低くなりますが、他人にうつさないためにも布マスクをつけましょう! 4月3日12時16分追記 布マスクの効果について本文に書いていないとの指摘があったため、朝日新聞の記事から紹介しておきます(簡略化された内容は上段で紹介した記事にも掲載されています)。 大西さんによると、マスクには三つの役割があります。 ウイルスがフィルター部を通過しない。 手についたウイルスが口や鼻に接触するのを防ぐ。 顔に密着させ、マスクの間からウイルスが侵入するのを防ぐ。 「布マスクは、2. については効果がありますが、1. については全く効果がありません」と大西さん。 コロナウイルスの直径は0. 1マイクロメートル。 布マスクを容易に通過してしまいます。 (中略) 「つけない」という選択肢はない では、布マスクにはまったく効果がないのでしょうか。 大西さんは「他人にうつさないという目的を考えれば、『つけない』という選択肢はない」と言います。 たとえばせきやくしゃみをした瞬間、ウイルスの何割かはマスクの外に出ますが、大きな飛沫をせきとめてくれる可能性があります。 つまり、自分の感染予防ではなく、他人への感染予防につながるアイテムだ、という意味です。 また、保湿効果によりマスクに覆われた部分をウイルスの増殖しにくい環境にする、のどの保湿によりウイルスの侵入を防ぐ、などの効果が期待できるそうです。 出典: このほか朝日新聞はも案内しています。 なお、この記事の本意は「布マスクをつけましょう(布マスク効果なしの記事に誘導されて感染者が布マスクなしで出歩くのは勘弁して欲しい)」であり、安倍政権による布マスク2枚配布の政策を擁護するものではありません。 布マスク配布発表時の筆者の反応は以下です。 ようは「マスクじゃなくてお金配れ」と批判しています。 こちらからは以上です。

次の

手作り布マスクの効果はない!ガーゼマスク・不織布マスクのウイルス対策の違いも

布 マスク 効果 ない

一般の方の間で、マスク不足対策として「手作り布マスク」が注目されています。 しかし、布マスクはウイルス感染を予防する効果はかなり疑問が残りますし、逆に布マスクはウイルス感染を助長する、との医学論文さえ存在します。 youtube. youtube. 抗ウィルス効果のあるアロマオイルを垂らしたティッシュペーパーを挟めば、より効果が期待できます。 と出稿者は書いています。 抗ウイルス効果のあることが明らかになっているアロマオイルなんてあるのでしょうか?この際にぜひ、ご教示いただきたいところです。 マスクが自分自身をウイルス感染から守る働きに関しては、あまり効果が期待できないことは以前からお伝えしてきました。 そもそものマスクの働きは、ウイルスに感染してしまった方が第三者へ感染を拡大させない拡散予防効果です。 今回は布マスクはウイルスの感染予防にはならないし、逆にウイルス感染しやすくなるかも、との話をさせていただきます。 手作り布マスクが花粉症に対して効果があるのかに関しては、今回は触れません。 医療用マスクVS布マスク、ウイルス感染予防能力は格段の差があった 医療用のマスクと手作り布マスクだと、ウイルス感染能力に関しては格段の差があるのは当然だと判断されますよね。 今回見つけた医学論文は医療従事者用の布マスクと通常の医療マスクを比較した研究です。 調査はベトナムのハノイにある14病院です。 感染症のハイリスクである病棟で働く医療従事者1607人を医療用マスク、布マスク、そしてコントロール群の3つのグループに分けました。 「A cluster randomised trial of cloth masks compared with medical masks in healthcare workers. 」(PMID: 25903751)より その結果がこれです。 CRIはClinical respiratory illnessの略で臨床的に呼吸器症状が出る疾患、ILIはinfluenza-like illnessの略でインフルエンザ様の疾患のことです。 Virusと書かれているのはウイルス感染であると確定診断された症例です。 この研究は 布マスクは医療用マスクと比較して、ウイルス感染するリスクが高い との結果になっています。 布マスクは粒子を97パーセント通過させ、一方の医療用マスクであっても44パーセント通過させる、との記述も気になります。 この論文の研究方法はランダム化比較試験(randomized controlled tria、略してRCT)で行われていますので、信頼度は高いものと判断できます。 この医学論文は気になることを結論に加えて述べています。 ですので、一般の方が布マスクを手作りして、それを一般の方が使用するとなると、感染リスクはさらに高まる可能性があり、少なくともご自身の身を守るための感染防止策にはならないと考えています。 手作り布マスクよりは、手作り紙マスクの方が効果はありそう お母さんがせっかく作ってくれた布マスクを使い捨てにしてしまうのは抵抗がありますよね。 可愛いキャラクターのシールやアップリケを付けた手作り布マスクもネット上では見かけます(余計なものを表面につけると感染リスクが高くなるような気もしますけど)。 「手作りマスク」でGoogle画像検索の結果です。 愛情のこもった手作りマスク、花粉症の予防にはなったとしても、あるいはご自分が感染したウイルスを周囲に撒き散らさない効果は期待できたとしても、今問題となっているウイルスから自分を守る効果は期待できないだけではなく、下手すりゃ感染リスクが高まる可能性さえあります。 でも、実際に市中のドラッグストアではマスクは間違いなく品切れ。 そんな時に役に立つ情報がありました。 keishicho. metro. tokyo. nhk. html)より それにしてもモラルの無い人もいるもんですねえ・・・。 mercari. 手に入らない方が優先になります。 3枚 300円 5枚 400円 と謎の文言が書かれています。 マスクの捨て方もマナーをお願いしますね。 マスクが欠かせない時期となりました。 マスクはつけ方も大事ですが、捨て方も大事です。 マスクの外気に当たる面は、埃やウイルス等で汚れています。 マスクを使い終わったらひも部分を持って外し、マスク本体には触らないようにビニール袋に入れ、口を縛って密閉してからゴミ箱に捨てましょう。 このような時期になると、いい加減な情報を垂れ流す素人さん、メディアで無責任な発言をしちゃう医療系の専門家もいます。 正しい情報を見分けることはかなり難易度が高いと思われます。 このような場合は公的機関が公表している情報が一番信頼度が高いと判断するべきだと思われます。 しかし、公的機関が積極的に正しい医学情報を発信しているのか?との疑問が無いわけではありません。 ちなみにCDCの所長はこのようなことを述べています。 cnn. html)より 日本の行政の考え方とはちょっと違っているようです。 今回の感染症騒ぎが収まっても、いつの日か必ず同じような人類が経験していないウイルスが登場してきます。 日本も米国のCDCのような機関の設立が望まれるのではないででしょうか。 得体のしれない新型コロナウイルス、闘う心構えは「正しく恐れる」だと思います。 よろしければこれもお読みください(2020年4月2日追記) 一般的なマスクの使用目的はやっぱり自分の身を守ることでは無い、人にうつさないためのものと判断します。

次の

布マスクはコロナウイルスに効果ある?おすすめ生地/洗濯洗い方/管理方法についても

布 マスク 効果 ない

一般の方の間で、マスク不足対策として「手作り布マスク」が注目されています。 しかし、布マスクはウイルス感染を予防する効果はかなり疑問が残りますし、逆に布マスクはウイルス感染を助長する、との医学論文さえ存在します。 youtube. youtube. 抗ウィルス効果のあるアロマオイルを垂らしたティッシュペーパーを挟めば、より効果が期待できます。 と出稿者は書いています。 抗ウイルス効果のあることが明らかになっているアロマオイルなんてあるのでしょうか?この際にぜひ、ご教示いただきたいところです。 マスクが自分自身をウイルス感染から守る働きに関しては、あまり効果が期待できないことは以前からお伝えしてきました。 そもそものマスクの働きは、ウイルスに感染してしまった方が第三者へ感染を拡大させない拡散予防効果です。 今回は布マスクはウイルスの感染予防にはならないし、逆にウイルス感染しやすくなるかも、との話をさせていただきます。 手作り布マスクが花粉症に対して効果があるのかに関しては、今回は触れません。 医療用マスクVS布マスク、ウイルス感染予防能力は格段の差があった 医療用のマスクと手作り布マスクだと、ウイルス感染能力に関しては格段の差があるのは当然だと判断されますよね。 今回見つけた医学論文は医療従事者用の布マスクと通常の医療マスクを比較した研究です。 調査はベトナムのハノイにある14病院です。 感染症のハイリスクである病棟で働く医療従事者1607人を医療用マスク、布マスク、そしてコントロール群の3つのグループに分けました。 「A cluster randomised trial of cloth masks compared with medical masks in healthcare workers. 」(PMID: 25903751)より その結果がこれです。 CRIはClinical respiratory illnessの略で臨床的に呼吸器症状が出る疾患、ILIはinfluenza-like illnessの略でインフルエンザ様の疾患のことです。 Virusと書かれているのはウイルス感染であると確定診断された症例です。 この研究は 布マスクは医療用マスクと比較して、ウイルス感染するリスクが高い との結果になっています。 布マスクは粒子を97パーセント通過させ、一方の医療用マスクであっても44パーセント通過させる、との記述も気になります。 この論文の研究方法はランダム化比較試験(randomized controlled tria、略してRCT)で行われていますので、信頼度は高いものと判断できます。 この医学論文は気になることを結論に加えて述べています。 ですので、一般の方が布マスクを手作りして、それを一般の方が使用するとなると、感染リスクはさらに高まる可能性があり、少なくともご自身の身を守るための感染防止策にはならないと考えています。 手作り布マスクよりは、手作り紙マスクの方が効果はありそう お母さんがせっかく作ってくれた布マスクを使い捨てにしてしまうのは抵抗がありますよね。 可愛いキャラクターのシールやアップリケを付けた手作り布マスクもネット上では見かけます(余計なものを表面につけると感染リスクが高くなるような気もしますけど)。 「手作りマスク」でGoogle画像検索の結果です。 愛情のこもった手作りマスク、花粉症の予防にはなったとしても、あるいはご自分が感染したウイルスを周囲に撒き散らさない効果は期待できたとしても、今問題となっているウイルスから自分を守る効果は期待できないだけではなく、下手すりゃ感染リスクが高まる可能性さえあります。 でも、実際に市中のドラッグストアではマスクは間違いなく品切れ。 そんな時に役に立つ情報がありました。 keishicho. metro. tokyo. nhk. html)より それにしてもモラルの無い人もいるもんですねえ・・・。 mercari. 手に入らない方が優先になります。 3枚 300円 5枚 400円 と謎の文言が書かれています。 マスクの捨て方もマナーをお願いしますね。 マスクが欠かせない時期となりました。 マスクはつけ方も大事ですが、捨て方も大事です。 マスクの外気に当たる面は、埃やウイルス等で汚れています。 マスクを使い終わったらひも部分を持って外し、マスク本体には触らないようにビニール袋に入れ、口を縛って密閉してからゴミ箱に捨てましょう。 このような時期になると、いい加減な情報を垂れ流す素人さん、メディアで無責任な発言をしちゃう医療系の専門家もいます。 正しい情報を見分けることはかなり難易度が高いと思われます。 このような場合は公的機関が公表している情報が一番信頼度が高いと判断するべきだと思われます。 しかし、公的機関が積極的に正しい医学情報を発信しているのか?との疑問が無いわけではありません。 ちなみにCDCの所長はこのようなことを述べています。 cnn. html)より 日本の行政の考え方とはちょっと違っているようです。 今回の感染症騒ぎが収まっても、いつの日か必ず同じような人類が経験していないウイルスが登場してきます。 日本も米国のCDCのような機関の設立が望まれるのではないででしょうか。 得体のしれない新型コロナウイルス、闘う心構えは「正しく恐れる」だと思います。 よろしければこれもお読みください(2020年4月2日追記) 一般的なマスクの使用目的はやっぱり自分の身を守ることでは無い、人にうつさないためのものと判断します。

次の