外壁塗装 耐用年数 横浜。 外壁塗装の耐用年数も国税庁が発表しているの?

外壁塗装の見積 川崎市幸区 Y様邸

外壁塗装 耐用年数 横浜

「 本事業では、既存住宅を建て替えずに、「省エネ」かつ「健康」な住まいの基本となる、室内温度差の少ない住宅の普及を目指し、「住宅全体の断熱性の確保」につながるエコリノベーション工事等を行おうとする住宅所有者に対して、これに要する費用の一部を補助することにより、民間住宅市場における既存住宅の温暖化対策を誘導し、市内企業等の技術力の向上、市民への普及啓発等の取組を推進することを目的とします。 」 既存住宅を建て替えずに、 温暖化対策として断熱性を考えたリフォームなら助成、補助します、 ということなのです。 断熱効果を持たせるという意味では、屋根や外壁に対しての塗装で断熱改修工事ができます。 お家の外壁塗装を考える際には、 助成金、補助制度があるかないかの情報は要確認です。 期間 平成31年4月1日より横浜市住まいのエコリノベーション(省エネ改修)の補助制度の募集は開始しています。 受付は先着順で終了は助成金の予算額に達した時点となっています。 その目安として、60件程度となっています。 ちなみに 平成30年度の「横浜市住まいのエコリノベーション(省エネ改修)補助制度」を見てみますと、 平成30年4月2日に受付開始して、平成30年8月7日に件数に達して受付を終了しています。 開始から4カ月程度って、直ぐ終わってる感じですね。 ) ・現行の耐震基準に適合させる改修工事が施工されているもの (エコリノベーション等工事の完了までに、耐震改修が施工完了するものを含みます。 ) 賃貸、分譲また戸建、マンションなどの区別はないてすね。 ただ、耐震性能を有する、 という点で耐震性能を判定する基準がありますので要確認です。 補助対象者は普及啓発に御協力 補助対象者には、普及啓発の協力が求められます。 横浜市木造住宅耐震改修促進事業 横浜市マンション耐震改修促進事業 横浜市耐震改修促進計画 横浜市木造住宅耐震診断士派遣事業 一般住宅耐震改修工事を行った住宅についての減額制度 戸塚区 木造住宅無料耐震診断 などなど、 横浜市住まいのエコリノベーション補助制度以外にも横浜市が実施している住宅関連の助成金、補助金の制度はあります。 また、ここ以外にも新たに実施、募集されていたりするものもあるかもしれません。 逆に募集を締め切っていたり。 年度が変わって無くなっていたりすることもあります。 外壁塗装などリフォームを考えている方は、横浜市のホームページは常に要チェックですね。 助成金、補助金に関して絶対的な注意事項がコレ 市や自治体の助成金補助金に関して、間違いなく言えることは、 申請しないともらえません! こちらからアクションは起こさないと、何も起こりません。 当たり前なんですが、絶対大事なことなので念のため。 助成金、補助金の申請方法などについてまとめてますのでコチラも興味のある方はご覧ください。

次の

外壁、内壁塗装とは

外壁塗装 耐用年数 横浜

シリコン塗料の特徴を知ろう! シリコン塗料とはアクリル系の塗料の一種です。 大抵はシリコン塗料と呼ばれている事がほとんどですが、正確にはアクリルシリコン塗料という名称になります。 外壁塗装の際にはウレタン塗料と並んで人気の高い塗料となっています。 外壁塗装でどの塗料を使うか検討する際に、シリコン塗料にするかウレタン塗料にするかと言った二択になる場合も少なくありません。 外壁塗装の際には必要不可欠な塗料の一つであるとも言われ、幅広く好まれている塗料だと言えます。 シリコン塗料とウレタン塗料の違いは「費用対効果」 ウレタン塗料と比べたときにまず目立つのは価格差です。 ウレタン塗料よりもシリコン塗料の方がやや値段設定が高くなっています。 しかしそれであっても性能は良いため、この価格差が大きなデメリットに繋がる事はあまりありません。 コストパフォーマンスに優れた塗料であるとも言われるため、価格に見合った、もしくはそれ以上の高品質であることが保障されています。 ウレタン塗料と比べれば確かに少々高い設定とはなっていますが、高性能であると言われるフッ素系塗料の価格と比べてみた場合に、同じく性能の良いシリコン塗料がどれだけコストパフォーマンスに優れているかが分かります。 また、シリコン塗料は外壁塗装の仕上がりを美しくさせる事でも知られています。 外壁塗装はその耐久性なども重要な観点の一つですが、建物の外観を決める要素ともなるため見栄えも大切です。 シリコン塗料を使う事により、光沢のある外壁塗装をする事ができるようになるのです。 シリコン塗料の特徴は「ちょうどいいバランス」 シリコン塗料の特徴は、外壁塗装において非常に有効に使えると言う点です。 耐用年数が長く、広範囲に使える事からも外壁塗装に向いています。 また、価格はウレタン塗料に比べてやや高くはなりますが、それでもコストパフォーマンスに優れた塗料として人気を集めています。 一般的に、外壁塗装で使われる塗料にはグレードと言うものがあります。 おおよそで五つのグレードに分けられることがほとんどであり、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料、無機塗料の五つです。 他のグレードの塗料との違いは? どちらかと言えばグレードが低いとされるのは、アクリル塗料やウレタン塗料です。 これらは価格が安いと言う特徴がありますが、その反面で耐久性などが低いというデメリットもあります。 その一方でグレードが高いとされるのが、フッ素塗料や無機塗料です。 こちらは料金は高くなるものの、その分耐久性も高いという高性能の特徴を持ち合わせています。 価格という特徴を取るか、それとも性能と言う特徴を取るかの両極端に分かれてしまいます。 しかし、これらに比べて中間に位置するシリコン塗料は、価格と性能の両方を兼ね備えた特徴を持っているとされています。 コストパフォーマンスに優れているとされるのはそのためであり、価格と性能のバランスが丁度良いグレードであると言えるのです。 シリコン塗料を種類から選ぶ シリコン塗料の種類は、水性1液型・溶剤1液型・溶剤2液型の三つに分ける事ができます。 中でも水性1液型か溶剤1液型から選ぶと失敗しづらくておすすめです。 この2つをおすすめする理由はともに扱いやすいことです。 シリコン塗料のタイプ 水性1液型は水で塗料を溶かして外壁塗装する水性タイプのものとなります。 業者でも頻繁に使われるタイプの塗料であり、扱いやすい性質となっています。 溶剤1液型と溶剤2液型については、シンナーで塗料を溶かして使う油性タイプとなります。 溶剤1液型も、水性と同じくホームセンターで販売されているタイプと似たような特徴です。 しかし溶剤2液型は少々扱いにくい性質を持っているので、どちらかと言えばあまり使われる機会の少ない塗料です。 耐久性を取るなら溶剤1液型、臭いの少なさを取るなら水性1液型 外壁塗装の塗料にはほかにもウレタン塗料やフッ素塗料であったり、その他高機能が付いたものまでさまざまな種類があります。 そのため、塗料選びでもお困りの方が多くいるようです。 何に決めればいいか分からないという方にはシリコン塗料を特におすすめしています。 シリコン塗料の中でも耐久性があるものが良いと思う方は「溶剤1液型塗料」を選ぶと良いでしょう。 「水性1液型塗料」は臭いが少なく、工事中のシンナー臭を控えたい方にはおすすめです。 シリコン成分の特徴 シリコン塗料の原材料にはシリコン樹脂が含まれています。 シリコンと言う名前のつくものは塗料のみならず、あらゆる商品の中の成分として使われています。 たとえばシャンプーもシリコンが使われる事のある製品の一つですが、様々な用途に使えるシリコン樹脂は外壁塗装においても幅広い活用方法ができるのです。 耐久性の高さについては、水性でも油性でも変わらず性能が良いものとされています。 水性の強みは高耐久であることと、環境汚染の原因ともなりかねない物質が少ない事です。 そのため地球に優しい塗料として使用する事ができ、外壁塗装をする際には人気となっています。 また、油性の強みは同じく高耐久であることと、水にも強い特徴を備えている事です。 どういった材質であっても外壁塗装ができ、塗料の密着性も高いとされています。 また、これらはどれも光沢性という特徴を持っています。 外壁塗装では建物の外観も重要なところとなるので、綺麗に仕上がると言う点でもシリコン塗料は高く評価されています。 シリコン塗料の耐久性は10年前後で塗り替え シリコン塗料の特徴の一つである耐久性の高さは、沢山の高評価を集めるポイントの一つです。 外壁塗装は手間がかかるうえに料金も安いものではありません。 それを短い期間で何度もしなければならないとなると非常に効率が悪く、コストの面から言っても負担になりやすいものとなります。 しかしコストパフォーマンスに優れたシリコン塗料であれば、10年から13年の耐用年数があるとされています。 他の安価な塗料に比べても耐用年数が長い事が分かります。 建物のある環境などによっては10年程度になる場合もありますが、それでもウレタン塗料などと比べれば大分長く保っている事が可能です。 シリコン塗料自体が耐用年数が比較的長くて耐久性に優れた特徴を持っているため、屋外で雨風にさらされることによる劣化が低くなっています。 そのため外壁塗装にはうってつけの塗料となっているのです。 またこの他にも、汚れにも強いと言う特徴があります。 ちりやほこりなどをはじく性質があり、そのためいつまでも外壁を綺麗な状態で保持させておくことが可能となります。 変形や変色等の劣化が起こりにくいことに加え、汚れに強いと言う付加価値もあるため、一般住宅やその他の建物全てにとってメリットがあると言えます。 シリコン塗料の単価相場は最も費用効果が高い シリコン塗料の価格は、1平米当たり2000円から3000円前後となっています。 外壁塗装で使われる他の塗料に比べてみると、大体中間くらいの価格設定に該当します。 グレード別に価格差を考えてみると、アクリル塗料であれば1500円前後、ウレタン塗料であれば2000円前後である事がほとんどです。 ハイグレードとされるフッ素塗料は3800円から4800円前後、無機塗料であれば4500円から5500円前後です。 耐久性の面から考えてみれば、アクリル塗料やウレタン塗料は10年未満であることがほとんどです。 反対にフッ素塗料や無機塗料は20年前後の耐用年数を可能とさせます。 シリコン塗料は12年から15年の耐用年数であり、その価格が2000円から3000円程度です。 この数字を見れば、シリコン塗料がどれだけ高いコストパフォーマンスを誇っているかが分かるでしょう。 アクリルやウレタンなどと単体で比較してしまえば確かに少々高い相場とはなっています。 しかし耐久性を考慮したうえで他のハイグレート塗料とも比較してみれば、なぜシリコン塗料が外壁塗装の際に選ばれやすいのかが分かります。 少しでも安くしたいなどと言った理由があればグレードの低い塗料を選ぶことも方法の一つですが、将来的な耐久性の高さなどを考慮するのであればシリコン塗料が最も使いやすくなります。 外壁塗装でシリコン塗料のメリット 外壁塗装でシリコン塗料を使うメリットは主に二つあります。 コストパフォーマンス• 耐候性 1. コストパフォーマンス シリコン塗料のメリットは、第一に耐久性の高さにあります。 アクリル塗料やウレタン塗料と比べれば、明らかに長い耐用年数であることが分かります。 通常、耐久性の良さに比例して、どうしても高くなってしまうのが値段です。 しかし耐久性に非常に優れているフッ素塗料などと比べてみると、シリコン塗料の価格はそこまで高いものではありません。 外壁塗装ではウレタン塗料よりは高い耐久性が欲しいが、ハイグレードの塗料にしてしまうと価格が跳ね上がってしまうと言った問題がしばしば起こります。 そこでコストパフォーマンスのよいシリコン塗料を選択する人が多くなるのです。 耐候性 また、高品質でありながら高すぎる訳でもない価格というメリットの他、光沢性があることや汚れにくいと言った特徴がある事もメリットの一つです。 家の外壁をいつまでも綺麗な状態にしておくことは簡単ではありません。 雨や風などに晒されることによって、年々塗装が劣化してしまうのが通常です。 しかしシリコン塗料であれば汚れにくい特徴を持つと同時に光沢性もあるため、何年経っても綺麗なまま保持しておく事ができるのです。 ツヤのある仕上がりをある程度継続させられるため、そういった点も人気の要因となります。 外壁塗装でシリコン塗料のデメリット シリコン塗料の正式名称がアクリルシリコン塗料であるように、シリコン塗料と呼ばれている物はアクリルの中にシリコン塗料を混ぜて作られています。 しかしシリコン塗料のデメリットとしては、シリコンの含有量がどの程度でなければならないという規格がない事です。 シリコン含有量が少ない塗料を使うと耐用年数もそれだけ短くなる そのためアクリルの中にほんの少しシリコンを混ぜただけでもシリコン塗料として販売する事ができてしまいます。 アクリルはシリコン塗料よりもグレードの低い塗料です。 アクリルを外壁塗料として使うことも勿論ありますが、安価な分その耐久性も非常に低くなってしまいます。 つまりシリコン塗料だと思って外壁塗装を施してみた結果、シリコンの含有量が少なかったために将来的には耐久性にも良くない影響が出てしまうという事態になりかねないのです。 外壁塗装をする際には悪質な業者に注意し、シリコン塗料の少ない塗料を使用されないようにする必要があります。 大手のメーカーで販売されているシリコン塗料は、シリコンの含有量が著しく低いと言う事があまりありません。 そのため施工の始まる前にはきちんとメーカーの確認をしたり、可能であればシリコン含有量に関して調べておくことが重要です。 シリコン・ウレタン塗料の比較まとめ シリコン塗料もウレタン塗料も、外壁塗装では頻繁に使用されている塗料です。 どちらも価格はそこまで高くないと言う大きな特徴があり、その一方で性能が下がりすぎていないと言うメリットも得る事ができます。 シリコン塗料とウレタン塗料の最も大きな差異と言えば耐久性です。 数年程度の差異とはなりますが、建物の外壁塗装と言う大掛かりな工事にかかる費用を考えると重要な点であると言えます。 ウレタン塗料の耐用年数が6年から10年程度であるのに対し、シリコン塗料は12年から15年とされています。 価格についてはシリコン塗料が2000円から3000円程度、ウレタン塗料が1500円から1700円程度です。 価格設定に若干の開きはありますが、耐用年数と外壁塗装全体に係る費用とを含めて考えてみれば将来的にはシリコン塗料の方が得であると言えます。 しかし塗料を塗っていく場所や材質によってはウレタン塗料の方が適切である場合もあるため、その時々の状況や環境に合わせて検討していく必要もあります。 最新技術を用いた「ラジカル塗料」もおすすめ! シリコン塗料も普及率も高く、実績もありますので信頼できる良い塗料なのですが、近年非常に人気が出てきた塗料があります。 それは「ラジカル塗料」というものです。 ラジカル塗料とはアクリル樹脂を使用しているのですが、「ラジカル抑制技術」という最新技術を用いているので耐候性能も非常に高い塗料になります。 塗料が劣化する要因となるラジカルの発生を抑える働きのおかげで耐用年数も長く、そしてシリコン塗料と同程度の価格ということから、今後さらに普及が予想されています。 シリコン塗料の耐用年数である10年以上持たせたい方はラジカル塗料を選択してみてはいかがでしょうか?.

次の

【神奈川県横浜市戸塚】外壁塗装・屋根塗装(株)金子塗装の評判・口コミを直撃取材!

外壁塗装 耐用年数 横浜

まだ塗り替え時期でないにもかかわらず、家の 塗装を本気で考えてしまう人もいます。 中でも 訪問販売の塗装業者に家の傷みを指摘され、不安になってしまう人たちです。 以前、こういうことがありました。 見積り依頼があったので、調査にいくと何でもない。 言われてみれば確かに、ヒビのようなものがかすかにある。 でも、とてもじゃないけれど、塗り替えするほどではない。 外壁はまだまだ太陽の光を浴びて、ピカピカにつやがあるし、 ヒビも雨が侵入するほど大げさなのもでもない。 どうしても、気になるのだったらホームセンターで売っている「コーキング材」というもので、10センチほど埋めれば、あとは何も心配することがない家です。 しかも、まだ築6年の家。 実際にわずかかもしれませんが、このような例もあります。 築年数からも考えて、あきらかに自分でも塗装しなければならないと感じている場合は別ですが、今の時代、 すべて業者のはなしを鵜呑みにしてしまうのは少し注意が必要かもしれません。 そもそも、塗装時期とはいったいどの程度になったら、塗り替えなければならないのでしょうか。 築年数でいえば、 一番多いのが新築から10年前後、 中には6年や15年という家もあります。 新築から6年というのは自然的な傷みというより、だいたいの場合建てた建築屋さんの家の作り方が原因での塗装が多くなるようです。 構造的な問題で、外壁にひびが入ってしまうなどです。 自然的な傷みで言えば、外壁にカビが少し生えてきて塗装を考える人もいれば、 1面にびっしり生えても 塗装をしない人もいます。 びっしりと生えているのは美観的に少し問題ありですが、 少しぐらいでは差し迫っての塗装の必要はありません。 汚れの場合でも築年数的に塗装時期ではあるけれども、汚れが目立たなければ塗装を考えない人もいますし、汚れていなくても塗装時期だということで、塗り替える人もいます。 塗装時期というのは、はっきり決まったというものはなく、その人の考え方によって大きく左右されることのほうが大きいともいえます。 どれくらいもつの? 確かに、その塗料は何年の耐用年数が期待できますという、10年とか15年とかのある程度の数字で表すことはできます。 確かにある塗料メーカーでは、塗料自体の耐用年数をうたっているところもあります。 業者にしても、ウレタン塗装7年、シリコン塗装12年、フッ素15年などのような具体的な数字であらわしているところもあって、消費者にすればとてもわかりやすくていいと思います。 ただ塗装というものは、 家の状況や作業の念入りさによって、耐用年数は断然にかわってきます。 あくまでも 具体的な耐用年数だけを信用するのではなく、 やはり 工事の中身をみなければなりません。 塗装時期というもので考えれば、その人が汚れに対して気になってきたら、塗り替え時期であって、カビが気になりだしたら、その家の塗装時期とも言えると思います。 言い換えれば、10年もつ塗料だとしても、壁にひびもなく汚れだけが気になる家の場合などは、 汚れさえ気にしなければ、15年持たすことも可能と言えてしまうのです。

次の