トムハンクス アドレナクロム。 ハリウッドエリートたちの正体

エリザベス女王、その配偶者フィリップ王配 他のイカレ共喰いペドフェリア共は悪魔的な崇拝で子供や赤ちゃんの体を食べ、血を飲ん でいるのだ!子供や赤ちゃんの人間の犠牲で最高潮に達する小児性愛者パーティーをやってる!: the_worst_rotten_jap

トムハンクス アドレナクロム

その間に大量逮捕行われる可能性。 ネット、通話遮断 緊急放送システムを使い世界中のTVを通じて米軍から放送がある。 とても痛みを伴う内容 全員屋内で待機する必要がある。 備えておこう! — Alishua. それがQ(キュー)やQanon(キューアノン)と言われる人たちです。 数年前から噂されているロンメル死についての情報もQおよびQアノンから出てきた情報だと言われています。 Qアノンとトランプ大統領の関係についての記事はこちらです 米・ホワイトハウスのツイッター公式アカウントのヘッダー画像に謎の巨人が写っている? トムハンクスのコロナ感染と息子チェットハンクスの暴露動画 chethanx がシェアした投稿 — 2020年 3月月24日午後10時14分PDT しかし、その後この暴露動画はチェットハンクス自身の口からジョークだったというネタバレがありフェイク動画だと判明しました。 いっけん、隠していた秘密がバレてしまったという動画の内容と本人の鬼気迫る演技により、これマジモノかと騙された方もいたようです。 僕もだまされかけました。 笑 ことの真相はイルミナティ陰謀論に終止符を打つため? 息子チェットハンクスの紛らわし演技にまんまと騙されたわけですが、この動画を投稿した理由はいつまでも続く陰謀論に終止符を打つためであり、陰謀論者が自分の家族に対して言っていることに腹がたったからだそうです。 イルミナティ風のタトゥーを胸に入れたのは以下の理由からだそうです。 自分はイルミナティのメンバーではないが、• 自分はスピリチュアルな事を信じている• 神がすべての物事を統治し、計画していると信じている う~ん、でも「プロビデンスの目」のタトゥーなんか入れたら、どうなるかは分かりそうな気もするのですが・・・。 世界エリートのペドフィリア(小児性愛)とアドレノクロム レディー・ガガ写ってるそれはハリウッドセレブがエプスタイン島で行われる悪魔崇拝儀式に参加してる様子です。 ここでは拐って来た子供を性的奴隷にして強姦したり、生け贄に殺害したりしてました。 ハリウッドは崩壊しますね。 — 💃愛しあってるかーい! tWNGWOR7eCbTmzm 金や権力でこの世界を支配している支配者層の人々は悪魔崇拝者という話は都市伝説や陰謀論ではよく聞く話です。 近年おもてに出てきた話で、悪魔崇拝者はペドフィリア(小児性愛者)という欲望の捌け口の対象が幼児であり特殊な性癖をもつ人々であること、そしてその悪魔崇拝の儀式に赤ん坊や小さな子供達が生贄(いけにえ)として使われているという話があります。 ペドフィリア(小児性愛者)とは 上記はアメリカのプロボクサーのデビット・ロドリゲスがハリウッドの小児性愛者について語っていると動画です。 影響力のある有名人が真相を語ることで、この漫画や映画みたいな陰謀論の信憑性が増してきます。 悪魔を信奉している支配者層の人達は、儀式の生贄に幼児や子供を使うのには理由があります。 この方々は、神秘的なパワーの象徴が小さな子供であると思い込んでいます。 子供の持っている生命力を吸収するために、虐待したり凌辱したりすると言います。 あとは、だだの変態という見方もできますが、金と権力を手に入れた人たちは、この世界で手に入らないものはありませんし、すべてが思うがままです。 本当かどうかわかりませんが、このアドレノクロムという物質には以下の効果があると言われていいます。 若返り効果がある• 摂取すれば、この世界に存在するどんな物質よりも快感を得ることができる 最終的に、この物質を摂取することが目的で幼児や子供達がさらわれたり、人身売買の原因になっているのではないかとも言われています。 真実ならロンメル死など生ぬるい ロンメル死と関連のある話題についてお伝えしました。 ディープステートやイルミナティと呼ばれる支配者層の都市伝説では、この悪魔的な小児性愛者の逮捕と拉致されて世界中の地下施設に監禁されている子供たちの救出が目的ではと言われています。 映画や漫画みたいで、にわかに信じがたい話ですが、この話が真実なら子供たちの救出は最優先ですよね。 また、このような残虐なことがホントに行われているとするなら、「ロンメル死」なんていう名誉の死を与えるのは生ぬるい。 公の場で裁きを受けて恥ずかしい思いをたくさんするべきでしょう。 皆さんは、この話を信じますか? 関連商品はこちらです.

次の

まゆだま掲示板2

トムハンクス アドレナクロム

-どうも緊急事態宣言やロックダウン(都市封鎖)は米欧を中心に世界中に波及しかねない勢いである。 日本でも4月1日から実施かという噂が飛び交い、今のところ安倍総理はそれには消極的な見解を示している。 たぶんそれとの兼ね合いがあるのだろうが、つい最近「ロンメル死」なる新語をツイッター等でよく目にするようになった。 ごく簡単に言えば、緊急事態宣言によって逃げ場を失ったカバール陣営の一人ひとりに対する名誉ある死か不名誉な裁きかを決めさせることを指す言葉らしい。 そして驚くことに直前で追悼記事を公開した志村けん氏の死は、「名誉あるロンメル死」の一例だというのだ。 えっ、志村けんもあっち側の人間だったのか?志村氏の件は一先ず置くとして、私が「ロンメル死」から真っ先に思い浮かんだのは、その知略によって英仏などの連合国軍をきりきり舞いさせたナチスドイツの名将・ロンメル元帥の名前だった。 ロンメルについてあまり詳しい事績は知らなかったが、そういえばロンメルの死に至るいきさつについてもよく知らない。 ロンメルと「ロンメル死」は何か関係があるのかもしれないと思い、少しネットを探ってみた。 するとやはりそうだった。 ロンメルは1944年10月14日正午、自邸にヒットラーの腹心たちの来訪があり、そのうちの中心人物と2人だけで何事か応接室で密談、部屋を出て二階にいた夫人の前に現れたロンメルの顔面は蒼白、「お別れだよ。 私は15分以内に死ぬ」と告げたのだった。 もちろん無実の罪だったが、ヒットラー総統殺害計画の嫌疑をかけられてのことだった。 総統の腹心たちは手際よく3分以内で死ねるという毒薬を持参してきており、ロンメルは外出し車中で慫慂として服毒死したのだという。 それに従えば国葬とし遺族には終身年金が与えられ、そうしないと夫人や愛息も罪に問われることになると迫られてのことである。 つまり名誉ある死か不名誉な裁きか、道は二つに一つという厳しい選択を迫られたのである。 どうもこれが「ロンメル死」のそもそもの起源らしい。 さて志村けん氏の今回の死去がどうして「ロンメル死」と関わるのかということについてである。 これについては志村氏コロナ発症発覚直後から、一部ツイッターたちによって囁かれていたことがある。 直前記事では故人の名誉を傷つけるものであり、またスペースの関係上そのことにはあえて触れなかったが、志村けん氏は「イルミナティの一員」でなおかつ「アドレナクロム」の常飲者だったのではないか?というのである。 イルミの一員というのは高名な芸能人だったことからあり得ないことではない。 同氏の有名なギャグ「アイーン」はヘブライ語の「目」を意味するかもしれないという。 「サタンの一つ目」のあれである。 しかしまた、「アドレナクロムの常飲者」とは何ぞや?これは実は児童生け贄悪魔儀式に関係するのである。 簡単に言えば、児童生け贄儀式でベッドに寝かされた子供の腹部を生きたまま切り裂く。 子供たちはその前に恐怖のあまり大量のアドレナリンを放出する。 それが血液中に混入される。 これが悪魔主義者たちにとっての最高の飲み物となるのである。 中にはその血の匂いを嗅いだだけで興奮してレプティリアンに変身する者もいるという。 その血は「アドレナクロム」という名の高値の飲用水として取引される。 ビル・クリントンの時の副大統領だったアル・ゴアなどは病みつきになって常時ペットボトルに詰めて愛飲していたという。 ビル&ヒラリーは有名なペドフィリア(幼児性愛者)、サタニストでエブスタイン島に足繁く通っていたことが分かっているが、志村けん氏がまさか悪魔生け贄儀式に関与していたとまでは思いたくない。 が、アドレナクロム常飲者だった可能性は残る。 というのも、今回トム・ハンクス夫妻、マドンナ、ケビン・スペイシー等のハリウッド大物たちやカナダのトルドー首相らがコロナ陽性になったのはアドレナクロムのせいではないかとみられているからである。 コロナウィルスは、おぞましい悪魔崇拝者たちを炙り出すためのリトマス試験紙の役割もしているのだ。 ということで、志村けん氏のコロナ死は「ロンメル死」だったのだろうか?部外者に真相は分かるわけがない。 が、31日発売の日刊ゲンダイ3面に、早速米CNNあたりが「日本の超有名芸能人が惜しまれつつコロナ死」として、志村氏の元気はつらつとしていた若かりし頃の顔写真を大写しにして放送したという。 名誉はしっかり守られたわけである。 (大場光太郎・記)- 【追記】 また志村けん氏は、以下のツイートでも触れているとおり、実は死亡していない可能性がありそうだ。 つまりまだ生きている?というのも、実兄氏がインタビューで応えていたように、志村けんの遺体を家族の誰も見せられていないのだ。 「コロナ死によるものだから」と家族も遺体対面できないまま即荼毘に付されたことにされてしまったらしいのだ。 ミステリーじみたことを言うようだが、裏に何か特殊な事情があるにおいぷんぷんである。 cocolog-nifty. または盛和塾と自己啓発と神智学協会。 rapt-neo.

次の

ヒラリークリントン・クリントン財団の秘密と腐敗した売春行為をするトップ層【後編】を徹底解説・考察

トムハンクス アドレナクロム

前回はアドレナクロームについて書きましたけど、その儀式が行われた場所等の詳しい情報は後回しでした。 多分こう言うのは色んな場所で行われていたりするのでしょう。 そう言う怪しげな場所のひとつだったとされているのが、投資家で富豪としても知られるジェフリー・エプスタイン氏の所有していた島、リトル・セント・ジェームズ島、通称エプスタイン島だったそうなのですよね。 この島にはアメリカのみならず、国内外のセレブ達が足繁く通っていたそうです。 政治家に芸能人に企業のトップなどが……多分一番の目的は若返り、なのでしょうねぇ。 エプスタイン氏はそれらを『提供』する側だったのだとか。 多分その見返りで大富豪にまでなれたのでしょう。 彼の手帳にあった名前を以下に紹介してみます。 手帳に名前があったと言うだけなのでグレーではあるのですけど。 米俳優のアレック・ボールドウィン、英元首相トニー・ブレア、女優のエリザベス・ハーレイ、NY市長およびブルームバーグ社創業者のマイケル・ブルームバーグ、英喜劇俳優ジョン・クリーズ、ミュージシャンのフィル・コリンズ、英アンドリュー王子、何名かのケネディ家の関係者、ヘンリー・キッシンジャー、ミュージシャン兼女優のコートニー・ラブ、ビル、ヒラリー・クリントンの首席補佐官だったシェリル・ミルズ、オバマ、メディア王ルパート・マードック、チャールズ皇太子、サウジアラビアのサルマン王子、ジョージ・ソロスの息子ピーター、ケビン・スペイシー、イヴァナとイヴァンカ・トランプ、米俳優クリス・タッカー、ビルとヒラリー・クリントン、アラン・デルショーウィッツ、女優チェルシー・ハンドラー、ニュースキャスターのケイティ・クーリック、元広報担当大統領補佐官でニュースキャスターのジョージ・ステファノプロス、映画監督ウッディ・アレン、ハーバード大学元学長ラリー・サマーズ、ハーベイ・ワインスタイン、元イスラエル首相のエフド・バラク、そしてスティーブン・ホーキング……。 うーん、何とそうそうたるメンバーなのでしょう。 私、頭がくらくらしてきましたよ。 英国王室のアンドリュー王子なんて、エプスタインのマンションに出入りしている証拠写真までパパラッチされておりました。 後、メモではなく実際に仲良しとして知られている人には、スティーブンスピルバーグ、トムハンクス、変態な絵画を飾るほどの仲良しのクリントン元大統領とブッシュ元大統領、日本人ではマサチューセッツ工科大学のメディア・ラボの伊藤穰一所長。 皆さん怪しいですなぁ~(汗)。 信じるも信じないもあなた次第と言うヤツですナ。 とにかく、巨悪がこうして少しずつでもその悪行が世に知らされ、裁きを受けていくのはとてもいい流れだと思います。 その流れ、もうすぐ日本でも開始されるとかされないとか。 本当にそうなったならいいですよね。

次の