八 村 塁 両親 離婚。 八村塁の弟と妹は?父親と母親についても!

八村塁の両親はどんな人?父は元バスケ選手で母は英会話講師!

八 村 塁 両親 離婚

八村塁が日本初のNBA1巡目指名選手に! 日本のスポーツ界に歴史的快挙をもたらしたといわれている八村塁選手。 アメリカのプロバスケットボール、NBAのドラフト会議が6月20日にニューヨークで行われ、1巡目の指名を9位のウィンザーズから受けました。 もちろん日本人初となる快挙です。 はやくも頭角を現し、中学時代には全国中学校バスケ大会で準優勝になり、ベスト5にも選出。 高校では一年からレギュラーで活躍していました。 高校一年の冬にはNBAを目指すようになります。 そしてその夢を 父親はペナン共和国出身、ザカリ・ジャビルさん 八村塁さんのお父さん、ザガリさん 八村塁選手のお父さんは、西アフリカにある、ベナン共和国出身です。 お父さんもバスケットの選手でした。 お父さんはどういう経緯で日本人のの奥さんと巡り合ったのかわかりませんが、富山県で居酒屋をしていたことがあるそうです。 ペナン共和国ってどんなところ? ベナン共和国は、多くの日本人には聞きなれない国かと思いいます。 場所的には、アフリカ大陸の真ん中の西側です。 この国は驚くべきことに、一夫多妻制が認められている国なのです。 ただし、裕福な人に限るそうなので、すべての男性に、たくさんの奥さんがいるというわけではありません。 八村塁さんのお父さんには、奥様がたくさんいるのかどうなのか、そこらへんはわかりませんが、八村塁さんなら、モテモテなので、お嫁さん候補がたくさんいるでしょうね。 母親は富山県出身の八村麻紀子さん.

次の

八村塁の弟と妹は?父親と母親についても!

八 村 塁 両親 離婚

(写真:アフロ) 「日本とベナンのハーフでずっとやってきて、日本でずっと育ってきた。 お父さんもお母さんも家族みんながすごくサポートしてくれていた。 感謝の気持ちを伝えたい」 米プロバスケットボールNBAで、日本人初のドラフト1巡目指名で「ワシントン・ウィザーズ」に入団が決まった八村塁選手(21)は、記者会見でこう語った。 推定年俸4億円超えという破格の契約を獲得した八村選手。 快挙を成し遂げた彼のスタート地点は、富山県だった。 「塁くんが小学生のときから住んでいたのは、3LDKの県営住宅。 塁くんの下には、弟1人と、妹が2人。 幼いころ、お米や野菜などを一生懸命抱え、お母さんと買い物から帰ってくる塁くんの姿をよく覚えています」(同県営住宅の住民) 八村選手は、西アフリカのベナン出身である父のザカリ・ジャビルさんと日本人の母・麻紀子さんのもと富山市で生まれた。 両親をよく知る隣人が話す。 「麻紀子さんは語学が堪能で、英語とフランス語の教室を開いていました。 お父さんは、奨学金でカイロ大学に留学するほどのエリート。 フランス語、日本語など7カ国語が話せるようです」 八村選手がバスケットボールと出合ったのは、富山市立奥田中学校に入学してから。 小6ですでに身長170センチだった彼は、同級生にしつこく勧誘され、根負けする形でバスケ部に入部したという。 同中学校バスケ部コーチの坂本譲治さん(59)が語る。 「小学生のときの塁は陸上や野球で活躍していましたが、バスケの経験はゼロ。 はやく上達してもらおうと、ほかの部員がシュートフォームやパスを教えたのです。 八村の基礎を作ったのは、当時の仲間たちでしょうね。 もともとスポーツ万能でしたから、私もその才能を見込んで、『もしかしたらNBA選手になれるかも』と口癖のように、彼を鼓舞していました」 坂本コーチが今でも印象に残っている八村選手の姿があるという。 「ほかの保護者が試合を見に来ているなか、塁のお母さんは仕事や子育てで応援に来られず……。 塁はいつも寂しそうにしていました。 「練習で帰るのが遅くなると、塁のお母さんがいちばん下の妹を連れて迎えに来ていました。 塁はいつも、妹の手をつないで帰っていた。 中学生の友達の前で妹と手をつなぐなんて照れくさいと思うけど、あいつは妹の歩幅に合わせて、ニコニコ笑いながら帰っていましたよ」.

次の

八村塁父親の職業/仕事は居酒屋?身長や顔写真(画像)がそっくり!

八 村 塁 両親 離婚

八村塁のプロフィール 八村塁選手は1998年2月8日生まれ、 出身は富山県です。 身長は203cm、体重102㎏。 バスケを始めたのは中学生になってから。 小学校時代は6年間野球をやっていたそうです。 中学では陸上をやろうかな、などと考えていたところ、バスケ部のクラスメイトから毎日しつこく勧誘を受け、根負けしてバスケ部に入部したのだそうです。 八村塁選手が3年の時、 富山市立奥田中学校は第42回全国中学校バスケットボール大会で準優勝し、八村塁選手は大会ベスト5に選出されました。 その後はバスケの名門・明成高校に進学。 ウィンターカップ(全国高校選抜)3年連続優勝、大会ベスト5にも3年間選ばれ続け、夏のインターハイも優勝に導きました。 日本代表としても活躍しています。 現在はワシントン州のゴンザガ大学に在学中です。 八村塁の英語の実力 ベナン共和国で話されているのはフランス語です。 ハーフである八村塁選手がバイリンガルだったとしても、フランス語と日本語である可能性が高いわけです。 現在、渡米している英語の実力はいかほどでしょうか。 八村塁選手はゴンザガ大学入学前に、大学内のESL(英語学校)に3か月通っています。 まだ実力に自信が無かったのか英語でのインタビューは受けたがらないそうですが、動画のインタビューを聞くとまさか喋れなかったとは思えないくらい上手だと思います! 記者会見もまだしたくないそうです。 最初はコーチの指示が分からない事もあったそうですが、 八村塁選手の現在の英語の実力は日常生活に困らないようになり、コミュニケーションも取れるようになったそうです。 \今なら八村塁の活躍が1ヶ月無料/.

次の