ネスタ リゾート 神戸 プール 口コミ。 NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸)の口コミ・評判

ネスタリゾート神戸に行ってきたのでおすすめなどまとめてみた

ネスタ リゾート 神戸 プール 口コミ

大自然の冒険テーマパークの『ネスタリゾート神戸』にある巨大プール ウォーターフォート は、大自然ならではの爽快感や興奮が味わえる、人気のプールです。 ネスタリゾート神戸プール2019の混雑状況や駐車場は? ネスタリゾート神戸プール2019の混雑状況や駐車場についてご紹介します。 混雑状況ですが、夏のみの開催で、夏休みの期間でもあるので、かなり 混雑しています。 混雑状況 特に土日祝日などの休日やお盆は大混雑し、9:00のオープン前から並んでいる人も多いため、スライダーなどの待ち時間発生はもちろん、休憩場所を確保することも大変なこともあります。 人気のウォータースライダーは、2時間半ほど待つことも多いそうです。 夏のプールは混雑を避けるのが難しいですが、なるべく混雑を回避するためにも、平日に行くのがいいですね。 夏休みに入る前の平日や、9月に入ってからがおすすめです! 混雑予想日にしか行けないという方は、事前に前売り券を購入しておき、朝一または夕方に行くのが良さそうです。 車で行く方も多いと思いますので、駐車場についてもご紹介します! [駐車場] ネスタリゾート神戸には、第1駐車場・第2駐車場・第3駐車場があります。 料金:普通車1,000円、中型車2,000円、単車300円 宿泊者は駐車無料 時間:平日は9:00〜、土日祝は8:30〜 時期により変更可能性あり 駐車可能台数:合計3,000台 全て合わせて3,000台停められるので、満車になることはそうそう無いと思います。 実際にお盆のお昼頃に行った方も空いていたとの情報がありました。 プールに1番近い第1駐車場 P1 が満車になってしまう可能性はありますので、その場合は離れた駐車場に停めることになってしまいます。 1番遠い第3駐車場 P3 しか空いていなかった場合にも無料園内バスがあるので、バスで往復することができます。 上記のマップで「P」だけ記載してある駐車場は宿泊者専用となっています。 なお、それでも当日確実に駐車場を確保したい場合は あらかじめ駐車場を予約できる便利なサービスがあるのをご存知ですか? akippa(アキッパ)というサイトなんですが事前にこのサイトで予約しておけば探し回る必要がありません! 近い順に掲載されているので、どうぞご覧ください。 事前予約のため当日、一万円札しかなかったり小銭がなくて困るといったこともなく安心です。 また、 15分おきなど細かく借りたり、一日貸し切りといったことも可能。 しかもほとんどの駐車場は 一般的なコインパーキングより格安というから嬉しいですね。 普通の駐車場なので出し入れも自由ですし、とことん便利な使い方ができますよ。 ネスタリゾート神戸プール2019のチケット割引情報は? ネスタリゾート神戸プール2019のチケット割引情報をご紹介します。 ネスタリゾート神戸のプールで楽しむには、チケットが必要です。 [プール利用の料金] 大人:2,300円 税抜 子供 2歳〜小学生 :1,800円 税抜 前売り券は JTBや セブンチケットから購入できます! 安くはない金額なので、少しでもお得に購入したいと思っている方も多いと思いますが、プールのみのチケットの割引はありませんでした。 過去にはJTBの前売り券などは100円引きされていたようですが、現在は割引されていません。 ネスタリゾート神戸でプール以外にも楽しみたい場合は、セットチケットを購入することで割引になります。

次の

ネスタリゾート神戸の夏はプール!混雑を回避する4つの方法も

ネスタ リゾート 神戸 プール 口コミ

ネスタリゾートを一日たっぷり満喫してみた! 予備知識一切なしでネスタリゾートまで来てしまった我々一家。 フロントで1Dayパスをゲットしてさっそく遊びにでかけました。 ワイルドカヌーは4歳から! まずはホテル・ザ・パヴォーネの目の前に広がる池でカヌーを楽しむことに。 受付まで行くと、「4歳未満の子は利用できません」と告げられがっかり。 てっきりパンフレットの年齢制限の記載を見落としていました。 そう、ワイルドバギーなどもそうなんですが、 4歳以上にならないと利用できないアトラクションもわりと多いんですよね。 ということで、気を取り直してお隣のワイルドハーベストへ向かいます。 池のほとりには約100トンもあるという巨大な石が鎮座。 「蘇生石」という由緒ある石だそうです。 ワイルドハーベストでニジマスつかみ取り! ワイルドハーベストは、みずから収穫した新鮮な素材を調理して食べられるエリア。 3つのメニューからひとりひとつを選びます。 メニューは季節によって変わりますが、今回は以下のメニューがありました。 ワイルドハーベスト メニュー• ニジマスの素揚げ• 玉ねぎと椎茸のホイル焼き• じゃがいもトルネードポテト トルネードポテトも美味しそうと思ったんですが、じゃがいも収穫は先日行ったハーベストの丘でも体験したばっかりなので… 今回はニジマスの素揚げを選びました! ニジマスつかみ取りを体験! パンフレットには「雄大な自然の中で、新鮮野菜や生きた魚を自ら収穫」とあったので、てっきり小川の中にでも入って、放流されてくるニジマスをつかみ取りするのかなーと思っていたのですが 実際は 回遊式のプールに放たれたニジマスを捕らえるシステム。 内心(思ったよりしょぼいな…)なんてがっかりしつつも、つかみ取りに挑戦。 ニジマスたちは活きがよくてすばしっこく、なかなか捕まりません!! なんとか捕まえたと思っても、ピチピチと勢いよくはねて、水の中へと逃げてしまったり。 どんな感じで収穫するのかというと こちらのカートに積まれている野菜から「収穫」するみたいです。 えー!!これは収穫体験と言えるのか…??? テレビで見たCMでは、女の子が泥まみれになりながら畑でじゃがいもを収穫してたような気がするんだけど…。 CMの映像とギャップがありすぎて唖然。 ニジマスつかみ取りを選んで正解だったかもと思いました。 つかみ取り楽しかったし! じゃがいもカートのそばには、水槽でスッポンが飼われていました。 さらに建物を奥に進むと、鯉の大水槽が。 甲子園球場60個分の超広大な敷地を有するネスタリゾートですが、そのわりに ひとつひとつのアトラクションはこぢんまりしてるな、というのが正直な印象です。 アニマルフレンズも同様で、移動動物園ぐらいの小さな規模感。 とはいえ、エリア内には馬や羊をはじめとして、ウサギ、ハムスター、ハリネズミ、カエル、ヘビ、カメなどさまざまな動物たちが大集合!! 見たことのない動物を間近にみることができて子どもはすごく楽しかったようです。 身を寄せ合って眠るハムスターに癒やされたり ハリネズミの背中をそうっと撫でてみたり フクロウの佇まいに圧倒されたりして楽しみました!! ネスタリゾートのランチはグランプバーベキューパークへ! ネスタリゾートといえば!そう、グランピングですよね!! アニマルフレンズを出て、こちらの斜面をガーッと登った小高い丘の上にあるのが、 グランプバーベキューパーク。 なんでも日本初の本格グランピングBBQ施設だとか。 雄大な大自然に囲まれながらバーベキューを楽しむことができます。 ほかにもタピオカミルクティーや台湾かき氷などの夏メニューも充実してたよ! この日のネスタリゾートは異様なぐらい空いていて、バーベキューパークもガラガラ。 たくさんいたスタッフさんたちもやることがなくて暇そうでした。 そのわりに、注文したドリンクは渡されない、料理のオーダーも通っておらず作り忘れられるといった接客ミスが重なり、若干モヤモヤしたりもしました。 サンシャインジム バーベキューパークのすぐそばには、サンシャインジムという遊具施設が。 入場は入れ替え制になっています。 入り口前で整理券をもらい、時間になったら入場。 全体的に空いていたこの日は待ち時間も少なく、次の回の整理券をすぐにもらえました。 泳ぎまわる魚に癒やされる~ ほかにはサッカーゲームがあったり バッティングゲームができたり カーリングゲームも楽しみました。 30分間の総入れ替え制のため、あっという間に終了時間に。 近くにあるプールもこの日は人がまばら。 ネスタイルミナ 100万個のLEDで圧巻のイルミネーション! さまざまなアトラクションを楽しんだ1日のおわりには、イルミネーションへ! 22時まで営業 最終入場21時 しているので、夕食を済ませてから向かいました。 日曜の夜とあって人はまばら。 場所によってはほぼ貸切状態です。 全長220メートルのトンネルの内部には約100万個のフルカラーLEDが配置され、アップテンポな音楽とともにさまざまな映像が流れてゆきます。 青い照明に照らされる海底神殿や、光の帆船はとても幻想的で、まるで本物の海底にいるような気分。 吹き抜けになったロビーは広々としていて開放感たっぷり。 ゴージャスな内装に「リゾートにやってきた!!」という期待が高まります。 ロビーに飾られているシャンデリアは貴重なアンティークシャンデリア。 およそ150年前にベネチアで作られ、現存しているものは非常に少ないんだとか。 ロビーの片隅に設置された風鈴が涼しげな音を奏でていました。 部屋の様子 ミキハウス子育て総研の「ウェルカムベビーのお宿」に認定されているホテル・ザ・パヴォーネ。 今回はウェルカムベビールームではなく、普通のツインルームを予約していました。 内装は至って普通のホテルといった感じ。 清潔で過ごしやすかったです。 ベランダからは、ワイルドカヌーの池が見えます。 奥に見える山では工事用の重機が働いており、今後もどんどんと新しいアトラクションや施設がオープンすることを予感させます。 ホテルすぐそばにそびえるツリーは夜は美しいイルミネーションに。 とにかく品数が豊富で選ぶのが楽しい! 子ども向けの味付けのメニューも多いので、家族連れにはわりとおすすめです。 パスタ大好きな娘は何度もおかわりしていました。 ちなみに翌朝の朝食も同じレストランでした。 とにかく待ち時間が長い• せっかく1Dayパスを買ったのにひとつのアトラクションだけで一日が終わってしまいがっかり• 整理券に並ぶのでいっぱいいっぱい というように、ネットの口コミでは混雑による待ち時間の長さに対する不満が目立ちます。 今回私たちが訪問したのは、夏休みに突入する直前の日曜日で、たまたますごく空いていました。 どのアトラクションもほぼ待ち時間ゼロで案内されたので、ノーストレスで一日を過ごせました。 混雑を避けるなら、夏休みや大型連休から少しずらした時期を選ぶのがおすすめです。 また今回は子どもの年齢制限上、体験できなかったアクティビティも多かったのですが、そんなことは気にならないほど充実した一日を満喫できました。

次の

【口コミ】ネスタリゾート神戸でバギーを体験。整理券をもらって乗るまでの流れ

ネスタ リゾート 神戸 プール 口コミ

2016年7月にオープンした関西随一のリゾート&テーマパーク施設、ネスタリゾート神戸。 神戸や大阪から車で約50分と、気軽に日帰りできる場所にあります。 ここではネスタリゾート神戸へのアクセスを手段別に詳しくご紹介します。 超大型リゾート、ネスタリゾート神戸 ネスタリゾート神戸は、昨年クローズした「グリーンピア三木」の敷地を利用してオープンした超大型リゾートです。 広大な敷地内にはホテル、グランピングBBQ、プール、テニスコート、フットサルコートなどがあります。 今後もジップラインやイルミネーション、アイススケート場、日帰り温泉、ラグジュアリーホテルなどがオープン予定。 どんどん進化するリ近未来ゾートから目が離せません。 ネスタリゾート神戸へのアクセス方法を詳しく解説! ネスタリゾート神戸までは、三ノ宮駅からの直通バス、車などでアクセスできます。 それぞれのアクセス方法についてご紹介します。 公共の交通機関を利用して訪れる場合 大阪駅からも直通バスの運行がスタート! 2016年11月10日には、大阪駅からネスタリゾート神戸への直通バスの運行がスタートしました。 乗車場所は、JR大阪駅桜橋口ガード下となっています。 直通バスの運行は平日1日3往復、休日1日4往復となっており、所要時間は片道約60分です。 <大阪駅改札からバス停までの道のり> 大阪駅に到着したら、まずは桜橋出口を目指します。 改札を抜けて… 案内に従い、改札を出て右手の桜橋口方面へ進みましょう。 案内通りまっすぐ進んでいくと 横断歩道にでますので、この信号を渡って右に曲がります。 右に曲がって少し歩くと、ネスタリゾート神戸行きのバスのりばが現れます。 運賃は大人片道1,500円、小人片道750円となっています。 平日は1日3往復、神姫バス神戸三宮バスターミナルからは9:55、10:55、11:55発。 土日祝は1日4往復となり、9:55、10:55、12:15、14:30発です。 所要時間は約40分、運賃は670円です。

次の