リップ ノイズ 除去。 オーディオノイズ除去ソフト『RX』とは。機能一覧の日本語版つき。

【ノイズにさよなら】声を高音質で録音する。”音質改善”のコツを現役ゲーム実況者が解説します|とりつめブログ

リップ ノイズ 除去

このエフェクトによって、テープのヒスノイズ、マイクのバックグラウンドノイズ、電源ハムノイズ、または波形全体に絶え間なく続くノイズなど、ノイズをまとめて除去できます。 ノイズ低減の適切な量は、バックグラウンドノイズのタイプおよび残りの信号で許容される品質低下によって異なります。 ノイズリダクションエフェクトで最適な結果を得るには、DC オフセットのないオーディオにこのエフェクトを適用します。 DC オフセットが存在すると、このエフェクトによって、静かな部分にクリックノイズが発生する場合があります(DC オフセットを削除するには、 テンプレート/ DC オフセットを修復を選択します)。 周波数が x 軸(水平方向)に、ノイズリダクションの量が y 軸(垂直方向)に表示されます。 青のコントロールカーブは、様々な周波数範囲でのノイズリダクションの量を設定します。 例えば、高周波数でのみノイズリダクションが必要な場合は、グラフの右側でコントロールカーブを下向きに調整します。 リセットボタン をクリックしてコントロールカーブを平らにすると、ノイズリダクションの量は完全にノイズプリントに基づいて決まります。 ヒント:ノイズフロアにさらに焦点を合わせるには、グラフの右上のメニューボタン をクリックして、「 コントロールカーブを表示」および「 グラフにツールヒントを表示」の選択を解除します。 分析する周波数バンドの数を指定します。 このオプションは、品質に最も大きな変化をもたらします。 ノイズは周波数バンドごとに別々に処理されるため、バンド数が多いほど、ノイズの除去がより細かい周波数で操作されます。 適切な設定範囲は 4096 ~ 8192 です。 高速フーリエ変換サイズによって、周波数と時間の精度の条件が決まります。 FFT サイズが大きいと、シューッというノイズやリバーブのかかったノイズが発生する場合がありますが、ノイズ周波数は非常に正確に削除されます。 FFT サイズを小さくすると、時間応答が向上し、例えばシンバルを叩く前のシューッという音が少なくなりますが、周波数の分解能が低下し、こもった音またはフランジサウンドが生成される場合があります。 このエフェクトでは、録音の選択された部分を分析し、サウンドモデルを構築します。 これはサウンドの検索や削除に使用されます。 また、複雑度を示すパラメーターを使用して、生成されたモデルを変更することもできます。 複雑度の高いサウンドモデルには、録音を処理するためにより多くのパスの調整が必要ですが、結果がより正確になります。 また、後で使用するためにサウンドモデルを保存しておくこともできます。 また、サイレンや携帯電話の着信音のような一般的なノイズを削除するためのいくつかの一般的なプリセットが含まれています。 このエフェクトはリアルタイムで動作するので、 エフェクトラック内のその他のエフェクトと組み合わせて マルチトラックエディターに適用することができます。 これに対し、標準の ノイズリダクションエフェクトはオフラインプロセスとして 波形エディターでのみ使用できますが、ヒスノイズやハムノイズなど一定したノイズを除去する場合はこのエフェクトの方が効果的な場合があります。 最善の結果を得るために、 適応ノイズリダクションは、ノイズで始まりその後に必要なオーディオが続く選択範囲に適用します。 このエフェクトは、オーディオの最初の数秒に基づいてノイズを識別します。 広い範囲のオーディオを修正することも、単一のクリックノイズやポップノイズを修正することもできます。 このエフェクトのオプションは、 DeClicker エフェクトのオプションと同じで、検出されたクリックノイズのうちどれを処理するのかを選択できます(を参照してください)。 また、 自動クリックノイズ除去エフェクトはリアルタイムで動作するので、 エフェクトラック内のその他のエフェクトと組み合わせて マルチトラックエディターで適用することができます。 自動クリックノイズ除去エフェクトでは、複数のスキャンパスおよび修復パスも自動的に適用されます。 クリックノイズ除去で同じレベルのクリックリダクションを達成するには、これを複数回手動で適用する必要があります。 オーディオの最大、平均、および最小振幅について、検出と除外の一意のしきい値を指定します。 例えば、オーディオの最大 RMS 振幅が -10 dB である場合、「 最大しきい値」を -10 dB に設定します。 最小 RMS 振幅が -55 dB の場合は、「 最小しきい値」を -55 に設定します。 対応する「 検出」および「 除外」の値を調整する前に、しきい値のレベルを設定します(最初に「 最大しきい値」と「 最小しきい値」のレベルを設定します。 一度これらを設定すると、その後、調整する頻度は低くなります)。 「 平均しきい値」レベルは、「 最大しきい値」と「 最小しきい値」の間の約 4 分の 3 のレベルに設定します。 例えば、「 最大しきい値」が 30 に設定されており、「 最小しきい値」が 10 に設定されている場合は、「 平均しきい値」を 25 に設定します。 修復したオーディオの一部を試聴した後、必要に応じて設定を調整できます。 例えば、静かな部分にまだ多くのクリックノイズがある場合は、「 最小しきい値」レベルを少し低くします。 音が大きい部分にまだクリックノイズがある場合は、「 平均しきい値」または「 最大しきい値」のレベルを低くします。 一般的に、オーディオ自体が多くのクリックノイズをマスクし、修正が不要になるので、音の大きいオーディオほど修正の必要は少なくなります。 クリックノイズは非常に静かなオーディオで目立つので、この場合検出と除外のしきい値は低くなる傾向があります。 クリックノイズやポップノイズに対する感度を指定します。 設定可能な値の範囲は 1 ~ 150 ですが、推奨値の範囲は 6 ~ 60 です。 値が小さいほど、より多くのクリックノイズが検出されます。 -15 dB を超える振幅の大きいオーディオの場合はしきい値を 35 に、平均的な振幅の場合は 25 に、-50 dB 未満の振幅の小さいオーディオの場合は 10 に設定することから始めます。 これらの設定によって、最も多くのクリックノイズを検出でき、通常、大きいクリックノイズはすべて検出できます。 オーディオのバックグラウンドに絶え間なくクラックルノイズがある場合は、「 最小しきい値」のレベルを低くするか、しきい値が割り当てられている dB レベルを高くします。 このレベルは 6 まで下げることができますが、設定を低くすると、フィルターがクリックノイズ以外のサウンドも削除してしまう可能性があります。 検出されるクリックノイズが増加すると、修復の数が増えて、歪みが発生する可能性が高くなります。 このタイプの歪みが多くなると、サウンドはフラットになり、躍動感がなくなります。 このような場合は、検出のしきい値を低く設定し、「 セカンドレベル検証」を選択して検出されたクリックノイズを再分析し、クリックノイズではない打楽器の一時的な音を無視します。 「 セカンドレベル検証」ボックスが選択されている場合に、 検出しきい値を使用して検出された潜在的なクリックノイズのうちで除外するクリックノイズの数を指定します。 値の範囲は 1 ~ 100 で、まず 30 に設定することをお勧めします。 設定を低くするほど、より多くのクリックノイズを修復できます。 設定を高くすると、実際のクリックノイズではないクリック音が修復されないようにすることができます。 検出されたクリックノイズをできる限り除外しながら、耳に聞こえるクリックノイズはすべて削減したい場合があります。 例えば、トランペットのようなサウンドにクリックノイズが含まれているのに、クリックノイズが削減されない場合は、この値を低くして除外される潜在的なクリックノイズを少なくします。 特定のサウンドで歪みが発生する場合は、この設定を大きくして修復を最小限に抑えます(修復の数が少ないほど、品質は向上します)。 検出されたクリックノイズに周囲のサンプルを含めます。 潜在的なクリックノイズが検出されると、その開始ポイントと終了ポイントはできるだけ近くなるようにマークされます。 「 ポップのオーバーサンプル」の値(0 ~ 300 に設定可能)によってこの範囲が拡大され、クリックノイズの前後にあるより多くのサンプルがクリックノイズとして識別されます。 修正したクリックノイズが静かになっても、まだはっきりと聞こえる場合は、「 ポップのオーバーサンプル」の値を大きくします。 8 程度の値から始めて、ゆっくりと 30 から 40 くらいまで大きくします。 クリックノイズを含まないオーディオは修正時に大きな変更はないので、このバッファ領域は再配置アルゴリズムによってほとんど処理されません。 「 ポップのオーバーサンプル」の値を大きくすると、「 自動」を選択したときに使用される FFT サイズも強制的に大きくなります。 設定値を大きくするとクリックノイズがきれいに補正されますが、値が大きすぎると、クリックノイズを補正した位置のオーディオが歪みます。 個々のクリックノイズ間のサンプル数を指定します。 設定可能な値の範囲は 0 ~ 1000 です。 非常に近い位置にあるクリックノイズを個別に修正するには、小さい値を入力します。 「 実行サイズ」の範囲内で発生したクリックノイズはまとめて修正されます。 まず、25 程度の値(「 FFT サイズ」の横にある「 自動」が選択されていない場合は、FFT サイズの半分)にしてみます。 「 実行サイズ」の値が大きすぎる(100 以上など)場合、データの非常に大きなブロックが同時に修復されるので、修正が目立つようになることがあります。 設定する「 実行サイズ」が小さすぎる場合、近い位置にあるクリックノイズが最初のパスで完全には修復されないことがあります。 クリックノイズとして検出されない規模の大きい不要なイベント(数百サンプル以上にわたって続くものなど)を削減します。 設定できる値の範囲は 30 ~ 200 です。 スネアドラムの大きな打撃音などのシャープなサウンドは非常に大きなポップノイズと同じ特性を持つことがあるので、オーディオに非常に大きなポップノイズ(大きな傷の入ったレコードなど)が含まれていることがわかっている場合にのみこのオプションを選択します。 このオプションによってドラム音がソフトになる場合は、大きく、明らかなポップノイズだけを修正するようにしきい値を少し大きくします。 大きく、明らかなポップノイズが修正されない場合は、「 ポップノイズの検出」を選択し、約 30(静かなポップノイズを検出する場合)~ 70(大きなポップノイズを検出する場合)の設定を使用します。 ノイズフロアの推測値をグラフ表示します。 この推測値は、 ヒスノイズ除去エフェクトで、通常のオーディオは変更せずに、ヒスノイズだけをより効果的に除去するために使用されます。 このオプションは、 ヒスノイズ除去の最も強力な機能です。 ノイズフロアを最も正確に反映したグラフを作成するには、ヒスノイズだけを含むオーディオを選択して「 ノイズフロアを取得」をクリックします。 または、必要なオーディオの音量が最も小さい領域、および高周波数の情報量が最も小さい領域を選択します(スペクトル表示で、上部 75 %に何も動きが示されない領域を探してください。 ) ノイズフロアを取得したら、低周波数を表す左側のコントロールポイントを低くして、グラフをできるだけ平坦にする必要があります。 いずれかの周波数で音楽が存在している場合、その周波数近辺のコントロールポイントは通常よりも高くなります。

次の

ボーカルのノイズを処理する2つの方法【DTM講座】

リップ ノイズ 除去

このエフェクトによって、テープのヒスノイズ、マイクのバックグラウンドノイズ、電源ハムノイズ、または波形全体に絶え間なく続くノイズなど、ノイズをまとめて除去できます。 ノイズ低減の適切な量は、バックグラウンドノイズのタイプおよび残りの信号で許容される品質低下によって異なります。 ノイズリダクションエフェクトで最適な結果を得るには、DC オフセットのないオーディオにこのエフェクトを適用します。 DC オフセットが存在すると、このエフェクトによって、静かな部分にクリックノイズが発生する場合があります(DC オフセットを削除するには、 テンプレート/ DC オフセットを修復を選択します)。 周波数が x 軸(水平方向)に、ノイズリダクションの量が y 軸(垂直方向)に表示されます。 青のコントロールカーブは、様々な周波数範囲でのノイズリダクションの量を設定します。 例えば、高周波数でのみノイズリダクションが必要な場合は、グラフの右側でコントロールカーブを下向きに調整します。 リセットボタン をクリックしてコントロールカーブを平らにすると、ノイズリダクションの量は完全にノイズプリントに基づいて決まります。 ヒント:ノイズフロアにさらに焦点を合わせるには、グラフの右上のメニューボタン をクリックして、「 コントロールカーブを表示」および「 グラフにツールヒントを表示」の選択を解除します。 分析する周波数バンドの数を指定します。 このオプションは、品質に最も大きな変化をもたらします。 ノイズは周波数バンドごとに別々に処理されるため、バンド数が多いほど、ノイズの除去がより細かい周波数で操作されます。 適切な設定範囲は 4096 ~ 8192 です。 高速フーリエ変換サイズによって、周波数と時間の精度の条件が決まります。 FFT サイズが大きいと、シューッというノイズやリバーブのかかったノイズが発生する場合がありますが、ノイズ周波数は非常に正確に削除されます。 FFT サイズを小さくすると、時間応答が向上し、例えばシンバルを叩く前のシューッという音が少なくなりますが、周波数の分解能が低下し、こもった音またはフランジサウンドが生成される場合があります。 このエフェクトでは、録音の選択された部分を分析し、サウンドモデルを構築します。 これはサウンドの検索や削除に使用されます。 また、複雑度を示すパラメーターを使用して、生成されたモデルを変更することもできます。 複雑度の高いサウンドモデルには、録音を処理するためにより多くのパスの調整が必要ですが、結果がより正確になります。 また、後で使用するためにサウンドモデルを保存しておくこともできます。 また、サイレンや携帯電話の着信音のような一般的なノイズを削除するためのいくつかの一般的なプリセットが含まれています。 このエフェクトはリアルタイムで動作するので、 エフェクトラック内のその他のエフェクトと組み合わせて マルチトラックエディターに適用することができます。 これに対し、標準の ノイズリダクションエフェクトはオフラインプロセスとして 波形エディターでのみ使用できますが、ヒスノイズやハムノイズなど一定したノイズを除去する場合はこのエフェクトの方が効果的な場合があります。 最善の結果を得るために、 適応ノイズリダクションは、ノイズで始まりその後に必要なオーディオが続く選択範囲に適用します。 このエフェクトは、オーディオの最初の数秒に基づいてノイズを識別します。 広い範囲のオーディオを修正することも、単一のクリックノイズやポップノイズを修正することもできます。 このエフェクトのオプションは、 DeClicker エフェクトのオプションと同じで、検出されたクリックノイズのうちどれを処理するのかを選択できます(を参照してください)。 また、 自動クリックノイズ除去エフェクトはリアルタイムで動作するので、 エフェクトラック内のその他のエフェクトと組み合わせて マルチトラックエディターで適用することができます。 自動クリックノイズ除去エフェクトでは、複数のスキャンパスおよび修復パスも自動的に適用されます。 クリックノイズ除去で同じレベルのクリックリダクションを達成するには、これを複数回手動で適用する必要があります。 オーディオの最大、平均、および最小振幅について、検出と除外の一意のしきい値を指定します。 例えば、オーディオの最大 RMS 振幅が -10 dB である場合、「 最大しきい値」を -10 dB に設定します。 最小 RMS 振幅が -55 dB の場合は、「 最小しきい値」を -55 に設定します。 対応する「 検出」および「 除外」の値を調整する前に、しきい値のレベルを設定します(最初に「 最大しきい値」と「 最小しきい値」のレベルを設定します。 一度これらを設定すると、その後、調整する頻度は低くなります)。 「 平均しきい値」レベルは、「 最大しきい値」と「 最小しきい値」の間の約 4 分の 3 のレベルに設定します。 例えば、「 最大しきい値」が 30 に設定されており、「 最小しきい値」が 10 に設定されている場合は、「 平均しきい値」を 25 に設定します。 修復したオーディオの一部を試聴した後、必要に応じて設定を調整できます。 例えば、静かな部分にまだ多くのクリックノイズがある場合は、「 最小しきい値」レベルを少し低くします。 音が大きい部分にまだクリックノイズがある場合は、「 平均しきい値」または「 最大しきい値」のレベルを低くします。 一般的に、オーディオ自体が多くのクリックノイズをマスクし、修正が不要になるので、音の大きいオーディオほど修正の必要は少なくなります。 クリックノイズは非常に静かなオーディオで目立つので、この場合検出と除外のしきい値は低くなる傾向があります。 クリックノイズやポップノイズに対する感度を指定します。 設定可能な値の範囲は 1 ~ 150 ですが、推奨値の範囲は 6 ~ 60 です。 値が小さいほど、より多くのクリックノイズが検出されます。 -15 dB を超える振幅の大きいオーディオの場合はしきい値を 35 に、平均的な振幅の場合は 25 に、-50 dB 未満の振幅の小さいオーディオの場合は 10 に設定することから始めます。 これらの設定によって、最も多くのクリックノイズを検出でき、通常、大きいクリックノイズはすべて検出できます。 オーディオのバックグラウンドに絶え間なくクラックルノイズがある場合は、「 最小しきい値」のレベルを低くするか、しきい値が割り当てられている dB レベルを高くします。 このレベルは 6 まで下げることができますが、設定を低くすると、フィルターがクリックノイズ以外のサウンドも削除してしまう可能性があります。 検出されるクリックノイズが増加すると、修復の数が増えて、歪みが発生する可能性が高くなります。 このタイプの歪みが多くなると、サウンドはフラットになり、躍動感がなくなります。 このような場合は、検出のしきい値を低く設定し、「 セカンドレベル検証」を選択して検出されたクリックノイズを再分析し、クリックノイズではない打楽器の一時的な音を無視します。 「 セカンドレベル検証」ボックスが選択されている場合に、 検出しきい値を使用して検出された潜在的なクリックノイズのうちで除外するクリックノイズの数を指定します。 値の範囲は 1 ~ 100 で、まず 30 に設定することをお勧めします。 設定を低くするほど、より多くのクリックノイズを修復できます。 設定を高くすると、実際のクリックノイズではないクリック音が修復されないようにすることができます。 検出されたクリックノイズをできる限り除外しながら、耳に聞こえるクリックノイズはすべて削減したい場合があります。 例えば、トランペットのようなサウンドにクリックノイズが含まれているのに、クリックノイズが削減されない場合は、この値を低くして除外される潜在的なクリックノイズを少なくします。 特定のサウンドで歪みが発生する場合は、この設定を大きくして修復を最小限に抑えます(修復の数が少ないほど、品質は向上します)。 検出されたクリックノイズに周囲のサンプルを含めます。 潜在的なクリックノイズが検出されると、その開始ポイントと終了ポイントはできるだけ近くなるようにマークされます。 「 ポップのオーバーサンプル」の値(0 ~ 300 に設定可能)によってこの範囲が拡大され、クリックノイズの前後にあるより多くのサンプルがクリックノイズとして識別されます。 修正したクリックノイズが静かになっても、まだはっきりと聞こえる場合は、「 ポップのオーバーサンプル」の値を大きくします。 8 程度の値から始めて、ゆっくりと 30 から 40 くらいまで大きくします。 クリックノイズを含まないオーディオは修正時に大きな変更はないので、このバッファ領域は再配置アルゴリズムによってほとんど処理されません。 「 ポップのオーバーサンプル」の値を大きくすると、「 自動」を選択したときに使用される FFT サイズも強制的に大きくなります。 設定値を大きくするとクリックノイズがきれいに補正されますが、値が大きすぎると、クリックノイズを補正した位置のオーディオが歪みます。 個々のクリックノイズ間のサンプル数を指定します。 設定可能な値の範囲は 0 ~ 1000 です。 非常に近い位置にあるクリックノイズを個別に修正するには、小さい値を入力します。 「 実行サイズ」の範囲内で発生したクリックノイズはまとめて修正されます。 まず、25 程度の値(「 FFT サイズ」の横にある「 自動」が選択されていない場合は、FFT サイズの半分)にしてみます。 「 実行サイズ」の値が大きすぎる(100 以上など)場合、データの非常に大きなブロックが同時に修復されるので、修正が目立つようになることがあります。 設定する「 実行サイズ」が小さすぎる場合、近い位置にあるクリックノイズが最初のパスで完全には修復されないことがあります。 クリックノイズとして検出されない規模の大きい不要なイベント(数百サンプル以上にわたって続くものなど)を削減します。 設定できる値の範囲は 30 ~ 200 です。 スネアドラムの大きな打撃音などのシャープなサウンドは非常に大きなポップノイズと同じ特性を持つことがあるので、オーディオに非常に大きなポップノイズ(大きな傷の入ったレコードなど)が含まれていることがわかっている場合にのみこのオプションを選択します。 このオプションによってドラム音がソフトになる場合は、大きく、明らかなポップノイズだけを修正するようにしきい値を少し大きくします。 大きく、明らかなポップノイズが修正されない場合は、「 ポップノイズの検出」を選択し、約 30(静かなポップノイズを検出する場合)~ 70(大きなポップノイズを検出する場合)の設定を使用します。 ノイズフロアの推測値をグラフ表示します。 この推測値は、 ヒスノイズ除去エフェクトで、通常のオーディオは変更せずに、ヒスノイズだけをより効果的に除去するために使用されます。 このオプションは、 ヒスノイズ除去の最も強力な機能です。 ノイズフロアを最も正確に反映したグラフを作成するには、ヒスノイズだけを含むオーディオを選択して「 ノイズフロアを取得」をクリックします。 または、必要なオーディオの音量が最も小さい領域、および高周波数の情報量が最も小さい領域を選択します(スペクトル表示で、上部 75 %に何も動きが示されない領域を探してください。 ) ノイズフロアを取得したら、低周波数を表す左側のコントロールポイントを低くして、グラフをできるだけ平坦にする必要があります。 いずれかの周波数で音楽が存在している場合、その周波数近辺のコントロールポイントは通常よりも高くなります。

次の

【現役プロが明かす】ノイズ除去とリズム・ピッチ補正の方法

リップ ノイズ 除去

カテゴリー• 144• 112• 136• 114• カテゴリー• 144• 112• 136• 114•

次の