ソフトバンク メリハリ プラン と は。 ソフトバンクの「メリハリプラン」について徹底解説!

ソフトバンク メリハリプラン・ミニフィットプランはダメ?前より高いのか|格安SIMで料金節約?今話題のMVNOの正体に迫る!

ソフトバンク メリハリ プラン と は

新プラン「メリハリプラン」とは? 提供開始日:2020年3月12日 現行プランの 「ウルトラギガモンスター+」、「ミニモンスター」が廃止され 新プラン「メリハリプラン」になります。 通信量50GB• 動画SNS放題 が使えます。 唯一、違う点は2GB以下の通信量なら1,500円割引になる点と、「1年おトク割」が「半年おトク割」に変更されます。 ひと月2GB以下であれば、 1,500円割引されるので「ミニモンスター」の1GB~2GBの料金と同じになります。 例えば、• 6ヶ月 1,000円割引• 家族割 500円~2,000円割引(一人追加される毎に500円ずつ増加)• おうち割光セット(SoftBank 光) 1,000円割引• データ量2GB以下 1,500円割引 「メリハリプラン」 のデメリット 少しだけですが、以前のプランに比べてデメリットも存在します。 各通話オプションが300円値上げ (留守番電話プラス/割込通話/グループ通話/一定額ストップサービスが追加) 毎月の通信量が1GB以内は「ミニフィットプラン」 毎月の 通信量が1Gまで、もしくは使っても2GB以内であれば、新プランの「ミニフィットプラン」がオススメです。 1GB~2GBを利用するとメリハリプランと同じ料金! メリハリプランは上限50GBですが、 ミニフィットプランは同じ料金でも5GBまでなので、 2GBを超えるならメリハリプランのほうがお得! こんな人はソフトバンクがおすすめ• 外でも気にせず動画視聴やテザリングで他の端末も使いたい• 自宅の光回線にこだわりはない• 4人家族以上で契約できる• 2年 ごと に買い換える人 上記の内、2つ以上当てはまるならソフトバンクをコストパフォーマンスよく利用できるのでおすすめです。 結局、新プラン「メリハリプラン」は有りなのか? 自分的には 以前のプランに比べて有りだと思います! 動画は、YouTube、AbemaTV、 U-NEXしか見ないよという方はのエンタメフリー・オプションを活用するほうが安くなります。 ソフトバンクのプラン変更はプラン変更を申し出てから翌月適用になります。 その点、 「メリハリプラン」は当月中に変更したいのにできないところをカヴァーしたプランだと思います。

次の

【ソフトバンク 5G】メリハリプランとは? 割引、デメリット、注意点、プラン変更方法を紹介。テザリングはできるのか?

ソフトバンク メリハリ プラン と は

ソフトバンクは3月12日から、新しい料金パック「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」の提供を開始する。 割り引き前の月額料金は、メリハリプランが7480円、ミニフィットプランが3980円からとなる。 (記事中の価格は全て税別) 「メリハリプラン」の概要 メリハリプランは、「基本プラン」と「データプランメリハリ」をパッケージにした料金プランで、「ウルトラギガモンスター+」の後継という位置付け。 スマートフォンの他、タブレット、ケータイ(フィーチャーフォン)、データ通信専用端末でも契約できる。 ただし、おうち割 光セットの適用には指定オプション(月額500円〜)の契約が必要 基本プランはもので、契約種別(音声、データ)を問わず月額料金は一律980円となる。 通話プランにおける通話料金は従量制(30秒当たり20円)だが、「準定額オプション+」または「定額オプション+」を契約することで国内通話の(準)定額利用が可能となる(詳しくは後述)。 データプランメリハリの月額料金は6500円で、データ接続サービスを内包し、月間50GBまで高速データ通信を利用できる。 ウルトラギガモンスター+における「データプラン50GB+」と同じく、 動画・SNSサービスに関するデータ通信量をカウントしない「ギガノーカウント」にも対応している。 ……と聞くと、ウルトラギガモンスター+との違いが見受けられないが、 ギガノーカウント利用分も含め、月間データ通信量が2GB以下だと月額料金が自動的に1500円引きとなる点が大きな差異となる。 その他、両オプションには以下のオプションサービスが自動で付帯する。 留守番電話プラス(月額300円)• 割込通話(月額200円)• グループ通話(月額200円)• iPhone基本パック• スマートフォン基本パック• ケータイ基本パック• ケータイ基本パック for 4G ケータイ 旧プランは新規受け付けを終了 メリハリプランとミニフィットプランの提供開始に伴い、ウルトラギガモンスター+とミニモンスターは3月11日をもって申し込みの受け付けを終了する。 同日までに契約した分は、引き続き利用できる。 また、「定額オプション」「準定額オプション」についても、同日をもって申し込みの受け付けを終了する。 ただし、2019年9月13日以前のスマホ/ケータイ向け「通話基本プラン」を契約しているユーザーは、3月12日以降も両オプションを申し込むことができる。 関連記事• ソフトバンクの宮内謙社長が、同社の5G通信サービスを3月末にスタートする予定であることを明らかにした。 何らかの形で容量無制限のプランを提供することも検討しているという。 3キャリアは、スマートフォンのヘビーユーザーを対象に、1カ月に一定のデータ容量を利用できる料金プランを提供している。 数十GBが使えるプランや、特定の通信をカウントしないプランもある。 本記事では、各社の大容量プランについてまとめた。 ソフトバンクが「ウルトラギガモンスター+」の使い放題サービスにTwitterとTikTokを追加。 4月7日まではキャンペーンで全ての通信が使い放題だが、対象の動画やSNSはキャンペーン終了後も使い放題になる。 ソフトバンクが新料金プランを発表。 一番の目玉は、指定の動画・SNSサービスのデータ通信を通信容量としてカウントしない「ウルトラギガモンスター+(データ定額 50GBプラス)」だ。 【修正・追記】• データ通信容量の60GBへの増量キャンペーンなどに引かれて、NTTドコモの「ギガホ」を契約した筆者。 しかし、ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」や、mineoの「ゆずるね。 」も通信容量的な意味で興味深く……。 関連リンク•

次の

ソフトバンクの新プラン「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」は旧プランよりおトクなの?

ソフトバンク メリハリ プラン と は

ソフトバンクは3月12日から、新しい料金パック「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」の提供を開始する。 割り引き前の月額料金は、メリハリプランが7480円、ミニフィットプランが3980円からとなる。 (記事中の価格は全て税別) 「メリハリプラン」の概要 メリハリプランは、「基本プラン」と「データプランメリハリ」をパッケージにした料金プランで、「ウルトラギガモンスター+」の後継という位置付け。 スマートフォンの他、タブレット、ケータイ(フィーチャーフォン)、データ通信専用端末でも契約できる。 ただし、おうち割 光セットの適用には指定オプション(月額500円〜)の契約が必要 基本プランはもので、契約種別(音声、データ)を問わず月額料金は一律980円となる。 通話プランにおける通話料金は従量制(30秒当たり20円)だが、「準定額オプション+」または「定額オプション+」を契約することで国内通話の(準)定額利用が可能となる(詳しくは後述)。 データプランメリハリの月額料金は6500円で、データ接続サービスを内包し、月間50GBまで高速データ通信を利用できる。 ウルトラギガモンスター+における「データプラン50GB+」と同じく、 動画・SNSサービスに関するデータ通信量をカウントしない「ギガノーカウント」にも対応している。 ……と聞くと、ウルトラギガモンスター+との違いが見受けられないが、 ギガノーカウント利用分も含め、月間データ通信量が2GB以下だと月額料金が自動的に1500円引きとなる点が大きな差異となる。 その他、両オプションには以下のオプションサービスが自動で付帯する。 留守番電話プラス(月額300円)• 割込通話(月額200円)• グループ通話(月額200円)• iPhone基本パック• スマートフォン基本パック• ケータイ基本パック• ケータイ基本パック for 4G ケータイ 旧プランは新規受け付けを終了 メリハリプランとミニフィットプランの提供開始に伴い、ウルトラギガモンスター+とミニモンスターは3月11日をもって申し込みの受け付けを終了する。 同日までに契約した分は、引き続き利用できる。 また、「定額オプション」「準定額オプション」についても、同日をもって申し込みの受け付けを終了する。 ただし、2019年9月13日以前のスマホ/ケータイ向け「通話基本プラン」を契約しているユーザーは、3月12日以降も両オプションを申し込むことができる。 関連記事• ソフトバンクの宮内謙社長が、同社の5G通信サービスを3月末にスタートする予定であることを明らかにした。 何らかの形で容量無制限のプランを提供することも検討しているという。 3キャリアは、スマートフォンのヘビーユーザーを対象に、1カ月に一定のデータ容量を利用できる料金プランを提供している。 数十GBが使えるプランや、特定の通信をカウントしないプランもある。 本記事では、各社の大容量プランについてまとめた。 ソフトバンクが「ウルトラギガモンスター+」の使い放題サービスにTwitterとTikTokを追加。 4月7日まではキャンペーンで全ての通信が使い放題だが、対象の動画やSNSはキャンペーン終了後も使い放題になる。 ソフトバンクが新料金プランを発表。 一番の目玉は、指定の動画・SNSサービスのデータ通信を通信容量としてカウントしない「ウルトラギガモンスター+(データ定額 50GBプラス)」だ。 【修正・追記】• データ通信容量の60GBへの増量キャンペーンなどに引かれて、NTTドコモの「ギガホ」を契約した筆者。 しかし、ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」や、mineoの「ゆずるね。 」も通信容量的な意味で興味深く……。 関連リンク•

次の