ソニー イヤホン wf 1000xm3。 ノイキャン搭載イヤホン「WF

AirPods Pro・WF

ソニー イヤホン wf 1000xm3

ソニーから発売されている完全ワイヤレスイヤホン「 WF-1000XM3」を購入して3か月間愛用しています。 気になっている方も多いと思いますので、実際に3か月間使用した商品レビューをお届けします。 カメラ関連の記事が多いこのブログですが、今回はイヤホンです。 以前はSHUREの最上位モデルなんかを使用していましたが、いつの間にか使用しなくなっていまいました。 結局のところ音質は重要なのですが、ケーブルの煩わしさだったり、音質以外の部分が不満だったんだなと今になって思います。 というわけで、次のイヤホンは完全ワイヤレスイヤホンにしようと思っていて、僕はソニーのWF-1000XM3に行きつきました。 良いですよ、このイヤホン。 ソニー WF-1000XM3 外箱 箱は可もなく不可もなく。 高い価格帯の割には至って普通です。 外観 色はブラックとホワイトの2種類ありますが、僕はブラックを選びました。 ブラックのアクセントカラーはゴールドで高級感がありますね。 ケースの蓋もゴールドなのですが、正直これはやりすぎな気がします。 もう少しワンポイントくらいで良かったのですが。 イヤーピース ハイブリッドイヤーピースロングと発泡シリコンのトリプルコンフォートイヤーピースの2種類が付属します。 イヤーピースも凝りだすと奥が深いですが、今のところは付属品を試しています。 スペック• 業界最高クラスのノイズキャンセリング性能• 完全ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質に浸る• 安定した接続性で動画視聴時の遅延も低減• タッチセンサーでの本体操作や、左または右の片側だけでの使用も可能• Googleアシスタントに対応• 左右両側での使用はもちろん、片側での使用も可能• 装着検出機能• 専用アプリ「Headphones Connect」に対応。 ノイズキャンセリング付きのイヤホンですが、音質や遅延にも拘っているのが特徴です。 WF-1000XM3の長期使用レビュー 選んだ基準は遅延の少なさ Bluetoothの完全ワイヤレス式イヤホンの欠点は、ずばり 遅延です。 音楽を聴くだけなら問題ありませんが、動画だと結構気になりますよね。 WF-1000XM3は左右同時に伝送する新設計なので、遅延はかなり少ないです。 他の完全ワイヤレスイヤホンで聞き比べると違いが分かります。 僕はYoutubeで英会話の動画も見たいと思っていたので、この遅延の少なさを重視しました。 現在使用している携帯電話はiPhoneなので、遅延の少なさで言ったら、もしかしたら専用設計のApple AirPodがベストかもしれませんが、試してみるとAirPodはチョットね、となりました。 SHUREを使用していたこともあってカナル式でないと物足りなく感じてしまう耳になってしまったようです。 WF-1000XM3は遅延の少なさで選んだので、ノイズキャンセリングはどちらかと言えばおまけ程度に考えていました。 でも実際経験するとヤバいですねこれ。 騒がしい空間で音楽を聴くのと静かな空間で音楽を聴くのではどちらが音楽を楽しめるでしょうか。 強制的に外音を打ち消してくれるのがこんなに効果的とは思いませんでした。 確かに大きな音を完全に防ぐことは出来ません。 あと、歩行時の振動音や風切り音も苦手のようです。 でも、それ以外はかなりカットしてくれます。 イヤホンでここまで来たのか、という感じです。 ノイズキャンセリング時はシーンとし過ぎて、逆に籠ったように聞こえる方もいるかもしれません。 僕が感じたのはプールの水の中にいるような感じ。 音が聞こえないわけじゃないけど、すごく音が伝わりずらい環境にいる感じです。 人によっては、耳が詰まったように感じるかもしれません。 でも慣れれば問題なしです。 Youtubeや音楽を聴いていないときも 耳栓替わりに使っています。 アンビエントサウンドも意外と使える アンビエントサウンドはノイズキャンセリング機能とは逆に周囲の音を増幅してくれる機能です。 簡単に言えば 補聴器みないな機能とも言えます。 装着した状態で左側のイヤホンをタップすると、• ノイズキャンセリング• アンビエントサウンド• アンビエントサウンドオフ という順番でモードが変わっていきます。 アンビエントサウンドオフはノイズキャンセリングも周囲の音を増幅もしない通常モードです。 何もしないモードでもカナル式イヤホンなのでそれなりに環境音はカットしてくれます。 コンビニのレジなどで、イヤホンを装着したまま店員さんの声を聴きたいときに便利な機能です。 通常はノイズキャンセリングモードで、いざという時は左側のイヤホンをワンタッチでアンビエントサウンドモードに移行できるので重宝します。 音質もハイレベル ノイズキャンセリング機能にばかり注目されるWF-1000XM3ですが、音質も良い線行ってます。 逆位相の信号を生成しているのにも関わらず、遅延が大きくなっていない点も素晴らしいです。 DSEE HXというハイレゾ並に高音質化する機能もあります。 Headphones Connectというスマホアプリから機能をONに出来ます。 DSEE HXはまだ試していませんが、遅延量が大きくなりそうな気がしているので、僕はOFFのままにしています。 接続性は合格点 完全ワイヤレスイヤホンでは、音が飛んだり、最悪接続が切れてしまうことがあります。 それでもWF-1000XM3は他の完全ワイヤレスイヤホンよりかなり優秀です。 朝の通勤ラッシュ時に地下鉄の混雑する駅に到着する時に、一瞬右耳が切れることがあります。 でもすぐに再接続されるので、それほど問題はないのではないでしょうか。 ペアリングも問題なし 一度Bluetoothのペアリングさえすれば、再度設定は不要です。 ケースから取り出せば自動で接続してくれますし、ケースにしまえば接続は自動で切れます。 ケースから取り出す&収納するという動作だけで事足りるわけです。 とまぁ、ここまでは完全ワイヤレスイヤホンであれば当然の機能です。 気を付けたいのは再現性です。 イマイチなイヤホンだと、ケースから取り出しても接続がうまく行かずに、毎回Wifi設定画面で設定し直すみたいなことが発生します。 それはそれは煩わしいこと。 WF-1000XM3ではそんな心配はありません。 イヤホンを外すと自動で再生が止まる 例えばYoutubeを再生中に片方のイヤホンを外すと、Youtubeの再生が自動で止まります。 そして、再度耳に装着すると、自動で再生が再開します。 とっさに周りの音を聞きたい時などイヤホンを一時的に外す場面があるかもしれませんよね。 イヤホンを装着し直して再生を再開したいとき、スマホを開いて再生ボタンを押したり、巻き戻したりする必要がないのは地味に嬉しい機能です。 やっぱりUSB Type-Cでしょ ケースの接続端子は USB Type-Cなのも評価できます。 USB Micro-Bはもういりません。 意外と電池が持つ WF-1000XM3のイヤホン本体の電池持続時間(連続音楽再生)は ノイズキャンキャンセリングモードで最大 6時間、アンビエントサウンドモードで最大6時間、ノイズキャンセリングモードOFFで最大8時間となっています。 スペック的には普通ですが、結構電池が持つという印象です。 一方で充電時間を見てみると、イヤホン本体の充電時間は約1. 5時間(10分充電時約90分音楽再生可能)でケースの充電時間は約3. 5時間です。 特筆すべきは、 10分充電で90分再生可能という高速充電機能です。 短時間でも小まめにケースに戻していれば、充電が切れたなんてことにはならないはずです。 この高速充電のおかげで、WF-1000XM3は電池の持ちが良いと感じているのだと思います。 WF-1000XM3に不満な点がないわけではない ここまで個人的にかなりお気に入りのWF-1000XM3ですが、不満に思う点がないわけではありまえん。 風切り音が結構する WF-1000XM3の筐体は比較的大きいので、耳に装着した状態でも耳から出っ張ります。 WF-1000XM3を装着して歩いていると、『 コー』という風切り音が耳につくことがあります。 カナル式の割には装着性がイマイチ カナル式イヤホンは一般的に装着感や遮音性に優れていると思いますが、WF-1000XM3はそれほどという感じです。 激しいスポーツをしていると取れてしまうかもしれません。 ケースが丸くて自立しない ケースの底面がなぜか丸くなっています。 これでは自立しません。 机の上に置くとき、どの面を下にしようかいつも迷います。 マイクでの通話はちょっと難しいかも WF-1000XM3にはもちろんマイク機能も付いています。 通常の通話、LINE電話、スカイプで話してみましたが、いずれも相手の人から声が聞こえにくいと言われ、イヤホンでの通話を断念して、スマホのマイクに切り替えています。 形状的に難しいだろうとは思っていましたが、マイク機能はおまけ程度に考えておいたほうが良いかもしれません。 スカイプでのオンライン英会話が出来ればと思っていたので、当てが外れてしまいました。 聴き比べするならイーイヤホンがおすすめ イヤホンはぜひ試聴してからの購入をおすすめします。 今回僕は、イヤホン専門店であるeイヤホン秋葉原店で全ての完全ワイヤレスイヤホンを試しました。 家電量販店でイヤホンを購入される方も多いかと思いますが、家電量販店系だとショーケースに並んでいて、試聴するとなると、いちいち店員さんに取り出してもらわないといけません。 全部聞きたいです、と言ったら完全に迷惑な客ですよね。 はい、僕のことです。 その点、eイヤホンは現在発売されているイヤホンのほとんどが自分で手に取って試せるので、僕のように全部聞き比べないと気が収まらない方にはおすすめのお店です。 ソニー WF-1000XM3のレビューまとめ 今回はソニーから発売されている完全ワイヤレスイヤホンWF-1000XM3のレビューを記事にしてみました。 電車に乗っていてもWF-1000XM3を使用している方をよく見かるので、すでに使用している方も多いのかもしれませんね。 ワイヤレスイヤホンの中では高めの価格帯にはなりますが、実際に使用してみて、とても完成度が高いイヤホンだと思いました。 イヤーピースも色々と試して装着性も追求してみたいです。

次の

ソニー「WF

ソニー イヤホン wf 1000xm3

アップルの「AirPods Pro」。 完全ワイヤレス型のBluetoothイヤフォンで、強力なノイズキャンセリング機能(アクティブノイズキャンセリング)を搭載しています。 iPhoneやiPadやMacと接続できるほか、もちろんBluetooth対応のスマートフォンや各種音源とも接続可能。 従来のAirPodsシリーズと比べるとマイク部分(白い棒状の突き出し)が短くなり、耳の穴にやや押し込んで使うカナル型になりました。 同梱のケースにより充電でき、ケースはUSB充電にもQi充電にも対応しています。 イヤフォンのコーデックは未公開ですがSBCとAACに対応していると思われます。 アップルストア税別価格は2万7800円。 iPhoneやiPadをスゲく多用する筆者なので、AirPodsシリーズが欲しかったんですけど、これまで買いませんでした。 というのは、従来のAirPodsのイヤーピース形状が自分に合わなかったから。 あと、白い棒状部分が長すぎて……外見的に違和感があったからです。 しかし最新型のAirPods Proは、白い棒状部分も短くなりつつカナル型になったので、AirPodsシリーズに対する筆者的懸案は解消。 また発売と同時に大きな話題となっているので、迷わず購入しました。 AirPods Proが圧勝する箇所があったり、WF-1000XM3の方がずっと秀逸という部分もあったり。 てなわけで以降、WF-1000XM3(ソニーストア税別価格2万5880円)ともちょいちょい比べつつ、AirPods Proをレビューしてみたいと思います。 それぞれのサイズで使い比べてみましたが、筆者の場合はどのサイズでもフィットし、どのサイズでも音漏れはありませんでした(iOSのBluetooth項目からAirPods Proの設定や音漏れテストを行えます)。 結局、最小のSサイズにして使用中。 AirPods Pro本体片側の質量は5. 4gで耳への負担も軽いという印象ですが、使うイヤーチップが小さいほどAirPods Pro独自の軽快な装着感が高まるように感じます。 ちなみにソニーのWF-1000XM3は片側約8. 5gで、AirPods Proと比べると少々重め強めの装着感(耳穴がやや圧迫される感触)があります。 それぞれ、左がAirPods Proで右がソニーWF-1000XM3。 イヤフォン本体も充電用ケースも、AirPods Proの方がかなりコンパクトです。 AirPods ProとソニーのWF-1000XM3を比べると、ケースまで含めたバッテリー持続時間は24時間で互角です。 小型軽量軽快を重視するならAirPods Proですネ。 また、iPhoneやApple Watchとの連携も良好。 セットアップから活用までのハードルが低いのもイイ感じです。 中央と右は、Apple Watchのミュージックアプリ左下のAirPlayアイコンをタップして、AirPods Proの現在のノイズコントロールモードの確認や切り替えを行っている様子。 この他、AirPods Proへ話しかけてSiriを使うこともできます。 AirPods Proを装着した状態で「Hey Siri」の後に指示を言えば、音楽の再生や音量調節や曲の贈り戻し等々を始めとするSiriの各種機能を利用できるわけですが、iPhoneなど端末をいちいち出したり操作せずに済むのは快適です。 iPhoneの設定項目や基本的なアプリに、AirPods Proの設定項目が追加されるような感じで使えるようになります。 新たにアプリを導入して使い慣れるような必要もナシ。 小型軽量軽快を重視しつつ、iPhoneなどとの高い連携性を求めるなら、ますますAirPods Proですネ~。 いきなりハイレベルなノイズキャンセリング性能! 肝心のノイズキャンセリング性能ですが、使った途端に「すげっ!」と声を出しちゃいました。 完成度が非常に高い。 大雑把な言い方をすれば、AirPods Proのノイズキャンセリング性能は、完全ワイヤレス型イヤフォンとして最強のノイズキャンセリング性能があると評判のソニーWF-1000XM3に肉薄しています。 例えば、窓を開け放った室内でAirPods Proを装着し、ノイズキャンセリングをオンにすると。 ほとんど無音状態になります。 ハードディスクアレイのノイズも、PCのファンの音も、さっきまで聞こえていたクルマの排気音やロードノイズも、全部消える。 話しかけられた声も聞こえないレベル。 ただ全て消えるわけではなく、鳥の甲高い鳴き声や高い金属音などは少々聞こえてきます。 メカニカルキーボードをタイプするときの、やや高いノイズも聞こえてきます。 筆者が体験した中で、完全ワイヤレス型イヤフォンにおいて、AirPods Proのノイズキャンセリング性能は最高クラス。 AirPods Proはアップル初のノイズキャンセリングイヤフォンですが、一発目でここまで高い性能を出してくるとは驚きです。 凄い! AirPods Proのノイズキャンセリング機能は、本体外側のマイクでキャッチした雑音に対し、その逆位相の音波を混ぜ、雑音と逆位相音波で互いに打ち消し合わせるというシクミ。 基本的には他のノイズキャンセリングヘッドホンと同様のシクミですね。 AirPods Proのノイズキャンセリングは3つのモードを切り替えられて、それぞれ「ノイズキャンセリング」「外部音取り込み」「オフ」(初期設定ではオフにできない)です。 これらは、本体の筒状の張り出しを長押しするようにつまむか、Bluetooth設定を使うか、Apple Watchから変更することができます。 AirPods Pro本体外側にノイズを取り込む黒いマイクがあります。 棒状の部分の窪みは感圧式のスイッチになっており、そこを長くつまむことでノイズキャンセリングのモード変更を行えます。 また、iPhoneなどのBluetooth設定やApple Watchからもモード変更可能。 Siriを使ってもノイズキャンセリングのモードを変更できました。 凄いノイズキャンセリング性能を引っ提げて登場したAirPods Proというわけですが、しかし、ソニーのWF-1000XM3にも同等かそれ以上に強力なノイズキャンセリング性能があります。 また細かいことを言えば、WF-1000XM3はノイズキャンセリングや外部音取り込みをシチュエーション別に自動切り替えしてくれたり、好みや必要性に応じて効果の度合いを細かく設定できます。 なので、総合的なノイズキャンセリング性能・機能性としてはWF-1000XM3の方が秀逸だと思います。 ただ、これまでノイズキャンセリングイヤフォンなどに触れて来なかった人が、AirPods Proで初めてノイズキャンセリング体験をする、というケースがかなり多いと思います。 そしてAirPods Proのノイズキャンセリング性能は、完全ワイヤレス型イヤフォンとしては現在最高クラスと言えます。 「えっ騒音ってこんなに消せるの!」と仰天する人が多出。 市場に強いインパクトを与えるのはAirPods Proでしょう。 ついでに、AirPods Proの品薄が示すように、やっぱり売れてるわけで、完全ワイヤレス型のノイズキャンセリングイヤフォンが急激に普及している状況。 恐らく数の力でAirPods Proがノイズキャンセリングイヤフォンのスタンダードになることでしょう。 そのスタンダードには最強レベルのノイズキャンセリング性能がある。 ノイズキャンセリングというもののハードルが一気に上がっちゃいますね、「AirPods Proくらい騒音が消えないとね~」みたいな。 そんなこんなで、ノイズキャンセリングヘッドホン界隈がいい意味でも悪い意味でもいろいろ変わるような気がしますので、今後もじっくり見ていきたいところ。 とか話が逸れましたが、AirPods ProもWF-1000XM3もどちらも「凄い」と言えるレベルのノイズキャンセリング性能を持っています。 ので、ノイズキャンセリング性能を重視するという場合、まあどちらを選んでも満足感が高いとは思います。 ただし、AirPods Proはより軽快な装着感とともに強力なノイズキャンセリング性能を享受できます。 なので、より違和感の少ないつけ心地で最高レベルの騒音除去をしたいなら、AirPods Proのほうがちょっと魅力的と言えそうです。 音質は好みだけど、筆者的にはWF-1000XM3の圧勝 ノイズキャンセリング性能と同様に非常に重要な性能である音質ですが、筆者的にはWF-1000XM3の方が優れていると感じられました。 AirPods ProとWF-1000XM3を聴き比べるほど、明らかかつ圧倒的にWF-1000XM3の方がイイ音だな、と。 AirPods Proの場合、高音にキレやエッジ感が物足りませんし、ボーカル域での声の質感もやや平坦で、低音の厚みや立体感もいまひとつ。 でも音が悪いってわけではなく、音楽を楽しめるレベルではあると思います。 ただ集中して鑑賞したり音を精査したりすると「ん? ここのサウンドがモヤッとしてるなあ」みたいな不満が残りがち。 一方で、疲れず長時間聴ける音質という印象もあります。 WF-1000XM3は、完全ワイヤレス型のイヤフォンとして音質が非常に秀逸。 このカテゴリーでは文句なしにサイコーの音質だと思います。 そういう逸品と比べちゃっているので、「AirPods Proの音質は平凡」と言わざるを得ません。 ノイズキャンセリングは「屋外でも周囲のノイズを最小限に抑えつつ高音質で音楽を堪能できる」ということにもつながる技術ですが、高音質での音楽鑑賞を重視して選ぶなら、ノイズキャンセリング性能も音質も最高レベルのソニーWF-1000XM3が良いように思います。 まあでも、音質はユーザーの好み次第。 何を求めるかによって評価が変わりますし、聞く曲なんかによってもけっこう変わってきます。 ので、最高レベルのノイズキャンセリング性能を持つ2機種、AirPods ProとWF-1000XM3の聴き比べをし、ご自身で判断するのが最良の策です。 AirPods Proは買いなのか? 果たしてAirPods Proは買いなのか? とか問われた場合、物欲野郎の筆者としては「買わず使わず体験せずはツマンナイから買ったほうがいいヨ! 最強レベルのノイズキャンセリング性能だし!」とか軽率に言っちゃうわけですが、率直なところ、ノイズキャンセリングイヤフォン未所有で「騒音がバッチリ消えるやつ欲しいナ」と思っているなら、買い度が非常に高いです、AirPods Pro。 まず完全ワイヤレス型イヤフォンとして最強レベルのノイズキャンセリング性能があるから。 そして、そういう騒音カット体験にきっと驚けますし喜べます。 生活が変わる可能性も小さくありません。 それから、軽快な装着感と十分な音質と、充電や携帯の利便についても、AirPods Proはハイレベル。 耳穴周辺にあまりストレスがかかりませんし、音質も悪くはありませんし、Qi対応充電のバッテリー内蔵ケースは小さくて携帯性もイイ。 あとiPhoneなどとの連携性も良好。 まあアップルが作ってるわけですから、iOSやiPadOSとの相性が悪いわけがありません。 他、筆者がAirPods Proを使っていて感じたことをご参考までに挙げてみますと……例えば耐汗耐水性能(IPX4)という点に安心感がありますね。 IPX4は「あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)」ですが、これなら汗をかくスポーツ中に使っても大丈夫。 あと、テキトーに使ってもOKな感じがけっこうある。 電源のオンオフを気にせず使えますし、左右片方でも使えますし、ケースに入れれば充電してくれます。 全体的に「ユーザーがやりそうなことを予測して混乱なく使えるよう設計してある」という印象で、ラクに使える製品です。 音の遅延も非常に少ない感じ。 トーク番組やアニメや映画などの動画は違和感なく鑑賞できますし、タイミングにシビアでないゲームならフツーに違和感なく遊べます。 音楽系アプリはさすがに遅延が感じられがちですが、ナゼかGarageBandだと違和感がありません。 ハンズフリー通話は数度実験した程度ですが、完全ワイヤレス型イヤフォンとしては「こちらの声が明瞭に伝わりやすい」という気がします。 Siriに対する指示も伝わりやすいので、ユーザーの声をしっかり拾ってくれているようです。 それから、残念な点も書いておきましょう。 ひとつはAirPods Proの質感。 表面がツルツルなので、ケースに対する出し入れがしにくかったり、やや注意しないと指が滑って落としそうになったり。 あと、本体に対する操作で「できることが限られる」ということ。 棒状の突き出し部分をつまむ操作ですが、曲の再生と一時停止、送り戻し、ノイズキャンセリングのモード変更やSiri利用くらいしかできません。 まあそのくらいできれば十分実用的ではありますが、ソニーのWF-1000XM3あたりはもっとイロイロできつつ、ユーザーによるカスタマイズもわりと柔軟に行えるので、比べちゃうとやや残念なAirPods Proかな、と。 再三登場するソニーWF-1000XM3ですが、これとAirPods Proでは、製品としてのあり方が全然違うんでしょうね。 WF-1000XM3の方は、ユーザー毎に違う嗜好に対応すべく柔軟にカスタマイズできるという感じで、ユーザー本位の製品を作っているというスタンス。 AirPods Proはアップルが信じる利便と品質をイージーでスマートな使用感にまとめ、ユーザーに提供するというスタンス。 そもそも競合しないのかもしれませんね、ユーザー層において。 いや全然違うかもしれませんけど。 でもまあ、わりと万人受け感がするAirPods Pro。 完全ワイヤレス型イヤフォンにおいて最強クラスのノイズキャンセリング性能は確かですので、ぜひどこかで体験してビックリなさってください!.

次の

ワイヤレスイヤホン「ソニー WF

ソニー イヤホン wf 1000xm3

編集部で、すでに2人も買いました。 ソニーの完全ワイヤレスイヤホン「」が2019年7月13日(土)に発売されましたね。 ソニーがフラッグシップの完全ワイヤレスイヤホンを更新するのは、実に1年9カ月ぶりです。 これまで空席だった「ノイキャン搭載完全ワイヤレスイヤホン」の枠を、堅実に更新してきたソニー。 なんか近所のヨドバシカメラでは完全ワイヤレス特設カウンターみたいなのができてて、ガイドや試聴の案内が充実してまして。 「WF-1000XM3」は、期待の新発売枠として、とくにフィーチャーされてました。 Video: 先駆けて動画でもレビューをお届けましたが、改めて記事でもその所感をお伝えしていきましょう。 最強だなんて言っちゃいましたけど、試してみたら ノイキャンいらない派の僕でも常用したいと思えるほど 素晴らしいノイキャンポテンシャルでした。 僕がノイキャンに感じていたとある致命的なデメリットを解決してくれるイヤホンだったんです。 WF-1000XM3 Photo: 山本勇磨 これはなに?:ノイズキャンセリングを搭載した、ソニーの最新左右独立イヤホン 価格:約2万6000円 良いところ:音質、装着感、ノイキャン。 すべて二重丸。 接続性も大改善 残念なところ:君、ちょっとデカくない? 製品名の末尾に「3」とついていますが、ポジションとしてはソニー「WF-1000XM」の後継機、つまりは二代目にあたります。 今回の新型は、4万円近いソニーのハイエンドヘッドフォン「」の イヤホン版という立ち位置になるため、2を飛ばして3になりました。 質感はマット。 タッチ操作部分は円形にデボス加工されていて、指の感触だけで判断できるデザイン。 カラーはプラチナシルバーとブラックがありますが、どちらもゴールドのソニーロゴが刻印されていて高級感も申し分なし。 Photo: ヤマダユウス型 デフォルトでシリコンイヤーピース4種、コンプライのようなウレタン系イヤーピース3種が付属。 ウレタン同梱は嬉しいですね。 後述しますが、このウレタンイヤピはノイキャン効果をうまくアシストしてると感じました。 高級機なのにそのへんに配慮してるの、なんか良いなぁって。 バッテリーは本体6時間(ノイキャンなしで8時間)、ケース充電で24時間。 10分の急速充電で90分の再生が可能、デュアルマイクによる高性能ノイキャン、AirPodsライクにイヤホンを外すと自動で再生停止などなど。 予備知識はこんなところでしょうか。 あ、イヤホン本体はわりと 大きめです。 ノイズキャンセリング:イヤな聞こえ方がしない、常用できるノイキャン 役割理論的にいうと、コイツの立場は4万円近いソニーのハイエンドヘッドフォン「」のイヤホン版です。 あいつのノイキャンパワーといったら、 滑走路が見渡せる100db近い雑音すら静寂に変えてしまうほど。 ノイキャンレベルの自動調整機能などもあったりして、まさに持ち歩けるサイレンスルームでした。 Photo: ヤマダユウス型 WH-1000M3の兄弟機として、雰囲気も合わせてきた でも、耳の上から覆うヘッドフォンである以上、防げない外部音が聞こえてくるのも事実。 一方「WF-1000XM3」はカナル型イヤホンです。 ヘッドフォンでは侵入が防げなかった外部音を、 耳穴をギュっと塞いで物理的にシャットアウトできます。 さらに付属のウレタンピースを使えば耳栓にも似た遮音っぷりです。 装着感が耳栓然としているので、ぶっちゃけ ノイキャンなしでもかなり遮音できてるんですよね。 ノイキャンなしだとわずかな雑音が聞こえて、ONにすると中域以下はほぼオールカット、キャッキャと話す子どもの声がやや聞こえるかなといった具合。 声のような突発的な音や、高域はどうしても残っちゃうけど、風ノイズやクルマのエンジン音とはオサラバできます。 カナル型というのも相まって、このノイキャン力は「WH-1000XM3」を超えていると感じました。 で、これらは音楽を再生してない状態での検証。 音楽ありなら、屋外でものソロギターもじっくり聴き込めるほど ノイズレスでした。 Photo: ヤマダユウス型 で、いっちばん感心したのは、 嫌なノイキャンではないという点。 僕がノイキャンいらない派なのは、「 ノイキャンの音」が気になるからなんです。 ノイキャンは音源に対して逆位相をぶつけて消音効果を得ているのですが、元音源(同位相)とのズレがあると風邪ひいたときに聞こえるこもった音にも似た、ゾワりとする聞こえ方がするのです。 それが ノイキャンの音なんですが、こやつの場合、ノイキャンをオンにして気持ち悪く感じなかったのです。 「WH-1000XM3」のときも同じことを思ったので、これは同機に搭載されている新チップ「 QN1」の処理能力が活きてるのかもしれません。 「WF-1000XM3」はそれを小型化・省電力化した新バージョン「 QN1e」を内蔵してるから、さらに性能は向上してるのかも。 これほど自然なノイキャンは初体験でした。 デュアルマイクの集音精度や効いてるはず。 操作感はとくに問題なし。 左本体をタッチするとノイキャンON、ノイキャンOFF、環境音取り込みの切り替えが可能です(アプリ「Headphones Connect」でカスタム可能)。 強めにタッチすれば髪の毛越しでも反応しました。 なまじノイキャンなしでも遮音性が強いから、環境音取り込みモードに切り替える機会がわりと多くて。 音質:装着感とノイキャンによる、ズルいレベルの聞こえのよさ ノイキャンばかりに目がいっちゃいますけど(きっとそれでいいんだけど)、サウンドも文句なし。 まずは音質に大きく関わる装着感から。 装着感 イヤホン本体は大きくとも、 装着感、安定感が優秀。 耳に入る根元部分にラバー的な加工がほどこされていて、グっと押し込んでも耳穴への食いつきが良い。 かつ、装着した位置からステム(イヤホンの軸)があんまりズレないから 音の鳴りが安定していて、歩いたり頭を動かしたりしても同じように音楽が聞こえます。 これはストレスがなくグッド! 音の特徴 チューニング自体はソニーらしい 原音忠実+ちょいハイ出し派。 アプリ側でイコライズして楽しむも良し、PCスピーカーで聞くだけではわからなかった「この曲はこういう味付けだったんだ!」な発見に耳を傾けるのも良し。 身も蓋もない話ですけど、ノイキャンと安定した装着感のおかげで、音質への感動が薄らぐんですよね。 なんと言いますか、「よく聞こえて当たり前じゃない?」という感覚です。 接続性:ハードルあげすぎた感あるけど、ほぼ完璧 約2年前の初代「WF-1000X」の接続性は非常に難アリで、発売後のアップデートでずいぶん改善された経緯があります。 じゃあ今回の「WF-1000XM3」はどうだったか。 結論、 ほっとんど問題なし。 でも 100点満点でもありません。 駅で一度だけ、ブツっと接続ノイズが入りました。 3日間、継続的に使って接続が切れたのはこの一瞬だけなので気にするレベルでもないのですが、それについて思うところもありまして。 ここ数年で多くのワイヤレスイヤホンが登場し、接続においては敵なしみたいなモデルもちらほらありましたよね。 ソニーならば、この短くも濃密なワイヤレス戦国史をしっかり学習し(初代の経験も踏まえて)、「 もう接続不安は過去のもの」くらいの精度で来るだろうと期待してたんです。 これはもう勝手な期待だし、欠点というほどの接続性では決してないのですが…。 たまたま場所が悪かっただけなのか、長期間使っていくと露呈する何かがあるのか。 そこが不安なのは事実。 まぁ、2年経っても、LR左右個別伝送にしても、切れるときは切れる。 ワイヤレスってのはそういうもんだと割り切る気持ちも必要なのかもしれませんね、こればっかりは。 無線への信頼はほどほどに。 気になる点(ほんとに細かいけどね) Photo: 山本勇磨 とくに気になったのは本体ケースの大きさ。 うん、デカイね! 握り込めない程度には分厚く、ポケットに入れるのはちょーっとはばかられるかな。 同じ価格帯のワイヤレスイヤホンと比べてもコンパクトとは言えないため、 高音質を省スペースに持ち歩きたい人にとっては見過ごせない点になるかも。 イヤホンの形状ゆえか立体的に分厚いため、手に持ってみるとわりと存在感があるんですよね、このケース。 カッコいいんだけど。 あと、防水性能がありません。 梅雨時期のレビューだったため、雨水対策はちょっと気になりました。 デュアルマイクだから水の侵入経路も多いだろうし、雨の日の使用は自己責任って感じでしょう。 どちらも些細なことですけど、言い換えれば こういうレベルのことしか書くことがないくらいには基本性能は優等生っていう。 ケースの大きさとかほんと重箱レベルだなって思いますし。 でも、いざ自分の生活に「WF-1000XM3」を入れてみると、気になってくるのも事実。 ケース、大きいんだよなぁ…。 ソニーのイヤホンが、ソニーのヘッドフォンを超えた Photo: 山本勇磨 「WF-1000XM3」のノイキャンは、今までのノイキャン史的にみて、イヤホンがヘッドフォンを超えるシンギュラリティだと思います。 ソニーは、ノイキャンはヘッドホンよりも、耳を直接塞げるイヤホンとの相性が良いことを証明してくれました。 大きなヘッドホンよりも小さなイヤホンのほうがノイキャンで勝るというのは、なんだか不思議な感じもするし、形状的に考えたら当然な気もするし。 なんせ、今後のノイキャン主戦場がイヤホンになったとしても驚きはしない感覚です。 そして、そのノイキャンが生み出す静かな環境で聞く音楽は、 どんなチューニングにも勝る最高のリスニング体験であるとも教えてくれました。 この心地良さは価格に十分見合ってると思いますし、ほかのヘッドホンやイヤホンで簡単に味わえるものではないでしょう。 完全ワイヤレスの新たなK点、作っちゃいましたね。

次の