シグナル 株。 日本製鉄

急動意 急騰 急落 買いシグナル 買い推奨 銘柄 チャート 【株ドラゴン】

シグナル 株

「週後半がシグナル転換のタイミング、NT倍率修正も意識」 今週の日経225先物は、週末10日の米国市場の上昇を受け、足元で続く保ち合いレンジ(2万2000~2万2700円レベル)の上限を意識したスタートとなろう。 10日の米国市場では、ギリアド・サイエンシズによる新型コロナウイルス感染症治療薬「レムデシビル」の良好な治験結果が好材料視され、NYダウは2万6000ドルを回復した。 シカゴ日経225先物は大阪比310円高の2万2600円で取引を終えており、週初はこれにサヤ寄せする形になろう。 米食品医薬品局(FDA)が警告を出していた抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」について、米政権が推奨を再開しており、引き続き新型コロナウイルス感染症を巡る報道には敏感に反応しやすい状況である。 また、10日の取引終了後に第1四半期(3-5月)決算を発表した安川電機 に対する市場反応が注目される。 売上高は前年同期比15. 5%減の908億円、営業利益は同21. 6%減の62. 2億円だった。 34億円程度とみていた市場予想を上回っており、5Gや半導体向けに主力のサーボモーターが堅調。 ハイテクセクターのほか、中国景気底入れへの思惑から中国関連株の支援材料となる可能性がある。 先週の日経225先物は、指数に連動するETF(上場投資信託)の分配金支払いのための売り需要の影響を大きく受けた。 分配金支払基準日であった7月8日と10日は、8日が安値で取引を終えたほか、10日も日銀のETF買い入れ(1002億円)が行われたものの、売り需要(約4000億円)を吸収できずにほぼ安値圏で取引を終えていた。 この需給イベントを通過したことで手掛けやすくなりそうだ。 日銀のETF買い入れについては、前引けのTOPIXが0. 30%の下落でも買い入れが行われており、市場関係者からみても買い入れのタイミングが見極めづらくなっている。 ランチタイムでの価格推移からこれを探る動きもみられるが、ショート筋にとっては売り仕掛けはしづらいだろう。 そのため、市場のムードとしては足元の保ち合いレンジからの上放れを意識したスタンスに向かいやすい。 ただし、先物の手口は、短期的な売買が中心であり、レンジ上限レベルでの上値の重さが意識されてくるようだと、膠着感が強まりやすくなる。 明確にレンジを放れてくるまでは、強弱感が対立しやすいだろう。 なお、新型コロナウイルス感染症の動向に関する報道のほか、米中関係の行方などについては、指数寄与度の大きい値がさハイテク株に影響を与えやすいため、引き続き注視する必要がある。 テクニカル面では5日移動平均線、25日移動平均線を挟んでの保ち合いの中、まずは5日移動平均線が位置する2万2450円辺りが支持線として意識されるかを見極めたい。 底堅さが意識されてくるようであれば、保ち合いレンジの下限が切り上がることになり、チャート形状ではより煮詰まり感が台頭することになる。 一目均衡表では雲を上回っての推移が続いているが、遅行スパンは実線を割り込んできており、下方シグナルが点灯している。 一方で、基準線、転換線が2万2300円~2万2350円辺りに位置しており、これが支持線として意識される。 なお、遅行スパンは週後半には6月半ばの下落時の位置にくるため、基準線、転換線をキープできれば、実線を突破し、上方シグナルを発してくる可能性はある。 価格帯別出来高が保ち合いレンジ内で積み上がっており、レンジ突破となればトレンドが出やすい。 テクニカルポイントには注視しておく必要があろう そのほか、今週は14日、15日に日銀金融政策決定会合が開催されるほか、展望リポートが公表される。 大規模な金融緩和策を維持する見通しであり、景気は年後半にかけて持ち直していくというシナリオは維持すると見られ、サプライズは期待しづらい。 中国では16日に4-6月期四半期国内総生産(GDP)、6月の小売売上高が発表される。 中国市場は足元で強いトレンドをみせていることもあり、支援材料として期待されよう。 米国では14日にシティグループ、JPモルガン・チェース、ウェルズ・ファーゴ、15日にアルコア、イーベイ、ゴールドマン・サックス・グループ、16日にバンク・オブ・アメリカ、モルガン・スタンレー、マイクロソフト、ネットフリックスの決算発表が予定されている。 そのため、TOPIX先物の出遅れ修正も若干意識しておきたいところである。 46 TOPIX 1550. 43 7月限 日経225 22,601. 81 TOPIX 1555. 0 1554. 0 1533. 5 1539. 0 -15. 0 7月9日日中 1555. 0 1567. 0 1547. 0 1554. 0 7月8日日中 1562. 0 1578. 5 1552. 0 1552. 0 -17. 0 7月7日日中 1576. 0 1577. 5 1561. 5 1569. 0 -3. 0 7月6日日中 1551. 0 1578. 0 1550. 0 1572. また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

モメンタムとは(見方・使い方)

シグナル 株

050 -7. 800 -73. 34 - 0. 36 2. 10 VIX短先物 東E 11,250 -50 305. 109 -241. 080 -9. 170 -46. 95 - - - 国際石開帝石 東1 652. 2 10,066. 500 -22. 16 95. 3 0. 32 3. 013 -505. 530 -33. 810 -10. 32 - - - 三井住友建設 東1 466 0 481. 800 -1. 70 7. 4 0. 77 3. 86 前田道 東1 2,000 -2 133. 700 -17. 86 14. 3 0. 100 -12. 21 - 0. 75 - 三機工 東1 1,233 0 123. 300 -18. 77 10. 9 0. 82 5. 68 高砂熱 東1 1,537 -7 82. 300 -48. 35 - 0. 000 -16. 52 - 0. 92 3.

次の

株価分析 買いシグナル多数 注目銘柄

シグナル 株

Contents• 日本株の5月暴落説がまた当たった 今年もやってくるかな?と思っていたのが5月の暴落=セルインメイです。 日本は待ちに待った10連休。 しかし、長期の休み前にはリスク回避の姿勢から株は売られる傾向にあります。 休暇リスクというやつです。 そんな休暇リスクを知ってか知らずか、管理人のシステムトレードはシグナルを出さずに沈黙を保ったままでした。 幸いにも連休前のポートフォリオはほとんど空の状態で10連休を迎えたのです。 そこに来て、トランプ関税による日経平均の暴落。 日経平均のみならず、マザーズ市場を含む個人投資家は大打撃を受けました。 まあ、5月売りは例年の恒例行事であるので、あらかじめ備えていた投資家の方も多いことでしょう。 当サイトでも連休前からちらほらと下記の記事が読者数を増やしていました。 5月売りに関するヘッジファンドの習性を書いたものです。 関連記事: 逆張りシステムにトレードサインが点灯 そんな日経平均の暴落を受けて、管理人には嬉しいニュースが入りました。 で管理している売買システムに買いシグナルが点灯したのです。 ここは買いのチャンスです。 概要だけ説明しておくと、この売買システムは日本株の暴落を検知して買いのシグナルを出すタイプの逆張りロジックです。 基本的には移動平均からの乖離を利用しているのですが、ちょっとした仕掛けがあって、その仕掛けで「暴落」という現象を定義しているのですね。 あいにく、トップシークレットですのでネタばらしはできません。 ただ、皆さんがご自身でロジック作りを続けていればどこかで答えに行きつくかも知れませんね。 システムトレードには色々なフィルタがあるので、うまく組み合わせると暴落検知システムに辿り着くと思います。 興味のある方は、以下の記事も併せてご覧ください。 システムトレードソフト「イザナミ」の売買システムの作り方をゼロから特集しています。 関連記事: 材料出尽くしで上昇トレンド回復か では、ここからの展開ですが、やっぱり管理人は上昇トレンドの回復を期待しています。 なにせ、売買シグナルに則っていくつかの銘柄を買っていますからね。 上記チャートの通り、日経平均そのものも緩やかな上昇トレンドを描いていることもポイントです。 相場的には「悪材料出尽くし」と言ったところでしょうか。 海外ではイギリス離脱問題、国内では消費税増税とネタはありますが、どちらも既に相場に織り込まれているネタです。 むしろ、米中貿易摩擦が合意に至れば相場が戻す可能性の方が高いと考えます。 6月に入るという点もポイントですね。 6月と言えばファンドのバランスシートが拡大する時期です。 日本株のポートフォリオも膨らみ、買われる株式銘柄も増えるんじゃないでしょうか。 そんな訳で、管理人はテクニカル、ファンダメンタルズ、そして需要の3つの面でここからの上昇トレンド継続を予想しています。 システムトレーダーの強みは時短ができること 以上の通り、今回はシステムトレードを絡めて日本株の状況を語ってみました。 システムトレードに移行してからというもの、相場のネタがなくて困っていたのでシストレそのものをネタにしてみました。 今後もこのスタイルでいこうと思います。 管理人のシステムトレード歴はそんなに長くはないものの、順調に資産を増やしています。 何より銘柄分析に時間が掛からなくなったのが一番嬉しいポイントですね。 子供が生まれてからというもの、ブログを書く時間も制限されている管理人ですから、株式売買の時短は非常に嬉しい副作用でした。 もちろん、システムの検証には時間が掛かります。 ただ、一度システムが完成すれば実トレードで使う時間は圧倒的に減りますね。 まあ、イザナミには市販の売買ロジックもあるので、これで時短してみても良いかも知れませんね。 イザナミに興味のある方は、以下のリンクを参照ください。 システムトレードのメリットが解説されていますよ。 参考:.

次の