ナイキ アプリ 初代 アイコン。 ヴェイパーフライからアルファフライ ネクスト%まで。ナイキ厚底シューズの進化を振り返る

「NIKE アプリ」日本展開がスタート、パーソナライズされたコンテンツや限定アイテムを提供

ナイキ アプリ 初代 アイコン

皆さん!突然ですがロゴがあったらいいなと思ったことはありませんか?サークルのロゴや、趣味友グループとのロゴ、ゲームチームのロゴなどなど.....。 ロゴがあれば仲間意識がググッと上がり、チームへの愛着も湧いてくるもんです。 そんなロゴ作成ですが、何だか難しいイメージがありますよね。 でも本日ご紹介する『Logo Maker Plus』という無料のAndroidアプリを使えば大丈夫です。 誰でもオシャレなロゴが簡単に作れちゃいますよ。 ロゴ作成アプリ『Logo Maker Plus』とは!? 『Logo Maker Plus』とは、無料で本格的なロゴが作成できるAndroid専用のロゴ作成アプリです。 選べるアイコンも豊富で、さらに高機能なアレンジを加えることが可能です。 アイデア次第でデザインは無限に広がるので、オリジナリティ溢れるロゴを作成することが可能です。 アプリは日本語に対応していませんが、直感的に操作できるので直ぐに慣れることができるでしょう。 ロゴ作成アプリ『Logo Maker Plus』はこんな感じのアプリです! それでは、さっそく『Logo Maker Plus』でロゴを作ってみたいと思います。 アプリを開くとキャンパスを選ぶ画面になるので、用途にあったキャンパスを選んでください。 今回は『Logo』を選択しましょう。 白紙のキャンパスが開くので、まずはアイコンを配置してみたいと思います。 『Add New Icon』をタップします。 するとアイコンがたくさん表示されるので、ロゴに使いたいものを選んでください。 アイコンは数えきれないほど豊富にあるので、ガンガンとスクロールして存分に迷っちゃってください(笑) アイコンを選択すると今度はアイコンのデザインの設定に移ります。 単色の色はもちろんのこと、テクスチャ風のデザインを選択することも可能です。 テクスチャを選べる程度なら普通のロゴ作成アプリのレベルですが、『Logo Maker Plus』はレベルが違います。 何とアイコンに角度を上下左右に付けることも可能です。 さらに透過処理もバーをスライドさせるだけで簡単に設定することができちゃいます。 マジで恐るべしロゴ作成アプリです! 続いてテキストを入力してみましょう。 『Add Text』をタップします。 先ほどのアイコンの配置と同じように、テキストの配置でも細かな設定が可能です。 まずはお好みのフォントとサイズを選んでテキストを配置してみましょう。 『Logo Maker Plus』はテキストを配置するだけでなく、こんな風にパーツを歪めることもできるので、一気にデザイン性を上がることが可能です。 ちなみに、こんな風に影も簡単に付けられちゃいます! マジで『Logo Maker Plus』すごいわ~w あれよあれよと出来上がったのがこちらのロゴです。 約15分くらいで完成しました。 適当に作ったわりには、何かそれっぽくなってますよね(笑) あまりにもホイホイと手軽にロゴを作成できるので、色んなロゴを作成してみました。 こちらは三角形アイコンにテクスチャと影を入れて、当ブログの名前をテキスト入力してみました。 続いて、こちらはテキストと星マークに厚めの影を付けてみました。 正直、PCの専用ソフトで作ったと言っても誰も分からないくらいアプリのレベルは高いと思います。 iPhoneユーザーの皆さんには申し訳ございません。 もしiPhoneでも使えるおすすめのロゴ作成アプリが見つかったら速攻で記事にいたしますので、あしからず.....。 てなわけで、本日は素敵なロゴ作成アプリのご紹介でした。 それではまた次回お会いしましょう。 ロゴ作成アプリ『Logo Maker Plus』のダウンロード.

次の

【NIKE / ナイキ】アイコン クラッシュ トップ|JOINT WORKS(ジョイントワークス)公式のファッション通販|【20071711100020】

ナイキ アプリ 初代 アイコン

何かと不具合が多かったです。 そこで仕方なく、 ワークアウトアプリに移行しました。 するとさすがAppleのプリセットアプリ。 画面タップへの反応がとても良く、信号待ちで一旦ストップさせたいときなど、フラストレーションが全くたまりません。 不具合も今のところ皆無です。 画面もシンプルでとても操作しやすくなっています。 ランニング履歴はiPhoneで確認しているのですが、NRCアプリはiPhoneでの起動も遅くイライラしていました。 一方、 ワークワトアプリはiPhoneでも一瞬で起動でき、サクサクと画面を切り替えられます。 機能がシンプルでランニングに集中できる Appleらしく無駄な機能がそぎ落とされ、必要十分な機能が備わっている感じです。 NRCアプリですと使用したシューズを登録できたり、たまに新商品の先行案内が来たりとメリットがありますが、正直邪魔に感じることもあります。 Runtasticアプリも課金しないと全機能が使えなかったり煩雑な面があります。 一方のワークアウトアプリは決して使える機能が多いわけではないですが、厳選されていて使いやすいです。 ランニング指標一覧はこちらです。 Apple Watchの画面上には測定基準を5つまでをセレクトして表示することができます。 おなじみの指標はばっちり入っており、さらにはケイデンス(=歩数)やローリングペース(=直近1キロの平均ペース)を確認することもできます。 まさかの欠点!スプリットが見られない 唯一の欠点は、通過地点ごとの累計タイムであるスプリットが見られないことです。 NRCではもちろん確認できました。 スプリットは確認できないものの、こちらのマップではスピードの上がり下がりが色によって確認できるようになっています。 まとめ:ワークアウトアプリは日々のランニングに最適 Apple WatchではGPSを使った場合、充電の持ち時間は 5時間と言われています。 それもあり、 レースではApple Watchを使うのはかなり心細いという現状があります。 私もレースではEPSONのランニングウォッチで走っています。 このワークアウトアプリも、レース用というよりは 日々の練習用、シリアスランナー用というよりは 健康やダイエットのために走る人用という設計になっているようです。 ご紹介したように、ワークアウトアプリはとても優れたランニングアプリですが、 日々のラントレーニングで活用するのがオススメです。 Apple Watch自体が練習用だと思いますので。

次の

Nikeアプリ. Nike 日本

ナイキ アプリ 初代 アイコン

アプリやWebのボタンアイコンなど、幅広いWebデザインに活用できる無料のアイコン素材を集めました。 シンプルなデザインはどのようなテーマのサイトでも使いやすいのでおすすめです。 とくに海外のデザイナーさんが作成されたものはクオリティが非常に高く、かつ統一感もあるのがすごいところ。 今回はフラットデザインとアウトライン系の2種類にまとめています。 自作する際のデザインの参考にもなるので、是非一度お試しあれ。 総勢1000以上!アプリやWebのインターフェースに最適な無料アイコン素材 デザインのクオリティが高いフラットアイコン 天気や食べ物、カメラなどのガジェット系や乗り物など、様々なカテゴリーのアイコンが100種類も用意されています。 デザインもシンプルで使いやすいそうです。 こちらはソーシャルアイコンセット。 こちらもシンプルなデザインなので、場所を選ばずどんなことろでも使えそうです。 メジャーなところはだいたい揃ってる感じですね。 メールやブラウザなどソーシャルメディア用以外にもアプリのアイコンがたくさん登録されています。 スマホやトグルボタン風のアイコンなど47種類の実用的なアイコンがあります。 少し大きめのアイコン。 使い方によってはかなりいい感じに。 ロングシャドウのあるソーシャルアイコン。 デザインはシンプルなのでWebでも使えそうです。 シンプルなミニマルアイコン アプリやWebのボタンなんかに最適なミニマルアイコン。 矢印やグリッド、ゴミ箱など実用的なものが揃っています。 こちらは200種類ものアウトラインアイコンが登録されたパッケージ。 矢印や地図、時計などシンプルなデザインになってます。 こちらもアウトライン系のアイコンセットですが、線がやや太字になっており、柔らかい印象。 こちらもアウトラインアイコン。 人のシルエットやプリンターなどデバイスなどが登録されています。 こちらはスマートウォッチ向けに作られたアイコンセット。 200種類以上のアイコンがあり、イラストレータとSketch用データが入ってます。

次の